KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 拓洋
  • 海上保安庁
  • 漁民
  • 職員
  • 調査
  • イルカ
  • 三原山
  • 伊東市
  • 住民

「伊東港」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1959年10月23日
    スケッチ23356B 伊東港に押し寄せたイルカ

    伊東港に押し寄せたイルカの大群を捕獲する漁師たち=1959(昭和34)年10月23日、伊東市

    商品コード: 2017110200745

  • 1989年07月19日
    視察する野中国土庁長官 日常生活用品確保に努力

    伊東港を視察する野中英二国土庁長官=1989(平成元)年7月19日午前11時35分

    商品コード: 2018062600373

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年07月13日
    浮き上がった魚 伊豆東沖海底噴火

    海底噴火の影響で浮き上がった魚=1989(平成元)年7月14日午前0時すぎ、伊東港

    商品コード: 2008100800186

  • 1954年09月04日
    水中テレビの公開実験

    水中テレビ初の公開実験で海中に降ろされるテレビカメラ(×印)=1954(昭和29)年9月4日、静岡県伊東港付近

    商品コード: 2012121900093

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年07月14日
    欠航の看板立て 伊豆東沖海底噴火

    大島航路欠航の看板を立てる東海汽船伊東営業所の職員=1989(平成元)年7月14日午前9時50分、伊東港

    商品コード: 2008100800198

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年07月16日
    海を見つめる漁民 伊豆東沖海底噴火

    出漁はいつになるのか、じっと海を見つめる漁民=1989(平成元)年7月16日午前8時30分、伊東港

    商品コード: 2008100800222

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年11月21日
    三原山が209年ぶりの大噴火

    着の身着のままで避難してきた大島の住民=1986(昭和61)年11月21日、静岡県伊東港

    商品コード: 2006063000258

  • 1989年07月14日
    打ち上げられた大量の魚 海岸に軽石、死んだ魚

    海底噴火で海岸に打ち上げられた大量の魚=1989(平成元)年7月14日午前7時30分、静岡県・伊東港

    商品コード: 2018062600347

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年07月15日
    漁船を移動させる漁民たち 伊豆東沖海底噴火

    津波に備えて漁船を安全な場所に移動させる漁民たち=1989(平成元)年7月15日午後、伊東港

    商品コード: 2008100800212

  • 1989年07月13日
    不安そうに見守る人たち 拓洋の5百メートル先で噴火

    海底噴火があった海域を不安そうに見守る人たち=1989(平成元)年7月13日午後7時、静岡県・伊東港

    商品コード: 2018062600326

  • 1989年07月14日
    海を見詰める船頭 伊豆東沖海底噴火

    地震に続き海底噴火のダブルパンチを受け、釣り客もさっぱり。ぼうぜんと海を見詰める船頭=1989(平成元)年7月14日午前7時40分、静岡県・伊東港

    商品コード: 2018062600342

  • 1989年07月13日
    調査する海上保安庁の職員 観測態勢を強化

    測定装置で震源海域付近の水温を調査する海上保安庁の職員=1989(平成元)年7月13日午前9時40分、静岡県・伊東港沖約2キロ

    商品コード: 2018062600324

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年07月13日
    大型測量船「拓洋」 伊豆東沖群発地震

    震源海域付近で本格的な調査を開始した海上保安庁の大型測量船「拓洋」=1989(平成元)年7月13日午後8時35分、静岡県伊東港沖1キロ

    商品コード: 2008100800178

  • 1