KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ちょうしょう
  • 福建料理
  • 種類
  • 記者
  • たけのこ
  • ちょうゆう
  • つみれ
  • アート
  • クラゲ
  • コンベンションセンター

「佛跳牆」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:53.02
    2019年02月05日
    「新華社」独特の年越し料理寿山石の「満漢全席」福建省福州市

    中国福建省の工芸美術家で無形文化遺産継承者の孫兆勇(そん・ちょうゆう)氏は、春節(旧正月)を迎えるに当たり、自身が20年近くかけて収集した数十種類の寿山石で制作した151種類の「寿山石満漢全席」を公開した。作品は福州市で古い町並みが残る三坊七巷で「食卓」に並べられ、多くの市民が「味見」に訪れた。孫氏によると、寿山石彫刻は南北朝時代に始まり清代で盛んになったといい、千年以上の歴史を持つ。原石の色や性質、紋様を利用して巧みな彫刻を施し、あたかも天然のものに見せる「俏色巧彫(しょうしょくこうちょう)」を伝統としている。2013年には孫氏が143種類の寿山石を用いて制作した福州市の伝統特色を備えた作品「寿山石満漢全席」が「上海大世界ギネス」に認定された。今回展示された「寿山石満漢全席」は、月尾石や善伯凍、艾葉緑、老嶺石、芙蓉石、杜陵石などの寿山石に一つ一つ彫刻されており、干したけのこやクラゲの皮、牡蠣豆腐、つみれ、中国菓子の「麻花(マーホア)」、福建の郷土料理「佛跳牆(ぶっちょうしょう)」「太平燕(タイピーエン)」などの料理はまさに本物そっくりだった。孫氏は1994年に最初の「料理」を彫刻してから、これまでに151種類の作品を制作。25年かけて「寿山石の盛宴」を「調理」し続けてきた。当初は主に佛跳牆やつみれ、太平燕などの福建料理や果物、野菜を制作していたが、今ではハンバーガーやピザ、シーフードなど西洋の現代食文化を代表する多くの食物を創作に取り入れるようになったという。孫氏は「寿山石満漢全席」は国境を越え、全世界に福州市の寿山石文化を広める役割を担うようになったと語った。(記者/魏培全)<映像内容>本物そっくりな年越し料理の彫刻、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518431

  • 2021年12月03日
    (2)中国調理済み・半調理済み食品産業大会開催福州市

    2日、会場で福建料理の高級スープ「佛跳牆(ぶっちょうしょう」をバイヤーに紹介する出展者(左)。中国福建省福州市の福州海峡国際会展中心(国際エキシビション・コンベンションセンター)で2日、2021年中国調理済み・半調理済み食品産業大会および展示会が開幕した。関連産業の流通業者や生産者、サービスプロバイダー、政府部門と業界団体の代表者約1万人が一堂に会した。会場では新製品千種類以上が展示されたほか、投融資、サプライチェーン、研究開発、新小売、外食産業などをテーマとした八つの業界フォーラムも開催される。会期は4日まで。中国の調理済み・半調理済み食品市場の規模は現在、約3千億元(1元=約18円)で、食材市場全体に占める割合は10%未満だが、今後5年間で1兆元規模の市場に成長すると見込まれ、長期的には3兆元を超えるとも予想されている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120400047

  • 1