KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国雲南省
  • 公園管理
  • 国家湿地
  • 湿地公園
  • 管理センター
  • 華海国家
  • 雲南省保山市
  • オオバン
  • 保護動物
  • 国家保護

「保山市青」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:46.32
    2020年07月17日
    「新華社」国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。同センターの段紅蓮(だん・こうれん)シニアエンジニアによると、オオバンは中国では「白骨頂」とも呼ばれ、国の「三有」保護動物に指定されている。今の時期は、ほとんどが繁殖のために北方に戻っている。同市でオオバンの自然繁殖が確認されたのは今回が初めてという。段氏は、オオバンは中国に広く分布しており、通常、夏場は北方の湖や谷川で繁殖すると説明した。また「今回、オオバンの自然繁殖を確認できたことは、科学研究において重要な価値があり、青華海の環境保護の取り組みが優れた成果を上げていることも表している」と語った。(記者/林碧鋒)<映像内容>オオバンの親子の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月27日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で餌を捕まえるオオバン。(6月27日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園でひなに餌を与えるオオバン。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンのひな。(6月26撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月24日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.48
    2020年02月27日
    「新華社」絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種であるアカハジロの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1