KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 野生動物
  • 中国雲南省
  • 重点保護
  • コウノトリ
  • 一級保護
  • スタッフ
  • 国家一級
  • 生態環境
  • レッドリスト
  • 保護区内

「保護動物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
912
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
912
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:52.67
    2021年01月24日
    「新華社」禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。ダブリーチョウザメは長江チョウザメの別称を持つ長江の固有種の希少魚類で、国家1級保護動物に指定されており、「水中のパンダ」とも呼ばれている。(記者/尹恒) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.55
    2021年01月23日
    「新華社」国家2級重点保護動物のマエガミジカを発見浙江省仙居県

    中国浙江省台州市仙居県の生物多様性バックグラウンド調査チームのメンバーがこのほど、回収した赤外線カメラを確認した際に、中国の国家2級重点保護動物であるマエガミジカの鮮明な画像と動画を発見した。同種は偶蹄目シカ科の動物で、高山や丘陵地帯の常緑広葉樹林、針広混交林、低木林、伐採跡地、河谷低木林に生息し、標高千~4千メートルの山々で活動することが多い。マエガミジカは浙江省の省級重点保護動物に指定されており、「中国生物多様性レッドリスト-脊椎動物編」にも危急種(VU)として登録されている。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (4)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.88
    2021年01月22日
    「新華社」祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(記者/范培珅) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (6)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (7)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、広東省広州市の長隆野生動物世界で、戯れる2頭のゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、広東省広州市の長隆野生動物世界で、辺りを見回すゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、広東省広州市の長隆野生動物世界で、2020年12月に生まれた6頭のゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (9)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、ゴールデンターキンの赤ちゃんの健康診断をする獣医師(奥中央)。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、広東省広州市の長隆野生動物世界で、2020年12月に生まれた6頭のゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.81
    2021年01月22日
    「新華社」すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(記者/黄国保)=配信日:2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (8)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、ゴールデンターキンの赤ちゃんにミルクを与える飼育員。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (6)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、ゴールデンターキンの赤ちゃんにミルクを与える飼育員。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.20
    2021年01月20日
    「新華社」湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(記者/姚兵) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、ゴールデンターキンの赤ちゃんにミルクを与える飼育員。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)=配信日:2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、ゴールデンターキンの赤ちゃんの健康診断をする獣医師(手前)。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)=配信日:2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    現場の農家で確認するスタッフ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    開化県の住民が発見したスズメフクロウ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.61
    2021年01月18日
    「新華社」浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.16
    2021年01月18日
    「新華社」絶滅危惧種のコウライアイサが飛来浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県分水鎮の天渓湖にこのほど、コウライアイサの群れが飛来した。同市への飛来数は今回が最多となった。カモ科の鳥コウライアイサは絶滅危惧種で、中国の国家1級重点保護動物に指定されている。2016年の湿地資源調査によると、天渓湖湿地に生息する鳥類は計17目40科209種に上る。保護ステーションのスタッフはコウライアイサが生息する水草の中で、コサギ、カルガモ、カイツブリなどの水鳥も確認したという。(記者/王懌文、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (12)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (13)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    開化県の住民が発見したスズメフクロウ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (10)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (9)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (11)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.51
    2021年01月15日
    「新華社」モンゴルのプシバルスキーガゼル7頭、餌を求めて中国へ

    国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)市でこのほど、モンゴルに生息する野生のプシバルスキーガゼルが、寒波の影響を受けて群れで鉄道脇のネットを越え、エレンホト駅国際台車交換庫付近に餌を求めてやってきた。モンゴルの野生のプシバルスキーガゼルがエレンホト市を「訪れる」のは、今年に入りすでに2回目だという。エレンホト市公安局森林公安局の警察官、耿暁華(こう・きょうか)氏は「国境付近の草原はここ数年、環境が改善され、エレンホト市の野生動物の個体群は徐々に増加に転じ、プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなど希少な野生動物が、再び人々の前に姿を見せるようになっている」と述べた。すらりとした姿のプシバルスキーガゼルは、国家2級重点保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、雪に覆われた哈爾騰草原。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、雪に覆われた哈爾騰草原。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.92
    2021年01月14日
    「新華社」満洲里税関、希少動物オオハナレイヨウの角179本を押収

    中国内モンゴル自治区の満洲里税関はこのほど、希少動物製品の密輸事件を摘発し、オオハナレイヨウの角、計179本を押収したと明らかにした。同税関の密輸取締官による追跡捜査を経て、最終的に犯罪グループが密輸入したオオハナレイヨウの角179本全てを回収し、容疑者7人を逮捕した。同事件は既に検察機関へ移管されている。オオハナレイヨウはサイガとも呼ばれ、中国の国家1級保護動物であり、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「絶滅寸前」(CR)に指定されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)=配信日:2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.43
    2021年01月08日
    「新華社」雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザル(学名:Hoolocktianxing)の母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。スカイウォーカー・フーロックテナガザルは中国の科学者が命名した唯一の類人猿で、中国の国家1級保護動物に指定されている。国内の個体数は約150匹で、主に同省高黎貢山の一部地域や盈江県の大娘山エリアに分布している。(記者/姚兵) =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.75
    2021年01月06日
    「新華社」雪の草原に野生のヤク100頭以上甘粛省酒泉市

    中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原でこのほど、写真愛好家らが雪の上を歩く野生のヤク100頭以上をカメラに収めた。ヤクは中国の国家1級保護動物に指定されている。同草原はチベットノロバやバーラル、ユキヒョウなど、希少な野生動物の主要な生息地の一つ。この地域では2020年3月に続き、今回再び大規模なヤクの群れが確認されたことになる。映像にはヤクのほか、国家2級保護動物のチベットガゼルの姿もあった。(記者/任延昕) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.46
    2020年12月30日
    「新華社」ハゲワシ、寒さ避け民家に飛来内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区エレンホト市ゲレル・オド・ソム(格日勒敖都蘇木)蘇吉ガチャ(村)の牧畜民が26日、自宅に黒い大型の鳥が飛来したと地元の辺境派出所に通報した。警察官が確認したところ、国家2級保護動物に指定されているハゲワシであることが分かった。ハゲワシは一般に草原や砂漠に生息し、人里に現れることは少ない。ゲレル・オド辺境派出所の孫建国(そん・けんこく)警察官によると、ハゲワシにけがはなく、連日の気温の低下により行き場を失い民家に飛来した可能性があるという。ハゲワシは、警察官により同市森林公安局野生動物救助ステーションに移送された。(記者/劉懿徳) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.07
    2020年12月30日
    「新華社」北京野鴨湖湿地自然保護区、国家2級保護動物のクロヅルを救助

    中国北京野鴨湖湿地自然保護区野生動物救助ステーションはこのほど、国家2級保護動物のクロヅル1羽を救助した。現在、このクロヅルは快方に向かっており、引き続き体調の回復を待ってから自然へ帰されるという。同ステーションでは2020年、33羽の野生動物が保護され自然へ帰っていった。クロヅルは毎年秋から冬にかけて北京市延慶区を経由して中国の南方で越冬するが、飛行距離が長いため、途中でけがをしたり群れからはぐれることが、まれにあるという。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (6)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    道路わきで職員から食べ物をもらう、赤ちゃんを連れたフランソワルトン。(2018年5月17日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (3)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    道路わきで食べ物を持った職員を待つ、赤ちゃんを連れたフランソワルトン。(12月9日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (5)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    餌を探すため林から出る、赤ちゃんを連れたフランソワルトン。(2018年5月17日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (1)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    保護区内の石の上で集まって休むフランソワルトンの群れ。(2018年3月25日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (4)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    赤ちゃんを連れて餌を探すフランソワルトン。(2018年5月17日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    餌を探すため林から出る赤ちゃんを連れたフランソワルトン。(2018年3月25日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (3)国家1級保護動物のナベコウ7羽が飛来 雲南省保山市

    21日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市にある青華海国家湿地公園に21日、国家1級保護動物のナベコウ7羽が姿を現した。ナベコウは世界に約3千羽しか生息しておらず、希少性から「鳥類のパンダ」と呼ばれている。渡り鳥の飛行ルートが重なる地域に位置する同公園は湿地の回復と生態系修復、環境改善に力を入れており、渡り鳥約2万羽の越冬地となっている。公園内でこれまでに確認された鳥は279種類に上る。(保山=新華社配信/毛三)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (6)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (4)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (1)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:08.55
    2020年12月23日
    「新華社」吉林省森林公安、国家1級保護動物のイヌワシを保護

    中国吉林省森林公安局向海森林公安分局は11日、同省洮南(とうなん)市に負傷しているとみられる大きな鳥が1羽いるとの報告を受けた。現場に到着した警察官と野生鳥類救助センターのスタッフが確認すると、国家1級保護動物のイヌワシであることが分かった。イヌワシは翼長約1・5メートルの亜成体。向海野生鳥類救護センターで検査、治療を行い、回復後に自然に返される。(記者/廉奇達) =配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (2)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (5)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (3)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で草を食べるプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (8)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原を移動するプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (5)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で囲いを飛び越えるプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (7)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原を移動するプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (6)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で草を食べるプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (1)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で撮影したプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原を駆けるプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.38
    2020年12月22日
    「新華社」環境保護の取り組みに成果、生物多様性の回復を促進チベット・ガリ地区

    中国チベット自治区ガリ地区ゲルツェ県の林業・草原局によると、12月に入り、地元の野生動物保護員がチャンタン(羌塘)国家自然保護区で、ユキヒョウやオオカミ、野生のヤクといった多くの国家保護動物の姿や、チベットカモシカが移動する様子を複数回確認した。同自治区はここ数年、生態環境の保護を絶えず強化し、各種自然保護区を47カ所設置、生物多様性を持続的に回復させている。(記者/格桑辺覚、洛卓嘉措) =配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (4)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で撮影したプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    国家1級保護動物のナベコウ7羽が飛来雲南省保山市

    21日、青華海国家湿地公園の空を舞うナベコウ。中国雲南省保山市にある青華海国家湿地公園に21日、国家1級保護動物のナベコウ7羽が姿を現した。ナベコウは世界に約3千羽しか生息しておらず、希少性から「鳥類のパンダ」と呼ばれている。渡り鳥の飛行ルートが重なる地域に位置する同公園は湿地の回復と生態系修復、環境改善に力を入れており、渡り鳥約2万羽の越冬地となっている。公園内でこれまでに確認された鳥は279種類に上る。(保山=新華社配信/楊磊)=配信日:2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.84
    2020年12月16日
    「新華社」山あいにオオヤマネコの姿内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の大興安嶺北部に位置する原始林区生態機能エリア内でこのほど、国家2級重点保護動物のオオヤマネコが赤外線カメラの前に複数回姿を現した。オオヤマネコはイエネコより大きく、体長1・3メートル程度で、体に斑紋を持つ。主に中国の東北、西北、華北、西南地域に生息している。(記者/彭源) =配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで保護されているコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで、コウノトリの健康状態を確認する職員。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで餌をついばむコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...