KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しゅう
  • 様子
  • 記者
  • こうか
  • スープ
  • トウガラシ
  • ネット
  • ホット
  • レシピ
  • 中華料理

「何首烏」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年10月25日
    重慶に「麻辣火鍋」浴槽出現「ホット」な話題に

    10月25日、紅湯(赤いスープ)火鍋に変身した浴槽。中国重慶市にこのほど、「麻辣火鍋」(マーラーひなべ、中華山椒やトウガラシの辛いスープが特徴の鍋料理)の浴槽が現れ地元のネットで「ホット」な話題となっている。直径6・7メートルの円形の浴槽を4分割し、「鉄鍋」風に改造して赤い色の湯を満たした様子は、まるで地元名物の「麻辣火鍋」のよう。この火鍋の「レシピ」は鶏血藤(けいけっとう)、艾葉(がいよう)、紅花(こうか)、何首烏(かしゅう)など中国医薬の薬材を赤ワインで煮出したもので、これに浸かることで一定の健康効果が得られるという。(重慶=新華社記者/耿鵬宇)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110618248

  • 2018年10月25日
    重慶に「麻辣火鍋」浴槽出現「ホット」な話題に

    10月25日、「麻辣火鍋」の浴槽を体験する観光客。中国重慶市にこのほど、「麻辣火鍋」(マーラーひなべ、中華山椒やトウガラシの辛いスープが特徴の鍋料理)の浴槽が現れ地元のネットで「ホット」な話題となっている。直径6・7メートルの円形の浴槽を4分割し、「鉄鍋」風に改造して赤い色の湯を満たした様子は、まるで地元名物の「麻辣火鍋」のよう。この火鍋の「レシピ」は鶏血藤(けいけっとう)、艾葉(がいよう)、紅花(こうか)、何首烏(かしゅう)など中国医薬の薬材を赤ワインで煮出したもので、これに浸かることで一定の健康効果が得られるという。(重慶=新華社記者/耿鵬宇)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110617963

  • 2018年10月25日
    重慶に「麻辣火鍋」浴槽出現「ホット」な話題に

    10月25日、紅湯(赤いスープ)火鍋に変身した浴槽。中国重慶市にこのほど、「麻辣火鍋」(マーラーひなべ、中華山椒やトウガラシの辛いスープが特徴の鍋料理)の浴槽が現れ地元のネットで「ホット」な話題となっている。直径6・7メートルの円形の浴槽を4分割し、「鉄鍋」風に改造して赤い色の湯を満たした様子は、まるで地元名物の「麻辣火鍋」のよう。この火鍋の「レシピ」は鶏血藤(けいけっとう)、艾葉(がいよう)、紅花(こうか)、何首烏(かしゅう)など中国医薬の薬材を赤ワインで煮出したもので、これに浸かることで一定の健康効果が得られるという。(重慶=新華社記者/耿鵬宇)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110618179

  • 04:20.82
    2019年03月06日
    「新華社」受け継がれてきた老舗の中国医薬製造法山東省済寧市

    中国医薬文化は学識が幅広くて奥が深く、中国医薬の製造工程も非常に緻密だ。このほど、中国山東省済寧(さいねい)市にある400年以上の歴史を持つ老舗「広育堂」を訪れ、中国医薬の「古方」(古くから伝わる処方)を体験した。広育堂にある二仙膏(にせんこう)の古方製造技術工房では、数人の薬剤師が二仙膏の薬液を煎出、濃縮して、ペースト状にしていた。薬剤師はその前に、蒸して天日干しする工程を何度も繰り返す「九蒸九晒」による何首烏(かしゅう、ツルドクダミの根)の毒抜きや、牛鞭(ぎゅうべん)の臭み取り、亀板膠(きばんきょう)や蜂蜜の酸化など、薬剤の加工処理を済ませていた。広育堂の二仙膏製造技術は400年以上にわたって受け継がれてきた。その処方は古代の珍しい滋養剤にまでさかのぼり、明清時代には宮廷への貢ぎ物になったこともあった。同製造技術は2014年に国家級無形文化遺産に登録され、2018年には第1回国家伝統工芸振興リストにも登録された。<映像内容>中国医薬老舗「広育堂」の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030704359

  • 2020年03月04日
    天津盛実百草、生産再開で大忙し

    4日、何首烏(カシュウ)を細かく切断する天津盛実百草中薬科技の従業員。中国の中医薬大手、天津盛実百草中薬科技は、2月3日に生産を再開して以来、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制対策を徹底した上で、製品の円滑な供給を保証するため、休みなく生産に取り組み、生産能力も急速に回復している。同社と日本の漢方薬大手、ツムラが資本提携して設立した津村盛実製薬の建設工事は、2019年4月16日に天津ハイテク産業開発区(天津高新区)で着工した。第1期工事は今年の10月に竣工する見込み。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004443

  • 1