KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • いけい
  • ジャイアントパンダ
  • ハト
  • ハンカチノキ
  • ムー
  • 令和
  • 指定
  • 生きた化石
  • 確認
  • 群れ

「個体群生態学」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年04月21日
    (6)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    17日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111331

  • 2021年04月21日
    (8)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県安靖郷大通橋村で、雨の中満開となったハンカチノキの花を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111330

  • 2021年04月21日
    (7)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111332

  • 2021年04月21日
    (3)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で、満開のハンカチノキのそばを走るサイクリング愛好家。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111309

  • 2021年04月21日
    (2)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111308

  • 2021年04月21日
    (1)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県安靖郷大通橋村で撮影した雨に濡れるハンカチノキの花。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111307

  • 2021年04月21日
    (4)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111310

  • 2021年04月21日
    (5)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111329

  • 1