KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中央
  • 人々
  • 令和
  • 供給
  • 冬小麦
  • 努力
  • 北京
  • 強調
  • 指導
  • 文書

「伏道鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月01日
    (6)豊作への願いを込め、中国各地で春の耕作始まる

    17日、河南省安陽市湯陰県伏道鎮で農薬噴霧用小型無人機のバッテリーを取り替える農業技術者。中国各地では春の耕作シーズンを迎え、農家の人々が農業技術者の指導を受け、ハイテク技術を活用し、優良品種の選択などを行っている。「三農(農業、農村、農民)」活動への取り組みを指導する2022年「中央1号文書」が2月22日、権限を受けた新華社から発表された。文書は国の食糧安全保障の最低ラインを確保し、食糧生産と重要農産物の供給にしっかり取り組まなければならないと強調している。昨年秋の洪水で冬小麦の種まきが遅れたこともあり、各地の農家の人々は準備を早め、時節に合わせて春の耕作に取り組み、新たな豊作に向け努力している。(北京=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030111263

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月01日
    (5)豊作への願いを込め、中国各地で春の耕作始まる

    17日、河南省安陽市湯陰県伏道鎮に広がる小麦畑。(小型無人機から)中国各地では春の耕作シーズンを迎え、農家の人々が農業技術者の指導を受け、ハイテク技術を活用し、優良品種の選択などを行っている。「三農(農業、農村、農民)」活動への取り組みを指導する2022年「中央1号文書」が2月22日、権限を受けた新華社から発表された。文書は国の食糧安全保障の最低ラインを確保し、食糧生産と重要農産物の供給にしっかり取り組まなければならないと強調している。昨年秋の洪水で冬小麦の種まきが遅れたこともあり、各地の農家の人々は準備を早め、時節に合わせて春の耕作に取り組み、新たな豊作に向け努力している。(北京=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030111256

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月01日
    (4)豊作への願いを込め、中国各地で春の耕作始まる

    17日、河南省安陽市湯陰県伏道鎮にある河南万荘安陽物流パークで備蓄用の化学肥料を積み込む従業員。中国各地では春の耕作シーズンを迎え、農家の人々が農業技術者の指導を受け、ハイテク技術を活用し、優良品種の選択などを行っている。「三農(農業、農村、農民)」活動への取り組みを指導する2022年「中央1号文書」が2月22日、権限を受けた新華社から発表された。文書は国の食糧安全保障の最低ラインを確保し、食糧生産と重要農産物の供給にしっかり取り組まなければならないと強調している。昨年秋の洪水で冬小麦の種まきが遅れたこともあり、各地の農家の人々は準備を早め、時節に合わせて春の耕作に取り組み、新たな豊作に向け努力している。(北京=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030111262

  • 1