KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 体細胞核移植
  • 誕生
  • 世界初
  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • 生き物
  • 上海
  • アカゲザル
  • 中国科学院神経科学研究所

「体細胞」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
94
( 1 94 件を表示)
  • 1
94
( 1 94 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Phyllocactus phyllanthoides

    Phyllocactus phyllanthoides, Leaf-stemmed cactus, Disocactus phyllanthoides, the nopalxochitl or German empress. Kaktus, Kakteen, digital improved reproduction from a print of the 19th century.、クレジット:Bildagentur-online /Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020021703212

  • 1932年01月01日
    SPENCER TRACY in 20,000 YEARS IN SING SING (1932), directed by MICHAEL CURTIZ.

    SPENCER TRACY in 20,000 YEARS IN SING SING (1932), directed by MICHAEL CURTIZ.、クレジット:WARNER BROS. PICTURES/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021081010799

  • 1998年01月21日
    2頭のクローン牛 体細胞クローン牛が誕生

    )、外信S、科学部、外信部注意  今週初め、米テキサス州の農場で撮影された世界初の体細胞クローン牛。ジョージ(左)、チャーリー(右)と名付けられた(ロイター=共同)

    商品コード: 1998012100007

  • 1998年02月24日
    ミスター・ジェファソン 米でまたクローン牛誕生

    牛の胎児の体細胞から生まれたクローン牛「ミスター・ジェファソン」(ロイター=共同)

    商品コード: 1998022400002

  • 1998年03月02日
    今井裕さん

    国内初の体細胞クローン牛の妊娠に成功した農水省畜産試験場生殖工学研究室長、今井裕(いまい・ひろし)さん

    商品コード: 1998030200103

  • 1998年05月04日
    体細胞クローン牛 動物工場に安全指針作成へ

    世界初の体細胞クローン牛。優秀な「動物工場」を目指してクローン牛や羊がつくられている(ロイター=共同)

    商品コード: 1998050400017

  • 1998年07月05日
    借り腹の親牛 体細胞クローン牛双子誕生

    石川県畜産総合センターで体細胞クローン牛を妊娠中の3頭の親牛=4月10日

    商品コード: 1998070500067

  • 1998年07月05日
    クローン牛の双子 体細胞クローン牛双子誕生

    成牛の体細胞を未受精卵と融合させて誕生した世界初のクローン牛の双子。右は北満夫動物工学科長=5日午後5時30分、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1998070500105

  • 1998年07月05日
    誕生したクローン牛の双子 成牛細胞からクローン牛

    成牛の体細胞を未受精卵と融合させて誕生した世界初のクローン牛の双子=5日午後、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1998070500052

  • 1998年07月05日
    角田幸雄近畿大教授 体細胞クローン牛双子誕生

    石川県畜産総合センターと共同で世界初の体細胞クローン牛を誕生させた角田幸雄近畿大教授

    商品コード: 1998070500086

  • 1998年07月05日
    ミルクを飲むクローン牛 体細胞クローン牛双子誕生

    ミルクを飲むクローン牛=5日午後8時30分、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1998070500102

  • 1998年07月06日
    死んだ借り腹牛 クローン牛の“母親”死ぬ

    成牛の体細胞を使った世界初のクローン牛を出産したが、6日午後突然死んだ借り腹牛の「いし116」=5日午後、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1998070600261

  • 1998年07月22日
    柳町隆造教授 マウスで体細胞クローン

    米ハワイ大の柳町隆造教授

    商品コード: 1998072200135

  • 1998年07月22日
    イアン・ウィルムット博士 ドリーの生みの親が会見

    記者会見で語る、世界初の体細胞クローン羊の「ドリー」を誕生させた英国のイアン・ウィルムット博士=22日午後、東京・霞が関の東海大校友会館

    商品コード: 1998072200105

  • 1998年07月23日
    角田幸雄さん

    世界初の体細胞クローン牛を誕生させた近畿大教授の角田幸雄(つのだ・ゆきお)さん

    商品コード: 1998072300103

  • 1998年07月23日
    5匹のマウス クローン作り役者勢ぞろい

    柳町隆造ハワイ大教授らの体細胞クローン作りに参加したマウスたちのそろい踏み。上段左が卵子を採取され、上段右が体細胞の核を提供した。下段中央の白いマウスが代理母となり、その両側の褐色の2匹がクローンで生まれた。5匹とも雌。上段右と下段の左右は、遺伝的に全く同じ(ロイター=共同)

    商品コード: 1998072300064

  • 1998年07月24日
    生まれた雄のクローン子牛 胎児細胞クローン牛が誕生

    牛の胎児の体細胞を使って誕生した雄のクローン子牛(手前)と代理母=24日午前11時45分、鹿児島県大隅町の鹿児島県肉用牛改良研究所(鹿児島県肉用牛改良研究所提供)

    商品コード: 1998072400174

  • 1998年07月25日
    双子のクローン牛 クローン製造技術

    成牛の体細胞を利用して誕生した世界初のクローン牛「のと」(上)と「かが」=5日午後、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1998072500073

  • 1998年07月25日
    雄のクローン子牛 クローン子牛が死ぬ

    牛の胎児の体細胞を使って誕生した雄のクローン子牛(手前)と代理母。子牛は25日未明衰弱死した=24日午前、鹿児島県大隅町の鹿児島県肉用牛改良研究所(鹿児島県肉用牛改良研究所提供)

    商品コード: 1998072500017

  • 1998年07月25日
    経過説明する吉屋所長 体細胞クローン子牛が死ぬ

    日本初の胎児の体細胞クローン子牛が衰弱死した経過について説明する鹿児島県肉用牛改良研究所の吉屋所長=25日午前10時、鹿児島県大隅町の鹿児島県肉用牛改良研究所

    商品コード: 1998072500022

  • 1998年07月30日
    誕生したクローン牛 代理母の乳牛が肉牛を出産

    29日夜誕生した、成牛の体細胞を使った世界で2例目のクローン牛=30日午前、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1998073000063

  • 1998年08月08日
    クローン牛の双子 双子のクローン牛また誕生

    誕生した世界で4例目の成牛の体細胞によるクローン牛の双子=8日午後4時30分、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1998080800087

  • 1998年08月19日
    誕生したクローン牛 9頭目のクローン牛誕生

    鹿児島県肉用牛改良研究所で誕生した国内9頭目の体細胞クローン牛=18日午後、鹿児島県大隅町日野(鹿児島県肉用牛改良研究所提供)

    商品コード: 1998081900146

  • 1998年08月19日
    クローン牛と代理母牛 9頭目のクローン牛誕生

    鹿児島県肉用牛改良研究所で誕生した国内9頭目の体細胞クローン牛(手前)と代理母牛=18日午後、鹿児島県大隅町日野(鹿児島県肉用牛改良研究所提供)

    商品コード: 1998081900144

  • 1998年08月20日
    体細胞提供の「糸豊」 生きた牛の体細胞クローン

    大分県畜産試験場で誕生したクローン牛に体細胞を提供した種牛「糸豊(いとゆたか)」

    商品コード: 1998082000134

  • 1998年08月26日
    ミルクを飲む「隼人」 クローン牛を隼人と命名

    力強くミルクを飲む体細胞クローン子牛「隼人」=26日午後、鹿児島県大隅町月野

    商品コード: 1998082600185

  • 1998年12月16日
    クローン実験のヒトの胚 クローン実験の胚を公開

    クローン技術でつくったヒトの胚(はい)。卵細胞の核を除去し、体細胞の核に置き換えて培養、2回の細胞分裂を起こし4細胞期になった胚(上)。体細胞の核に置き換え培養後、染色体が細胞分裂を準備しながら凝集する状態(下)(共同)

    商品コード: 1998121600135

  • 1999年01月12日
    クローン牛 畜産(クローン牛)

    体細胞クローン牛「のと3号」=1999(平成11)年1月12日、石川県押水町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [支11-207-8A]

    商品コード: 2017101900494

  • 1999年04月27日
    生まれたクローンヤギ 今度はヤギのクローン

    昨秋生まれた初めての体細胞クローンヤギ。いずれも雌で、血液の凝固を制御する人間のタンパク質を分泌するように遺伝子組み換え操作もして、米ジェンザイム・トランスジェニックス社などのチームが作った(ロイター=共同)

    商品コード: 1999042700069

  • 1999年06月01日
    体細胞クローンマウス 雄のクローンマウスも成功

    米ハワイ大の柳町隆造教授らが初めて誕生させた雄の体細胞クローンマウス(右)。雄のマウス(左)の尾の先端を切断し、体細胞を利用した(ロイター=共同)

    商品コード: 1999060100019

  • 1999年06月01日
    柳町教授と若山助教授 雄のクローンマウスに成功

    雄の体細胞クローンマウスづくりに世界で初めて成功した米ハワイ大の若山照彦助教授(左)と柳町隆造教授(ロイター=共同)

    商品コード: 1999060100033

  • 1999年07月01日
    「のと」と「かが」 クローン牛、5日で満1歳

    間もなく満1歳になる、世界初の体細胞クローン牛の双子「のと」(左)と「かが」=6月21日、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1999070100002

  • 1999年07月02日
    「のと」と「かが」 実用化目指すクローン牛

    )、科学401S、4日付朝刊以降使用  5日で満1歳を迎える世界初の体細胞クローン牛「のと」(左)と「かが」=6月21日、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 1999070200087

  • 1999年12月03日
    検査受ける「かが2号」 体細胞クローン牛が妊娠

    妊娠が確認された体細胞クローン牛の「かが2号」=3日午後7時30分、石川県押水町の石川県畜産総合センター(代表撮影)

    商品コード: 1999120300140

  • 2000年01月24日
    誕生した再クローン牛 体細胞再クローン牛が誕生

    体細胞クローン牛の耳の皮膚細胞を元に誕生した世界初の再クローン牛=24日午後、鹿児島県大隅町月野の鹿児島県肉用牛改良研究所

    商品コード: 2000012400104

  • 2000年01月24日
    「神高福」と神高福3号 体細胞再クローン牛が誕生

    再クローン牛に耳の皮膚細胞を提供したクローン牛「神高福3号」(左)と、そのクローン牛の元になった「神高福」=24日午後、鹿児島県大隅町月野の鹿児島県肉用牛改良研究所

    商品コード: 2000012400103

  • 2000年03月14日
    5匹の体細胞クローン豚 臓器移植へクローン豚誕生

    14日、英バイオ製薬会社PPLセラピューティクスが発表した世界初の体細胞クローン豚。5匹が5日に誕生した(ロイター=共同)

    商品コード: 2000031400126

  • 2000年06月17日
    クローンヤギの元元 中国で体細胞クローンヤギ

    16日、中国陜西省の西北農林科技大学の研究所で誕生した体細胞クローンヤギの元元(ユェンユェン)と母親ヤギ(新華社撮影・共同)

    商品コード: 2000061700099

  • 2000年07月10日
    出産した「かが2号」 体細胞クローン牛が出産

    雌の子牛を出産した体細胞クローン牛の「かが2号」=99(平成11)年12月3日、石川県押水町の石川県畜産総合センター(代表撮影)(K99ー41204)

    商品コード: 2000071000038

  • 2002年10月16日
    へその緒はあるの?

    香港の展覧会で、へその辺りを指さされているのはクローン羊をマネキン人形に見立てた彫刻。世界初の体細胞クローン動物「羊のドリー」の生みの親、ウィルムット博士によると、作品はドリーの存在を批判しているようだ。(ロイター=共同)

    商品コード: 2002101600078

  • 2003年01月02日
    成長したクローン牛 誕生16頭、生存は5頭

    体重が400キロ前後に成長した体細胞クローン牛=02年12月、石川県押水町の石川県畜産総合センター

    商品コード: 2003010200035

  • 2003年05月23日
    クローン牛 畜産(クローン牛)

    98年7月に日本で初誕生した体細胞クローン牛=2003(平成15)年5月23日、石川県押水町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-861D]

    商品コード: 2017101100854

  • 2006年06月30日
    Micrograph of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus (MRSA)

    Scanning electron micrograph of methicillin-resistant Staphylococcus aureus and a dead human neutrophil. Credit: NIAID.、クレジット:IMAGE POINT FR / NIH / NIAID/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103340

  • 2008年04月01日
    クローン牛、解禁の可能性

    体細胞クローン牛

    商品コード: 2008062700352

  • 2008年04月01日
    クローン牛、解禁の可能性

    体細胞クローン牛

    商品コード: 2008062700350

  • 2008年04月01日
    体細胞クローン家畜の動き

    体細胞クローン家畜の動き

    商品コード: 2008062700397

  • 2008年04月01日
    体細胞クローン家畜の動き

    体細胞クローン家畜の動き

    商品コード: 2008062700396

  • 2009年12月17日
    体細胞クローン牛 クローン牛“曲がり角”

    大分県畜産試験場が飼育中の体細胞クローン牛=7日、大分県竹田市

    商品コード: 2009121700005

  • 2009年12月17日
    クローン牛”曲がり角”

    体細胞クローン牛の出生数

    商品コード: 2009121700010

  • 2009年12月17日
    クローン牛”曲がり角”

    体細胞クローン牛の出生数

    商品コード: 2009121700011

  • 2009年12月17日
    クローン牛”曲がり角”

    体細胞クローン牛の出生数

    商品コード: 2009121700012

  • 2009年12月17日
    クローン牛”曲がり角”

    体細胞クローン牛の出生数

    商品コード: 2009121700013

  • 2011年12月03日
    マンモス復活へ光明

    体細胞核移植法によるマンモスの復活方法

    商品コード: 2011120300043

  • 2011年12月03日
    マンモス復活へ光明

    体細胞核移植法によるマンモスの復活方法

    商品コード: 2011120300044

  • 2012年06月20日
    マンモス復活へ共同研究

    体細胞核移植法によるマンモスの復活方法

    商品コード: 2012062000525

  • 2012年06月20日
    マンモス復活へ共同研究

    体細胞核移植法によるマンモスの復活方法

    商品コード: 2012062000527

  • 2018年03月28日
    世界初の神経疾患モデルブタが誕生

    28日、広州九龍実験動物基地で「ハンチントン病」遺伝子ノックイン豚と記念写真を撮る研究員(左側から趙宇、閆森、涂著池、劉朝明)。(中国科学院生物医薬・健康研究院提供)中国の科学者をはじめとする国際研究チームは4年間の取り組みを経て、ゲノム編集技術(CRISPRCas9)と体細胞核移植技術を用い、世界初の「ハンチントン病」遺伝子ノックインブタの育成に成功した。実験の成功により今後、ヒトの神経変性疾患が正確に模倣出来るようになる。ハンチントン病やアルツハイマー病の治療で安定的かつ確実な動物モデルの提供が可能となり、薬物のスクリーニングと治療案の制定に役立つことが見込まれる。今回の成果は30日、米学術雑誌「セル」電子版に発表された。=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200842

  • 2018年03月28日
    世界初の神経疾患モデルブタが誕生

    28日、広州九龍実験動物基地で撮影した「ハンチントン病」遺伝子ノックインブタ。(中国科学院生物医薬・健康研究院提供)中国の科学者をはじめとする国際研究チームは4年間の取り組みを経て、ゲノム編集技術(CRISPRCas9)と体細胞核移植技術を用い、世界初の「ハンチントン病」遺伝子ノックインブタの育成に成功した。実験の成功により今後、ヒトの神経変性疾患が正確に模倣出来るようになる。ハンチントン病やアルツハイマー病の治療で安定的かつ確実な動物モデルの提供が可能となり、薬物のスクリーニングと治療案の制定に役立つことが見込まれる。今回の成果は30日、米学術雑誌「セル」電子版に発表された。=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200791

  • 2018年07月28日
    食肉の流通解禁されず

    体細胞クローン牛

    商品コード: 2018072800387

  • 2018年07月28日
    食肉の流通解禁されず

    体細胞クローン牛

    商品コード: 2018072800388

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月11日
    中国初のクローン警察犬「昆勲」、訓練開始

    体細胞のドナー犬「化煌馬(ホアホアンマ)」。(資料写真)生後3カ月のクローン犬「昆勲(クンフン)」がこのほど、中国北京市から2千キロ移動し、雲南省昆明市の訓練基地に「入学」した。訓練士によるトレーニングを受けながら、警察犬としての潜在能力を適宜開発し、生後6カ月以降に行われる「職業訓練」に備える。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800860

  • 2018年11月26日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    ゲノム編集したモデルから誕生した5匹のクローンサル。(2018年11月26日撮影)中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社配信/中国科学院神経科学研究所提供)=2018(平成30)年11月26日、クレジット:中国科学院神経科学研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500590

  • 2018年11月27日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    ゲノム編集したモデルから誕生した5匹のクローンサル。(2018年11月27日撮影)中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社配信/中国科学院神経科学研究所提供)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:中国科学院神経科学研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500616

  • 2019年01月22日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    22日、中国科学院神経科学研究所非人類霊長類研究拠点の保育室で、生体リズム障害を持つ体細胞クローンサルに餌をやるスタッフ。中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500432

  • 2019年01月22日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    22日、中国科学院神経科学研究所非人類霊長類研究拠点のサル用ルームで、スタッフと「知恵比べ」する時計遺伝子BMAL1を排除した1匹のアカゲザル。中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500433

  • 2019年01月22日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    22日、中国科学院神経科学研究所非人類霊長類研究拠点のサル用ルームで、スタッフと「知恵比べ」する時計遺伝子BMAL1を排除した1匹のアカゲザル。中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500429

  • 2019年01月22日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    22日、中国科学院神経科学研究所非人類霊長類研究拠点の保育室で、生体リズム障害を持つ体細胞クローンサルに餌をやるスタッフ。中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500427

  • 2019年01月23日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    23日、上海市松江区のG60ブレイン・インテリジェンス・イノベーション・パーク(脳智科創基地)で開かれた記者会見で、時計遺伝子を排除したクローンサルモデルの意義について説明する中国科学院神経科学研究所所長の蒲慕明(ほ・ぼめい)院士。中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500424

  • 2019年01月23日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    23日、上海市松江区のG60ブレイン・インテリジェンス・イノベーション・パーク(脳智科創基地)で開かれた記者会見で、体細胞核移植技術を使って時計遺伝子を排除したクローンサルモデルについて説明する中国科学院神経科学研究所の劉真研究員。中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500428

  • 2019年01月23日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    23日、上海市松江区のG60ブレイン・インテリジェンス・イノベーション・パーク(脳智科創基地)で開かれた記者会見で、記者の質問に答える(左から)中国科学院神経科学研究所所長の蒲慕明(ほ・ぼめい)院士(アカデミー会員)、張洪鈞研究員、孫強研究員、劉真研究員。中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500431

  • 2019年01月23日
    世界初のゲノム編集したクローンサル、中国で誕生

    23日、上海市松江区のG60ブレイン・インテリジェンス・イノベーション・パーク(脳智科創基地)で開かれた記者会見で、時計遺伝子を排除した生体リズム障害を持つアカゲザルのモデルについて説明する中国科学院神経科学研究所の張洪鈞研究員。中国科学院神経科学研究所の孫強(そん・きょう)研究員、劉真(りゅう・しん)研究員、張洪鈞(ちょう・こうきん)研究員が協力し、3つの研究チームが3年にわたって努力した結果、ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9」を使い、体内時計をつかさどる遺伝子BMAL1(ビーマルワン)を排除したアカゲザルのモデルを作ることに成功した。研究成果は24日、総合科学誌「NationalScienceReview」のオンライン版に掲載された。この成果は、中国が病気のクローンサルモデルを量産化、標準化する新時代に入ったことを示すもので、脳の認知機能に関する研究や重大疾患の早期診断・介入、医薬品開発などに対し、新たに効果的な動物モデルを提供する。(上海=新華社記者/金立旺)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500426

  • 05:40.03
    2019年01月29日
    「新華社」世界初の体細胞疾病モデルクローンサル、中国で誕生

    24日発売の中国の英字総合学術誌「国家科学評論」の表紙に、体内時計を働かないようにした体細胞クローンサル5匹が登場した。これは、中国の体細胞クローン技術が成熟に向かっており、実験用疾病モデルサルのクローンを多数誕生させることが現実になったことを示している。これによって、世界の実験動物使用数が大幅に減り、医薬品研究開発が急成長段階へと入ることになりそうだ。(記者/陳傑)<映像内容>クローンサルの様子、研究の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124951

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:50.95
    2019年03月27日
    「新華社」中国初のクローン警察犬「昆勲」、訓練開始

    生後3カ月のクローン犬「昆勲(クンフン)」がこのほど、中国北京市から2千キロ移動し、雲南省昆明市の訓練基地に「入学」した。訓練士によるトレーニングを受けながら、警察犬としての潜在能力を適宜開発し、生後6カ月以降に行われる「職業訓練」に備える。「昆勲」は昨年12月19日に北京で生まれた。出生時の体重は540グラム、体長は23センチで、各種の健康指標は全て正常だった。「昆勲」の誕生は、中国が初めてクローン警察犬の作成に成功したことを示している。今回、体細胞のドナー犬に選ばれた「化煌馬(ホアホアンマ)」は、現在7歳の雌の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)で、その卓越した実践能力により、2016年には公安部の「1級功労犬」に選ばれている。第三者機関の血縁鑑定では、クローン犬「昆勲」と体細胞ドナー犬「化煌馬」のDNAには99・9%以上の相同性があることが確認され、両者に同一性の関係があることが証明された。「勲功昆明犬のクローン」は2013年6月、公安部の重点研究計画プロジェクトとして立案された。同プロジェクトチームでは現在、クローン犬「昆勲」の生理的状況と行動特性を比較観察している。クローン技術の成功を総括した上で、職業クローン犬に関する重要技術の研究を進めていき、クローン技術の警察犬への応用を早期に実現し、「功労犬」の比率を高め、警察犬の技術が公安システムの業務においてより大きな役割を果たすために新たな技術的手段を提供する。昆明犬は、中国が独自に育成した唯一の職業犬種で、臭気の選別や追跡、捜索、爆発物探知など総合的な能力を持つ。(記者/江文耀、王安浩維)<映像内容>中国初のクローン警察犬の訓練の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800984

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月22日
    中国初のクローン警察犬「昆勲」、警察に入隊

    22日、審査に参加する「昆勲」。中国初のクローン警察犬「昆勲(クンフン)」が22日、雲南省昆明市にある訓練基地での「職業訓練」を終え、審査にも合格、無事に入隊を果たした。「昆勲」は昨年12月に北京で生まれ、生後3カ月から昆明の警察犬基地でトレーニングを受けてきた。現在はすでに任務遂行に必要な能力を身に付けている。「昆勲」は雌の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)。体細胞ドナー犬「化煌馬(ホアホアンマ)」はその卓越した実践能力が評価され、公安部の「1級功労犬」に選ばれている。第三者機関の血縁鑑定では、クローン犬「昆勲」と体細胞ドナー犬「化煌馬」のDNAには99・9%以上の相同性があることが確認され、両者に同一性の関係があることが証明された。(昆明=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600447

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:45.35
    2019年08月22日
    「新華社」中国初のクローン警察犬「昆勲」、警察に入隊

    中国初のクローン警察犬「昆勲(クンフン)」が22日、雲南省昆明市にある訓練基地での「職業訓練」を終え、審査にも合格、無事に入隊を果たした。「昆勲」は昨年12月に北京で生まれ、生後3カ月から昆明の警察犬基地でトレーニングを受けてきた。現在はすでに任務遂行に必要な能力を身に付けている。「昆勲」は雌の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)。体細胞ドナー犬「化煌馬(ホアホアンマ)」はその卓越した実践能力が評価され、公安部の「1級功労犬」に選ばれている。第三者機関の血縁鑑定では、クローン犬「昆勲」と体細胞ドナー犬「化煌馬」のDNAには99・9%以上の相同性があることが確認され、両者に同一性の関係があることが証明された。(記者/江文耀、王安浩維)<映像内容>クローン警察犬の訓練などの様子、撮影日:2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603689

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月22日
    中国初のクローン警察犬「昆勲」、警察に入隊

    22日、審査に参加する「昆勲」。中国初のクローン警察犬「昆勲(クンフン)」が22日、雲南省昆明市にある訓練基地での「職業訓練」を終え、審査にも合格、無事に入隊を果たした。「昆勲」は昨年12月に北京で生まれ、生後3カ月から昆明の警察犬基地でトレーニングを受けてきた。現在はすでに任務遂行に必要な能力を身に付けている。「昆勲」は雌の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)。体細胞ドナー犬「化煌馬(ホアホアンマ)」はその卓越した実践能力が評価され、公安部の「1級功労犬」に選ばれている。第三者機関の血縁鑑定では、クローン犬「昆勲」と体細胞ドナー犬「化煌馬」のDNAには99・9%以上の相同性があることが確認され、両者に同一性の関係があることが証明された。(昆明=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600431

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月22日
    中国初のクローン警察犬「昆勲」、警察に入隊

    22日、審査を受ける「昆勲」。中国初のクローン警察犬「昆勲(クンフン)」が22日、雲南省昆明市にある訓練基地での「職業訓練」を終え、審査にも合格、無事に入隊を果たした。「昆勲」は昨年12月に北京で生まれ、生後3カ月から昆明の警察犬基地でトレーニングを受けてきた。現在はすでに任務遂行に必要な能力を身に付けている。「昆勲」は雌の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)。体細胞ドナー犬「化煌馬(ホアホアンマ)」はその卓越した実践能力が評価され、公安部の「1級功労犬」に選ばれている。第三者機関の血縁鑑定では、クローン犬「昆勲」と体細胞ドナー犬「化煌馬」のDNAには99・9%以上の相同性があることが確認され、両者に同一性の関係があることが証明された。(昆明=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600410

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月22日
    中国初のクローン警察犬「昆勲」、警察に入隊

    22日、「昆勲」を連れて審査に参加する雲南省普洱(プーアル)市捜査支隊警察犬大隊の李華(り・か)隊長。李氏は「昆勲」の体細胞のドナー犬「化煌馬」の訓練士でもある。中国初のクローン警察犬「昆勲(クンフン)」が22日、雲南省昆明市にある訓練基地での「職業訓練」を終え、審査にも合格、無事に入隊を果たした。「昆勲」は昨年12月に北京で生まれ、生後3カ月から昆明の警察犬基地でトレーニングを受けてきた。現在はすでに任務遂行に必要な能力を身に付けている。「昆勲」は雌の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)。体細胞ドナー犬「化煌馬(ホアホアンマ)」はその卓越した実践能力が評価され、公安部の「1級功労犬」に選ばれている。第三者機関の血縁鑑定では、クローン犬「昆勲」と体細胞ドナー犬「化煌馬」のDNAには99・9%以上の相同性があることが確認され、両者に同一性の関係があることが証明された。(昆明=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600493

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月22日
    中国初のクローン警察犬「昆勲」、警察に入隊

    22日、「昆勲」を連れて審査に参加する雲南省普洱(プーアル)市捜査支隊警察犬大隊の李華(り・か)隊長。李氏は「昆勲」の体細胞のドナー犬「化煌馬」の訓練士でもある。中国初のクローン警察犬「昆勲(クンフン)」が22日、雲南省昆明市にある訓練基地での「職業訓練」を終え、審査にも合格、無事に入隊を果たした。「昆勲」は昨年12月に北京で生まれ、生後3カ月から昆明の警察犬基地でトレーニングを受けてきた。現在はすでに任務遂行に必要な能力を身に付けている。「昆勲」は雌の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)。体細胞ドナー犬「化煌馬(ホアホアンマ)」はその卓越した実践能力が評価され、公安部の「1級功労犬」に選ばれている。第三者機関の血縁鑑定では、クローン犬「昆勲」と体細胞ドナー犬「化煌馬」のDNAには99・9%以上の相同性があることが確認され、両者に同一性の関係があることが証明された。(昆明=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600491

  • 2019年09月29日
    体細胞クローン豚の出産に成功四川省

    9月29日、巴中市原種青峪豚飼育場で青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により生まれた子豚。中国四川農業大学は1日、同省巴中(はちゅう)市にある原種青峪(せいよく)豚飼育場で9月29日に、青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により妊娠した母豚4頭が、計23頭の原種青峪豚を順調に出産し、子豚の健康状態が良好だと明らかにした。「巴中土猪」とも呼ばれる青峪豚は、四川省のブランド豚で、同省の「畜禽遺伝資源保護リスト」に掲載されている。(成都=新華社配信/四川農業大学提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:四川農業大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403164

  • 2019年09月29日
    体細胞クローン豚の出産に成功四川省

    9月29日、巴中市原種青峪豚飼育場で青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により生まれた子豚。中国四川農業大学は1日、同省巴中(はちゅう)市にある原種青峪(せいよく)豚飼育場で9月29日に、青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により妊娠した母豚4頭が、計23頭の原種青峪豚を順調に出産し、子豚の健康状態が良好だと明らかにした。「巴中土猪」とも呼ばれる青峪豚は、四川省のブランド豚で、同省の「畜禽遺伝資源保護リスト」に掲載されている。(成都=新華社配信/四川農業大学提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:四川農業大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403188

  • 2019年09月29日
    体細胞クローン豚の出産に成功四川省

    9月29日、乳を飲む体細胞クローン胚移植技術により生まれた子豚。中国四川農業大学は1日、同省巴中(はちゅう)市にある原種青峪(せいよく)豚飼育場で9月29日に、青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により妊娠した母豚4頭が、計23頭の原種青峪豚を順調に出産し、子豚の健康状態は良好だと明らかにした。「巴中土猪」とも呼ばれる青峪豚は、四川省のブランド豚で、同省の「畜禽遺伝資源保護リスト」に掲載されている。(成都=新華社配信/四川農業大学提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:四川農業大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403178

  • 2019年09月29日
    体細胞クローン豚の出産に成功四川省

    9月29日、巴中市原種青峪豚飼育場で青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により生まれた子豚。中国四川農業大学は1日、同省巴中(はちゅう)市にある原種青峪(せいよく)豚飼育場で9月29日に、青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により妊娠した母豚4頭が、計23頭の原種青峪豚を順調に出産し、子豚の健康状態が良好だと明らかにした。「巴中土猪」とも呼ばれる青峪豚は、四川省のブランド豚で、同省の「畜禽遺伝資源保護リスト」に掲載されている。(成都=新華社配信/四川農業大学提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:四川農業大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403187

  • 2019年09月29日
    体細胞クローン豚の出産に成功四川省

    9月29日、巴中市原種青峪豚飼育場で青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により生まれた子豚。中国四川農業大学は1日、同省巴中(はちゅう)市にある原種青峪(せいよく)豚飼育場で9月29日に、青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により妊娠した母豚4頭が、計23頭の原種青峪豚を順調に出産し、子豚の健康状態が良好だと明らかにした。「巴中土猪」とも呼ばれる青峪豚は、四川省のブランド豚で、同省の「畜禽遺伝資源保護リスト」に掲載されている。(成都=新華社配信/四川農業大学提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:四川農業大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403175

  • 2019年09月29日
    体細胞クローン豚の出産に成功四川省

    9月29日、巴中市原種青峪豚飼育場で青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により生まれた子豚。中国四川農業大学は1日、同省巴中(はちゅう)市にある原種青峪(せいよく)豚飼育場で9月29日に、青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により妊娠した母豚4頭が、計23頭の原種青峪豚を順調に出産し、子豚の健康状態が良好だと明らかにした。「巴中土猪」とも呼ばれる青峪豚は、四川省のブランド豚で、同省の「畜禽遺伝資源保護リスト」に掲載されている。(成都=新華社配信/四川農業大学提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:四川農業大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403186

  • 2020年10月31日
    Ebola Virus

    Scanning electron micrograph of Ebola virus budding from the surface of a Vero cell (African green monkey kidney epithelial cell line). Credit: NIAID.、クレジット:IMAGE POINT FR / NIH / NIAID/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103430

  • 2020年10月31日
    Ebola Virus

    Scanning electron micrograph of Ebola virus budding from the surface of a Vero cell (African green monkey kidney epithelial cell line). Credit: NIAID.、クレジット:IMAGE POINT FR / NIH / NIAID/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103367

  • 2020年12月26日
    (4)中国薬科大学、うつ病治療研究で新たな成果

    研究結果を示した図。CA3錐体細胞のTGR5を増加させることで、うつ病を発症しやすいマウスの社会的行動障害が改善される。中国江蘇省南京市にある中国薬科大学は25日、同大学薬学院の洪浩(こう・こう)教授の研究チームが長年の研究により、TGR5と呼ばれる受容体がうつ様行動と関係があることを発見したと明らかにした。新たな抗うつ薬開発の道筋を開くものと期待される。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800100

  • 2020年12月26日
    (3)中国薬科大学、うつ病治療研究で新たな成果

    研究結果を示した図。正常なマウス(右の列)に比べ、うつ病を発症しやすいマウス(中央の列)はCA3錐体細胞のTGR5が有意に少ないことが明らかになった。中国江蘇省南京市にある中国薬科大学は25日、同大学薬学院の洪浩(こう・こう)教授の研究チームが長年の研究により、TGR5と呼ばれる受容体がうつ様行動と関係があることを発見したと明らかにした。新たな抗うつ薬開発の道筋を開くものと期待される。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月12日
    (1)上海税関、密輸人体細胞247個を押収

    6日、押収した人体細胞を調べる上海税関の職員。中国上海税関は10日、「実験室培養基」の品名で申告された輸入貨物から人体細胞247個を押収したと発表した。貨物を輸入したのは上海のバイオテクノロジー企業で、昨年6月以降、複数回にわたり人体細胞を密輸していた。貨物は既に法に基づき廃棄されており、同税関の密輸取締部門が捜査を続けている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051210470

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月12日
    (2)上海税関、密輸人体細胞247個を押収

    6日、上海税関が押収した人体細胞。中国上海税関は10日、「実験室培養基」の品名で申告された輸入貨物から人体細胞247個を押収したと発表した。貨物を輸入したのは上海のバイオテクノロジー企業で、昨年6月以降、複数回にわたり人体細胞を密輸していた。貨物は既に法に基づき廃棄されており、同税関の密輸取締部門が捜査を続けている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051210471

  • 2021年06月28日
    Vivo Photo Illustration

    Vivo logo is seen displayed on a phone screen in this illustration photo taken in Krakow, Poland on June 28, 2021. (Photo Illustration by Jakub Porzycki/NurPhoto)=クレジット:Jakub Porzycki/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063008638

  • 2021年11月02日
    (2)中国の研究者、異種間遺伝子編集の「仮親」技術研究で進展

    チャイニーズレアミノー(Gr)の生殖細胞とゼブラフィッシュ(Dr)の性腺体細胞による精原幹細胞移植精巣。中国科学院水生生物研究所の研究者が、異種間遺伝子編集の「仮親」技術研究で重要な進展を得た。ゼブラフィッシュを使って、コイ目コイ科の淡水魚、チャイニーズレアミノー(Gobiocyprisrarus)の遺伝子編集された精子を迅速かつ効率的に得ることに成功した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110206299

  • 2021年11月18日
    (10)中国西南野生生物ジーンバンクを訪ねて雲南省

    中国西南野生生物ジーンバンクで超低温保存後に形成された体細胞胚。(10月20日撮影)中国雲南省昆明市北郊にある中国西南野生生物ジーンバンクには、ハンカチノキやヒマラヤイチイなど、多くの絶滅危惧種を含む植物の種子1万601種、8万5046点が保存されており、これは中国の種子植物種全体の36%を占めている。他にも植物の体外培養材料2093種、2万4100点、動物遺伝資源2203種、6万262点が保存され、中国の固有種や希少絶滅危惧種のほか、経済・生態・科学研究上で重要な価値を持つ種の安全を力強く保障している。同バンクの冷凍保管庫は1年を通じて零下20度となっており、植物の種子は数十年、さらには千年以上生存することが期待されている。その種が自然界で絶滅したとしても、これらの種子の存在により再び自然に戻る可能性がある。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111808417

  • 1