KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 仏教
  • 参加
  • 影響
  • 発展
  • 科学技術
  • 国際交流
  • 日中交流
  • 黄檗宗
  • 興福寺

「住持」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
40
( 1 40 件を表示)
  • 1
40
( 1 40 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    興福寺の大雄宝殿

    南京寺と通称される東明山興福寺(長崎市寺町64)の大雄宝殿。元和6年(1620)、中国・江西省浮梁県から渡来した眞圓が開創。宝殿、山門、経堂は二代住持の黙子如定が寛永18年(1641)に建立した。向かって左奥の入母屋造りは媽祖堂(媽祖は航海の守護神)、右端は庫裡(台所にあたる建物)。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐47‐0]

    商品コード: 2017081502218

  • -
    日光東照宮本殿

    日光東照宮の本殿の内陣である。徳川家康が祀られている。中央には法主の椅子が置かれ、手前には経たての側に鈴(鐘)が置かれ、左右には住持の席が配されている。天井には壮麗な装飾が施されている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐14‐0]

    商品コード: 2017080201414

  • 2004年11月10日
    福岡市博多区 崇福寺

    大燈が第五世住持を務めた崇福寺=2004(平成16)年11月頃、福岡市博多区、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081100582

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本の黄檗宗大本山、萬福寺で祈祷会(きとうえ)が行われ、中国と日本の黄檗宗僧侶が次世代の中日友好を祈った。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100604

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が訪日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、記念写真を撮るアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100572

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・黄檗宗の近藤博道管長(右)と木村信安庶務部長。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019070100573

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・黄檗宗の大本山、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019070100574

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・黄檗宗の大本山、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100601

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・黄檗宗の大本山、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100611

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・黄檗宗の大本山、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住職(住持)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100550

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・黄檗宗の大本山、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100656

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺の浄心住職(右から2人目)および日本・黄檗宗の近藤博道管長(左から2人目)ら。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100651

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・京都にある黄檗宗の大本山、萬福寺の風景。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100660

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・京都にある黄檗宗の大本山、萬福寺の風景の一角。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100649

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・黄檗宗の大本山、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100629

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、日本・黄檗宗の大本山、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100635

  • 2019年06月26日
    アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加

    26日、厦門虎渓岩寺の浄心住職(右)を迎える日本・黄檗宗の近藤博道管長(中央)と荒木将旭宗務総長。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住持(住職)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070100521

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、福州開元寺の方丈、本性禅師(右端)と語り合う日本の横井裕駐中国大使(右から2人目)。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202291

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、福州開元寺を訪れ、方丈の本性禅師(右端)の案内で参拝する日本の横井裕駐中国大使ら。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202214

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、2017年12月に福州開元寺で植樹された「中日友好の木」。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202227

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、福州開元寺で記念撮影する中日双方の人々。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202067

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、日本の横井裕駐中国大使(左から2人目)に黄檗(おうばく)宗の刊行物を贈る福清黄檗文化促進会の関係者。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202302

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、福州開元寺を訪れた日本の横井裕駐中国大使(手前右端)。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202182

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、福州の開元寺境内に立つ空海像。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202150

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、福州開元寺鉄仏殿を参拝する日本の横井裕駐中国大使ら。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202137

  • 2019年07月17日
    横井裕駐中国大使、福州開元寺を訪問

    17日、日本の横井裕駐中国大使(左)に書道作品を贈る福州開元寺の方丈、本性禅師。日本の横井裕駐中国大使は17日、中国福建省の福州開元寺を訪問し、同寺の方丈(住持)を務める本性禅師はじめ僧侶たちの暖かい歓迎を受けた。横井氏ら一行は同寺の薬師殿や鉄仏殿、空海大師記念堂、空海大師立像のほか、中日両国の政界の要人が共に植樹した「中日友好の木」、日本の友好人士が寄贈した空海大師の法身塔などを参拝、見学した。福州開元寺はここ数年、中日友好交流事業に積極的に携わっている。2017年12月には日本の与党代表団が同寺を訪れ、共同で「中日友好の木」を植えた。今年1月には福州開元寺が「中華禅・海外行」禅文化交流団を組んで訪日、東京で「空海入唐・隠元東渡」文化講座などのイベントを開催し好評を博した。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202140

  • 00:45.59
    2021年02月05日
    「新華社」福建省寄贈の「世界平和の鐘」、長崎県興福寺に到着

    中国福建省が友好県の長崎県に寄贈した梵鐘「世界平和の鐘」が2日、長崎市の興福寺へ運ばれた。梵鐘は隠元禅師東渡366周年と興福寺開創400周年を記念して鋳造されたもので、昨年11月12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、39年前に友好省県関係を結び、近年黄檗文化交流が盛んに行われた。福建省福清出身の明の臨済宗の高僧、隠元禅師は明末に長崎の興福寺逸然住持や唐人らの招請により日本に渡り、長崎の興福寺や崇福寺の住持をつとめ、その後、京都の宇治で萬福寺を開創し、日本仏教の一派、臨済宗黄檗派の開祖となった。隠元禅師と文化人らが日本に伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、印刷、煎茶道、音楽などは日本で黄檗文化と呼ばれ、中日文化交流の重要なきずなとなった。(興福寺提供、記者/魏培全) =配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020601189

  • 2021年03月16日
    黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)=配信日:2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032506913

  • 2021年03月16日
    黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、隠元が建立した報恩塔。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)=配信日:2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032506920

  • 01:08.06
    2021年03月22日
    「新華社」黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一払書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(記者/魏培全、鄭松波)=配信日:2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033007195

  • 2021年03月22日
    (7)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、清・道光年間編纂(へんさん)の「黄檗山寺志」巻5にある報恩塔に関する記載。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032202958

  • 2021年03月22日
    (8)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で発見した報恩塔の前で記念撮影する調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032202959

  • 2021年03月22日
    (3)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、隠元が建立した報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201659

  • 2021年03月22日
    (2)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、発見した報恩塔に供物を供える調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201649

  • 2021年03月22日
    (5)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201657

  • 2021年03月22日
    (4)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、発見した報恩塔を供養する調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201665

  • 2022年05月09日
    (4)黄檗山万福寺で隠元禅師円寂350年の記念法要福建省

    3日、隠元禅師円寂350年記念法要の会場。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で3日、隠元禅師円寂350年の記念法要が営まれた。隠元禅師は明の万暦20(1592)年に生まれ、臨済正宗32世、日本の黄檗宗の開祖となった。清の順治11(1654)年に日本へ渡り、康熙12(1673)に死去した。黄檗山では2度住持を務め、在職期間は14年に上る。明清時代の黄檗山中興の祖として知られる。隠元禅師は中日両国の人々から尊敬を集め、中国と日本の文化交流や相互理解に歴史的な貢献をした。(福清=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907973

  • 2022年05月09日
    (1)黄檗山万福寺で隠元禅師円寂350年の記念法要福建省

    3日、黄檗山万福寺の大雄宝殿前で記念撮影する隠元禅師円寂350年記念法要に参加した法師と諸役僧、信徒ら。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で3日、隠元禅師円寂350年の記念法要が営まれた。隠元禅師は明の万暦20(1592)年に生まれ、臨済正宗32世、日本の黄檗宗の開祖となった。清の順治11(1654)年に日本へ渡り、康熙12(1673)に死去した。黄檗山では2度住持を務め、在職期間は14年に上る。明清時代の黄檗山中興の祖として知られる。隠元禅師は中日両国の人々から尊敬を集め、中国と日本の文化交流や相互理解に歴史的な貢献をした。(福清=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907957

  • 2022年05月09日
    (3)黄檗山万福寺で隠元禅師円寂350年の記念法要福建省

    3日、隠元禅師円寂350年記念法要の会場。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で3日、隠元禅師円寂350年の記念法要が営まれた。隠元禅師は明の万暦20(1592)年に生まれ、臨済正宗32世、日本の黄檗宗の開祖となった。清の順治11(1654)年に日本へ渡り、康熙12(1673)に死去した。黄檗山では2度住持を務め、在職期間は14年に上る。明清時代の黄檗山中興の祖として知られる。隠元禅師は中日両国の人々から尊敬を集め、中国と日本の文化交流や相互理解に歴史的な貢献をした。(福清=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907958

  • 2022年05月09日
    (2)黄檗山万福寺で隠元禅師円寂350年の記念法要福建省

    3日、隠元禅師円寂350年記念法要に臨む黄檗山万福寺の方丈、定明法師(右端)。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で3日、隠元禅師円寂350年の記念法要が営まれた。隠元禅師は明の万暦20(1592)年に生まれ、臨済正宗32世、日本の黄檗宗の開祖となった。清の順治11(1654)年に日本へ渡り、康熙12(1673)に死去した。黄檗山では2度住持を務め、在職期間は14年に上る。明清時代の黄檗山中興の祖として知られる。隠元禅師は中日両国の人々から尊敬を集め、中国と日本の文化交流や相互理解に歴史的な貢献をした。(福清=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050907975

  • 1