KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 生活
  • 住まい
  • 家族
  • 爆死
  • 記者
  • こうめい
  • イーゼル
  • ベッド
  • ユートピア
  • 仕事

「借家」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
57
( 1 57 件を表示)
  • 1
57
( 1 57 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    View of Marly-le-Roi from Coeur-Volant, 1876, Oil on canvas, 25 3/4 x 36 3/8 in. (65.4 x 92.4 cm), Paintings,

    View of Marly-le-Roi from Coeur-Volant, 1876, Oil on canvas, 25 3/4 x 36 3/8 in. (65.4 x 92.4 cm), Paintings, Alfred Sisley (British, Paris 1839–1899 Moret-sur-Loing), To paint this panoramic scene, Sisley walked up the hill from his rented house in Marly-le-Roi, near Paris, and selected a northwest view overlooking the town. The building at left was located within the border of neighboring Louveciennes.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021020600718

  • 1947年01月11日
    住宅営団借家人組合設立準備会

    東京・牛込区の江戸川アパートで開かれた住宅営団借家人組合設立準備会。左手前から安部磯雄氏、浅沼稲次郎氏=1947(昭和22)年1月11日

    商品コード: 2014101700096

  • 1950年03月12日
    全日本借家人組合大会

    東京・下谷公会堂で開かれた全日本借家人組合大会=1950(昭和25)年3月12日(25年内地1348参)

    商品コード: 2013073100235

  • 1989年08月01日
    Yury Tishchenko‘s farm in Voronovo village

    8171351 01.08.1989 Alexei and Tatiana, the children of farmer Yury Tishchenko, ride to a local marketplace with a cucumber harvest. Aleksandr Pogotov、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506644

  • 1994年11月16日
    車持ち借家住まいの家族も 難民にも「天と地」の差

    )、社外38S  借家の自宅と自家用車の前に並ぶルワンダ難民のアナクレットさん一家=ザイール・ゴマ(共同)アフリカ特派員568・カラーネガ

    商品コード: 1994111600033

  • 1994年11月16日
    車持ち借家住まいの家族も 難民にも「天と地」の差

    )、社外38S  借家の自宅と自家用車の前に並ぶルワンダ難民のアナクレットさん一家=ザイール・ゴマ(共同)アフリカ特派員568・カラーネガ

    商品コード: 1994111600034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年07月18日
    両容疑者の家と外車 逃亡慣れ大胆な生活に変身

    両容疑者が住んでいた借家と岡下容疑者が乗っていた外車=6月29日午後、茨城県新治郡千代田町(遠藤ウメさん殺害事件)

    商品コード: 1995071800001

  • 1995年10月20日
    捜索する捜査員 平田容疑者らの借家を捜索

    平田悟、松本小百合両容疑者が住んでいた借家を家宅捜索する警視庁の捜査員=20日午前、前橋市駒形町

    商品コード: 1995102000109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年12月02日
    住宅街に廃品の山

    住宅街の敷地に山積みされた廃品=2日午前、埼玉県戸田市南町(埼玉県警蕨署は2日、借家の隣家の屋根や周辺の敷地に中古電化製品や廃材などを山積みして不法に占拠したとして不動産侵奪などの疑いで、自称廃品回収業野田畔三容疑者を逮捕した)

    商品コード: 1996120200067

  • 2000年08月10日
    監視小屋の住民 住民がオウム監視小屋

    オウム真理教の信者が転入した借家の隣に設置された監視小屋でシュプレヒコールをあげる住民=10日午後、千葉県流山市野々下

    商品コード: 2000081000128

  • 2000年10月12日
    借家の前に立つ佐藤さん 突然の立ち退き要求に困惑

    地震で大きく傾いた自宅の前に立つ佐藤弘さん=11日午後、鳥取県境港市元町

    商品コード: 2000101200005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月05日
    借家の中のロケット弾 借家からもロケット弾2発

    爆死した田村空曹長が借りていた民家で見つかった2発のロケット弾=5日、那覇市小禄

    商品コード: 2003090500187

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月05日
    借家から見つかった軍用品 借家からもロケット弾2発

    爆死した田村空曹長が借りていた民家から発見された、ロケットランチャーなどの軍用品=5日、那覇市小禄

    商品コード: 2003090500219

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月06日
    借家に向かう処理隊員 借家のロケット弾も処理

    ロケット弾の処理のため、爆死した田村空曹長が借りていた民家に向かう自衛隊の不発弾処理隊員=6日午後2時30分、那覇市小禄

    商品コード: 2003090600097

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月06日
    米軍のロボットアーム 借家のロケット弾も処理

    ロケット弾処理のためのロボットアームを組み立てる米空軍爆発物処理隊員=6日午後3時20分、那覇市小禄

    商品コード: 2003090600098

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月06日
    ロケット弾を運ぶ自衛隊員 ロケット弾処理を無事完了

    爆死した田村空曹長の借家から、処理を終えたロケット弾の入った木箱を運び出す自衛隊員=6日午後6時15分、那覇市小禄

    商品コード: 2003090600166

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月06日
    心配そうに見る住民 借家のロケット弾も処理

    ロケット弾の処理作業が行われている、爆死した田村空曹長の借家の方向を心配そうに見詰める住民=6日午後5時、那覇市小禄

    商品コード: 2003090600099

  • 2007年12月14日
    参院本会議 改正借地借家法が成立

    改正借地借家法を可決、成立した参院本会議=14日午前

    商品コード: 2007121400037

  • 2007年12月14日
    一礼する鳩山法相 改正借地借家法が成立

    参院本会議で改正借地借家法が成立し、一礼する鳩山法相=14日午前(鳩山邦夫)

    商品コード: 2007121400038

  • 2010年11月09日
    幼少期の家を示す男性 熱気冷める「第二の故郷」

    9日、インドネシアの首都ジャカルタで、オバマ米大統領が幼少期に家族と住んでいた借家を指し示す所有者のシャフリアルさん(共同)

    商品コード: 2010110900314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年05月02日
    赤ちゃん抱く難民 「虐殺怖い」隣国で耐乏

    レバノン北部トリポリ近郊の質素な借家で、赤ちゃんを抱くシリア難民アブアムーリさん(左)と家族=4月27日(共同)

    商品コード: 2012050200503

  • 2015年02月23日
    展示された入選作100句 壁ドン、ダメよ借家でしょ

    第一生命保険の本社ビルに展示された「第28回サラリーマン川柳コンクール」の入選作100句=23日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2015022300660

  • 2015年02月23日
    壁ドン、ダメよ借家でしょ

    サラリーマン川柳の主な入選作品

    商品コード: 2015022300666

  • 2015年02月23日
    壁ドン、ダメよ借家でしょ

    サラリーマン川柳の主な入選作品

    商品コード: 2015022300667

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年12月11日
    一家が住んでいた借家 生活苦、介護で行き詰まり

    亡くなった藤田慶秀さん夫妻と三女波方敦子容疑者が住んでいた借家=4日、埼玉県深谷市

    商品コード: 2015121100461

  • 2016年06月08日
    公開された借家 西田幾多郎の旧住宅公開

    報道陣に公開された、哲学者の西田幾多郎が暮らした借家=8日午前、京都市左京区

    商品コード: 2016060800086

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年06月19日
    シリア人難民アリさんら 電子マネーで難民食料支援

    トルコ南部ガジアンテプの借家で暮らすシリア人アリさん(右端)と近所の難民の子供ら=5月20日(共同)

    商品コード: 2016061900104

  • 04:38.94
    2018年02月13日
    空撮 パナソニック尼崎工場跡と姫路工場 創業100周年

    パナソニックが7日に創業100周年を迎えた。「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助(まつした・こうのすけ)氏が大阪市の借家で始めた町工場は、戦後復興から高度経済成長を経て売上高7兆円、従業員27万人を超す世界企業へと発展。憧れの家電を生み出し、暮らしを変えてきた。人工知能(AI)など急速な技術の進化の中、「次の100年」へ向けた模索も始まっている。〈映像内容〉パナソニックの旧尼崎工場跡や姫路工場の空撮など、撮影日:2018(平成30)年2月13日、撮影場所:大阪府、兵庫県

    商品コード: 2018030700778

  • 2018年10月05日
    北海道むかわ町の松井さん がれき散乱、残る爪痕

    移り住んだ借家で娘(左)に髪を整えてもらう松井恵美子さん。娘の指が肌に触れるたびにうれしくなった。「毎日こんな気持ちでいたいな」と笑顔を見せた=3日、北海道むかわ町

    商品コード: 2018100520570

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:11.42
    2020年01月31日
    「新華社」ある日本人男性の武漢に対する思い

    日本人男性の島田孝治さん(72)はこれまで、中国湖北省武漢市で10年間暮らしてきた。1947年に福岡県で生まれた島田さんは若い頃、同県の弁護士事務所で働き、50人以上の中国人留学生と知り合った。日本の知人もおらず、不慣れな彼らの様子を見た島田さんは、進んで声をかけ、観光やお茶、日本のおいしいものを食べに誘った。さらに、留学生の住まいの保証人も引き受け、学費が払えない学生がいると立て替えたりもした。61歳になり、退職して1年が経過していた島田さんは、ある留学生から「武漢に戻ってカレー屋を開きたいので、指導に来てほしい」と頼まれた。子どもや兄弟姉妹がいない島田さんは、ちょうど中国を旅行したいと思っていたので、この招きに応じることにした。2010年、島田さんは武漢の大学が集まる地域に「頂屋咖哩」という名のカレー屋を開いた。面積約80平方メートル、日本式のカレーライスがメインで、生活に困っている人からはお金を取ろうとしなかった。毎晩、閉店後には店で無料の日本語教室を開いた。あっという間に10年が過ぎ、これまで島田さんが教えた学生は2千人を超えた。島田さんは店の売り上げの大半を中国人スタッフに分配している。自分は毎月3千元(1元=約16円)の給料を受け取り、ガレージを改造した簡素な借家に住んでおり、節約したお金は地元で困っている人々を助けるために役立てている。ある時、華中師範大学日本語学科の教師から、武漢には条件が恵まれない小学校がいくつかあると聞いた島田さんは、毎月500元を寄付することを決め、これまで3年間ずっと寄付を続けている。周囲の人々や中国のネットユーザーは、島田さんの思いやりを称え、多くの人が「島おじいさん(島爺爺)」と呼んでいる。武漢市では昨年末から、新型コロナウイルスによる肺炎が発生しているが、島田さんは市内にとどまり、ここ数日は武漢在住の中国人スタッフと一緒に春節(旧正月)を過ごしている。島田さんはその理由について、「武漢が私の家だから。ここで我が家を見つけました」と述べた。何年も前に「終活」を終えたという島田さんは「財産は全て中国人スタッフに残します。遺灰は中国の海に撒いてほしい。簡単に一言、『さよなら』でいいです。それで私は完全に中国の一部になります」と語った。(記者/馮国棟)<映像内容>武漢在住の日本人男性、カレー屋の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020505519

  • 2020年02月14日
    Banksy Valentine‘s Street Art Appears In Bristol Banksy Valentine‘s Street Art Appears In Bristol

    キーワード:バンクシー、BRISTOL, ENGLAND - FEBRUARY 14: General view of the new Banksy art on February 14, 2020 in Bristol, England. The artwork of a girl firing flowers into the air using a catapult, appeared on the wall of a rented home in the Barton Hill area of Bristol and was confirmed as a Banksy piece when a picture of it was posted on the artist‘s official Instagram post on Valentine’s day morning. (Photo by Finnbarr Webster/Getty Images)、クレジット:ゲッティ/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2020072800077

  • 2020年03月25日
    Coronavirus - Bavaria

    25 March 2020, Bavaria, Munich: The words “Hello be Positive“ hang in the window of a rented house facing the street. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032610522

  • 01:47.45
    2020年08月01日
    「新華社」新型コロナウイルスとの闘いを見届けてきた日本人武漢市

    新型コロナウイルス感染症の予防・抑制状況が好転に向かうにつれて、中国湖北省武漢市には賑やかさが戻ってきた。同市洪山区の街道口にあるカレー店「頂屋咖喱」には、お客一人一人に日本語であいさつして回る男性の姿があった。嶋田孝治さん(72)は感染症の流行期間中も同市にとどまり、テレビを通じて「武漢加油」(武漢がんばれ)と声を上げ、人々を励ました日本人として知られる。嶋田さんが10年間営んできたカレー店は、今では営業を再開し、彼もいつも通りの生活を送っている。嶋田さんは今年の初め、カレー店の店長、胡丹(こ・たん)さんに誘われて、同市江夏区の農村で春節(旧正月)を過ごした。もともとは数日間の「田園生活」を楽しみ、休みが終わってから市内に戻るつもりだった。しかし、感染症の発生で、嶋田さんの予定は大幅に狂ってしまった。胡さん一家は相談の末、嶋田さんにもうしばらく残ってもらうことにした。嶋田さんはこの10年間、武漢の大学が集まる地域でカレー店を営みながら、余暇の時間を利用して無料で日本語を教えている。嶋田さんは3年にわたって貧しい学生への資金援助を続けているが、自身はガレージを改造した簡素な借家に住んでいる。最近、店で出している和風カレーの作り方の「秘訣」を同業者に伝授した。また、年末には野菜や肉を卸してくれる市場の業者に、ささやかながら、日頃の感謝の気持ちを込めて「お年玉」を贈った。同市について話が及ぶと、子どもがいない嶋田さんは「ここにはわが家のような安全さと温もりがある」、死後は「遺灰を中国の海に撒いてほしい」と語る。感染症流行のため、江夏区の農村に滞在していた当時、地元の人々から続々と支援の手が差し伸べられた。街道弁事処や村の幹部からは米などの生活物資が、村民からはカミソリなどの生活用品が届けられた。嶋田さんは感染症の流行期間中の出来事を振り返り、何度も涙をこぼしながら「武漢の人たちの精神に敬服している。みなさんの配慮に感動した」と述べた。同市から市外・省外に通じる交通ルートの規制が4月8日に解除され、嶋田さんはようやく市内に戻ることができた。<映像内容>武漢でカレー店を営む日本人のインタビュー、店の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080301584

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: A kitten is drinking through a small bowl prepared in day care homes and orphanages for cats. Since last June 2020, this young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090407676

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: Some of the kittens are in the daycare and the orphanage for cats. Since last June 2020, a young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090106419

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: Some of the kittens are in the daycare and the orphanage for cats. Since last June 2020, a young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408138

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: Some of the kittens are in the daycare and the orphanage for cats. Since last June 2020, a young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090407605

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: Some of the kittens are being carried by Ibra, who runs a daycare and an orphanage for cats. Since last June 2020, a young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408175

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: A kitten is sleeping in a cage located in day care homes and orphanages for cats. Since last June 2020, a young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090407709

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: A kitten is being fed milk in day care homes and orphanages for cats. Since last June 2020, a young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090407644

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: A kitten is being fed milk in day care homes and orphanages for cats. Since last June 2020, a young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090106534

  • 2020年08月30日
    Cat Orphanage in Indonesia

    August 30, 2020, Gowa, South Sulawesi, Indonesia: A kitten is being fed milk in day care homes and orphanages for cats. Since last June 2020, a young couple in Gowa Regency has been managing an orphanage beach for cats in their rented house to accommodate stray cats on the streets. (Credit Image: © Herwin Bahar/ZUMA Wire)、クレジット:©Herwin Bahar/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    借家を指すカフニさん シリア難民、深まる困窮

    ベイルートの大爆発で破壊された借家を指すモアタズ・カフニさん(右)=16日(共同)

    商品コード: 2020092502214

  • 2021年01月29日
    リニさんと家族 残る爪痕、いらだつ住民

    住宅の完成の見通しがつかず、夫と娘と共に借家暮らしを続けているリニさん(左)=2020年12月、インドネシア・パル(共同)

    商品コード: 2021012904912

  • 2021年07月01日
    持ち家より〝仮住まい〟

    神戸大大学院教授の平山洋介。「戦前の文献を読むと、中間層は借家を軽く渡り歩いて暮らしている。20世紀後半の(持ち家などに対する)所有欲は、割と一時的なものだったのかもしれない」

    商品コード: 2021070105840

  • 2021年07月08日
    (4)廃品回収しながら創作に励む「あばら家画家」浙江省紹興市

    6日、斗門街道にある企業の不用品を回収する位光明さん。中国浙江省紹興市越城区の斗門街道に住む位光明(い・こうめい)さん(48)は、廃品回収を仕事としている。10平方メートル余りの借家は他人から見れば狭くて粗末な住まいだが、位さんにとっては「ユートピア」といえる。ベッドの脇にイーゼルがあり、引き出しの中には絵の具がぎっしり詰まっていて、壁には数々の作品が飾られている。位さんの絵の値段は1枚300~500元(1元=約17円)だという。半日は不用品を回収し、残りの半日は絵の創作に励むこの「あばら家画家」は、インターネット上で人気者となり、次々と寄せられる注文に追われるようになった今でも、廃品回収をしながら絵を描く生活を続けているという。(紹興=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902246

  • 2021年07月08日
    (1)廃品回収しながら創作に励む「あばら家画家」浙江省紹興市

    6日、斗門街道東堰村の借家で明かりを点ける位光明さん。窓がないため、昼間に絵を描く時にも照明が必要となる。中国浙江省紹興市越城区の斗門街道に住む位光明(い・こうめい)さん(48)は、廃品回収を仕事としている。10平方メートル余りの借家は他人から見れば狭くて粗末な住まいだが、位さんにとっては「ユートピア」といえる。ベッドの脇にイーゼルがあり、引き出しの中には絵の具がぎっしり詰まっていて、壁には数々の作品が飾られている。位さんの絵の値段は1枚300~500元(1元=約17円)だという。半日は不用品を回収し、残りの半日は絵の創作に励むこの「あばら家画家」は、インターネット上で人気者となり、次々と寄せられる注文に追われるようになった今でも、廃品回収をしながら絵を描く生活を続けているという。(紹興=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902235

  • 2021年07月08日
    (8)廃品回収しながら創作に励む「あばら家画家」浙江省紹興市

    6日、斗門街道東堰村の借家で作品を見せる位光明さん。中国浙江省紹興市越城区の斗門街道に住む位光明(い・こうめい)さん(48)は、廃品回収を仕事としている。10平方メートル余りの借家は他人から見れば狭くて粗末な住まいだが、位さんにとっては「ユートピア」といえる。ベッドの脇にイーゼルがあり、引き出しの中には絵の具がぎっしり詰まっていて、壁には数々の作品が飾られている。位さんの絵の値段は1枚300~500元(1元=約17円)だという。半日は不用品を回収し、残りの半日は絵の創作に励むこの「あばら家画家」は、インターネット上で人気者となり、次々と寄せられる注文に追われるようになった今でも、廃品回収をしながら絵を描く生活を続けているという。(紹興=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902249

  • 2021年07月08日
    (3)廃品回収しながら創作に励む「あばら家画家」浙江省紹興市

    6日、政府が無料で提供した斗門老街の新しいアトリエに作品を飾る位光明さん(右)。中国浙江省紹興市越城区の斗門街道に住む位光明(い・こうめい)さん(48)は、廃品回収を仕事としている。10平方メートル余りの借家は他人から見れば狭くて粗末な住まいだが、位さんにとっては「ユートピア」といえる。ベッドの脇にイーゼルがあり、引き出しの中には絵の具がぎっしり詰まっていて、壁には数々の作品が飾られている。位さんの絵の値段は1枚300~500元(1元=約17円)だという。半日は不用品を回収し、残りの半日は絵の創作に励むこの「あばら家画家」は、インターネット上で人気者となり、次々と寄せられる注文に追われるようになった今でも、廃品回収をしながら絵を描く生活を続けているという。(紹興=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902247

  • 2021年08月31日
    Bangladesh: Japanese children to stay with parents for 15 days

    August 31, 2021, Dhaka, Bangladesh: Bangladeshi American Sharif Imran and his two Japanese daughters coming out from The High Court after a hearing, in Dhaka, Bangladesh, August 31, 2021. The High Court on Tuesday asked the Bangladeshi American Sharif Imran and his Japanese wife Nakano Eriko to stay with their children at a rented house in Gulshan-1 of Dhaka for the next 15 days. On 19 August, Nakano Eriko, a citizen of Japan, filed a petition with the High Court seeking its directives to return back her two daughters Jasmine Malika, 11 and Laila Lina, 10, from their Bangladeshi father Sharif Imran. (Credit Image: © Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090103300

  • 2021年08月31日
    Bangladesh: Japanese children to stay with parents for 15 days

    August 31, 2021, Dhaka, Bangladesh: Bangladeshi American Sharif Imran and his two Japanese daughters coming out from The High Court after a hearing, in Dhaka, Bangladesh, August 31, 2021. The High Court on Tuesday asked the Bangladeshi American Sharif Imran and his Japanese wife Nakano Eriko to stay with their children at a rented house in Gulshan-1 of Dhaka for the next 15 days. On 19 August, Nakano Eriko, a citizen of Japan, filed a petition with the High Court seeking its directives to return back her two daughters Jasmine Malika, 11 and Laila Lina, 10, from their Bangladeshi father Sharif Imran. (Credit Image: © Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090102535

  • 2021年08月31日
    Bangladesh: Japanese children to stay with parents for 15 days

    August 31, 2021, Dhaka, Bangladesh: Bangladeshi American Sharif Imran and his two Japanese daughters coming out from The High Court after a hearing, in Dhaka, Bangladesh, August 31, 2021. The High Court on Tuesday asked the Bangladeshi American Sharif Imran and his Japanese wife Nakano Eriko to stay with their children at a rented house in Gulshan-1 of Dhaka for the next 15 days. On 19 August, Nakano Eriko, a citizen of Japan, filed a petition with the High Court seeking its directives to return back her two daughters Jasmine Malika, 11 and Laila Lina, 10, from their Bangladeshi father Sharif Imran. (Credit Image: © Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090102707

  • 2021年08月31日
    Bangladesh: Japanese children to stay with parents for 15 days

    August 31, 2021, Dhaka, Bangladesh: Bangladeshi American Sharif Imran and his two Japanese daughters coming out from The High Court after a hearing, in Dhaka, Bangladesh, August 31, 2021. The High Court on Tuesday asked the Bangladeshi American Sharif Imran and his Japanese wife Nakano Eriko to stay with their children at a rented house in Gulshan-1 of Dhaka for the next 15 days. On 19 August, Nakano Eriko, a citizen of Japan, filed a petition with the High Court seeking its directives to return back her two daughters Jasmine Malika, 11 and Laila Lina, 10, from their Bangladeshi father Sharif Imran. (Credit Image: © Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090103076

  • 2021年08月31日
    Bangladesh: Japanese children to stay with parents for 15 days

    August 31, 2021, Dhaka, Bangladesh: Bangladeshi American Sharif Imran and his two Japanese daughters coming out from The High Court after a hearing, in Dhaka, Bangladesh, August 31, 2021. The High Court on Tuesday asked the Bangladeshi American Sharif Imran and his Japanese wife Nakano Eriko to stay with their children at a rented house in Gulshan-1 of Dhaka for the next 15 days. On 19 August, Nakano Eriko, a citizen of Japan, filed a petition with the High Court seeking its directives to return back her two daughters Jasmine Malika, 11 and Laila Lina, 10, from their Bangladeshi father Sharif Imran. (Credit Image: © Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Suvra Kanti Das/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090102769

  • 2021年09月16日
    AFGHANISTAN-KABUL-DEATH-U.S.-WITHDRAWAL

    (210916) -- KABUL, Sept. 16, 2021 (Xinhua) -- Father of Mohammad Zaki is pictured at a rented house in Kabul, Afghanistan, Sept. 14, 2021. TO GO WITH “Feature: Afghan man accuses American pilot‘s arrogance over brother‘s death, calls for investigation“ (Photo by Saifurahman Safi/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092211809

  • 2021年09月16日
    AFGHANISTAN-KABUL-DEATH-U.S.-WITHDRAWAL

    (210916) -- KABUL, Sept. 16, 2021 (Xinhua) -- Hajji Zukria shows the portrait of his late brother Mohammad Zaki at a rented house in Kabul, Afghanistan, Sept. 14, 2021. TO GO WITH “Feature: Afghan man accuses American pilot‘s arrogance over brother‘s death, calls for investigation“ (Photo by Saifurahman Safi/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092211983

  • 2021年09月16日
    AFGHANISTAN-KABUL-DEATH-U.S.-WITHDRAWAL

    (210916) -- KABUL, Sept. 16, 2021 (Xinhua) -- Hajji Zukria (2nd L) shows the photos of his late brother Mohammad Zaki at a rented house in Kabul, Afghanistan, Sept. 14, 2021. TO GO WITH “Feature: Afghan man accuses American pilot‘s arrogance over brother‘s death, calls for investigation“ (Photo by Saifurahman Safi/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092212027

  • 1