KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • ユネスコ
  • 登録
  • 令和
  • 世界遺産
  • 風景
  • 劉磊
  • 保存状態
  • かんしょう
  • オボー

「元上都」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来
    2018年07月15日
    シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来

    15日、内モンゴル自治区シリンゴール盟正藍旗にある金蓮川草原で、モンゴル族の踊りを披露する烏蘭牧騎(モンゴル語で「赤い新芽」を意味し、「赤い文芸軽騎兵」として草原の特徴に合わせて誕生した芸術団体)のメンバー。中国内モンゴル自治区のフラワーツーリズムである金蓮川花見節(祭り)が15日、同自治区シリンゴール盟正藍旗の元上都遺跡観光区で開幕し、大勢の観光客で賑わった。(内モンゴル自治区・正藍旗=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700708

  •  シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来
    2018年07月15日
    シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来

    15日、内モンゴル自治区シリンゴール盟正藍旗にある金蓮川草原の大自然を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフラワーツーリズムである金蓮川花見節(祭り)が15日、同自治区シリンゴール盟正藍旗の元上都遺跡観光区で開幕し、大勢の観光客で賑わった。(内モンゴル自治区・正藍旗=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700685

  •  シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来
    2018年07月15日
    シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来

    15日、内モンゴル自治区シリンゴール盟正藍旗の金蓮川草原で、馬に乗る牧畜民。中国内モンゴル自治区のフラワーツーリズムである金蓮川花見節(祭り)が15日、同自治区シリンゴール盟正藍旗の元上都遺跡観光区で開幕し、大勢の観光客で賑わった。(内モンゴル自治区・正藍旗=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700631

  •  シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来
    2018年07月15日
    シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来

    15日、内モンゴル自治区シリンゴール盟正藍旗にある金蓮川草原の歩道を進んでゆく観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフラワーツーリズムである金蓮川花見節(祭り)が15日、同自治区シリンゴール盟正藍旗の元上都遺跡観光区で開幕し、大勢の観光客で賑わった。(内モンゴル自治区・正藍旗=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700714

  •  シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来
    2018年07月15日
    シリンゴール草原にフラワーツーリズムの季節到来

    15日、内モンゴル自治区シリンゴール盟正藍旗の金蓮川草原で、モンゴルのパオ(伝統的移動式住居)を楽しむ観光客。中国内モンゴル自治区のフラワーツーリズムである金蓮川花見節(祭り)が15日、同自治区シリンゴール盟正藍旗の元上都遺跡観光区で開幕し、大勢の観光客で賑わった。(内モンゴル自治区・正藍旗=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700707

  •  「新華社」空から見た「元上都遺跡」
    01:07.47
    2019年10月15日
    「新華社」空から見た「元上都遺跡」

    元の上都(じょうと)は、かつての元朝の首都で、草原の遊牧民族が建てた数少ない都城の一つ。遺跡は中国内モンゴル自治区シリンゴール盟正藍旗にあり、「元上都遺跡」と墓葬群からなる。うち「元上都遺跡」は国内でも保存状態の比較的良い元代の都市遺跡であり、モンゴル民族と漢民族の文化融合の特徴をもつ北アジアの草原都市の典型とされる。「元上都遺跡」は2012年、ユネスコの世界遺産に登録された。(記者/葉紫嫣)<映像内容>元上都遺跡の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703331

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月22日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、元上都遺跡を見学する観光客。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700985

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月22日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700885

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月22日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、元上都遺跡内の風景。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701002

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月22日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、元上都遺跡を見学する観光客。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701019

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月22日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700953

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月22日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、元上都遺跡の大安閣遺構に置かれた漢白玉の竜文柱礎レプリカ。大安閣は正殿として利用され、南西角から高さ2・1メートル、幅0・53メートル、厚さ0・52メートルの竜文柱礎が完全な形で出土した。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701115

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月22日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、元上都遺跡に残る遺構。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701040

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月22日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701105

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月23日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    23日、元上都遺跡のオボーと星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701004

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月23日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700884

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月23日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700964

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月23日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    23日、元上都遺跡のゲルと星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700894

  •  草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区
    2020年07月23日
    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区

    23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700642

  •  (1)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区
    2021年07月25日
    (1)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区

    21日、草原にたたずむ元上都遺跡。(小型無人機から)夏を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の元上都遺跡は、緑に覆われた草原にある。元王朝の都城遺跡の一つで、上都城址や墓葬群などからなる。2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンゴル盟=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506967

  •  (6)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区
    2021年07月25日
    (6)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区

    21日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)夏を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の元上都遺跡は、緑に覆われた草原にある。元王朝の都城遺跡の一つで、上都城址や墓葬群などからなる。2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンゴル盟=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506984

  •  (5)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区
    2021年07月25日
    (5)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区

    21日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)夏を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の元上都遺跡は、緑に覆われた草原にある。元王朝の都城遺跡の一つで、上都城址や墓葬群などからなる。2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンゴル盟=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506972

  •  (2)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区
    2021年07月25日
    (2)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区

    21日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)夏を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の元上都遺跡は、緑に覆われた草原にある。元王朝の都城遺跡の一つで、上都城址や墓葬群などからなる。2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンゴル盟=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506968

  •  (3)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区
    2021年07月25日
    (3)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区

    21日、元上都遺跡の夏の風景。夏を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の元上都遺跡は、緑に覆われた草原にある。元王朝の都城遺跡の一つで、上都城址や墓葬群などからなる。2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンゴル盟=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507000

  •  (4)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区
    2021年07月25日
    (4)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区

    21日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)夏を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の元上都遺跡は、緑に覆われた草原にある。元王朝の都城遺跡の一つで、上都城址や墓葬群などからなる。2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンゴル盟=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506969

  •  (7)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区
    2021年07月25日
    (7)緑に囲まれた世界遺産、元上都遺跡をゆく内モンゴル自治区

    21日、草原にたたずむ元上都遺跡。(小型無人機から)夏を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の元上都遺跡は、緑に覆われた草原にある。元王朝の都城遺跡の一つで、上都城址や墓葬群などからなる。2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンゴル盟=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506993

  •  (6)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (6)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、朝日を受ける元上都遺跡。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106803

  •  (5)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (5)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡の一角。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106805

  •  (4)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (4)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、朝日を受けて輝く元上都遺跡。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106802

  •  (7)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (7)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、朝日を受けて輝く元上都遺跡。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106795

  •  (8)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (8)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、朝日を受けて輝く元上都遺跡。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106780

  •  (2)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (2)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡の一角。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106801

  •  (3)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (3)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡の一角。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106792

  •  (9)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (9)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、朝日を受ける金蓮川草原。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082202991

  •  (1)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区
    2021年08月21日
    (1)朝日に輝く世界遺産、元上都遺跡内モンゴル自治区

    20日、シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡の一角。(小型無人機から)夏から秋へと移りつつある中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原では、草が黄色く色づき始め、趣のある風景が広がっている。同地には元王朝の都城遺跡の一つ、元上都遺跡が残っており、朝日を受けて輝いている。上都城址や墓葬群などからなるこの遺跡は、2012年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(シリンホト=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082106804

  •  「新華社」空から眺める世界遺産「元上都遺跡」
    01:21.70
    2021年09月17日
    「新華社」空から眺める世界遺産「元上都遺跡」

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗の金蓮川草原にある元上都遺跡は、2012年に国連教育科学文化機構(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。上都は元王朝(1271~1368年)が最初に定めた都で、初代皇帝フビライはこの地で即位した。草原の遊牧民族が建設した数少ない都市の一つ。遺跡は上都城跡、墓葬群などから成る。上都城跡は良好な状態で保存されており、アジア北部の草原都市でモンゴル族と漢族の文化的融合が進んでいたことを伝えている。(記者/達日罕) =配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091710854

  •  (1)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (1)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/王沢聡)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911054

  •  (4)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (4)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、元上都遺跡の風景。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911089

  •  (11)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (11)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/王沢聡)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911128

  •  (2)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (2)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、元上都遺跡の大安閣基礎遺構。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911074

  •  (8)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (8)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、元上都遺跡の穆清閣基礎遺構。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911094

  •  (14)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (14)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、夜のとばりが降りた元上都遺跡。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/王沢聡)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911198

  •  (5)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (5)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、元上都遺跡の風景。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911090

  •  (13)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (13)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、元上都遺跡の風景。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/王沢聡)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911147

  •  (12)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (12)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/王沢聡)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911148

  •  (6)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (6)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911092

  •  (10)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (10)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、夜のとばりが降りた元上都遺跡。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911121

  •  (9)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (9)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、元上都遺跡の穆清閣基礎遺構。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911099

  •  (3)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区
    2022年05月19日
    (3)世界遺産「元上都遺跡」を訪ねて内モンゴル自治区

    14日、陽の光を浴びる元上都遺跡の大安閣基礎遺構。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は、南に上都河が流れ、北に竜岡山がそびえ、周囲に広大な金蓮川草原が広がる。元上都城址や墓葬群などからなる遺跡は2012年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(フフホト=新華社記者/彭源)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911062

  • 1