KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 個体群
  • 令和
  • 記者
  • 生き物
  • 指定
  • 増加
  • 世界
  • 発見
  • 分布
  • 確認

「個体」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2,354
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,354
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Sami on the bear hunt, historical illustration circa 1893

    Sami on the bear hunt, historical illustration circa 1893.、クレジット:Bildagentur-online/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209633

  • -
    Gold Cape.

    Gold Cape. In 1833 labourers discovered the remains of a skeleton in a stone-line grave. The cape was crushed around the chest area. Only small fragments of bone remained, so the age, sex and state of health of the individual remains unknown.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019060407571

  • -
    Stele of Granja de Tonin_uelo. Bronze Age. 2000-1500 BC. It depicts a female character with headband, necklace and belt. Granite

    Stele of Granja de Tonin_uelo. Bronze Age. 2000-1500 BC. It depicts a female character with headband, necklace and belt. Granite. Granja de Tonin_uelo, Jerez de los Caballeros (province of Badajoz, Extremadura). National Archaeological Museum. Madrid. Spain.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019082007010

  • -
    Gold Cape.

    Gold Cape. In 1833 labourers discovered the remains of a skeleton in a stone-line grave. The cape was crushed around the chest area. Only small fragments of bone remained, so the age, sex and state of health of the individual remains unknown.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019060407535

  • -
    Eugène-André Oudiné, Architecture Holding Statues of Personifications of Structure, Form,

    Eugène-André Oudiné, Architecture Holding Statues of Personifications of Structure, Form, and Color (Medal for the Société centrale des architects) [obverse], French, 1810 - 1889, designed 1843, awarded 1911, bronze.、クレジット:Quint Lox/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021071600928

  • -
    Staff dancing in a street in Cairo, Egypt, historical illustration circa 1893

    Staff dancing in a street in Cairo, Egypt, historical illustration circa 1893.、クレジット:Bildagentur-online/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021022209592

  • -
    Model of a stern of a frigate of 60 pieces

    Model of a stern of a frigate of 60 pieces, Pieter Glavimans, c. 1831.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020020509971

  • -
    Hunchbacked Figure, 12th9th century B.C.,

    Hunchbacked Figure, 12th9th century B.C., Mexico, Mesoamerica, Olmec, Ceramic, pigment, H. 2 5/8 x W. 2 1/4in. (6.7 x 5.7cm), Ceramics-Sculpture, The many representations of hunchbacks have led to the suggestion hunchbacks people held positions of importance in the ancient Mesoamerican world. Beginning with Olmec peoples, these individuals were thought to possess special abilities due to their physical anomalies.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042105641

  • -
    The Rat-Catchers of the Sewers.

    The Rat-Catchers of the Sewers. Rat catchers were vital to keeping down the rat population in the London sewers. The rat catcher is using a candle with a simple wind shield to give him enough light to carry out his work. Engraving from ‘London Labour and the London Poor‘ by Henry Mayhew (London, 1861).、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072500903

  • -
    Gold Cape.

    Gold Cape. In 1833 labourers discovered the remains of a skeleton in a stone-line grave. The cape was crushed around the chest area. Only small fragments of bone remained, so the age, sex and state of health of the individual remains unknown.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019060407566

  • 1976年04月04日
    ギフチョウの人工飼育成功

    サナギから幼虫へ羽化したギフチョウ。アゲハチョウ科の一種で、本州の里山に生息するが、里山の放棄、開発などにより個体数が減少している。桜の開花期に羽化するところから“春の女神”ともいわれる

    商品コード: 2013080600483

  • 1978年03月06日
    熊野灘で1度に7匹 カニの珍種67年ぶり捕獲

    和歌山県東牟婁郡太地町沖の熊野灘で、1911(明治44)年以来67年ぶりに獲れたカニの珍種「コフキエゾイバラガニ」。甲長、甲幅とも8センチから5センチぐらい。タラバガニの仲間だが、1976(昭和51)年現在、日本にはタイプ標本1個体があるだけという

    商品コード: 2015042200215

  • 1989年12月22日
    飛べ、宇宙へ

    (1)「燃焼試験」 次世代純国産ロケットH2の個体ロケットブースター燃焼試験。平成5年打ち上げを目指し、準備が進められている=1989(平成元)年12月13日、鹿児島県・種子島宇宙センター 出稿日1989(平成元)年12月22日

    商品コード: 2020082600745

  • 1996年09月03日
    ツキノワグマ 地域個体群の保護を充実

    「地域個体群」として保護対象に選ばれているツキノワグマ(資料A16980)

    商品コード: 1996090300088

  • 1996年09月03日
    地域個体群の保護を充実

    木の上で寒風に耐える「北限の猿」=青森県脇野沢村

    商品コード: 1996090300080

  • 1998年04月23日
    茶色の羽のカラス 日比谷公園で茶色のカラス

    日比谷公園でカラスにえさをやり続けている金子修さんが、20日ごろから群れの中に茶色のカラスが交じっているのに気がついた。色以外はまったく普通のカラスと同じだが、群れになじんでいないのか、えさがもらえるのを遠まきに待っている。東大農学部の樋口広芳教授は「茶色のカラスは遺伝的に黒色色素のメラニンを持たない突然変異個体ではないか。自然界ではまれにみられる」と言う。 「髪はカラスのぬれ羽色」というが、カラスの世界では茶羽?はまだトレンドではなさそうだ。

    商品コード: 1998042300164

  • 1998年12月14日
    環境庁の野生生物部会 野生生物を計画的に管理

    野生生物の個体数の計画的な管理を軸とする鳥獣保護法の改正を答申した環境庁の自然環境保全審議会野生生物部会=14日、東京・霞が関

    商品コード: 1998121400104

  • 1999年08月02日
    トド 米、トドの取引禁止提案へ

    個体数が急減しているトド=北海道小樽市のおたる水族館

    商品コード: 1999080200007

  • 2001年12月17日
    識別番号付けられた牛 牛の総番号制が本格始動

    BSEの緊急対策で個体識別番号を耳に付けられた牛=17日午前9時40分、岐阜県大和町

    商品コード: 2001121700030

  • 2002年02月01日
    耳標付けられた肉用牛 北海道でも耳標装着開始

    個体識別番号を記した耳標を取り付けられた肉用牛=1日午前、北海道釧路町

    商品コード: 2002020100060

  • 2004年10月05日
    オオジャコ貝 条約違反の真珠が横行

    個体数が減少してワシントン条約で規制されているオオジャコ貝

    商品コード: 2004100500004

  • 2004年12月01日
    包装の個体識別番号 牛肉履歴表示がスタート

    精肉売り場の国産牛に付けられた10けたの個体識別番号=1日午前、東京都江東区のイトーヨーカドー木場店

    商品コード: 2004120100045

  • 2005年02月10日
    耳標付けられた肉用牛 牛の血統ごまかし認める

    個体識別番号を記した耳標を取り付けられた肉用牛=02年2月、北海道釧路町

    商品コード: 2005021000033

  • 2005年04月26日
    牛 畜産(牛)

    牛個体識別の綱膜認証システム=2005(平成17)年4月26日、大分県竹田市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D05-120-0426-98]

    商品コード: 2017100200941

  • 2005年04月26日
    牛 畜産(牛)

    牛個体識別の綱膜認証システム=2005(平成17)年4月26日、大分県竹田市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D05-120-0426-03]

    商品コード: 2017100200926

  • 2005年04月26日
    牛 畜産(牛)

    牛個体識別の綱膜認証システム=2005(平成17)年4月26日、大分県竹田市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D05-120-0426-09]

    商品コード: 2017100200934

  • 2005年04月26日
    牛 畜産(牛)

    牛個体識別の綱膜認証システム=2005(平成17)年4月26日、大分県竹田市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D05-120-0426-18]

    商品コード: 2017100200937

  • 2005年04月26日
    牛 畜産(牛)

    牛個体識別の綱膜認証システム=2005(平成17)年4月26日、大分県竹田市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D05-120-0426-24]

    商品コード: 2017100200939

  • 2005年07月12日
    Orangtans Alter Language After Socialising With Other Apes

    July 12, 2005, Borneo, Indonesia: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM..Social mingling transforms the ââ¬Ëvocabulariesââ¬â¢ of apes, just like humans, according to new research...Researchers from the University of Warwick have proved that wild orangutans demonstrate distinct ââ¬Ëvocal personalitiesââ¬â¢ that are shaped by the social groups in which they live and communicate - as opposed to a fixed repertoire of instinctive, fixed calls as traditionally presumed...The groundbreaking research, led by Dr Adriano R. Lameira from Warwickââ¬â¢s Department of Psychology, further establishes a direct developmental vocal continuum between us and our evolutionary ancestors...Living alongside orangutan communities in the swamps and low rainforests of Borneo and Sumatra in Southeast Asia, Dr Lameira and his research team recorded the calls of around 70 individual apes across six populations (the largest sample ever analysed in this type of study)..The orangutan populations differed naturally in population d...

    商品コード: 2022040200748

  • 2005年07月19日
    Unlucky Hadrosaur Broke Limb While Mating

    July 19, 2005, Bruxelles, Belgium: Studies of the bones of a four-legged duck-billed dinosaur that lived 68 million years ago in what is now eastern Russia have revealed it probably broke its wrist (foreleg) during mating...Through inspection of the curvature of the bone and shape of the elbow, Filippo Bertozzoââ¬â¢s team from the Royal Belgian Institute of Natural Sciences confirmed that the bone belonged to a herbivorous hadrosaur (Amurosaurus riabinini), which would have lived in herds of up to hundreds of individuals. .By analysing a digital reconstruction of the bone, and comparing its structure to similar bones belonging to uninjured A. riabinini individuals from the same fossil site, the team revealed that the dinosaur probably fell from an upright position, which caused a diagonal fracture at the end of the ulna (wrist). They believe that the injury would have occurred while it was mating or reaching for high leaves that formed part of its herbivorous diet - the only times it was likely not to be ...

    商品コード: 2022040200115

  • 2005年07月19日
    Unlucky Hadrosaur Broke Limb While Mating

    July 19, 2005, Bruxelles, Belgium: Studies of the bones of a four-legged duck-billed dinosaur that lived 68 million years ago in what is now eastern Russia have revealed it probably broke its wrist (foreleg) during mating...Through inspection of the curvature of the bone and shape of the elbow, Filippo Bertozzoââ¬â¢s team from the Royal Belgian Institute of Natural Sciences confirmed that the bone belonged to a herbivorous hadrosaur (Amurosaurus riabinini), which would have lived in herds of up to hundreds of individuals. .By analysing a digital reconstruction of the bone, and comparing its structure to similar bones belonging to uninjured A. riabinini individuals from the same fossil site, the team revealed that the dinosaur probably fell from an upright position, which caused a diagonal fracture at the end of the ulna (wrist). They believe that the injury would have occurred while it was mating or reaching for high leaves that formed part of its herbivorous diet - the only times it was likely not to be ...

    商品コード: 2022040200151

  • 2005年07月24日
    Unlucky Hadrosaur Broke Limb While Mating

    July 24, 2005, Bruxelles, Belgium: Studies of the bones of a four-legged duck-billed dinosaur that lived 68 million years ago in what is now eastern Russia have revealed it probably broke its wrist (foreleg) during mating...Through inspection of the curvature of the bone and shape of the elbow, Filippo Bertozzoââ¬â¢s team from the Royal Belgian Institute of Natural Sciences confirmed that the bone belonged to a herbivorous hadrosaur (Amurosaurus riabinini), which would have lived in herds of up to hundreds of individuals. .By analysing a digital reconstruction of the bone, and comparing its structure to similar bones belonging to uninjured A. riabinini individuals from the same fossil site, the team revealed that the dinosaur probably fell from an upright position, which caused a diagonal fracture at the end of the ulna (wrist). They believe that the injury would have occurred while it was mating or reaching for high leaves that formed part of its herbivorous diet - the only times it was likely not to be ...

    商品コード: 2022040200128

  • 2005年07月24日
    Unlucky Hadrosaur Broke Limb While Mating

    July 24, 2005, Bruxelles, Belgium: Studies of the bones of a four-legged duck-billed dinosaur that lived 68 million years ago in what is now eastern Russia have revealed it probably broke its wrist (foreleg) during mating...Through inspection of the curvature of the bone and shape of the elbow, Filippo Bertozzoââ¬â¢s team from the Royal Belgian Institute of Natural Sciences confirmed that the bone belonged to a herbivorous hadrosaur (Amurosaurus riabinini), which would have lived in herds of up to hundreds of individuals. .By analysing a digital reconstruction of the bone, and comparing its structure to similar bones belonging to uninjured A. riabinini individuals from the same fossil site, the team revealed that the dinosaur probably fell from an upright position, which caused a diagonal fracture at the end of the ulna (wrist). They believe that the injury would have occurred while it was mating or reaching for high leaves that formed part of its herbivorous diet - the only times it was likely not to be ...

    商品コード: 2022040200137

  • 2005年07月24日
    Unlucky Hadrosaur Broke Limb While Mating

    July 24, 2005, Bruxelles, Belgium: Studies of the bones of a four-legged duck-billed dinosaur that lived 68 million years ago in what is now eastern Russia have revealed it probably broke its wrist (foreleg) during mating...Through inspection of the curvature of the bone and shape of the elbow, Filippo Bertozzoââ¬â¢s team from the Royal Belgian Institute of Natural Sciences confirmed that the bone belonged to a herbivorous hadrosaur (Amurosaurus riabinini), which would have lived in herds of up to hundreds of individuals. .By analysing a digital reconstruction of the bone, and comparing its structure to similar bones belonging to uninjured A. riabinini individuals from the same fossil site, the team revealed that the dinosaur probably fell from an upright position, which caused a diagonal fracture at the end of the ulna (wrist). They believe that the injury would have occurred while it was mating or reaching for high leaves that formed part of its herbivorous diet - the only times it was likely not to be ...

    商品コード: 2022040200136

  • 2005年07月29日
    Orangtans Alter Language After Socialising With Other Apes

    July 29, 2005, Borneo, Indonesia: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM..Social mingling transforms the ââ¬Ëvocabulariesââ¬â¢ of apes, just like humans, according to new research...Researchers from the University of Warwick have proved that wild orangutans demonstrate distinct ââ¬Ëvocal personalitiesââ¬â¢ that are shaped by the social groups in which they live and communicate - as opposed to a fixed repertoire of instinctive, fixed calls as traditionally presumed...The groundbreaking research, led by Dr Adriano R. Lameira from Warwickââ¬â¢s Department of Psychology, further establishes a direct developmental vocal continuum between us and our evolutionary ancestors...Living alongside orangutan communities in the swamps and low rainforests of Borneo and Sumatra in Southeast Asia, Dr Lameira and his research team recorded the calls of around 70 individual apes across six populations (the largest sample ever analysed in this type of study)..The orangutan populations differed naturally in population d...

    商品コード: 2022040200943

  • 2006年09月02日
    鳥島のアホウドリ 鳥16種が絶滅免れる

    日本の専門家の努力で個体数が大幅に回復した伊豆諸島・鳥島のアホウドリ

    商品コード: 2006090200087

  • 2006年11月14日
    ガラパゴスペンギン 温暖化、世界の鳥類に打撃

    既に個体数が急減し、温暖化の影響による絶滅が心配されるガラパゴスペンギン(共同)

    商品コード: 2006111400184

  • 2007年01月06日
    イトウ 幻の魚イトウ、絶滅寸前

    個体数が減少して絶滅が懸念されるイトウ

    商品コード: 2007010600009

  • 2007年02月10日
    オオヒシクイ 水鳥、4割の群れで減少

    個体数が減っていることが指摘されたオオヒシクイ=茨城県稲敷市

    商品コード: 2007021000012

  • 01:08.06
    2007年03月03日
    ナベヅル3羽を放鳥 けが回復、山口・八代盆地

    国の特別天然記念物ナベヅルが本州で唯一越冬する山口県周南市は、羽を傷めるなどして昨年2月に鹿児島県の出水平野から移送、越冬地の八代盆地(周南市)で治療し回復したナベヅル3羽を3日、放鳥した。3羽は雄1羽と雌2羽。個体識別用の足輪を付けたほか、うち雄雌各1羽には生存確認とシベリア方面への北帰行ルート解明のため発信機を装着、人工衛星を利用して居場所を確認する。事前に登録されたボランティアから目撃情報を募る<映像内容>担当者が3羽を放鳥する様子、飛び立つナベヅル、撮影日:2007(平成19)年3月3日、撮影場所:山口県周南市

    商品コード: 2019120407153

  • 2007年04月03日
    Unlucky Hadrosaur Broke Limb While Mating

    April 3, 2007, Bruxelles, Belgium: Studies of the bones of a four-legged duck-billed dinosaur that lived 68 million years ago in what is now eastern Russia have revealed it probably broke its wrist (foreleg) during mating...Through inspection of the curvature of the bone and shape of the elbow, Filippo Bertozzoââ¬â¢s team from the Royal Belgian Institute of Natural Sciences confirmed that the bone belonged to a herbivorous hadrosaur (Amurosaurus riabinini), which would have lived in herds of up to hundreds of individuals. .By analysing a digital reconstruction of the bone, and comparing its structure to similar bones belonging to uninjured A. riabinini individuals from the same fossil site, the team revealed that the dinosaur probably fell from an upright position, which caused a diagonal fracture at the end of the ulna (wrist). They believe that the injury would have occurred while it was mating or reaching for high leaves that formed part of its herbivorous diet - the only times it was likely not to be ...

    商品コード: 2022040200129

  • 2007年04月14日
    メジロザメ サメの減少、各地で深刻

    各地で個体数が減少しているメジロザメ=兵庫県淡路市岩屋

    商品コード: 2007041400007

  • 2008年04月04日
    色白

    全身隅から隅まで真っ白なワニがドイツのサファリパークにお目見え。突然変異でメラニン色素がないアルビノ(白化個体)です。おなかがいっぱいなのか、隣の男性には興味がないようです。(ロイター=共同)

    商品コード: 2008040400112

  • 2008年09月25日
    羽ばたくトキ 放鳥トキの追跡を続行

    放鳥され、27年ぶりに日本の空を羽ばたくトキ。青い斑点は個体識別の印=25日午後、新潟県佐渡市

    商品コード: 2008092500237

  • 2008年12月14日
    絶滅危惧種カンムリテナガザルの生息数調査を開始雲南省

    木々の間を移動するカンムリテナガザル。(2008年12月14日撮影)中国雲南省無量山哀牢山国家級自然保護区景東管理保護局はこのほど、複数の大学や研究機構と連携し、絶滅の危機に瀕しているカンムリテナガザルの生息数調査を開始した。カンムリテナガザルは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも最も絶滅の危険性が高い種に指定されている。個体数は野生のジャイアントパンダより少なく、大部分が雲南省の無量山と哀牢山に分布している。(昆明=新華社配信)=2008(平成20)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601150

  • 2009年04月27日
    Orangtans Alter Language After Socialising With Other Apes

    April 27, 2009, Borneo, Indonesia: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM..Social mingling transforms the ââ¬Ëvocabulariesââ¬â¢ of apes, just like humans, according to new research...Researchers from the University of Warwick have proved that wild orangutans demonstrate distinct ââ¬Ëvocal personalitiesââ¬â¢ that are shaped by the social groups in which they live and communicate - as opposed to a fixed repertoire of instinctive, fixed calls as traditionally presumed...The groundbreaking research, led by Dr Adriano R. Lameira from Warwickââ¬â¢s Department of Psychology, further establishes a direct developmental vocal continuum between us and our evolutionary ancestors...Living alongside orangutan communities in the swamps and low rainforests of Borneo and Sumatra in Southeast Asia, Dr Lameira and his research team recorded the calls of around 70 individual apes across six populations (the largest sample ever analysed in this type of study)..The orangutan populations differed naturally in population ...

    商品コード: 2022040200973

  • 2009年06月12日
    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に

    生存していた野生のトキを発見し、保護スタッフが立ち上げた秦嶺1号臨時保護ステーション。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/トキ文化展組織委員会提供)=2009(平成21)年6月12日、クレジット:トキ文化展組織委員会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006047

  • 2009年08月07日
    水揚げされたクロマグロ 米が全取引禁止提案を検討

    鳥取県の境港に水揚げされたクロマグロ。個体数の減少が各地で指摘されている=6月

    商品コード: 2009080700023

  • 2009年08月08日
    イタセンパラを救え

    イタセンパラの稚魚の確認個体数

    商品コード: 2009080800214

  • 2009年08月08日
    イタセンパラを救え

    イタセンパラの稚魚の確認個体数

    商品コード: 2009080800215

  • 2009年11月03日
    ひも状の器官ついた個体 エチゼンクラゲ

    長いひも状の器官がついたエチゼンクラゲ=09年10月31日、福井県越前町沖の水深2メートル

    商品コード: 2009110300064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年11月30日
    アジアのサイがピンチ

    サイの推定個体数

    商品コード: 2009113000022

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年11月30日
    アジアのサイがピンチ

    サイの推定個体数

    商品コード: 2009113000023

  • 2010年01月26日
    クロマグロ クロマグロ禁漁の新決議案

    乱獲による個体数の減少が指摘されるクロマグロ

    商品コード: 2010012600142

  • 2010年04月30日
    マダガスカルの荒廃地 個体数減り、外来種が増加

    森林伐採などで荒廃したマダガスカルの土地。森林破壊は生物多様性消失の大きな原因だ=08年(共同)

    商品コード: 2010043000241

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月01日
    新疆アルチン山、三大有蹄類の個体数が増加

    アルチン山国家級自然保護区で撮影されたチルー。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区にあるアルチン山国家級自然保護区では近年、生息する高原三大有蹄類のチルー(チベットカモシカ)、ヤク、チベットノロバの個体数が大幅に増加している。(ウルムチ=新華社配信)=2010(平成22)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301892

  • 2010年06月17日
    Orangtans Alter Language After Socialising With Other Apes

    June 17, 2010, Borneo, Indonesia: VIDEO AVAILABLE: CONTACT INFO@COVERMG.COM..Social mingling transforms the ââ¬Ëvocabulariesââ¬â¢ of apes, just like humans, according to new research...Researchers from the University of Warwick have proved that wild orangutans demonstrate distinct ââ¬Ëvocal personalitiesââ¬â¢ that are shaped by the social groups in which they live and communicate - as opposed to a fixed repertoire of instinctive, fixed calls as traditionally presumed...The groundbreaking research, led by Dr Adriano R. Lameira from Warwickââ¬â¢s Department of Psychology, further establishes a direct developmental vocal continuum between us and our evolutionary ancestors...Living alongside orangutan communities in the swamps and low rainforests of Borneo and Sumatra in Southeast Asia, Dr Lameira and his research team recorded the calls of around 70 individual apes across six populations (the largest sample ever analysed in this type of study)..The orangutan populations differed naturally in population d...

    商品コード: 2022040200831

  • 2010年07月14日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    ショウガ科の「距薬姜」の花序。(2010年7月14日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2010(平成22)年7月14日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400630

  • 2010年07月23日
    公開された個体 サンショウウオ、米国に

    22日、米ワシントンのスミソニアン協会国立動物園の繁殖施設で報道陣に公開されたオオサンショウウオ(共同)

    商品コード: 2010072300026

  • 2010年07月23日
    繁殖施設の個体 サンショウウオ、米国に

    22日、米ワシントンのスミソニアン協会国立動物園の繁殖施設で報道陣に公開されたオオサンショウウオ(共同)

    商品コード: 2010072300082

  • 2010年07月23日
    公開された個体 サンショウウオ、米国に

    22日、米ワシントンのスミソニアン協会国立動物園の繁殖施設で報道陣に公開されたオオサンショウウオ(共同)

    商品コード: 2010072300180

  • 2010年08月07日
    オオタカ 猛禽類に高濃度の難燃剤

    個体数が減り、環境省が絶滅危惧種に指定しているオオタカ

    商品コード: 2010080700035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月15日
    新疆アルチン山、三大有蹄類の個体数が増加

    アルチン山国家級自然保護区で撮影されたチベットノロバ。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区にあるアルチン山国家級自然保護区では近年、生息する高原三大有蹄類のチルー(チベットカモシカ)、ヤク、チベットノロバの個体数が大幅に増加している。(ウルムチ=新華社配信)=2010(平成22)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301893

  • 2010年10月19日
    日本は希少種輸入大国

    日本の輸入個体数が多い希少動植物

    商品コード: 2010101900105

  • 2010年10月19日
    日本は希少種輸入大国

    日本の輸入個体数が多い希少動植物

    商品コード: 2010101900106

  • 2010年11月30日
    シカ個体数調査 公・災害(シカ個体数調査)

    鳥獣害対策=2010(平成22)年11月30日、長野県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20101130DN0081-02]

    商品コード: 2018020100537

  • 2010年11月30日
    シカ個体数調査 公・災害(シカ個体数調査)

    鳥獣害対策=2010(平成22)年11月30日、長野県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20101130DN0081-05]

    商品コード: 2018020100534

  • 2011年03月12日
    絶滅危惧種カンムリテナガザルの生息数調査を開始雲南省

    木々の間を移動するカンムリテナガザル。(2011年3月12日撮影)中国雲南省無量山哀牢山国家級自然保護区景東管理保護局はこのほど、複数の大学や研究機構と連携し、絶滅の危機に瀕しているカンムリテナガザルの生息数調査を開始した。カンムリテナガザルは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも最も絶滅の危険性が高い種に指定されている。個体数は野生のジャイアントパンダより少なく、大部分が雲南省の無量山と哀牢山に分布している。(昆明=新華社配信)=2011(平成23)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601454

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月12日
    流通先、10都道府県に

    6頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071200054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月12日
    流通先、10都道府県に

    6頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071200055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月12日
    流通先、10都道府県に

    6頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071200056

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月12日
    流通先、10都道府県に

    6頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071200057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月13日
    汚染牛肉、食べてもいい?

    6頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071300663

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月13日
    汚染牛肉、食べてもいい?

    6頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071300664

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月14日
    流通ルート迅速解明へ

    個体識別番号で判明した牛の移動ルート

    商品コード: 2011071400582

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月14日
    流通ルート迅速解明へ

    個体識別番号で判明した牛の移動ルート

    商品コード: 2011071400584

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月15日
    福島県産牛の出荷停止検討

    福島県浅川町出荷の42頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071500444

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月15日
    福島県産牛の出荷停止検討

    福島県浅川町出荷の42頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071500445

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月17日
    84頭中にも基準値超え

    福島県郡山市の農家が出荷した15頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071700424

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月17日
    84頭中にも基準値超え

    福島県郡山市の農家が出荷した15頭の個体識別番号

    商品コード: 2011071700425

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年08月08日
    飼育されている肉牛 「牛は食べられてこそ…」

    宮城県栗原市で飼育されている肉牛。耳には個体識別番号が付けられ、消費者の口に届くまで厳しく管理される=7月29日

    商品コード: 2011080800287

  • 2012年02月21日
    水中の天使、スナメリの生息地を訪ねて安徽省銅陵市

    安徽省の「銅陵淡水豚国家級自然保護区」で、スタッフからエサをもらうスナメリ。(2012年2月21日撮影)長江の中・下流域に生息する水生哺乳動物スナメリは、中国では「長江江豚」と呼ばれ、「国家2級重点保護野生動物」に指定されており、長江の淡水生態系を代表する動物の一つ。現在、長江の安徽省銅陵市内水域では、比較的安定したスナメリの個体群が維持されている。最新のデータによると、「銅陵淡水豚国家級自然保護区」内の水域では、スナメリの個体数が長期にわたり40~50頭に保たれている。(銅陵=新華社配信/過仕寧)=2012(平成24)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020011005891

  • 2012年04月03日
    Sleepy Dormice Get Full Health Check At London Zoo Before Reintroduction To Wild

    April 3, 2012: Vets at international conservation charity ZSL have shared behind-the-scenes photos of a group of thirty rare British hazel dormice (Muscardinus avellanarius) having a full health check yesterday (Monday 30th May 2022)...Led by specialist wildlife vets from ZSLââ¬â¢s Disease Risk Analysis and Health Surveillance Team (DRAHS) based at the Institute of Zoology (IOZ) inside London Zoo, the check-ups will make sure that they are fit, healthy and ready to be released in a secret woodland location in the north of England next month.ââ¬Â¯..Each dormouse had their eyes, nose, ears and mouth checked. Their heart and lungs were also examined using a stethoscope, and abdomen and limbs gently examined by hand, all while under a general anaesthetic. Each dormouse also had a tiny microchip placed under the skin between the shoulder blades so that individuals could be identified after release into the wild during population monitoring...Once common across the UK, hazel dormice are now considered rare and...

    商品コード: 2022060401285

  • 2012年10月29日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    乾燥している時の距薬姜の花の内部。写真から、花の柱頭やおしべの葯(やく)の位置、顆粒状の花粉が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400573

  • 2012年10月29日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    雨に濡れた後の距薬姜の花の内部。花粉がおしべの葯で発芽した後の糸状の構造が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400572

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月02日
    最大のキツネザル・インドリ 霊長類に迫る危機

    マダガスカル最大のキツネザル・インドリ。個体数が減り、危機に立つ霊長類25種の一つとされた=08年(共同)

    商品コード: 2012110200177

  • 2013年05月09日
    水中の天使、スナメリの生息地を訪ねて安徽省銅陵市

    安徽省の「銅陵淡水豚国家級自然保護区」で泳ぐスナメリの親子。(2013年5月9日撮影)長江の中・下流域に生息する水生哺乳動物スナメリは、中国では「長江江豚」と呼ばれ、「国家2級重点保護野生動物」に指定されており、長江の淡水生態系を代表する動物の一つ。現在、長江の安徽省銅陵市内水域では、比較的安定したスナメリの個体群が維持されている。最新のデータによると、「銅陵淡水豚国家級自然保護区」内の水域では、スナメリの個体数が長期にわたり40~50頭に保たれている。(銅陵=新華社配信/過仕寧)=2013(平成25)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020011005889

  • 2013年07月25日
    絶滅危惧のムリキ 森の中の体操選手

    新大陸最大の霊長類だが、個体数が減り、絶滅の恐れが極めて高いとされるムリキ=6月、ブラジル・カラチンガ郊外(共同)

    商品コード: 2013072500493

  • 2013年08月27日
    トラ 取引禁止は1000種

    個体数が減少し、ワシントン条約で国際取引が規制されているトラ(共同)

    商品コード: 2013082700223

  • 2013年11月15日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    無数の花粉管が花柱に入り、最終的に胚珠に到達して受精する様子。(2013年11月15日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2013(平成25)年11月15日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400636

  • 2013年12月27日
    絶滅危惧種カンムリテナガザルの生息数調査を開始雲南省

    木の上で休むカンムリテナガザル。(2013年12月27日撮影)中国雲南省無量山哀牢山国家級自然保護区景東管理保護局はこのほど、複数の大学や研究機構と連携し、絶滅の危機に瀕しているカンムリテナガザルの生息数調査を開始した。カンムリテナガザルは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも最も絶滅の危険性が高い種に指定されている。個体数は野生のジャイアントパンダより少なく、大部分が雲南省の無量山と哀牢山に分布している。(昆明=新華社配信)=2013(平成25)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601237

  • 2014年03月01日
    母親のララと双子 双子シロクマにお別れ

    ホッキョクグマのララ(中央)と双子のポロロ、マルル=1日午後、札幌・円山動物園

    商品コード: 2014030100420

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年06月10日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2014年6月10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で、タケノコを美味しそうに食べる幼いパンダ。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2014(平成26)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100711

  • 2014年08月28日
    絶滅寸前の植物「漾濞槭」の全DNA解析に成功中科院昆明植物研究所

    「漾濞槭」の果実。(資料写真)中国科学院昆明植物研究所はこのほど、同研究所の科学研究チームが極小個体群の野生植物「漾濞槭(ようびせき、Aceryangbiense)」の全DNA解析に成功したことを明らかにした。論文は英科学誌「ギガサイエンス(GigaScience)」に掲載された。これは世界で初めてのカエデ科(Aceraceae)カエデ属(Acer)植物の全DNA解析事例であり、この極小個体群野生植物についての保護と研究をさらに進める上での重要な基礎を築いた。(昆明=新華社配信/刀志霊)=2014(平成26)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103454

  • 2014年08月28日
    タイマイ 30%に絶滅の恐れ

    甲羅がべっ甲細工に使われたこともあって個体数が減少、絶滅が心配されるタイマイ

    商品コード: 2014082800355

  • 2014年08月28日
    ブラジルの小型霊長類 生息地破壊が原因

    保護の成果で個体数が増えているブラジルのゴールデンライオンタマリン(共同)

    商品コード: 2014082800370

  • 2014年10月08日
    マングース 侵略拡大、駆除追いつかず

    オカガニに襲いかかるインド原産のマングース。沖縄ではハブ退治を目的に輸入された個体が野生化し、絶滅危惧種ヤンバルクイナが捕食された例もある=沖縄県沖縄市

    商品コード: 2014100800411

  • 02:06.66
    2014年11月11日
    根室半島沖にラッコの親子 子どもは甘えん坊

    北海道・根室半島沖の小島で6月からラッコの親子が暮らしているのが確認され、地元アマチュア写真家の人気を集めている。ラッコの子どもは生後5カ月前後とみられ、母親に毛づくろいしてもらったり、「ミュー」と鳴きながら乳をせがんだりして甘えていた。水産総合研究センター北海道区水産研究所によると、親子連れのラッコは北方領土・歯舞群島で確認されているが、北海道本土沿岸で確認されるのは初めて。根室沖では雄とみられる単独の個体の目撃例は数多くあるという。11日早朝、船で小島を訪れると親子はぴったりとくっついて仲良く泳ぎ、子どもは母親がとった貝やカニを分けてもらって食べていた。母親は体長約120センチ、子どもは約70センチ。今年7月に親子を撮影した 栗田昌輝 (くりた・まさてる) さん(57)は「当時は小さなぬいぐるみのようだったが、成長が早くて驚いている。親離れするまで見守りたい」と話した。<映像内容>根室半島沖の海で泳ぐ可愛らしいラッコの親子の様子、撮影日:2014(平成26)年11月11日、撮影場所:北海道根室半島沖

    商品コード: 2019030712527

  • 2014年11月27日
    Man sells fake animal pelts in Beijing

    November 27, 2014, BEIJING, CHINA: A Chinese woman peruses cheap scarves as Muslim migrants try to sell fake animal pelts on the streets of Beijing on November 27, 2014. Animal rights groups continue to slam China for its weak stance on protecting endangered species, and its role in decimating Africa‘s elephant and rhinoceros populations due to illegal ivory trade. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030609587

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年01月08日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2015年1月8日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で、ジャイアントパンダの採血と身体検査を行うスタッフ。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2015(平成27)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100728

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...