KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • せいそう
  • 人間国宝
  • 巨匠
  • 平成
  • 息子
  • 日本
  • 芸術
  • 李穎
  • 故郷

「偉傑」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  敦煌西湖国家級自然保護区を訪ねて甘粛省敦煌
    2018年10月16日
    敦煌西湖国家級自然保護区を訪ねて甘粛省敦煌

    16日、敦煌西湖国家級自然保護区で撮影したモウコノウマ。中国甘粛省敦煌(とんこう)市の敦煌西湖国家級自然保護区は河西回廊(黄河の西、祁連山脈の北側に沿った細長い平地)の西端に位置する。(敦煌=新華社記者/胡偉傑)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818549

  •  「新華社」大学がセンター開設、敦煌の文献資料電子化甘粛省
    02:13.91
    2018年11月09日
    「新華社」大学がセンター開設、敦煌の文献資料電子化甘粛省

    敦煌文献の収集・整理のため、中国の蘭州文理学院は2016年から敦煌文献資源センターの開設準備を開始し、敦煌の紙の文献やデジタル映像の電子文献、彩色塑像、壁画などの収容を行い、現在では千種類余り、5千冊以上の敦煌学関連文献を所蔵する。これらの文献はトルファン学や西夏学、シルクロード学などの分野に広がっている。敦煌文化が神秘的な洞窟を出て大学生の身近に行き、大学で成果を生み出せるよう、同センターでは敦煌文化の体験に力を入れている。教師と学生が壁画を共同制作することで教室を同センターに「引っ越し」したり、デジタル資源を使った相互学習や体験式学習を行うことで学生たちに敦煌文化をより深く理解してもらう試みがなされている。敦煌文献資源センターでは敦煌文化の関連要素を大学の文学、歴史、観光、舞踏、音楽、メディアなどの学科と融合し、大学の関連学科の構築を支えるとともに、学生たちの文献研究ニーズを満たしているという。(記者/胡偉傑、任延昕)<映像内容>敦煌文献資源センター開設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111209070

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、日本の国宝に指定されている元代竜泉青磁の玉壺春瓶「飛青磁花生」。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502696

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、日本の国宝に指定されている元代竜泉青磁の玉壺春瓶「飛青磁花生」の写真と、毛正聡氏の玉壺春瓶を比較する大阪市立東洋陶磁美術館の出川哲朗館長(右)と毛正聡氏。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502663

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、毛正聡氏の玉壺春瓶を鑑賞する大阪市立東洋陶磁美術館の出川哲朗館長(右から2人目)、古陶磁研究者の小林仁博士(右)、毛正聡氏(左)、毛偉傑氏。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502736

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、竜泉青磁作品を手にする古陶磁研究者の小林仁博士(右)と毛正聡氏(中)、毛偉傑氏。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502679

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、国宝に指定されている元代竜泉青磁の玉壺春瓶「飛青磁花生」と毛正聡氏の玉壺春瓶について語り合う古陶磁研究者で大阪市立東洋陶磁美術館主任学芸員の小林仁博士(奥)と毛正聡氏。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502691

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、国宝に指定されている元代竜泉青磁の玉壺春瓶「飛青磁花生」の箱。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502708

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、日本の国宝に指定されている元代竜泉青磁の玉壺春瓶「飛青磁花生」(左)と、毛正聡氏の玉壺春瓶。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502698

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、国宝に指定されている元代竜泉青磁の玉壺春瓶「飛青磁花生」を取り出す古陶磁研究者で大阪市立東洋陶磁美術館主任学芸員の小林仁博士。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502709

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、竜泉青磁について語り合う大阪市立東洋陶磁美術館の出川哲朗館長(右から2人目)、古陶磁研究者の小林仁博士(右)、毛正聡氏(左)、毛偉傑氏。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502656

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、国宝に指定されている元代竜泉青磁の玉壺春瓶「飛青磁花生」(左)と、毛正聡氏の玉壺春瓶。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502688

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、毛偉傑氏が大阪市立東洋陶磁美術館に寄贈した竜泉魚子紋双耳炉。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502674

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、毛正聡氏が大阪市立東洋陶磁美術館に寄贈した竜泉青磁の玉壺春瓶。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502731

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、毛正聡氏が大阪市立東洋陶磁美術館に寄贈した竜泉青磁の珍珠梅瓶。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502672

  •  中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ
    2019年02月25日
    中国工芸美術界の巨匠·毛正聡親子の竜泉青磁、大阪の東洋陶磁美術館へ

    2月25日、国宝に指定されている元代竜泉青磁の玉壺春瓶「飛青磁花生」と毛正聡氏の玉壺春瓶について語り合う古陶磁研究者で大阪市立東洋陶磁美術館主任学芸員の小林仁博士(奥)と毛正聡氏。大阪市立東洋陶磁美術館はこのほど、中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏より竜泉青磁の玉壺春瓶(ぎょっこしゅんへい)と珍珠梅瓶(ちんじゅめいぴん)、正聡氏の息子で浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)氏より竜泉魚子紋双耳炉(ななこもんそうじろ)の寄贈を受けた。(大阪=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502695

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    毛正聡氏の作品「紫光瓶」。(中南海紫光閣所蔵、資料写真)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社配信/毛正聡氏提供)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:毛正聡氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714742

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    2月27日、毛正聡氏(左端)から贈られた黒胎竜泉青磁の花器を手に喜ぶ若尾誠氏(右端)。中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714829

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    若尾誠氏が所蔵する古代中国の青磁の陶器片。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714804

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    青磁の焼成技術について話し合う毛正聡氏(左)と若尾誠氏(右)。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714880

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    毛正聡氏の作品「青釉剔花楓葉紋洗」。(故宮博物院所蔵、資料写真)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社配信/毛正聡氏提供)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:毛正聡氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714782

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    日本宮内庁が買い上げた若尾誠氏の作品、青磁皿の「粉青瓷輪花大皿」。(資料写真)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社配信/若尾誠氏提供)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:若尾誠氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714764

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    若尾誠氏が作った多くの酒器。若尾氏によると、同氏の父は生前、このような酒器も数多く製作したという。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714877

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    青磁の焼成技術について話し合う毛正聡氏(左から2人目)、毛偉傑氏(左端)、若尾誠氏(右端)。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714869

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    毛正聡氏が若尾誠氏に贈った黒胎竜泉青磁の花器。(資料写真)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社配信/毛正聡氏提供)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:毛正聡氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714748

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    若尾誠氏の作品。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714803

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    若尾誠氏の工房。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714922

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    若尾誠氏が所蔵する南宋時代の竜泉青磁の陶器片。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714867

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    若尾誠氏(右)の自宅前で記念撮影する毛正聡氏(中央)と毛偉傑氏。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714832

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    毛正聡氏が若尾誠氏に贈った黒胎竜泉青磁の花器(左)と若尾誠氏が作った花器(右)。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社配信/若尾誠氏提供)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:若尾誠氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714780

  •  中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    2019年02月27日
    中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    毛正聡氏が若尾誠氏に贈った黒胎竜泉青磁の花器(左)と、若尾氏が毛正聡氏に贈った湯呑み。(2月27日撮影)中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。(多治見=新華社配信/若尾誠氏提供)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:若尾誠氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714784

  •  「新華社」中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市
    01:31.62
    2019年03月07日
    「新華社」中日両国の巨匠、青磁作りについて語り合う岐阜県多治見市

    中国工芸美術大師(人間国宝に相当)の毛正聡(もう・せいそう)氏と、息子で浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)氏がこのほど、中国の竜泉青磁の故郷である浙江省竜泉市から、日本の美濃焼で知られる岐阜県多治見市を訪れ、陶芸家の若尾誠氏と会った。若尾氏は過去に一度、竜泉市を訪れたことがあり、南宋時代の竜泉青磁の陶器片を数多く所蔵しているという。三人の陶芸家は古代と現代の青磁の原材料や道具、焼成温度、焼成技術について存分に語り合った。若尾氏は毛正聡氏から贈られた黒胎竜泉青磁の花器に大変喜び、お返しに焼成技術が極めてよく似た青磁の湯呑みを毛正聡氏に贈った。今年79歳の毛正聡氏は15歳から竜泉青磁の焼成技術を学んできた。彼の作品の多くは、国の贈り物として世界の要人に贈られ、北京の中南海紫光閣にも収蔵されている。若尾氏は今年60歳で、日本の陶芸家、岡部嶺男氏の影響を受け、30年前に青磁作りを始めた。彼の多くの作品は日本の博物館に展示され、青磁皿1点は日本の宮内庁が買い上げた。(記者/李穎)<映像内容>日中の陶芸家の交流の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714682

  •  千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県
    2019年12月22日
    千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県

    22日、「牛娃子飯」を調理する料理人。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/胡偉傑)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603179

  •  千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県
    2019年12月22日
    千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県

    22日、出来上がったばかりの「牛娃子飯」を運ぶ作業スタッフ。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/胡偉傑)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603103

  •  第70回ベルリン国際映画祭 Berlinale 2020 - Swimming Out Till the Sea Turns Blue - Photocall
    2020年02月22日
    第70回ベルリン国際映画祭 Berlinale 2020 - Swimming Out Till the Sea Turns Blue - Photocall

    22 February 2020, Berlin: 70th Berlinale, Photocall, Berlinale Special, “Yi zhi you dao hai shui“ (Swimming Out Till the Sea Turns Blue): Executive Producer Zhu Weijie (l-r), Director Jia Zhangke and Screenwriter Wan Jiahuan The International Film Festival takes place from 20.02. to 01.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022601626

  •  第70回ベルリン国際映画祭 Berlinale 2020 - Swimming Out Till the Sea Turns Blue
    2020年02月22日
    第70回ベルリン国際映画祭 Berlinale 2020 - Swimming Out Till the Sea Turns Blue

    22 February 2020, Berlin: 70th Berlinale, Press Conference, Berlinale Special, “Yi zhi you dao hai shui“ (Swimming Out Till the Sea Turns Blue): Director Jia Zhangke (l-r) and Executive Producer Zhu Weijie. The International Film Festival takes place from 20.02. to 01.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022601572

  •  第70回ベルリン国際映画祭 Berlinale 2020 - Swimming Out Till the Sea Turns Blue - Photocall
    2020年02月22日
    第70回ベルリン国際映画祭 Berlinale 2020 - Swimming Out Till the Sea Turns Blue - Photocall

    22 February 2020, Berlin: 70th Berlinale, Photocall, Berlinale Special, “Yi zhi you dao hai shui“ (Swimming Out Till the Sea Turns Blue): Executive Producer Zhu Weijie (l-r), Director Jia Zhangke and Screenwriter Wan Jiahuan The International Film Festival takes place from 20.02. to 01.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022601188

  •  「新華社」国慶節連休中、観光地敦煌に観光客27万人が殺到甘粛省
    01:12.14
    2020年10月08日
    「新華社」国慶節連休中、観光地敦煌に観光客27万人が殺到甘粛省

    国の国慶節大型連休(1~8日)中、甘粛省敦煌市への観光旅行が大人気を博した。鳴沙山、月牙泉、莫高窟、陽関などの有名な景勝地は大勢の観光客でにぎわい、入場チケットが不足するほどになっている。同市の主要景勝地は、新型コロナウイルス感染症の予防と管理を厳格に行いながら、体験型プロジェクトやインターネットのライブ配信など、さまざまな方法で観光客を引きつける取り組みを実施した。統計によると、1~6日に同市6カ所の主要景勝地を訪れた観光客は延べ27万人以上、敦煌莫高国際空港では累計28便を追加したという。(記者/胡偉傑)<映像内容>にぎわう観光地の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100901158

  •  (13)伝統が生む革新、竜泉青磁の職人たち浙江省
    2021年01月01日
    (13)伝統が生む革新、竜泉青磁の職人たち浙江省

    12月26日、浙江省工芸美術大師、毛偉傑(もう・いけつ)さんの作品「黒胎斗笠碗」。中国浙江省竜泉市の伝統工芸品「竜泉青磁」は三国時代に焼成が始まり、宋代に最盛期を迎えた。伝統は千年にわたり継承され、窯の煙は現在も途絶えることがない。歴代の竜泉青磁職人らは、匠の心で研さんに励み、伝統を守りながら革新に取り組んできた。同市の人口は現在29万人、うち著名な青磁工芸美術大師は300人近くに上る。統計によると、同市青磁産業の昨年の売上高は14億1400万元(1元=約16円)に上り、1万2千人以上の雇用を生み出している。竜泉青磁の焼成技法は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リスト、2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にそれぞれ登録された。(杭州=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608835

  •  (8)伝統が生む革新、竜泉青磁の職人たち浙江省
    2021年01月01日
    (8)伝統が生む革新、竜泉青磁の職人たち浙江省

    12月24日、竜泉市の工房兼展示場で撮影に応じる浙江省工芸美術大師の毛偉傑(もう・いけつ)さん。中国浙江省竜泉市の伝統工芸品「竜泉青磁」は三国時代に焼成が始まり、宋代に最盛期を迎えた。伝統は千年にわたり継承され、窯の煙は現在も途絶えることがない。歴代の竜泉青磁職人らは、匠の心で研さんに励み、伝統を守りながら革新に取り組んできた。同市の人口は現在29万人、うち著名な青磁工芸美術大師は300人近くに上る。統計によると、同市青磁産業の昨年の売上高は14億1400万元(1元=約16円)に上り、1万2千人以上の雇用を生み出している。竜泉青磁の焼成技法は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リスト、2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にそれぞれ登録された。(杭州=新華社記者/韓伝号)= 配信日: 2021(令和3)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608841

  •  (3)ハスの花托の収穫本格化浙江省温嶺市
    2021年07月07日
    (3)ハスの花托の収穫本格化浙江省温嶺市

    6日、ハス池で花托を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国浙江省温嶺市石橋頭鎮土坦新村では、100ムー(約6・67ヘクタール)にわたり栽培されている食用のハスの花托が収穫期を迎えている。(温嶺=新華社配信/徐偉傑)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710747

  •  (2)ハスの花托の収穫本格化浙江省温嶺市
    2021年07月07日
    (2)ハスの花托の収穫本格化浙江省温嶺市

    6日、ハス池で花托を収穫する農家の人。中国浙江省温嶺市石橋頭鎮土坦新村では、100ムー(約6・67ヘクタール)にわたり栽培されている食用のハスの花托が収穫期を迎えている。(温嶺=新華社配信/徐偉傑)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710718

  •  (1)ハスの花托の収穫本格化浙江省温嶺市
    2021年07月07日
    (1)ハスの花托の収穫本格化浙江省温嶺市

    6日、ハス池で花托を収穫する農家の人。中国浙江省温嶺市石橋頭鎮土坦新村では、100ムー(約6・67ヘクタール)にわたり栽培されている食用のハスの花托が収穫期を迎えている。(温嶺=新華社配信/徐偉傑)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710709

  •  (1)先史時代の動物化石数万点を展示甘粛省和政県
    2021年08月31日
    (1)先史時代の動物化石数万点を展示甘粛省和政県

    和政古動物化石博物館に展示されたプラティベロドンの頭蓋骨の化石24点。(資料写真)中国甘粛省臨夏回族自治州和政県には、珍しい「先史動物園」といえる和政古動物化石博物館がある。古代の動物の化石3万点余りを所蔵し、中でも「パラケラテリウム動物群」「プラティベロドン動物群」「ヒッパリオン動物群」「真馬動物群」の化石が最も豊富にある。同博物館の張海蓮(ちょう・かいれん)解説員は「化石の年代は大体、今から3千万~250万年前の間に集中している」と説明した。完全な骨格が残る化石の多くは、土の中から発掘され、生前最後の姿が復元されている。(臨夏=新華社記者/胡偉傑)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104523

  •  (BEIJING2022) CHINA-HEBEI-ZHANGJIAKOU-OLYMPIC TORCH RELAY (CN)
    2022年02月03日
    (BEIJING2022) CHINA-HEBEI-ZHANGJIAKOU-OLYMPIC TORCH RELAY (CN)

    (220203) -- ZHANGJIAKOU, Feb. 3, 2022 (Xinhua) -- Torch bearer Sun Weijie (R) runs with the torch during the Beijing 2022 Olympic Torch Relay at Nihewan National Archaeological Park in Yangyuan County of Zhangjiakou, north China‘s Hebei Province, Feb. 3, 2022. (Xinhua/Fan Shihui)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020410529

  •  (BEIJING2022) CHINA-HEBEI-ZHANGJIAKOU-OLYMPIC TORCH RELAY (CN)
    2022年02月03日
    (BEIJING2022) CHINA-HEBEI-ZHANGJIAKOU-OLYMPIC TORCH RELAY (CN)

    (220203) -- ZHANGJIAKOU, Feb. 3, 2022 (Xinhua) -- Torch bearers Liu Kai (L) and Sun Weijie attend the Beijing 2022 Olympic Torch Relay at Nihewan National Archaeological Park in Yangyuan County of Zhangjiakou, north China‘s Hebei Province, Feb. 3, 2022. (Xinhua/Fan Shihui)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020410484

  •  「新華社」夜空を彩る華麗な伝統技能「打鉄花」で新年を祝う甘粛省永靖県
    01:24.36
    2022年02月10日
    「新華社」夜空を彩る華麗な伝統技能「打鉄花」で新年を祝う甘粛省永靖県

    中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県で8日夜、地元の鍛冶職人らが春節(旧正月)を祝い民間伝統技能「打鉄花」を披露した。「打鉄花」は同県の王氏一族によって600年以上にわたり受け継がれてきた技能で、「永靖王氏打鉄花」とも呼ばれる。炉に入れて約1700度の熱で溶かした鉄を、職人らが棒を使って特殊な技術で空中に投げると、瞬く間にきらびやかな鉄の花が形作られる。同技能は同県の第4次無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。(記者/張智敏、胡偉傑) =配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021008175

  •  (1)中国各地で春の農作業始まる
    2022年03月16日
    (1)中国各地で春の農作業始まる

    13日、浙江省温嶺市箬横鎮の農場で、早稲の育苗作業をする農家の人々。中国各地で春の耕作シーズンを迎え、畑仕事にいそしむ農家の人々の姿が見られた。(温嶺=新華社配信/徐偉傑)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603782

  •  #CHINA-ZHEJIANG-TEA HARVEST (CN)
    2022年03月31日
    #CHINA-ZHEJIANG-TEA HARVEST (CN)

    (220331) -- BEIJING, March 31, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo taken on March 30, 2022 shows farmers picking tea leaves at a tea garden in Wenling, east China‘s Zhejiang Province. Traditionally, Chinese value tea made from the very first tea sprouts in spring that should be picked up before Qingming Festival, which falls on April 5 this year. (Photo by Xu Weijie/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040702064

  •  (4)中国、衛星「雲海1号03」の打ち上げに成功
    2022年09月21日
    (4)中国、衛星「雲海1号03」の打ち上げに成功

    21日、酒泉衛星発射センターから打ち上げられた運搬ロケット「長征2号D」。中国は21日午前7時15分(日本時間同8時15分)、衛星「雲海1号03」を搭載した運搬ロケット「長征2号D」を、酒泉衛星発射センターから打ち上げた。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。(酒泉=新華社配信/鄭偉傑)= 配信日: 2022(令和4)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092107025

  •  「新華社」消滅の危機からよみがえる藍染めの伝統技術甘粛省平涼市
    01:32.76
    2022年09月21日
    「新華社」消滅の危機からよみがえる藍染めの伝統技術甘粛省平涼市

    中国甘粛省平涼市霊台県には長い藍染めの歴史がある。かつて、地元の藍染め工房は新鮮な板藍根(ばんらんこん)の葉を集め、水に浸してたたいた後、ろ過して藍を抽出し、発酵させ染料にして、さまざまな濃さの藍色の布を製作していた。しかし化学染料が普及すると、この伝統技術は消滅の危機にさらされた。李梅(り・ばい)さん(58)は若い頃、草木染めに触れ、その技術を習得し、2017年に同県無形文化遺産センターの勧めで江蘇省にある南通大学の藍染め技術無形文化遺産研修班に参加した。修了後は地元の藍染め技術を研究、復元し、絞り染めや型染めなどと組み合わせて、アクセサリーやハンドバッグ、スカーフ、人形などの藍染め製品を生み出した。藍染め技術は19年、平涼市の第4次市級無形文化遺産リストに登録され、22年には同市に無形文化遺産街が誕生した。藍染め無形文化遺産工房など10の無形文化遺産展示館を設置して、藍染め技術の保護と伝承のプラットフォームを提供している。同工房は現在、藍染め製品の開発や展示、販売の拠点となっており、上海、杭州、重慶、成都などのアパレルショップとも長期契約を結んでいる。(記者/梁軍、王紫軒、胡偉傑) =配信日: 2022(令和4)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092111630

  •  (EyesonSci) CHINA-JIUQUAN-SATELLITE LAUNCH (CN)
    2022年09月21日
    (EyesonSci) CHINA-JIUQUAN-SATELLITE LAUNCH (CN)

    (220921) -- JIUQUAN, Sept. 21, 2022 (Xinhua) -- A Long March-2D carrier rocket carrying the Yunhai-1 03 satellite blasts off from the Jiuquan Satellite Launch Center in northwest China, Sept. 21, 2022. The satellite was launched at 7:15 a.m. (2315 GMT Tuesday) and has entered the planned orbit successfully. (Photo by Zheng Weijie/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092107061

  • 1