KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 山陽新聞
  • 地方創生担当大臣
  • 岡山県倉敷市
  • 引地秀一郎
  • 星野仙一
  • 最優秀賞
  • ドラフト
  • ピッチャー
  • 岡山大会
  • カメラマン

「倉敷商業高校」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年06月04日
    倉敷商業高校の原田将多主将

    代替大会についての思いを語る倉敷商業高校の原田将多主将=倉敷商高野球部グラウンド。3年生が集大成を披露する舞台が実現した。夏の全国高校野球選手権岡山大会の代替大会開催が決まった4日、岡山県内の選手や指導者は安堵し、新たな目標に向けた決意を口にした。「(代替大会が)できると信じていた。3年間を締めくくることができてうれしい」と倉敷商の原田将多主将。出場を決めていた春のセンバツ、8年ぶりの代表を目指していた夏の甲子園は中止になったが、最後の願いは通じた。「野球ができることへの感謝を込めたい」と優勝を狙う大会で選手宣誓の大役も担う。=2020(令和2)年6月4日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 倉敷商高野球部グラウンド。3年生が集大成を披露する舞台が実現した。夏の全国高校野球選手権岡山大会の代替大会開催が決まった4日、岡山県内の選手や指導者は安堵し、新たな目標に向けた決意を口にした。「

  • 2020年01月24日
    倉敷商業高校の梶山和洋監督

    岡山・倉敷商業高校の梶山和洋野球部監督。=2020(令和2)年1月24日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2019年12月14日
    受賞したメンバーら 最優秀賞に倉敷商業高校

    地方創生担当大臣賞の一般の部を受賞した東京都中小企業診断士協会城東支部と都内の飲食店のメンバーら=14日午後、東京都千代田区

    撮影: 14日午後、東京都千代田区

  • 2019年12月14日
    倉敷商業高校の生徒ら 最優秀賞に倉敷商業高校

    地方創生担当大臣賞の高校生以下の部を受賞した岡山県立倉敷商業高校の生徒ら=14日午後、東京都千代田区

    撮影: 14日午後、東京都千代田区

  • 2019年12月14日
    京都府亀岡市役所職員ら 最優秀賞に倉敷商業高校

    地方創生担当大臣賞の地方公共団体の部を受賞した京都府亀岡市役所職員ら=14日午後、東京都千代田区

    撮影: 14日午後、東京都千代田区

  • 2018年10月29日
    倉敷商高の引地投手に楽天が指名あいさつ

    楽天の長島哲郎スカウト部長(左)、山下勝己スカウト(右)、野球部の森光淳郎監督(左から2人目)と握手を交わす引地秀一郎投手=倉敷商高。楽天からドラフト3位で指名された倉敷商高の引地秀一郎投手(18)=188センチ、84キロ=が29日、倉敷市の同高で球団から指名あいさつを受けた。「『仙台から大きく羽ばたいてくれ』と言われ、実感が湧いた。いつかは星野さんにも負けないピッチャーになりたい」と、高校の先輩で楽天の監督を務めた故・星野仙一さんを目標に掲げた。長島哲郎スカウト部長と山下勝己スカウトが来校。長島部長は「将来性に魅力を感じる」と最速151キロ右腕を評し、山下スカウトは「2、3年じっくり鍛えれば、真っすぐだけで空振りを取れる投手になれる」と期待した。=2018(平成30)年10月29日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2018年10月25日
    引地秀一郎投手(倉敷商高)楽天3位

    楽天から3位指名を受け、笑顔でポーズをとる引地秀一郎投手=倉敷商高。「燃える男」のDNAを受け継ぐ岡山の剛腕は、運命に導かれるように東北の地でプロ人生をスタートさせる。倉敷商業高等学校の引地は、闘志あふれる投球で中日のエースとして146勝を挙げ、今年1月に亡くなったOBの星野仙一さんが最後に指揮を執った楽天から3位指名。「何かの縁なのかな。楽天で日本一のピッチャーになりたい」と決意を新たにした。=2018(平成30)年10月25日、岡山県倉敷市白楽町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年05月09日
    引地秀一郎 高校野球岡山大会注目投手

    引地秀一郎(倉敷商業高校)=2018(平成30)年5月9日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 1969年01月03日
    若き日の星野投手

    倉敷市出身の星野仙一氏。明大のエースとして活躍、ドラフト1位で中日入団が決まった星野投手はこの日、母校の倉敷商高を訪れた。当時21歳。グラウンドで屈伸運動をしたり跳び上がったり、カメラマンの注文にあれこれ応じながらも堂々と振る舞い、大器の片りんを見せた。=1969(昭和44)年1月3日、倉敷商業高校=岡山県倉敷市白楽町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 1969

  • 1