KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 諸侯
  • 令和
  • 記者
  • 東周
  • 資料
  • 配置
  • りゅう
  • 発掘調査
  • 君主
  • 埋葬

「侯国」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
130
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
130
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Michel-Ange Houasse / ‘Louis I, Prince of Asturias‘, 1717, French School, Oil on canvas.

    Michel-Ange Houasse / ‘Louis I, Prince of Asturias‘, 1717, French School, Oil on canvas, 172 cm x 112 cm, P02387. Museum: MUSEO DEL PRADO, MADRID, SPAIN.、クレジット:Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020052901291

  • -
    Joachim II Hector

    Joachim II Hector, Elector of Brandenburg, shown when crown prince of the state; by Lucas Cranach the Elder. 1520、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030100231

  • -
    Juan Bautista Martínez del Mazo / ‘Balthasar Charles, Prince of Asturias‘, 1645-1646, Spanish School, Oil on canvas,

    Juan Bautista Martínez del Mazo / ‘Balthasar Charles, Prince of Asturias‘, 1645-1646, Spanish School, Oil on canvas, 209 cm x 144 cm, P01221. Museum: MUSEO DEL PRADO, MADRID, SPAIN.、クレジット:Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020052901243

  • 1974年12月07日
    1枚1億1500万円ナリ

    1億1千500万円の値段が付けられた「ジーベンビュルゲン50デュカット金貨」(右)と、6千900万円の40デュカット金貨(神聖ローマ帝国発行)。昨秋ヨーロッパの貨幣オークションで、史上最高値で落札された世界で唯一という金貨が「世界のコイン展」に登場した。17世紀中ごろ、現在のハンガリー地方に存在したジーベンビュルゲン侯国が発行した=1974(昭和49)年12月7日、東京・銀座の松屋デパート

    商品コード: 2012062200261

  • 2004年04月01日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の出土時の様子。(複製写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2004(平成16)年4月1日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708741

  • 2007年03月05日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の銘文。(2007年3月5日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2007(平成19)年3月5日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708754

  • 2013年05月13日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    上空から見た葉家山墓地の第二次発掘調査現場。(2013年5月13日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2013(平成25)年5月13日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708682

  • 2013年09月16日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2013年の調査で見つかった葉家山M111号墓。(2013年9月16日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2013(平成25)年9月16日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708690

  • 2015年11月16日
    江西省博物館の海昏侯成果展で展示品更新「孔子衣鏡」初公開

    「孔子衣鏡」の裏側に描かれた孔子の像。(資料写真)中国江西省博物館はこのほど、開催中の「驚きの大発見南昌漢代海昏(かいこん)侯国考古学成果展」の展示品の更新を行い、前漢時代(紀元前202年~8年)の長方形の銅鏡「孔子衣鏡」を初公開した。(南昌=新華社配信/江西省文物考古研究院提供)=2015(平成27)年11月16日、クレジット:江西省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005957

  • 2017年05月11日
    太原市で出土の漢代大型墓園、前漢の諸侯王墓か山西省

    太原市の東山で見つかった前漢時代の大型墓園から出土した土器の盆。(資料写真)中国の山西省考古研究院や同省の太原市文物考古研究所などの機関はこのほど、同市東山で見つかった前漢時代の大型墓園の発掘成果を発表した。墓園では規模が大きく格式の高い古墓2基が出土した。太原には前漢時代に諸侯国「代国」の都が置かれていたことから、専門家は代王とその夫人の墓ではないかとの見方を示す。(太原=新華社配信)=2017(平成29)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508270

  • 2017年08月01日
    江西省博物館の海昏侯成果展で展示品更新「孔子衣鏡」初公開

    「孔子衣鏡」の裏側のふち部分に描かれた「四神」(しじん、東西南北の四方を守る神)をかたどった図案。上:鳳凰(ほうおう)下:玄武(げんぶ)左:白虎(びゃっこ)右:青竜(せいりゅう)。(資料写真)中国江西省博物館はこのほど、開催中の「驚きの大発見南昌漢代海昏(かいこん)侯国考古学成果展」の展示品の更新を行い、前漢時代(紀元前202年~8年)の長方形の銅鏡「孔子衣鏡」を初公開した。(南昌=新華社配信/江西省文物考古研究院提供)=2017(平成29)年8月1日、クレジット:江西省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006060

  • 2018年08月08日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2011年に湖北省随州市の文峰塔M4号墓から出土した甬鐘(ようしょう)の拓本。(2018年8月8日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708740

  • 2018年08月17日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」で発掘された馬坑(馬を副葬した穴)。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700370

  • 2018年10月15日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」から出土した銅製の匜(い、水差し)。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700373

  • 2018年10月15日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」から出土した銅簠(どうほ、食物を盛る長方形の祭器)。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700450

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の大型墓から出土した金製の虎。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010811937

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の墓地発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812266

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の大型墓から出土した編鐘(へんしょう)と石磬(せきけい)。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812319

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の大型墓から出土した木俑(もくよう)。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812341

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の大型墓から出土した甬鐘(ようしょう)。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812183

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の墓地から出土した鈕鐘(ちゅうしょう)。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812303

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の大型墓槨室(かくしつ)の発掘現場。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010811607

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の大型墓から出土した銅製の鼎(かなえ)。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812208

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の中型墓から出土した玉琮(ぎょくそう)。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812187

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月11日
    中国で盗掘された文化財、東京のオークションで「合法化」

    考古学者の呉鎮烽(ご・ちんほう)氏が編さんした「商周青銅器銘文曁図像集成(続編)」(「商周青銅器銘文および画像集成(続編)」、上海古籍出版社、2016年)に収録された曽伯克父青銅器とその銘文。(資料写真、組み合わせ写真)「極めて珍しい西周時代の青銅器が東京のオークションに出展される」。中国のSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」を通して情報が考古学専門家の間を駆け巡った。多くの学者や専門家は、12日に日本でオークションに出品される周代の青銅器のセットが、主催者側の言うような中華民国期の所蔵品ではなく、中国で近年盗掘され国外に持ち出された重要な文化財だとしている。専門家によると、今回出展される「曽伯克父青銅組器」は、周代の諸侯国、曽国の高級貴族の克父(こくふ)が所有していたもので、鼎(かなえ)や簋(き)、壺(こ)、甗(げん)、霝(れい)、盨(しゅ)など6種類計8点から成る。どの青銅器にも先祖の徳を称え、末代までの加護を願う銘文が刻まれている。オークション主催者側は、この青銅器セットが中華民国期の所蔵品だと紹介しているが、多くの学者や専門家は、盗掘犯が書簡を偽造し、上書きだけを換えるなどの方法で、海外に流出した盗掘文化財をオークションで「ロンダリング(洗浄)」するつもりだと悲嘆と憤慨をあらわにしている。専門家によると、ユネスコは1970年11月14日にパリで「文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約」(文化財不法輸出入等禁止条約)を採択しているが、近年盗掘・密輸された文化財でも「中華民国」期の所蔵品に偽装することで同条約の適用を回避し、「ロンダリング」により「合法化」できてしまうという。しかも、落札したコレクターが転売することも合法となる。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031101387

  • 2019年04月08日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」の北東部発掘現場。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700435

  • 2019年04月08日
    春秋時代「虢国」の墓地見つかる副葬品2千点以上が出土河南省三門峡市

    「義馬上石河村春秋墓地」から出土した銅鼎の銘文の拓本。「虢季氏子虎父作鼎子子孫孫永宝用」と書かれている。(資料写真)中国河南省義馬市上石河村でこのほど、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢(かく)国」の邦墓(ほうぼ、貴族や庶民の共同墓)が見つかり、副葬品2千点が出土した。(鄭州=新華社配信/河南省文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:河南省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700278

  • 2019年06月30日
    山西省で晋国末期の大型墓を発掘東周時代で最大級

    運城市聞喜県の邱家庄墓群で見つかった晋国末期の大型墓。(2019年6月撮影)中国の山西省考古研究所はこのほど、周王朝の諸侯国、晋国(紀元前11世紀~紀元前4世紀)末期の高位者が埋葬された大型墓の発掘成果を発表した。考古学者は、同墓がこれまで同省で発掘された最大規模の東周時代の墓だと説明した上で、晋国末期の君主の夫人の墓との見方を示した。(聞喜=新華社配信)=2019(令和元)年6月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801577

  • 2019年07月08日
    江西省博物館の海昏侯成果展で展示品更新「孔子衣鏡」初公開

    「孔子衣鏡」にはめ込まれた銅鏡の表と裏。(組み合わせ写真、資料写真)中国江西省博物館はこのほど、開催中の「驚きの大発見南昌漢代海昏(かいこん)侯国考古学成果展」の展示品の更新を行い、前漢時代(紀元前202年~8年)の長方形の銅鏡「孔子衣鏡」を初公開した。(南昌=新華社配信/江西省文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:江西省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005956

  • 2019年07月08日
    江西省博物館の海昏侯成果展で展示品更新「孔子衣鏡」初公開

    出土した「孔子衣鏡」。(資料写真)中国江西省博物館はこのほど、開催中の「驚きの大発見南昌漢代海昏(かいこん)侯国考古学成果展」の展示品の更新を行い、前漢時代(紀元前202年~8年)の長方形の銅鏡「孔子衣鏡」を初公開した。(南昌=新華社配信/江西省文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:江西省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006035

  • 01:03.24
    2019年07月09日
    「新華社」江西省博物館の海昏侯成果展で展示品更新「孔子衣鏡」初公開

    中国江西省博物館はこのほど、開催中の「驚きの大発見南昌漢代海昏(かいこん)侯国考古学成果展」の展示品の更新を行い、前漢時代(紀元前202年~8年)の長方形の銅鏡「孔子衣鏡」を初公開した。「孔子衣鏡」は前漢時代の諸侯墓、海昏侯劉賀(りゅうが)墓の主椁室(棺をおさめた部屋)から出土した。鏡は表面が滑らかで美しい長方形の銅板で、中間部から上下に二つに割れた状態で出土、素地全体に装飾は見られなかった。鏡の背面は木製で、保存状態は良好。鏡の背面全体に赤い漆が塗られ、孔子とその弟子の絵が描かれている。衣鏡には孔子が庶民の姿で描かれ、弟子のイメージも非常に個性的だ。この他、衣鏡には1850字の文字があり、そのうち衣鏡の裏面は孔子について600字の文字が記載されている。また、19行の「衣鏡賦」の文字がある。中国社会科学院考古研究所の王仁湘(おう・じんしょう)研究員は、衣鏡の出土位置が主椁西室の入り口付近であることから、入り口を守る魔除けのための鏡の可能性が高いが、鏡面が大きいことから服を着る際の鏡として使われた可能性もあると考えている。南昌漢代海昏侯墓は2011年の発掘以来、1万点(セット)以上の貴重な文化財が出土しており、中国漢代の政治、経済、文化の研究に重要な意義を持つ。2016年10月から常設展として同成果展が始まって以来、これまでに国内外から延べ238万人が訪れた。(記者/袁慧晶)<映像内容>前漢時代の銅鏡「孔子衣鏡」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005895

  • 01:58.99
    2019年08月14日
    「新華社」湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。曽の国とは「春秋左氏伝」などの文献で言うところの「随の国」で「一つの国に二つの名」がある。随の国は西周(紀元前1046年~紀元前771年)初期に周の天子が南方を鎮守するために封建した重要な邦国であり、その故地は現在の湖北省随州市にあり、西周初期から戦国時代(紀元前5世紀~紀元前221年)中期まで存続した。春秋時代の曽の国と周王朝、楚の国、その他諸侯国との関係やその文化的な由来を探るため、湖北省文物考古研究所は2018年10月から随州棗樹林墓地に対する主体的な探査と発掘調査を開始した。これまでに墓地からは土坑墓54基、馬坑3基が見つかっている。同研究所の郭長江(かく・ちょうこう)副研究員は次のように説明した。ここは春秋時代中期~末期の曽国公の墓地で、墓の形式は多くが長方形の竪穴土坑墓だ。墓は東西方向につくられ、配置は比較的厳密である。これまでに青銅器千点余りが出土しており、一部の青銅器には銘文があった。銘文では主に「曽公」「曽」「曽叔」「曽侯」「曽夫人」などの表記が使われていた。そのうち2組の墓は曽の国の君主レベルの夫婦合葬墓で、曽侯「宝」とその夫人「羋加」の墓(168、169号墓)および、曽公「求」とその夫人「漁」の墓(190、191号墓)。曽侯「宝」と夫人の並穴合葬墓は共に盗掘に遭っていたが、青銅の礼楽器が残っていた。特に夫人の墓には鈕鐘19点など重要な文化財が残されていた。曽公「求」と夫人の並穴合葬墓も盗掘されていたが「求」の墓には銅の礼器と完全な編鐘一式、夫人の墓には銅の礼器一式が残されていた。(記者/喩珮)<映像内容>曽の国の君主と夫人の合葬墓2基の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407274

  • 2019年09月16日
    山西省で晋国末期の大型墓を発掘東周時代で最大級

    運城市聞喜県の邱家庄墓群で見つかった晋国末期の大型墓から出土した玉竜。(資料写真)中国の山西省考古研究所はこのほど、周王朝の諸侯国、晋国(紀元前11世紀~紀元前4世紀)末期の高位者が埋葬された大型墓の発掘成果を発表した。考古学者は、同墓がこれまで同省で発掘された最大規模の東周時代の墓だと説明した上で、晋国末期の君主の夫人の墓との見方を示した。(臨汾=新華社配信)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801482

  • 2019年09月17日
    山西省で晋国末期の大型墓を発掘東周時代で最大級

    運城市聞喜県の邱家庄墓群で見つかった晋国末期の大型墓から出土した玉人。(資料写真)中国の山西省考古研究所はこのほど、周王朝の諸侯国、晋国(紀元前11世紀~紀元前4世紀)末期の高位者が埋葬された大型墓の発掘成果を発表した。考古学者は、同墓がこれまで同省で発掘された最大規模の東周時代の墓だと説明した上で、晋国末期の君主の夫人の墓との見方を示した。(臨汾=新華社配信)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801474

  • 2019年09月19日
    山西省で晋国末期の大型墓を発掘東周時代で最大級

    運城市聞喜県の邱家庄墓群で見つかった晋国末期の大型墓から出土した玉竜。(資料写真)中国の山西省考古研究所はこのほど、周王朝の諸侯国、晋国(紀元前11世紀~紀元前4世紀)末期の高位者が埋葬された大型墓の発掘成果を発表した。考古学者は、同墓がこれまで同省で発掘された最大規模の東周時代の墓だと説明した上で、晋国末期の君主の夫人の墓との見方を示した。(臨汾=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801470

  • 2019年09月20日
    山西省で晋国末期の大型墓を発掘東周時代で最大級

    運城市聞喜県の邱家庄墓群で見つかった晋国末期の大型墓から出土した銅牛。(資料写真)中国の山西省考古研究所はこのほど、周王朝の諸侯国、晋国(紀元前11世紀~紀元前4世紀)末期の高位者が埋葬された大型墓の発掘成果を発表した。考古学者は、同墓がこれまで同省で発掘された最大規模の東周時代の墓だと説明した上で、晋国末期の君主の夫人の墓との見方を示した。(臨汾=新華社配信)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801459

  • 2019年09月20日
    山西省で晋国末期の大型墓を発掘東周時代で最大級

    運城市聞喜県の邱家庄墓群で見つかった晋国末期の大型墓から出土した玉飾り。(資料写真)中国の山西省考古研究所はこのほど、周王朝の諸侯国、晋国(紀元前11世紀~紀元前4世紀)末期の高位者が埋葬された大型墓の発掘成果を発表した。考古学者は、同墓がこれまで同省で発掘された最大規模の東周時代の墓だと説明した上で、晋国末期の君主の夫人の墓との見方を示した。(臨汾=新華社配信)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801480

  • 2019年09月24日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2016年~17年の随州市漢東東路M129号墓の調査で出土した「曽公」の銘文の入った編鐘。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708765

  • 2019年09月24日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2011年に随州市の文峰塔M1号墓から出土した甬鐘(ようしょう)。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708697

  • 2019年09月26日
    山西省で晋国末期の大型墓を発掘東周時代で最大級

    運城市聞喜県の邱家庄墓群で見つかった晋国末期の大型墓から出土した銅鳥。(資料写真)中国の山西省考古研究所はこのほど、周王朝の諸侯国、晋国(紀元前11世紀~紀元前4世紀)末期の高位者が埋葬された大型墓の発掘成果を発表した。考古学者は、同墓がこれまで同省で発掘された最大規模の東周時代の墓だと説明した上で、晋国末期の君主の夫人の墓との見方を示した。(臨汾=新華社配信)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801465

  • 2020年03月14日
    山西省で晋国末期の大型墓を発掘東周時代で最大級

    運城市聞喜県の邱家庄墓群で見つかった晋国末期の大型墓の上部基礎と側面を覆う瓦。(資料写真)中国の山西省考古研究所はこのほど、周王朝の諸侯国、晋国(紀元前11世紀~紀元前4世紀)末期の高位者が埋葬された大型墓の発掘成果を発表した。考古学者は、同墓がこれまで同省で発掘された最大規模の東周時代の墓だと説明した上で、晋国末期の君主の夫人の墓との見方を示した。(聞喜=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801458

  • 2020年06月24日
    太原市で出土の漢代大型墓園、前漢の諸侯王墓か山西省

    太原市の東山で見つかった前漢時代の大型墓園の副葬墓から出土した銅鏡。(資料写真)中国の山西省考古研究院や同省の太原市文物考古研究所などの機関はこのほど、同市東山で見つかった前漢時代の大型墓園の発掘成果を発表した。墓園では規模が大きく格式の高い古墓2基が出土した。太原には前漢時代に諸侯国「代国」の都が置かれていたことから、専門家は代王とその夫人の墓ではないかとの見方を示す。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508223

  • 2020年06月24日
    太原市で出土の漢代大型墓園、前漢の諸侯王墓か山西省

    太原市の東山で見つかった前漢時代の大型墓園から出土した「宮」の字が記された瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。(資料写真)中国の山西省考古研究院や同省の太原市文物考古研究所などの機関はこのほど、同市東山で見つかった前漢時代の大型墓園の発掘成果を発表した。墓園では規模が大きく格式の高い古墓2基が出土した。太原には前漢時代に諸侯国「代国」の都が置かれていたことから、専門家は代王とその夫人の墓ではないかとの見方を示す。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508229

  • 2020年06月24日
    太原市で出土の漢代大型墓園、前漢の諸侯王墓か山西省

    太原市の東山で見つかった前漢時代の大型墓園の副葬墓から出土した竹簡。(資料写真)中国の山西省考古研究院や同省の太原市文物考古研究所などの機関はこのほど、同市東山で見つかった前漢時代の大型墓園の発掘成果を発表した。墓園では規模が大きく格式の高い古墓2基が出土した。太原には前漢時代に諸侯国「代国」の都が置かれていたことから、専門家は代王とその夫人の墓ではないかとの見方を示す。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508221

  • 2020年06月24日
    太原市で出土の漢代大型墓園、前漢の諸侯王墓か山西省

    太原市の東山で見つかった前漢時代の大型墓園の見取り図。中国の山西省考古研究院や同省の太原市文物考古研究所などの機関はこのほど、同市東山で見つかった前漢時代の大型墓園の発掘成果を発表した。墓園では規模が大きく格式の高い古墓2基が出土した。太原には前漢時代に諸侯国「代国」の都が置かれていたことから、専門家は代王とその夫人の墓ではないかとの見方を示す。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508273

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された蟠螭文(ばんちもん)の銅矛。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703415

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された虎形金飾(こけいきんしょく)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703443

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された銅柄鉄剣(どうへいてっけん)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703414

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された蟠螭文(ばんちもん)の銅矛。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703315

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された権杖(けんじょう、権力を象徴する杖)の頭部(金)と石突(銅)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703434

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示されたメノウの装飾品。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703319

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の鼎(かなえ)の銘文。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703368

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された車轄(しゃかつ、車輪の軸止め)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703439

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の鑾鈴(らんれい、車馬に取り付けた鈴)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703304

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された玉の首飾り。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703410

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の簋(き)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703429

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の鼎(かなえ)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703331

  • 2020年07月17日
    陝西省歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された青銅の簋(き)。中国陝西省西安市の陝西省歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703341

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された玉の首飾り。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703470

  • 2020年07月17日
    陝西歴史博物館で劉家窪東周遺跡の発掘成果展

    17日、劉家窪東周遺跡考古学成果展で展示された鳳凰文の青銅盉(か)。中国陝西省西安市の陝西歴史博物館では、劉家窪(りゅうかわ)東周遺跡の発掘成果を展示する特別展が15日から開催されている。劉家窪遺跡は同省澄城(ちょうじょう)県にあり、西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡とされる。特別展では同遺跡などの発掘調査で得られた最新の成果として175組300点余りの文化財を展示している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703291

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている青銅器。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104366

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている(左から)虢仲銅盨(どうしゅ)、虢仲銅簠(どうほ)、虢仲銅盤(どうばん)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている玉器。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104379

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館の館内に飾られた巨大なタペストリー。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104436

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている六璜連珠組玉佩(ろっこうれんじゅくみぎょくはい)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104444

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている玉とめのうを組み合わせた首飾りと腕輪。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104520

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている虢仲銅列鼎(どうれつてい、上)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104327

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている銅盾鍚(どうじゅんよう)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104368

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている(左から)虢仲銅爵(どうしゃく)、虢仲銅盉(どうか)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104432

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館の入り口に置かれた陽燧(ようすい、火を取るために太陽光をとり集める銅鏡)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104321

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館の車馬坑。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104377

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館の車馬坑。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104413

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館の入り口に置かれた陽燧(ようすい、火を取るために太陽光をとり集める銅鏡)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104504

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館の入り口。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104391

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている人竜文玉璋。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104348

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されているめのう玉と玉管を組み合わせた胸佩(きょうはい、上)と五璜連珠組玉佩(ごこうれんじゅくみぎょくはい)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    三門峡市の虢国博物館を探訪河南省

    虢国博物館に展示されている玉鳳(ぎょくほう)。(7月24日撮影)中国河南省三門峡市の虢国博物館は、西周時代から春秋時代前期の諸侯国「虢国(かくこく)」の墓地遺跡の上に建てられた遺跡博物館。虢国墓地は、西周~東周期の大型邦墓(ほうぼ、中小貴族や庶民の共同墓地)の中でも規模が大きく、各社会階層の墓が整然と配置され、保存状態も良い。歴史的、科学的にも極めて高い研究価値がある。中でも虢季(かく・き)と虢仲(かく・ちゅう)の2人の君主を埋葬した大型墓は、1990年と1991年にそれぞれ「中国十大考古新発見」に選定された。2001年4月には、墓地全体も「20世紀中国考古大発見100」に選ばれている。同墓地からは貴重な遺物1万点以上が出土している。中でも二つの君主墓からは、「中華第一剣」と呼ばれる玉柄銅芯鉄剣、多くの璜(半円形の玉)を連ねた精巧で華やかな玉佩、高度な玉器製造技術を示す人竜合文玉璋(じんりゅうごうもんぎょくしょう、玉璋は刀に似た形状の玉器)など国宝級の遺物が数多く出土した。玉器の大半は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区産の和田玉で、白玉や黄玉、碧玉など各種類が揃い、製造技術の面でも卓絶した逸品が多い。(三門峡=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104509

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曽伯克父甗(そうはくこくふげん)。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605263

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」を見学する来場者。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605367

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曾国の青銅器。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605360

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曽伯克父盨(そうはくこくふしゅ)。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605368

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曾国の青銅器。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605264

  • 2021年08月17日
    (15)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802901

  • 2021年08月17日
    (17)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802914

  • 2021年08月17日
    (7)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802841

  • 2021年08月17日
    (14)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802844

  • 2021年08月17日
    (2)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802836

  • 2021年08月17日
    (5)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802877

  • 2021年08月17日
    (16)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802902

  • 2021年08月17日
    (18)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802845

  • 2021年08月17日
    (8)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠の関帝廟。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802840

  • 2021年08月17日
    (6)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081804388

  • 2021年08月17日
    (4)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802863

  • 2021年08月17日
    (12)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802867

  • 2021年08月17日
    (9)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802846

  • 2021年08月17日
    (3)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802833

  • 2021年08月17日
    (11)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802860

  • 2021年08月17日
    (13)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802870

  • 2021年08月17日
    (10)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802857

  • 2021年08月17日
    (1)晋祠関帝廟の清代壁画山西省太原市

    11日、晋祠関帝廟の壁画(部分)。中国西周~春秋時代の諸侯国、晋国の始祖を祭る「晋祠(しんし)」は、山西省太原市中心部から南西15キロの天竜山の麓にあり、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。晋祠にある関帝廟の壁画は、連続した絵物語形式で構成され、上中下の3層に分かれる。各絵に境目はなく、エピソードごとに配置され、各物語のテーマも際立っている。「三国志演義」に登場する関羽の物語を描いたものが多く、76点のすべての絵の上隅にはタイトルが書かれている。山西省には多くの関帝廟があり、関羽の物語を描いた絵も多く残るが、晋祠関帝廟の壁画はその中の傑作とされる。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081802835

  • 1
  • 2