KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 歴史
  • スカイブルー
  • 国家
  • 復元
  • 李安
  • 芸術
  • 鄭州
  • 難題

「体得」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1993年09月27日
    1000安打目前の辻 コツ会得し打撃に磨き

    辻発彦

    商品コード: 1993092700022

  • 1996年03月14日
    写真で体得した外国技術

    スキーに顔がつくほどの前傾姿勢。1936年ガルミッシュ五輪のジャンプで7位になった伊黒正次

    商品コード: 1996031400038

  • 2005年06月30日
    笑顔のアドリアーノ コンフェデ杯決勝

    大会得点王と最優秀選手にも選ばれ笑顔を見せるブラジルのアドリアーノ(中央)=フランクフルト(共同)

    商品コード: 2005063000010

  • 2006年10月18日
    教育再生会議の初会合 学力向上と規範意識体得を

    教育再生会議の初会合に臨む安倍首相(右から2人目)ら=18日午前、首相官邸(安倍晋三)

    商品コード: 2006101800036

  • 2006年10月18日
    あいさつする安倍首相 学力向上と規範意識体得を

    教育再生会議の初会合であいさつする安倍首相(前列右から3人目)。(右から)伊吹文科相、野依座長=18日午前、首相官邸(安倍晋三、伊吹文明、野依良治)

    商品コード: 2006101800038

  • 2011年01月10日
    喜ぶ得点王の樋口 全国高校サッカー決勝

    初優勝を果たし喜ぶ、今大会得点王の滝川二・樋口=国立競技場

    商品コード: 2011011000158

  • 2016年03月01日
    万歳して喜ぶ松中 「テストの機会得られず」

    2003年9月、ダイエーのリーグ優勝が決まり王監督(左端)らと万歳して喜ぶ松中(右端)=千葉マリンスタジアム(王貞治)

    商品コード: 2016030100440

  • 2016年03月01日
    三冠王の松中 「テストの機会得られず」

    2004年9月、史上7人目の三冠王になり、笑顔を見せるダイエー・松中=福岡ドーム

    商品コード: 2016030100441

  • 2016年03月01日
    通算千安打の松中 「テストの機会得られず」

    2005年7月、ロッテ戦で通算千安打を達成し、花束を手に声援に応えるソフトバンク・松中=ヤフードーム

    商品コード: 2016030100443

  • 2016年03月01日
    入団した松中 「テストの機会得られず」

    1996年12月、ダイエーに新入団した松中(左から2人目)。中央は王監督=福岡ドーム(王貞治)

    商品コード: 2016030100445

  • 2016年03月01日
    代打満塁本塁打 「テストの機会得られず」

    2011年11月、クライマックスシリーズで代打満塁本塁打を放つソフトバンク・松中=ヤフードーム

    商品コード: 2016030100451

  • 2016年03月01日
    引退会見をする松中 「テストの機会得られず」

    記者会見で現役引退を表明する松中信彦内野手=1日、福岡市

    商品コード: 2016030100521

  • 2016年03月01日
    記者会見で涙を拭う松中 「テストの機会得られず」

    記者会見で現役引退を表明し、涙を拭う松中信彦内野手=1日、福岡市

    商品コード: 2016030100522

  • 2016年03月01日
    引退表明し涙を拭う松中 「テストの機会得られず」

    現役引退を表明し、涙を拭う松中信彦内野手=1日、福岡市

    商品コード: 2016030100524

  • 2016年03月01日
    花束をもらう松中 「テストの機会得られず」

    引退会見を終え、ソフトバンクの本多雄一選手(右)から花束をもらう松中信彦内野手=1日、福岡市

    商品コード: 2016030100569

  • 2016年03月01日
    引退の記者会見する松中 「テストの機会得られず」

    記者会見で現役引退を表明する松中信彦内野手=1日、福岡市

    商品コード: 2016030100576

  • 2016年03月01日
    引退記者会見する松中 「テストの機会得られず」

    記者会見で現役引退を表明する松中信彦内野手=1日、福岡市

    商品コード: 2016030100578

  • 2016年08月04日
    喜ぶFC東京・久保 15歳の久保が得点王

    大会得点王に輝いたFC東京・久保=東京・味の素フィールド西が丘

    商品コード: 2016080401045

  • 2018年09月06日
    朝鮮通信資料 中央研究討論会

    2018年9月6日、北朝鮮・平壌の人民文化宮殿で行われた金日成主席と金正日総書記、金正恩朝鮮労働党委員長の業績を体得するための中央研究討論会(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2018092600149

  • 2018年09月06日
    朝鮮通信資料 中央研究討論会

    2018年9月6日、北朝鮮・平壌の人民文化宮殿で行われた金日成主席と金正日総書記、金正恩朝鮮労働党委員長の業績を体得するための中央研究討論会(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2018092600150

  • 2018年12月14日
    朝鮮通信資料 中央研究討論会

    2018年12月13日、北朝鮮・平壌の人民文化宮殿で行われた「われわれ式に生きていこう」の思想で全党を一色化することに関する朝鮮労働党の意図を深く体得し、社会主義強国建設に具現していくための中央研究討論会(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2018122700077

  • 02:26.19
    2019年02月06日
    「新華社」田舎料理「武邑釦椀」が春節に人気のネット商品に河北省

    中国河北省武邑(ぶゆう)県の農村では、毎年年越しの季節になると、どの家でも地元の特色ある料理、「釦椀」(こうわん)を用意する。釦椀は一つの料理ではなく、テーブルいっぱいに並べられるさまざまな蒸し碗料理の総称。同県の農村では、宋代から釦椀を用いた宴会の習俗があり、毎年春節(旧正月)などの重要な祝日には、釦椀で客をもてなす。明・清の時代になると、武邑釦椀はすでに名声を有しており、清の康熙(こうき)39年(西暦1700年)には皇帝自らの指示によって宮廷料理に取れ入れられた。武邑釦椀は材料にこだわり、作り方が精巧で、現在の武邑県のほぼ全ての村に釦椀を専門とする料理人がいる。煮込み、いぶし、切り、蒸し、スープを加えるのが武邑釦椀の5大手順。釦椀を作ってすでに50年になる武邑釦椀の伝承者、金樹征(きん・じゅせい)さんによると、一つ一つの手順に細かい要求があるという。1種類の蒸し碗料理を会得するだけで3、4年かかるが、伝統的な武邑釦椀は8種類の「浄碗」で構成される。「浄碗」は肉の蒸し碗料理を指し、これらの料理にとって、燻製の過程が味の決め手となる重要なステップだ。煮込み、いぶした後、さらに切って碗に盛り付け、蒸す。蒸した後、小さな碗を大きな碗にはめ込む。釦椀という名前はここから付いた。大きな碗で最後にスープをかけて完成となる。時代の変化に伴い、釦椀に用いる食材も絶えず変化しており、現在の釦椀は野菜と肉の合わせ方が重視され、昆布、豆腐、キノコなど、多くの新しい料理が加わっている。武邑の人たちにとって釦椀は、年越しに欠かせないものだが、現在では電子商取引(EC)の台頭により、ギフトセットの武邑釦椀が「ネットで人気」の年越し用品となっている。武邑釦椀は地元の伝統的な田舎料理から全国区の料理になりつつあるのだ。統計によると、武邑釦椀のギフトセットは毎年約30万セット販売され、売上高は5千万元余りに達している。同県では毎年、春節前後の繁忙期に約1千人が武邑釦椀関連の産業に従事しているという。(記者/張碩)<映像内容>田舎料理「武邑釦椀」の調理風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621606

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、王君子さんの弟子、王耀楽(おう・ようらく)さんがろくろを回し、作品作りに励んでいる。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703368

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、作品作りに取り組む王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703363

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、素地の表面に塗られた釉薬にむらがないかチェックする王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703298

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、弟子の李佳宝(り・かほう)さん(右)を指導する王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703369

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日に撮影した王君子さんが焼いた汝窯青磁の作品の一部拡大画像。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703356

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、作品作りに取り組む王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703413

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館で、汝窯青磁の伝統的な焼成技法について語り合う王君子さん(左)と弟子の宋召氷(そう・しょうひょう)さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703338

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日に撮影した王君子さんが焼いた汝窯青磁の作品。「折沿盤(せつえんばん)」(左上)、「三足洗(さんぞくせん)」(左下)および「三足炉(さんぞくろ)」。(組み合わせ写真)汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703312

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、作品作りに取り組む王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703299

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県の宝豊汝窯博物館で、自身が焼いた汝窯青磁の作品をチェックする王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703410

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、弟子の李佳宝(り・かほう)さん(手前)を指導する王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703371

  • 2019年05月09日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    9日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、焼き上がりの目安を確認するため、炉内のサンプル内部の構造をチェックする王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703354

  • 2019年05月09日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    9日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、窯の扉を開けて焼き上がりの状態を見る王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703352

  • 2019年05月09日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    9日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、焼成が終わり、窯の扉を開けて炉内の温度を下げる王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703329

  • 2019年05月09日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    9日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、王君子さんが窯出しをする様子。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703340

  • 2019年06月14日
    大喜びのマルタら マルタ、初の5大会得点

    オーストラリア戦でPKを決め、大喜びのブラジルのマルタ(左)。史上初めてW杯5大会で得点をマークした=モンペリエ(ロイター=共同)

    商品コード: 2019061404244

  • 2019年06月14日
    PK決めるマルタ マルタ、初の5大会得点

    オーストラリア戦でPKを決めるブラジルのマルタ(10)。史上初めてW杯5大会で得点をマークした=モンペリエ(ロイター=共同)

    商品コード: 2019061404245

  • 2019年12月19日
    大会得点王の小川 五輪世代のアピール収穫

    香港戦でハットトリックを達成した小川(左から2人目)=釜山(共同)

    商品コード: 2019121903969

  • 2020年12月20日
    (2)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極拳をする愛好家ら。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201182

  • 2020年12月20日
    (9)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極剣を練習する愛好家。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201246

  • 2020年12月20日
    (10)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極拳をする愛好家ら。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201322

  • 2020年12月20日
    (3)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極拳をする愛好家ら。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201169

  • 2020年12月20日
    (4)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極拳をする愛好家。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201320

  • 2020年12月20日
    (7)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極拳をする愛好家。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201314

  • 2020年12月20日
    (5)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極拳をする愛好家。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201285

  • 2020年12月20日
    (6)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極刀を練習する愛好家。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201306

  • 01:00.97
    2020年12月20日
    「新華社」太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(記者/李継偉) =配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122104717

  • 2020年12月20日
    (8)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極槍を練習する愛好家。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201331

  • 2020年12月20日
    (1)太極拳がユネスコ無形文化遺産に河北省邢台市で喜びの演武

    18日、王其和太極槍を練習する愛好家ら。中国河北省邢台(けいだい)市任沢区で18日、太極拳愛好家150人が王其和(おう・きわ)を創始者とする地元の流派「王其和太極拳」の集団演武を行い、太極拳の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録決定を祝った。今回登録された太極拳には、王其和太極拳など7項目が含まれる。清朝末期から民国初期に形成された王其和太極拳は、王其和が長年にわたり訓練を重ねて体得した武式太極拳と楊式太極拳を融合させて生み出した流派で、100年余りの歴史を持つ。(邢台=新華社記者/李継偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201330

  • 2022年03月11日
    (4)中国最東端の街を彩る魚文化黒竜江省撫遠市

    6日、黒竜江省の撫遠魚文化体験館に展示されている魚の標本。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚文化体験館を訪れた人は、大型水槽を泳ぎ回る「生きた化石」ダウリアチョウザメや魚類標本に迎えられ、幻想的な世界に入り込んだような感覚を覚える。中国最東端を意味する「華夏東極」の異名を持つ同市は、黒竜江とウスリー川の合流点に位置し、淡水魚の生息と繁殖に適した自然条件を備える。同市の魚文化の歴史は長く、地元に住むホーチョ族の祖先は早くから魚の皮で衣服を作る技術を会得し、現在まで継承してきた。黒竜江省の無形文化遺産継承者、王桂栄(おう・けいえい)さんは各種魚皮工芸品の制作に精通。一枚一枚の魚皮が王さんの手の中で新たな命を与えられ、絵画や皮服、アクセサリーなどに生まれ変わる。魚は大自然の贈り物であり、地元の人々も人工繁殖や放流などを通して漁業経済の持続可能な発展のために努力している。同市農業農村局は1980年代から毎年、人工ふ化させた稚魚を黒竜江とウスリー川に放流している。この活動は水産資源育成と地域の漁業環境改善につながっているという。(撫遠=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031407472

  • 2022年03月11日
    (3)中国最東端の街を彩る魚文化黒竜江省撫遠市

    6日、黒竜江省撫遠市でふ化したサケの稚魚。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚文化体験館を訪れた人は、大型水槽を泳ぎ回る「生きた化石」ダウリアチョウザメや魚類標本に迎えられ、幻想的な世界に入り込んだような感覚を覚える。中国最東端を意味する「華夏東極」の異名を持つ同市は、黒竜江とウスリー川の合流点に位置し、淡水魚の生息と繁殖に適した自然条件を備える。同市の魚文化の歴史は長く、地元に住むホーチョ族の祖先は早くから魚の皮で衣服を作る技術を会得し、現在まで継承してきた。黒竜江省の無形文化遺産継承者、王桂栄(おう・けいえい)さんは各種魚皮工芸品の制作に精通。一枚一枚の魚皮が王さんの手の中で新たな命を与えられ、絵画や皮服、アクセサリーなどに生まれ変わる。魚は大自然の贈り物であり、地元の人々も人工繁殖や放流などを通して漁業経済の持続可能な発展のために努力している。同市農業農村局は1980年代から毎年、人工ふ化させた稚魚を黒竜江とウスリー川に放流している。この活動は水産資源育成と地域の漁業環境改善につながっているという。(撫遠=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031407471

  • 2022年03月11日
    (1)中国最東端の街を彩る魚文化黒竜江省撫遠市

    6日、魚皮工芸品を制作する王桂栄さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚文化体験館を訪れた人は、大型水槽を泳ぎ回る「生きた化石」ダウリアチョウザメや魚類標本に迎えられ、幻想的な世界に入り込んだような感覚を覚える。中国最東端を意味する「華夏東極」の異名を持つ同市は、黒竜江とウスリー川の合流点に位置し、淡水魚の生息と繁殖に適した自然条件を備える。同市の魚文化の歴史は長く、地元に住むホーチョ族の祖先は早くから魚の皮で衣服を作る技術を会得し、現在まで継承してきた。黒竜江省の無形文化遺産継承者、王桂栄(おう・けいえい)さんは各種魚皮工芸品の制作に精通。一枚一枚の魚皮が王さんの手の中で新たな命を与えられ、絵画や皮服、アクセサリーなどに生まれ変わる。魚は大自然の贈り物であり、地元の人々も人工繁殖や放流などを通して漁業経済の持続可能な発展のために努力している。同市農業農村局は1980年代から毎年、人工ふ化させた稚魚を黒竜江とウスリー川に放流している。この活動は水産資源育成と地域の漁業環境改善につながっているという。(撫遠=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031407450

  • 2022年03月11日
    (2)中国最東端の街を彩る魚文化黒竜江省撫遠市

    6日、王桂栄さんの工房に展示されている魚皮工芸品。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚文化体験館を訪れた人は、大型水槽を泳ぎ回る「生きた化石」ダウリアチョウザメや魚類標本に迎えられ、幻想的な世界に入り込んだような感覚を覚える。中国最東端を意味する「華夏東極」の異名を持つ同市は、黒竜江とウスリー川の合流点に位置し、淡水魚の生息と繁殖に適した自然条件を備える。同市の魚文化の歴史は長く、地元に住むホーチョ族の祖先は早くから魚の皮で衣服を作る技術を会得し、現在まで継承してきた。黒竜江省の無形文化遺産継承者、王桂栄(おう・けいえい)さんは各種魚皮工芸品の制作に精通。一枚一枚の魚皮が王さんの手の中で新たな命を与えられ、絵画や皮服、アクセサリーなどに生まれ変わる。魚は大自然の贈り物であり、地元の人々も人工繁殖や放流などを通して漁業経済の持続可能な発展のために努力している。同市農業農村局は1980年代から毎年、人工ふ化させた稚魚を黒竜江とウスリー川に放流している。この活動は水産資源育成と地域の漁業環境改善につながっているという。(撫遠=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031407452

  • 2022年03月11日
    (5)中国最東端の街を彩る魚文化黒竜江省撫遠市

    6日、黒竜江省の撫遠魚文化体験館にあるトンネル水槽。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚文化体験館を訪れた人は、大型水槽を泳ぎ回る「生きた化石」ダウリアチョウザメや魚類標本に迎えられ、幻想的な世界に入り込んだような感覚を覚える。中国最東端を意味する「華夏東極」の異名を持つ同市は、黒竜江とウスリー川の合流点に位置し、淡水魚の生息と繁殖に適した自然条件を備える。同市の魚文化の歴史は長く、地元に住むホーチョ族の祖先は早くから魚の皮で衣服を作る技術を会得し、現在まで継承してきた。黒竜江省の無形文化遺産継承者、王桂栄(おう・けいえい)さんは各種魚皮工芸品の制作に精通。一枚一枚の魚皮が王さんの手の中で新たな命を与えられ、絵画や皮服、アクセサリーなどに生まれ変わる。魚は大自然の贈り物であり、地元の人々も人工繁殖や放流などを通して漁業経済の持続可能な発展のために努力している。同市農業農村局は1980年代から毎年、人工ふ化させた稚魚を黒竜江とウスリー川に放流している。この活動は水産資源育成と地域の漁業環境改善につながっているという。(撫遠=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031407468

  • 1