KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 発見
  • 無料
  • 千年
  • 紹介
  • 青磁
  • 会期
  • 即位
  • 外部

「僖宗」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
68
( 1 68 件を表示)
  • 1
68
( 1 68 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:55.43
    2018年08月08日
    「新華社」千年前のシルクロード交流の証、陝西省法門寺の瑠璃器

    透き通ってきらめく瑠璃、複雑な模様と装飾。「八弁団花描金藍瑠璃盤」は灯りの下でほのかな光を放つ。西方からもたらされた国の宝として、中国陝西省宝鶏市扶風県の法門寺博物館に収められたこの古代の瑠璃器は、中国文明と西洋文明の間で千年以上前に行われた盛んな交流の証でもある。 法門寺では1987年、地下宮殿が開かれ仏舎利と2千点以上の唐代の貴重な文化財が出土した。中でも仏をまつるために使われた大量の金銀器や磁器、瑠璃器、玉器の発見は世間を驚かせた。「八弁団花描金藍瑠璃盤」も当時出土した20点の瑠璃製器物に含まれる。 瑠璃は現代のガラスのことで、シルクロード交易が高度に発達した唐代にこれらの瑠璃器も香料や工芸品などと共にシルクロードを経て中国に伝わった。法門寺博物館の瑠璃器には、最古の釉彩ガラスも含まれる。イスラム帝国アッバース朝の特徴が明らかな瑠璃器もあり、吹きガラス、浮き彫り模様、蒔絵、釉彩など多様な技法が用いられている。 (記者/付瑞霞)<映像内容>法門寺博物館の瑠璃器、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801875

  • 2019年05月20日
    四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    20日、城壁の礎石。中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏は、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400368

  • 2019年05月20日
    四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    20日、漢・六朝時代の模様入りれんがと唐代の無地のれんがで築かれた唐代の城壁。中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏は、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400413

  • 2019年05月20日
    四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    20日、成都市の市街地で発見された古い城壁。左側が唐代の城壁で、右側が清代の城壁。間に犬走りが見える。中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏は、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400457

  • 01:55.90
    2019年05月20日
    「新華社」四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏によると、発見された古い城壁は突き固めた土とれんがや石を積み上げた部分に分かれ、ゆるい弧を描いて東西方向に伸びており、西側の保存状態が比較的良いという。今回発見されたのは唐、明、清の3時代に築かれた城壁。最も古いものは唐末期に築かれ、残存部分の長さは170メートル、幅8・9メートルから12メートルだった。城壁の内側は突き固めた土でできており、外側はれんがが積み重ねられていた。残存部分の高さは約1・5メートルで、両側面はれんがでできているが、使われているれんがの規格は均一ではなく、漢・六朝時代の模様入りのれんがと唐代の無地のれんがが混在していた。外壁の片側の前にはれんがを綺麗に敷き詰めて造った幅約1メートルの犬走りがある。明時代の城壁は突き固めた土のみでできており、唐代の城壁の両側に重なるように築かれていた。清時代の城壁は唐・宋時代の城壁が崩れて積み重なったところを土台として築かれ、現在は北側の基礎部分だけが残る。建築方法は唐代の城壁と似ている。江氏は取材に対し、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。江氏は、同城壁は唐・宋時代の都市建設や社会経済状況などの研究に重要な価値を持つと語った。今回の発見はまた、考古学者が唐代の羅城の位置を特定する手がかりにもなるという。(記者/薛晨、童芳)<映像内容>発見された唐時代の城壁の様子、撮影日:2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052902992

  • 2019年05月20日
    四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    20日、唐時代の城壁が発見された四川省成都市内の発掘調査現場。中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏は、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400403

  • 2019年05月20日
    四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    20日、雨水による浸食から壁の基礎を保護するためにれんがを敷き詰めて造られた犬走り。中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏は、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400364

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金蕾鈕摩羯文三足銀塩台(りゅうきんらいちゅうまかつもんさんそくぎんえんだい)の局部。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905109

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金蕾鈕摩羯文三足銀塩台(りゅうきんらいちゅうまかつもんさんそくぎんえんだい)の局部。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905142

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金飛鴻毬路文銀籠子(りゅうきんひこうきゅうろもんぎんろうし)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905195

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金飛鴻文銀則(りゅうきんひこうもんぎんそく)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905064

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)と銀碢軸(ぎんたじく)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061904931

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金飛天仙鶴文壺門座銀茶羅子(りゅうきんひてんせんかくもんこもんざぎんちゃらし)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905062

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された系鏈(けいれん)銀火箸。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905151

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館国宝ホールで、法門寺出土の唐代皇室茶器を見学する来場者。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061904918

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金蔓草文長柄銀匙(りゅうきんつるくさもんながえぎんさじ)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905049

  • 2020年06月16日
    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)と銀碢軸(ぎんたじく)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年〜888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905138

  • 01:29.11
    2020年06月18日
    「新華社」陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示

    中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館(同省西安市)と法門寺博物館(同宝鶏市)が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から、僖宗(きそう)皇帝が用いたとされる儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(てんらき)、篩茶器(しちゃき)、儲塩器(ちょえんき)、煮茶器(しゃちゃき)などの茶器1組7点を無料展示している。これら茶器は唐代の茶文化が到達した最高の境地を反映しており、唐代宮廷の茶道と喫茶習慣の歴史的証拠ともなる。また、茶器が法門寺から出土したことは、僖宗皇帝の仏教への深い帰依を示している。(記者/李一博)<映像内容>「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905301

  • 00:51.27
    2021年10月05日
    「新華社」よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    中国湖南省長沙市の長沙博物館でこのほど、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕以来、多くの市民や観光客が訪れている。法門寺は陝西省宝鶏市扶風県にある。1987年に唐代の仏塔の地下から地宮(地下宝物庫)が見つかり、仏指舎利を含む唐の皇帝の宝物2千点余りが出現した。20世紀の中国考古学重大発見の一つにもなっている。歴史の起伏と長い年月により、現在の法門寺に現存する唐代建築物はなく、かつて仏舎利を納めていた仏塔の基礎の上にも1987年以降に再建された明代の磚塔を原型とする舎利塔が立っている。同展では、法門寺の歴史と考古学発見を切り口とした文化財57点(組)を展示している。1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などを含む。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(記者/阮周囲、常博深、張帆、張玉潔) =配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100505312

  • 2021年10月13日
    (13)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された12環入りの純金の錫杖「唐単輪十二環純金錫杖」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306575

  • 2021年10月13日
    (22)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示されたザクロとオシドリをあしらった銀製の盆「唐鎏金双鴦図案花紋大銀盆」。(9月28日撮影)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306590

  • 2021年10月13日
    (23)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    特別展「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」の入り口。(9月28日撮影)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306592

  • 2021年10月13日
    (20)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された八つの弁を持つ花をあしらった青いガラス製の盆「唐八弁花紋藍色琉璃盤」。(9月28日撮影)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306593

  • 2021年10月13日
    (18)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された金糸の刺繍を施した絹織物「唐紫紅羅地蹙金繍」のセット。(9月28日撮影)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306596

  • 2021年10月13日
    (9)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された鶴の模様をあしらった金めっきの銀製茶道具「唐鎏金飛天仙鶴紋銀茶羅子」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306563

  • 2021年10月13日
    (4)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された亀の形をした金めっきの銀製香入れ「唐鎏金銀亀盒」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306571

  • 2021年10月13日
    (19)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された三鈷杵の模様をあしらった金めっきの銀製腕輪「唐鎏金三鈷杵紋銀臂釧」。(9月28日撮影)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306595

  • 2021年10月13日
    (21)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された三脚付き金めっきの銀製塩皿「唐鎏金摩羯魚三足架銀塩台」。(9月28日撮影)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306589

  • 2021年10月13日
    (6)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された象をかたどった銅製香炉「唐象首金剛銅燻炉」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306576

  • 2021年10月13日
    (7)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館で展示されたハスの花をかたどった金めっきの銀製碗「唐鎏金仰蓮瓣圏足銀碗」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306570

  • 2021年10月13日
    (1)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された金めっきを施した銅製仏塔「唐鎏金銅浮屠」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306540

  • 2021年10月13日
    (11)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された銀製の宝箱「唐智恵輪造壺門座盝頂銀宝函」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306572

  • 2021年10月13日
    (14)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された「唐水晶枕」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306573

  • 2021年10月13日
    (12)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された三鈷杵の模様をあしらった金めっきの銀製腕輪「唐鎏金羯摩三鈷杵紋銀臂釧」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306574

  • 2021年10月13日
    (15)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された「唐隋真身水晶球」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306577

  • 2021年10月13日
    (10)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された純金製の宝箱「唐智恵輪造盝頂純金宝函」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306578

  • 2021年10月13日
    (16)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された三鈷杵の模様をあしらった閼伽(あか)を入れる銀製の瓶「唐鎏金羯摩三鈷杵紋銀閼伽瓶」。(9月28日撮影)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306586

  • 2021年10月13日
    (5)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された鳥の模様をあしらった金めっきの銀製籠「唐鎏金飛鴻毬路文銀籠篭子」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306568

  • 2021年10月13日
    (2)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306543

  • 2021年10月13日
    (17)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された彩色を施した持剣天王の石像「唐彩絵石雕持剣天王」。(9月28日撮影)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306584

  • 2021年10月13日
    (8)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された鳥の模様を施した金めっきの銀製香入れ「唐鎏金雀鳥紋銀香嚢」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306567

  • 2021年10月13日
    (3)よみがえる唐代の宮廷生活長沙博物館で法門寺文物の特別展

    長沙博物館に展示された金めっきを施した銀製菩薩像「唐鎏金帶座銀菩薩」。(資料写真)中国湖南省の長沙博物館では、陝西省宝鶏市の法門寺博物館が所蔵する唐代文化財を紹介する「地宮宝蔵-法門寺唐代宮廷文化財特別展」が開かれている。法門寺博物館の所蔵品が外部で大規模に展示されるのは初めてで、7月16日の開幕から多くの市民や観光客が訪れている。同展では、法門寺の歴史と考古学的発見を切り口とした文化財57点(組)を展示。うち1級文化財は36点あり、秘色青磁の「唐八棱浄水秘色磁瓶」や「五哥(僖宗の即位前の愛称)」の文字が刻まれた唐代皇室の茶器一式などが含まれる。地下で千年の眠りに就いていた文化財を通じて唐代の宮廷生活をよみがえらせる展示内容となっている。同展は無料で公開されており、会期は10月17日まで。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101306569

  • 2022年04月29日
    (17)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で展示された宝鶏市石鼓山の商周墓地から出土した犠尊(ぎそん、酒を入れる容器)。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908372

  • 2022年04月29日
    (18)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館内でインタラクティブ展示を体験する来場者。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908394

  • 2022年04月29日
    (13)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で文化財を見学する来場者。中国で初の考古をテーマとした陜西省考古博物館が28日、一般公開された。同博物館は陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と、文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。館内の展示品には、中国で初めて顕微鏡を使ったミクロ研究で科学的に復元された唐高祖李淵(り・えん)の5代目子孫、李倕(り・すい)の頭部装飾品、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」や、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908365

  • 2022年04月29日
    (7)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で文化財の保存と修復について学ぶ来場者。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908292

  • 01:00.02
    2022年04月29日
    「新華社」中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」により、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初めて公開された顔真卿(がんしんけい)の手に成る唐代貴族の羅婉順(ら・わんじゅん)の墓誌や、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(記者/李一博、趙英博、楊一苗、張思潔) =配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908142

  • 2022年04月29日
    (9)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で文化クリエーティブ製品の印章を収集する来場者。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908314

  • 2022年04月29日
    (10)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館に展示された宝鶏市石鼓山の商周墓地から出土した犠尊(ぎそん、酒を入れる容器)。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908317

  • 2022年04月29日
    (8)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館に展示された唐代の彩色牽馬俑と馬。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908316

  • 2022年04月29日
    (5)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で展示さた銅輪牙馬車。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908282

  • 2022年04月29日
    (3)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で展示された顔真卿の筆による「羅婉順墓誌」(一部)。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908263

  • 2022年04月29日
    (20)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館の外観。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908410

  • 2022年04月29日
    (16)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館を訪れ、植物に関する考古知識について学ぶ来場者。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908373

  • 2022年04月29日
    (2)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館内で展示された唐代の李倕(り・すい)の冠飾中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908342

  • 2022年04月29日
    (12)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館を訪れた来場者。中国で初の考古をテーマとした陜西省考古博物館が28日、一般公開された。同博物館は陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と、文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。館内の展示品には、中国で初めて顕微鏡を使ったミクロ研究で科学的に復元された唐高祖李淵(り・えん)の5代目子孫、李倕(り・すい)の頭部装飾品、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908333

  • 2022年04月29日
    (14)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で文化財を見学する来場者。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908412

  • 2022年04月29日
    (15)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館内で文化財保存の移動実験室を見学する来場者。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908370

  • 2022年04月29日
    (6)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館の外観を撮影する見学者。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908289

  • 2022年04月29日
    (4)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で展示された、国内最古の男性用フェイスクリームが入った容器。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908274

  • 2022年04月29日
    (19)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館で展示された、宝鶏市の周原遺跡から出土した馬車の飾り。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908392

  • 2022年04月29日
    (1)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陜西省考古博物館の外観。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908252

  • 2022年04月29日
    (11)中国初の考古学専門博物館が一般公開陝西省西安市

    28日、陝西省考古博物館の展示品を見学する来場者。中国陝西省西安市長安区に完成した陝西考古博物館が28日、一般公開された。同館は中国で初めての考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。展示品には、中国で初めて行われた「実験室内での発掘」を通じ、科学的に復元された李倕(り・すい、唐高祖李淵の5代目子孫)の冠飾、初公開となる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)の筆による「羅婉順墓誌」、唐代の皇帝陵で唯一発掘された第21代僖宗(きそう)の靖陵の出土文化財などがある。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042908319

  • 2022年05月27日
    (3)千年前の宮廷茶器が伝える唐代の「茶道」

    法門寺宝物の一つ、鎏金飛天仙鶴文銀茶羅子。(資料写真)中国は茶の故郷であり、喫茶文化は唐代に最初のピークを迎えた。唐の人々はどのようにお茶を飲んでいたのか。どのような喫茶習慣があったのか。陝西省宝鶏市扶風県の法門寺博物館が所蔵する神秘的な茶器が、その答えを教えてくれる。法門寺では1987年、地宮(地下宝物庫)から摩羯文三足銀塩台(まかつもんさんそくぎんえんだい)、鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)、鎏金飛天仙鶴文銀茶羅子(りゅうきんひてんせんかくもんぎんちゃらし)、鎏金蔓草文長柄銀匙(りゅうきんつるくさもんながえぎんさじ)などの巧みな構想と精緻な職人技を持つ茶器が出土した。これらは唐の懿宗(いそう)と僖宗(きそう)が奉納した茶器で、貯塩器や焙茶器、碾茶器(てんちゃき、薬研)、篩茶器(さいちゃき、茶こし)、煮茶器、飲茶器などを含む。金銀製品を中心に、当時は金銀より貴重とされた琉璃器や秘色青磁などもあり、これまで世界で発見された中で時代が最も古く、等級が最も高い唐代宮廷茶器、中国古代の「最高級の贅沢品」とされる。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052707035

  • 2022年05月27日
    (2)千年前の宮廷茶器が伝える唐代の「茶道」

    法門寺宝物の一つ、鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子。(資料写真)中国は茶の故郷であり、喫茶文化は唐代に最初のピークを迎えた。唐の人々はどのようにお茶を飲んでいたのか。どのような喫茶習慣があったのか。陝西省宝鶏市扶風県の法門寺博物館が所蔵する神秘的な茶器が、その答えを教えてくれる。法門寺では1987年、地宮(地下宝物庫)から摩羯文三足銀塩台(まかつもんさんそくぎんえんだい)、鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)、鎏金飛天仙鶴文銀茶羅子(りゅうきんひてんせんかくもんぎんちゃらし)、鎏金蔓草文長柄銀匙(りゅうきんつるくさもんながえぎんさじ)などの巧みな構想と精緻な職人技を持つ茶器が出土した。これらは唐の懿宗(いそう)と僖宗(きそう)が奉納した茶器で、貯塩器や焙茶器、碾茶器(てんちゃき、薬研)、篩茶器(さいちゃき、茶こし)、煮茶器、飲茶器などを含む。金銀製品を中心に、当時は金銀より貴重とされた琉璃器や秘色青磁などもあり、これまで世界で発見された中で時代が最も古く、等級が最も高い唐代宮廷茶器、中国古代の「最高級の贅沢品」とされる。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052707008

  • 2022年05月27日
    (4)千年前の宮廷茶器が伝える唐代の「茶道」

    法門寺宝物の一つ、摩羯文三足銀塩台。(資料写真)中国は茶の故郷であり、喫茶文化は唐代に最初のピークを迎えた。唐の人々はどのようにお茶を飲んでいたのか。どのような喫茶習慣があったのか。陝西省宝鶏市扶風県の法門寺博物館が所蔵する神秘的な茶器が、その答えを教えてくれる。法門寺では1987年、地宮(地下宝物庫)から摩羯文三足銀塩台(まかつもんさんそくぎんえんだい)、鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)、鎏金飛天仙鶴文銀茶羅子(りゅうきんひてんせんかくもんぎんちゃらし)、鎏金蔓草文長柄銀匙(りゅうきんつるくさもんながえぎんさじ)などの巧みな構想と精緻な職人技を持つ茶器が出土した。これらは唐の懿宗(いそう)と僖宗(きそう)が奉納した茶器で、貯塩器や焙茶器、碾茶器(てんちゃき、薬研)、篩茶器(さいちゃき、茶こし)、煮茶器、飲茶器などを含む。金銀製品を中心に、当時は金銀より貴重とされた琉璃器や秘色青磁などもあり、これまで世界で発見された中で時代が最も古く、等級が最も高い唐代宮廷茶器、中国古代の「最高級の贅沢品」とされる。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052707178

  • 2022年05月27日
    (5)千年前の宮廷茶器が伝える唐代の「茶道」

    法門寺宝物の一つ、秘色青磁碗。(資料写真)中国は茶の故郷であり、喫茶文化は唐代に最初のピークを迎えた。唐の人々はどのようにお茶を飲んでいたのか。どのような喫茶習慣があったのか。陝西省宝鶏市扶風県の法門寺博物館が所蔵する神秘的な茶器が、その答えを教えてくれる。法門寺では1987年、地宮(地下宝物庫)から摩羯文三足銀塩台(まかつもんさんそくぎんえんだい)、鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)、鎏金飛天仙鶴文銀茶羅子(りゅうきんひてんせんかくもんぎんちゃらし)、鎏金蔓草文長柄銀匙(りゅうきんつるくさもんながえぎんさじ)などの巧みな構想と精緻な職人技を持つ茶器が出土した。これらは唐の懿宗(いそう)と僖宗(きそう)が奉納した茶器で、貯塩器や焙茶器、碾茶器(てんちゃき、薬研)、篩茶器(さいちゃき、茶こし)、煮茶器、飲茶器などを含む。金銀製品を中心に、当時は金銀より貴重とされた琉璃器や秘色青磁などもあり、これまで世界で発見された中で時代が最も古く、等級が最も高い唐代宮廷茶器、中国古代の「最高級の贅沢品」とされる。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052707248

  • 2022年05月27日
    (6)千年前の宮廷茶器が伝える唐代の「茶道」

    法門寺宝物の一つ、瑠璃の茶盞(ちゃさん)と茶托。(資料写真)中国は茶の故郷であり、喫茶文化は唐代に最初のピークを迎えた。唐の人々はどのようにお茶を飲んでいたのか。どのような喫茶習慣があったのか。陝西省宝鶏市扶風県の法門寺博物館が所蔵する神秘的な茶器が、その答えを教えてくれる。法門寺では1987年、地宮(地下宝物庫)から摩羯文三足銀塩台(まかつもんさんそくぎんえんだい)、鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)、鎏金飛天仙鶴文銀茶羅子(りゅうきんひてんせんかくもんぎんちゃらし)、鎏金蔓草文長柄銀匙(りゅうきんつるくさもんながえぎんさじ)などの巧みな構想と精緻な職人技を持つ茶器が出土した。これらは唐の懿宗(いそう)と僖宗(きそう)が奉納した茶器で、貯塩器や焙茶器、碾茶器(てんちゃき、薬研)、篩茶器(さいちゃき、茶こし)、煮茶器、飲茶器などを含む。金銀製品を中心に、当時は金銀より貴重とされた瑠璃器や秘色青磁などもあり、これまで世界で発見された中で時代が最も古く、等級が最も高い唐代宮廷茶器、中国古代の「最高級の贅沢品」とされる。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052707201

  • 1