KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 創建
  • 古刹
  • ムー
  • 入母屋
  • 全国重点文物保護単位
  • 凝縮
  • 国宝
  • 境内
  • 屋根

「伽藍配置」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
66
( 1 66 件を表示)
  • 1
66
( 1 66 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    四天王寺伽藍

    現在の大阪市天王寺区にある、和宗総本山。荒陵寺、難波寺、三津寺、天王寺などの名ももつ。伽藍配置は中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に配した、四天王寺式と呼ばれるもの。現存の伽藍は鉄筋で、昭和38年に再建された。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐8‐0]

    商品コード: 2017080200750

  • -
    芝増上寺三門

    伽藍配置上の中門にあたる門で「三解脱門(略して三門)」という。三毒(貪欲・瞋恚・愚痴)を解脱するとも、極楽にある三門(空門・無相門・無願門)をさすとも言われる。元和9年(1623)再建と伝えられる。門前の人力車は明治3年(1870)から東京で営業が開始され、翌年には1万台が走っていたという。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐65‐0]

    商品コード: 2017081401638

  • -
    芝増上寺三門

    伽藍配置上の中門にあたる門で「三解脱門(略して三門)」という。三毒(貪欲・瞋恚・愚痴)を解脱するとも、極楽にある三門(空門・無相門・無願門)をさすとも言われる。元和9年(1623)再建と伝えられる。門前の人力車は明治3年(1870)から東京で営業が開始され、翌年には1万台が走っていたという。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐47‐0]

    商品コード: 2017081002653

  • 1956年12月23日
    朝鮮様式の伽藍配置 奈良・飛鳥寺跡発掘調査

    飛鳥寺中門跡の発掘=出稿1956(昭和31)年12月23日

    商品コード: 2012080600925

  • 1997年07月17日
    出土の回廊跡とかわら片 広大な敷地に伽藍配置か

    樫原(かたぎはら)廃寺跡から出土した回廊跡とかわら片=17日午後、京都市西京区樫原

    商品コード: 1997071700064

  • 1997年11月05日
    発見された塔跡 官寺と同じ伽藍配置

    大御堂(おおみどう)廃寺で発見された塔跡=5日、鳥取県倉吉市駄経寺町

    商品コード: 1997110500068

  • 1998年07月17日
    確認された金堂跡 例のない伽藍配置を確認

    鳥取県国府町の栃本廃寺塔跡で確認された金堂跡=17日午後

    商品コード: 1998071700185

  • 1999年11月17日
    富田林市の新堂廃寺 独特の伽藍配置を確認

    独特な伽藍配置の大規模な建物跡が確認された新堂廃寺=17日、大阪府富田林市緑ケ丘町

    商品コード: 1999111700121

  • 2004年03月17日
    太宰府市の観世音寺講堂 創建当時の伽藍配置が判明

    観世音寺講堂の礎石の下に敷かれていたとみられる根石(手前)。後方は現在の講堂=17日午後、福岡県太宰府市

    商品コード: 2004031700236

  • 2004年03月17日
    観世音寺で見つかった根石 創建当時の伽藍配置が判明

    観世音寺講堂で見つかった根石(手前)。上にあるのは創建当初のものとされてきた礎石。後方は現在の講堂=17日午後、福岡県太宰府市

    商品コード: 2004031700235

  • 2009年02月03日
    講堂基壇、異例の三重構造

    川原寺と法起寺の伽藍配置

    商品コード: 2009020300277

  • 2009年02月03日
    講堂基壇、異例の三重構造

    川原寺と法起寺の伽藍配置

    商品コード: 2009020300278

  • 2014年05月01日
    唐招提寺の回廊東西78メートル

    唐招提寺の伽藍配置

    商品コード: 2014050100989

  • 2014年05月01日
    唐招提寺の回廊東西78メートル

    唐招提寺の伽藍配置

    商品コード: 2014050100991

  • 2019年09月25日
    本薬師寺に巨大南門の跡

    本薬師寺の伽藍配置の推定図

    商品コード: 2019092504132

  • 2019年09月25日
    本薬師寺に巨大南門の跡

    本薬師寺の伽藍配置の推定図

    商品コード: 2019092504133

  • 2019年09月25日
    本薬師寺に巨大南門の跡

    本薬師寺の伽藍配置の推定図

    商品コード: 2019092504134

  • 2019年09月25日
    本薬師寺に巨大南門の跡

    本薬師寺の伽藍配置の推定図

    商品コード: 2019092504135

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801956

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801972

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802095

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802067

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802099

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802131

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802123

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802128

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、竜華寺に入る前に情報登録を行う参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802132

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、雨の中で一般公開を再開した竜華寺。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802125

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、竜華寺の中で写経をする信徒。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802126

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、竜華寺を訪れた参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802040

  • 2020年07月15日
    上海市の古刹、竜華寺が一般公開を再開

    15日、竜華寺に入る前に体温測定を受ける参拝者。新型コロナウイルス感染症流行のため1月24日から公開が中止されていた中国上海市の竜華寺が15日、雨の中で一般公開を再開した。新型コロナ予防・抑制常態化時期の関連規定に従い、予約方式を採用し、1日の参拝・拝観者を2千人に制限している。同寺の歴史は古く、三国時代に創建されたと伝えられる。宋代の「七堂伽藍制」式の伽藍配置をしており、山門の前には宋代の木造仏塔、竜華塔が立つ。寺には明代万暦年間の鍍金銅(金メッキされた銅)の毘盧遮那仏などが安置されている。同寺は、上海地域で古くからの仏教典籍が最も多く集められている寺院の一つでもある。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802133

  • 2021年01月14日
    (8)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した滴水(てきすい、軒瓦の先端)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407395

  • 2021年01月14日
    (9)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡の遠景。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407396

  • 2021年01月14日
    (10)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎から出土した「官家舎利」銘のある瓦。(資料写真、組み合わせ写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407397

  • 2021年01月14日
    (6)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した仏像。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407378

  • 2021年01月14日
    (3)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した陶瓶。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407352

  • 2021年01月14日
    (7)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡2号建築基礎の見取り図。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407377

  • 2021年01月14日
    (1)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した経幢(きょうどう)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407345

  • 2021年01月14日
    (2)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した施釉陶製鴟尾(しび、大棟両端の飾り)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407349

  • 2021年01月14日
    (4)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎の平面見取り図。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407351

  • 2021年01月14日
    (5)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407353

  • 2021年01月14日
    (11)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎の大殿遺構。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407394

  • 2021年03月08日
    広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺の宋代遺構、大仏様(だいぶつよう)の天王殿と殿前に立つ唐代の経幢。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041212066

  • 2021年03月08日
    (24)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺蔵経楼の扁額。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041212063

  • 2021年03月08日
    広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺の山門。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041212074

  • 2021年04月08日
    (12)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿の棟に施された「潮州嵌磁」。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812612

  • 2021年04月08日
    (13)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺観音殿の棟に施された「潮州嵌磁」。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812614

  • 2021年04月08日
    (16)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿の内部。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812616

  • 2021年04月08日
    (17)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿の裏側。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812617

  • 2021年04月08日
    (5)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に陳列されている宋元様式を模した観音木像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812487

  • 2021年04月08日
    (22)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿と殿前の供天台。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812796

  • 2021年04月08日
    (15)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿から見た山門殿。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812611

  • 2021年04月08日
    (14)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿正面の扁額。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812615

  • 2021年04月08日
    (2)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺山門殿の金剛座像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812482

  • 2021年04月08日
    (8)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺山門の夜景。(3月7日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812590

  • 2021年04月08日
    (9)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿前の平台を囲む欄干の石板彫刻。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812591

  • 2021年04月08日
    (10)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿前の広場にある菩提樹と四大部洲阿育王塔。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812592

  • 2021年04月08日
    (3)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に陳列されている唐代様式を模した文殊菩薩木像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812484

  • 2021年04月08日
    (4)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に陳列されている宋元様式を模した水月観音木像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812486

  • 2021年04月08日
    (21)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺の観音閣。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812761

  • 2021年04月08日
    (1)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺天王殿内の四天王座像。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812481

  • 2021年04月08日
    (7)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に残る唐代の経幢。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812489

  • 2021年04月08日
    (11)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺大雄宝殿の棟に施された「潮州嵌磁」。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812594

  • 2021年04月08日
    (23)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺の大悲殿。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812805

  • 2021年04月08日
    (6)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺に残る唐代の木魚。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる彩色磁器の装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812488

  • 2021年04月08日
    (19)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺山門正面の扁額。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812743

  • 1