KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • アジアゾウ
  • 確認
  • 群れ
  • ふじ
  • 野生
  • 国家
  • 大学
  • 活動

「元江」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
97
( 1 97 件を表示)
  • 1
97
( 1 97 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1948年09月21日
    英連邦軍クラブ

    英連邦軍クラブ兼YWCA、救世軍本部(元江田島海軍兵学校博物館)=整理1948(昭和23)年9月、広島県・江田島(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700492

  • 1948年09月21日
    英駐屯軍教会

    英駐屯軍教会(元江田島海軍兵学校講堂)=整理1948(昭和23)年9月、広島県・江田島(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700494

  • 1994年06月10日
    「ひと・立ちばなし」 広崎芳次さん

    元江ノ島水族館長の広崎芳次さん

    商品コード: 1994061000018

  • 2003年09月16日
    ボートの藤元江里 静岡夏季国体最終日

    成年女子シングルスカルで6位になった藤元江里=天竜市営ボート場

    商品コード: 2003091600117

  • 03:39.61
    2017年01月28日
    横綱・稀勢の里が優勝、昇進を報告 部屋の地元江戸川区で

    大相撲の新横綱稀勢の里関(30)が28日、所属する田子ノ浦部屋がある東京都江戸川区の小学校で行われた初優勝、横綱昇進の報告会に出席し「声援に応えられるように、一生懸命稽古をして、精進してまいります」と、約5千人の地域住民らに活躍を誓った。〈映像内容〉報告会であいさつする稀勢の里関、花束の贈呈や質疑応答、子どもたちと触れ合う様子などの雑観、撮影日:2017(平成29)8月2日、撮影場所:東京都江戸川区

    商品コード: 2019080607830

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月17日
    雲南省で干ばつ深刻化各地に赤色警報発令

    17日、重度の干ばつ被害を受けた元江県の農作物。中国雲南省の農業部門によると、深刻な干ばつの影響で、同省各地ではこれまでに農作物の被害面積が1106万8600ムー(約7400平方キロ)に及んでいる。うち収穫量が例年より3割以上減産した重度被害面積は348万5300ムー(約2300平方キロ)、同8割以上減産した極度被害面積は19万5300ムー(約130平方キロ)にのぼる。(昆明=新華社配信/元江県農業農村局提供)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:元江県農業農村局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402958

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月17日
    雲南省で干ばつ深刻化各地に赤色警報発令

    17日、重度の干ばつ被害で底に亀裂が生じた玉渓市元江県窪垤(わてつ)郷の貯水池。中国雲南省の農業部門によると、深刻な干ばつの影響で、同省各地ではこれまでに農作物の被害面積が1106万8600ムー(約7400平方キロ)に及んでいる。うち収穫量が例年より3割以上減産した重度被害面積は348万5300ムー(約2300平方キロ)、同8割以上減産した極度被害面積は19万5300ムー(約130平方キロ)にのぼる。(昆明=新華社配信/元江県農業農村局提供)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:元江県農業農村局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402960

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「窈窕淑女君子好逑(こうきゅう)」(手前)。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703494

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「不忘初心方得始終」。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703364

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「湘女多情」。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703369

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で作品を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703370

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「国泰民安康」。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703371

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「愛」(右端)。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703372

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「千古伝奇」。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703389

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「政通人和」。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703374

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で自身の作品を紹介する女書愛好家の康永梅(こう・えいばい)さん(右端)。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703418

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された作品。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703390

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「字如香雪」。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703403

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「情在女書」。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703457

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で展示された「家和万事興」。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703351

  • 2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」にみる伝統と革新

    12日、長沙市銅官窯古鎮で開かれた女書作品展で、自身の作品「姉妹泣き別れの歌」の前で撮影に応じる女書伝承者の胡欣(こ・きん)さん(31)。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、「2019女書文化観光ウィーク」が開幕した。1週間の会期中、長沙市と江永県の2カ所で作品展やフォーラム、風習体験などが行われる。女書は世界で唯一の女性だけが用いる文字であり、江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。1980年代に初めてその存在が確認された時には、国内外で大きな反響を巻き起こした。女書の風習は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書はここ数年、国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学や民間の研究者による研究により新たな輝きを放っている。以前の主として女性の情感を書き綴るものから、現在では詩や格言、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)なども書かれるようになり、書道作品にもなっている。観光ウィーク期間中は、女書をテーマにした大型史詩劇「八角花開(八角の花咲くとき)」も地元江永県の舞台で上演される。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703363

  • 2020年07月01日
    The world‘s longest span continuous steel truss girder railway bridge Yuanjiang bridge successfully closured in Yuxi,Yunnan,Chin

    July 1, 2020, Yuxi, Yunnan, China: The world‘s longest span continuous steel truss girder railway bridge Yuanjiang bridge successfully closured in Yuxi,Yunnan,China on 01th July, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out

    商品コード: 2020070306418

  • 2020年07月01日
    中国ラオス鉄道、雲南省内の特大橋が接合完了

    1日、建設中の元江双線特大橋。(小型無人機から)中国ラオス鉄道の国内区間で中鉄四局集団が建設を請け負う雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県の元江双線特大橋がこのほど、接合を終えた。全長832・2メートルで、今回の接合完了により、予定通りの全線開通に向けた土台が築かれた。(元江=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611392

  • 2020年07月01日
    中国ラオス鉄道、雲南省内の特大橋が接合完了

    1日、元江双線特大橋の工事現場で、クレーンでつり上げられた床板。中国ラオス鉄道の国内区間で中鉄四局集団が建設を請け負う雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県の元江双線特大橋がこのほど、接合を終えた。全長832・2メートルで、今回の接合完了により、予定通りの全線開通に向けた土台が築かれた。(元江=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611515

  • 2020年07月01日
    The world‘s longest span continuous steel truss girder railway bridge Yuanjiang bridge successfully closured in Yuxi,Yunnan,Chin

    July 1, 2020, Yuxi, Yunnan, China: The world‘s longest span continuous steel truss girder railway bridge Yuanjiang bridge successfully closured in Yuxi,Yunnan,China on 01th July, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out

    商品コード: 2020070306405

  • 2020年07月01日
    中国ラオス鉄道、雲南省内の特大橋が接合完了

    1日、建設中の元江双線特大橋。(小型無人機から)中国ラオス鉄道の国内区間で中鉄四局集団が建設を請け負う雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県の元江双線特大橋がこのほど、接合を終えた。全長832・2メートルで、今回の接合完了により、予定通りの全線開通に向けた土台が築かれた。(元江=新華社配信/朱暁晨)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611452

  • 2020年07月01日
    中国ラオス鉄道、雲南省内の特大橋が接合完了

    1日、元江双線特大橋の工事現場で、クレーンでつり上げられた床板。中国ラオス鉄道の国内区間で中鉄四局集団が建設を請け負う雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県の元江双線特大橋がこのほど、接合を終えた。全長832・2メートルで、今回の接合完了により、予定通りの全線開通に向けた土台が築かれた。(元江=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611478

  • 2020年07月01日
    中国ラオス鉄道、雲南省内の特大橋が接合完了

    1日、元江双線特大橋の建設作業。中国ラオス鉄道の国内区間で中鉄四局集団が建設を請け負う雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県の元江双線特大橋がこのほど、接合を終えた。全長832・2メートルで、今回の接合完了により、予定通りの全線開通に向けた土台が築かれた。(元江=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611510

  • 2020年07月01日
    中国ラオス鉄道、雲南省内の特大橋が接合完了

    1日、建設中の元江双線特大橋。中国ラオス鉄道の国内区間で中鉄四局集団が建設を請け負う雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県の元江双線特大橋がこのほど、接合を終えた。全長832・2メートルで、今回の接合完了により、予定通りの全線開通に向けた土台が築かれた。(元江=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611674

  • 00:40.36
    2021年05月19日
    「新華社」雲南省石屏県にアジアゾウ15頭が出現

    中国雲南省で16日未明、アジアゾウ15頭が玉渓市元江県から紅河ハニ族イ族自治州石屏(せきびょう)県に移動したことが確認された。同自治州で野生のゾウの群れが観測されたのは、モニタリングデータを取り始めて以来初めて。4月16日には、アジアゾウ17頭が同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県から玉渓市元江県に移動したことが確認されていた。16日午後8時半の時点で、ゾウの群れは依然として石屏県黄土地村付近の森にとどまっており、さらに移動する兆しは見えない。(記者/曾維) =配信日: 2021(令和3)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051912942

  • 00:27.24
    2021年05月26日
    「新華社」雲南省絶滅危惧種マクジャクのひなを撮影

    中国の環境NGO「阿拉善SEE生態協会」の雲南省元江中上流マクジャク生息地共同管理保護区プロジェクトのチームがこのほど、マクジャクのひなを撮影したと明らかにした。生息地の3カ所に設置した赤外線カメラが、ひなを連れ歩く雌のマクジャクの姿を捉えていた。マクジャクは中国の国家1級重点保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)の分類も2009年から絶滅危惧(EN)に引き上げられており、絶滅リスクはジャイアントパンダより大きい。現在の生息数は555~600羽と推定されている。(記者/趙珮然、周磊)=配信日:2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052806786

  • 2021年05月30日
    (7)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006919

  • 2021年05月30日
    (1)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006913

  • 2021年05月30日
    (3)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県における野生ゾウ15頭の移動ルートについて説明するスタッフ。中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006922

  • 2021年05月30日
    (4)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、小型無人機の赤外線熱画像システムで、ゾウの群れの動きを追跡・観測するスタッフ。中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006914

  • 2021年05月30日
    (2)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006915

  • 2021年05月30日
    (9)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006917

  • 2021年05月30日
    (6)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006921

  • 2021年05月30日
    (5)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006918

  • 00:52.65
    2021年05月30日
    「新華社」北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には、同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。アジア大陸に現存する最大の陸上野生動物だが、攻撃性が強いという。(記者/胡超、孫敏、趙珮然)=配信日:2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108309

  • 2021年05月30日
    (8)北上するゾウの群れ、市街地に迫る雲南省昆明市

    28日、雲南省玉渓市峨山イ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、同省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県、玉渓(ぎょくけい)市元江ハニ族イ族タイ族自治県、紅河ハニ族イ族自治州石屏県を経て、玉渓市峨山イ族自治県に入った。28日には同県内で餌を探すゾウの姿が確認された。この15頭の群れは現在、同省昆明市晋寧区から50キロ足らず、同市市街地から半径約100キロ以内の区域に入っている。中国国内のアジアゾウは、主に同省のシーサンパンナ、普洱、臨滄(りんそう)の3州・市に分布しており、その数は約300頭にすぎない。(玉渓=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053006920

  • 2021年05月31日
    (6)盱眙県のザリガニ産業、年間生産額約170億元江蘇省

    ザリガニを使った料理。(5月18日撮影)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県でこのほど、第21回中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルが開幕した。同県のザリガニ産業は年間生産額が170億元(1元=約17円)に迫り、ブランド価値が215億5100万元に達している。(淮安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109753

  • 2021年05月31日
    (3)盱眙県のザリガニ産業、年間生産額約170億元江蘇省

    ザリガニを使った料理。(5月18日撮影)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県でこのほど、第21回中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルが開幕した。同県のザリガニ産業は年間生産額が170億元(1元=約17円)に迫り、ブランド価値が215億5100万元に達している。(淮安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109725

  • 2021年05月31日
    (2)盱眙県のザリガニ産業、年間生産額約170億元江蘇省

    中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルの会場。(5月18日撮影)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県でこのほど、第21回中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルが開幕した。同県のザリガニ産業は年間生産額が170億元(1元=約17円)に迫り、ブランド価値が215億5100万元に達している。(淮安=新華社配信/許昌銀)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109758

  • 2021年05月31日
    (5)盱眙県のザリガニ産業、年間生産額約170億元江蘇省

    ザリガニを使った料理。(5月18日撮影)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県でこのほど、第21回中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルが開幕した。同県のザリガニ産業は年間生産額が170億元(1元=約17円)に迫り、ブランド価値が215億5100万元に達している。(淮安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053111185

  • 2021年05月31日
    (4)盱眙県のザリガニ産業、年間生産額約170億元江蘇省

    ザリガニを使った料理。(5月18日撮影)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県でこのほど、第21回中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルが開幕した。同県のザリガニ産業は年間生産額が170億元(1元=約17円)に迫り、ブランド価値が215億5100万元に達している。(淮安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109751

  • 2021年05月31日
    (1)盱眙県のザリガニ産業、年間生産額約170億元江蘇省

    中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルの会場。(5月18日撮影)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県でこのほど、第21回中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルが開幕した。同県のザリガニ産業は年間生産額が170億元(1元=約17円)に迫り、ブランド価値が215億5100万元に達している。(淮安=新華社配信/許昌銀)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109693

  • 2021年05月31日
    (7)盱眙県のザリガニ産業、年間生産額約170億元江蘇省

    ザリガニを使った料理。(5月18日撮影)中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県でこのほど、第21回中国・盱眙国際ザリガニフェスティバルが開幕した。同県のザリガニ産業は年間生産額が170億元(1元=約17円)に迫り、ブランド価値が215億5100万元に達している。(淮安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053111186

  • 00:46.18
    2021年07月28日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、元江県に入る

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは21日午後5時(日本時間同6時)から27日までに南西へ63キロ移動し、同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県から玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県に入った。27日現在、同自治県甘荘街道付近の林で活動している。ゾウの群れの安全は確保されており、人的被害の報告もない。省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072805180

  • 00:27.09
    2021年08月01日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、5日間で南西へ43キロ移動

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは7月31日、同省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県甘荘街道の林で引き続き活動している。監視範囲内の14頭の状況はおおむね安定しており、人的被害の報告もない。省の対策本部が明らかにした。群れは同省紅河ハニ族イ族自治州石屏県から玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県に入った後、5日間で南西へ計43キロ移動したという。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107027

  • 00:55.32
    2021年08月08日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、玉渓市元江県で活動続ける

    中国雲南省で進行を続けている野生のアジアゾウの群れは、7日も同省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県甘荘街道付近の林で活動している。群れは監視範囲内にあり、人的被害の報告もない。同省の対策本部が明らかにした。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080904931

  • 2021年08月09日
    Xinhua Headlines: After over 110 days, China‘s wandering elephants back to suitable habitat

    (210810) -- KUNMING, Aug. 10, 2021 (Xinhua) -- Aerial photo taken on Aug. 9, 2021 shows a herd of wild Asian elephants in Yuanjiang County of Yuxi City, southwest China‘s Yunnan Province. (Xinhua/Hu Chao)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082100263

  • 2021年08月10日
    (2)雲南省のゾウの群れ、玉渓市の川越え順調に南進

    8日、元江橋を渡るゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北進していた野生のアジアゾウの群れは8日夜、同省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県にある旧国道213号線元江橋(中心市街地から7キロ)を渡って元江の南岸に到着し、同県紅河街道の林で活動している。誘導対策により、群れは順調に南進を続けている。省の対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006000

  • 01:57.72
    2021年08月10日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、玉渓市の川越え順調に南進

    中国雲南省で北進していた野生のアジアゾウの群れは8日夜、同省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県にある旧国道213号線の元江橋(中心市街地から7キロ)を渡って元江の南岸に到着し、同県紅河街道の林で活動している。省の対策本部が明らかにした。群れは4月16日、普洱市墨江ハニ族自治県から元江を渡って玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県に入った後、北上を続けていた。同省の各関係部門は連携して、さまざまな措置を講じ、群れを徐々に南下させ元の生息地に戻るよう誘導している。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006023

  • 2021年08月10日
    (1)雲南省のゾウの群れ、玉渓市の川越え順調に南進

    8日、元江橋を渡るゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北進していた野生のアジアゾウの群れは8日夜、同省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県にある旧国道213号線元江橋(中心市街地から7キロ)を渡って元江の南岸に到着し、同県紅河街道の林で活動している。誘導対策により、群れは順調に南進を続けている。省の対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006006

  • 2021年08月10日
    (3)雲南省のゾウの群れ、玉渓市の川越え順調に南進

    8日、元江橋を渡るゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北進していた野生のアジアゾウの群れは8日夜、同省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県にある旧国道213号線元江橋(中心市街地から7キロ)を渡って元江の南岸に到着し、同県紅河街道の林で活動している。誘導対策により、群れは順調に南進を続けている。省の対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081006016

  • 00:40.85
    2021年08月13日
    「新華社」雲南省のゾウの群れ、本来の生息地に戻る

    第10回「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省で移動を続けていたアジアゾウの群れが本来の生息地に戻った。同省の対策本部が13日未明に明らかにした。14頭のゾウは12日午後11時48分(日本時間13日午前0時48分)に玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県曼来鎮から普洱(ふじ)市墨江県に入り、現在は同県聯珠鎮癸能(きのう)村の林で活動している。群れは監視範囲内にあり、人的被害の報告もない。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081402935

  • 2021年08月14日
    (3)雲南省のゾウの群れ、本来の生息地に戻る

    13日、雲南省普洱市墨江ハニ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で移動を続けていたアジアゾウの群れが12日、本来の生息地に戻った。同省の対策本部が13日未明に明らかにした。14頭のゾウは12日午後11時48分(日本時間13日午前0時48分)に玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県曼来鎮から普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県に入り、現在は同県聯珠鎮癸能村の林で活動している。群れの動きはモニタリングされており、人的被害の報告もない。(墨江=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404865

  • 2021年08月14日
    (2)雲南省のゾウの群れ、本来の生息地に戻る

    13日、雲南省普洱市墨江ハニ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で移動を続けていたアジアゾウの群れが12日、本来の生息地に戻った。同省の対策本部が13日未明に明らかにした。14頭のゾウは12日午後11時48分(日本時間13日午前0時48分)に玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県曼来鎮から普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県に入り、現在は同県聯珠鎮癸能村の林で活動している。群れの動きはモニタリングされており、人的被害の報告もない。(墨江=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404869

  • 2021年08月14日
    (6)雲南省のゾウの群れ、本来の生息地に戻る

    13日、雲南省普洱市墨江ハニ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で移動を続けていたアジアゾウの群れが12日、本来の生息地に戻った。同省の対策本部が13日未明に明らかにした。14頭のゾウは12日午後11時48分(日本時間13日午前0時48分)に玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県曼来鎮から普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県に入り、現在は同県聯珠鎮癸能村の林で活動している。群れの動きはモニタリングされており、人的被害の報告もない。(墨江=新華社配信/何有剛)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404870

  • 2021年08月14日
    (7)雲南省のゾウの群れ、本来の生息地に戻る

    13日、雲南省普洱市墨江ハニ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で移動を続けていたアジアゾウの群れが12日、本来の生息地に戻った。同省の対策本部が13日未明に明らかにした。14頭のゾウは12日午後11時48分(日本時間13日午前0時48分)に玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県曼来鎮から普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県に入り、現在は同県聯珠鎮癸能村の林で活動している。群れの動きはモニタリングされており、人的被害の報告もない。(墨江=新華社配信/何有剛)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404891

  • 2021年08月14日
    (4)雲南省のゾウの群れ、本来の生息地に戻る

    13日、雲南省普洱市墨江ハニ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で移動を続けていたアジアゾウの群れが12日、本来の生息地に戻った。同省の対策本部が13日未明に明らかにした。14頭のゾウは12日午後11時48分(日本時間13日午前0時48分)に玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県曼来鎮から普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県に入り、現在は同県聯珠鎮癸能村の林で活動している。群れの動きはモニタリングされており、人的被害の報告もない。(墨江=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404877

  • 2021年08月14日
    (1)雲南省のゾウの群れ、本来の生息地に戻る

    13日、雲南省普洱市墨江ハニ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で移動を続けていたアジアゾウの群れが12日、本来の生息地に戻った。同省の対策本部が13日未明に明らかにした。14頭のゾウは12日午後11時48分(日本時間13日午前0時48分)に玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県曼来鎮から普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県に入り、現在は同県聯珠鎮癸能村の林で活動している。群れの動きはモニタリングされており、人的被害の報告もない。(墨江=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404863

  • 2021年08月14日
    (5)雲南省のゾウの群れ、本来の生息地に戻る

    13日、雲南省普洱市墨江ハニ族自治県で撮影したゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で移動を続けていたアジアゾウの群れが12日、本来の生息地に戻った。同省の対策本部が13日未明に明らかにした。14頭のゾウは12日午後11時48分(日本時間13日午前0時48分)に玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県曼来鎮から普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県に入り、現在は同県聯珠鎮癸能村の林で活動している。群れの動きはモニタリングされており、人的被害の報告もない。(墨江=新華社配信/何有剛)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081404868

  • 2021年10月12日
    Xinhua Headlines: Railway links China and Laos, carving out new int‘l passage

    (211012) -- KUNMING/VIENTIANE, Oct. 12, 2021 (Xinhua) -- Aerial photo taken on Sept. 27, 2021 shows a major bridge across the Yuanjiang River along the China-Laos railway in southwest China‘s Yunnan Province. (Xinhua/Hu Chao)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101307999

  • 00:59.41
    2021年10月31日
    「新華社」中国の科学者が育成した多年生の水稲が豊作に

    中国雲南省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県の南洒村に広がる棚田に設けられた多年生稲「雲大107」実証モデル区で24日、水稲収穫量測定の専門家グループが、雲南大学や雲南省農業技術普及総合ステーション、玉渓市農業科学院、元江県郷村産業発展センターなどの多年生稲に対する農村収穫量測定検査を行った。収穫量測定専門家グループのリーダーで中国水稲研究所研究員の章秀福(しょう・しゅうふく)氏は「収穫量測定専門家グループは、農業農村部のスーパー稲収穫量測定法に基づき、無作為に抽出した三つの水田の収穫量を実際に刈り取って測定した。多年生稲「雲大107」の2期目の平均収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり464・8キロで、今年上半期の1期目の平均収穫量1ムー当たり655・65キロを合わせると、1ムー当たり1120・45キロに達した」と発表した。雲南省の普及部門の専門家によると、広い面積で栽培した「雲大107」の収穫量としては過去最高で、紅河流域の棚田でこの品種の栽培が大成功を収めたことを示していると説明した。雲南大学の胡鳳益(こ・ほうえき)氏のチームは関係機関と共同で、20年以上にわたる厳しい試行錯誤を経て、多年生の食用作物の育種で飛躍的な進歩を遂げ、グリーン(環境配慮型)かつエコで低炭素の水稲の発展に新たな道を開いた。同大学はこれまでに「多年生稲23」「雲大25」「雲大107」など多くの生態エリアに適応した多年生稲の品種を育てており、累計12万ムー(8千ヘクタール)の水田で実証試験やモデル応用が行われている。全国農業技術普及サービスセンターでは2018年から、中国の南方稲作地域である湖南省や広東省、広西チワン族自治区、貴州省、海南省などの省・自治区で多年生稲の実証試験を行ってきた。この技術は、ラオスやミャンマー、タイなどでも実証試験が行われており、大きな発展の可能性と幅広い応用の将来性を示している。(記者/楊牧源) =配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107495

  • 01:11.38
    2021年11月01日
    「新華社」南昌飛行大会、華麗な技で観衆を魅了江西省

    国江西省南昌市の瑶湖空港で、航空産業展示会「2021南昌飛行大会」が10月29~31日にかけて開催された。海外の有名アクロバット飛行隊2チームと、地元江西省の多くの飛行チームの名手が一堂に会し、華麗な飛行パフォーマンスを披露した。(記者/黄和遜、彭菁) =配信日: 2021(令和3)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110200575

  • 2021年11月25日
    China Yunnan Railway to Laos

    A gardener works in the flowerbed outside the Yuanjiang Railway Station in Yuanjiang county in southwest China‘s Yunnan province Thursday, Nov. 25, 2021. The new railway line linking Kunming in China to Vientiane in Laos will be formally opened on Dec. 3, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2021120405241

  • 2021年11月25日
    China Yunnan Railway to Laos

    A woman takes photos of the Yuanjiang Railway Station in Yuanjiang county in southwest China‘s Yunnan province Thursday, Nov. 25, 2021. The new railway line linking Kunming in China to Vientiane in Laos will be formally opened on Dec. 3, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2021120405244

  • 2021年12月03日
    CHINA-YUNNAN-LAOS-RAILWAY-OPENING (CN)

    (211203) -- KUNMING, Dec. 3, 2021 (Xinhua) -- An electric multiple unit (EMU) train of the China-Laos Railway crosses a major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Dec. 3, 2021. The China-Laos Railway, a flagship project of the Belt and Road Initiative (BRI), started operation on Friday. (Xinhua/Wang Guansen)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120608786

  • 2021年12月03日
    CHINA-YUNNAN-LAOS-RAILWAY-OPENING (CN)

    (211203) -- KUNMING, Dec. 3, 2021 (Xinhua) -- Aerial photo shows an electric multiple unit (EMU) train of the China-Laos Railway crossing a major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Dec. 3, 2021. The China-Laos Railway, a flagship project of the Belt and Road Initiative (BRI), started operation on Friday. (Xinhua/Wang Guansen)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120609022

  • 2021年12月04日
    (10)中国ラオス鉄道が全線開通

    3日、雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県にある元江双線特大橋を渡る中国ラオス鉄道の1番列車。(小型無人機から)中国雲南省昆明市とラオスの首都ビエンチャンを結ぶ中国ラオス鉄道が3日、全線開通した。昆明駅では復興号「緑巨人」が、ビエンチャン駅では動車組(動力分散式列車)「瀾滄号」列車が、それぞれゆっくりと発車し、山河を越えて駆ける旅を開始した。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120406428

  • 2021年12月04日
    (9)中国ラオス鉄道が全線開通

    3日、雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県にある元江双線特大橋を渡る中国ラオス鉄道の1番列車。(小型無人機から)中国雲南省昆明市とラオスの首都ビエンチャンを結ぶ中国ラオス鉄道が3日、全線開通した。昆明駅では復興号「緑巨人」が、ビエンチャン駅では動車組(動力分散式列車)「瀾滄号」列車が、それぞれゆっくりと発車し、山河を越えて駆ける旅を開始した。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120406435

  • 01:31.56
    2021年12月05日
    「新華社」空から見た中国ラオス鉄道

    中国雲南省昆明市とラオスの首都ビエンチャンを結ぶ中国ラオス鉄道が3日、全線開通した。プロジェクトでは元江双線特大橋など世界規模の橋梁301基と38の駅を建設。建築様式に地域文化を取り入れ、各駅に異なる特色を持たせた。同鉄道は中国の「一帯一路」構想と中国・ラオス友好の象徴として、両国を結ぶ経済回廊の建設を加速し、運命共同体を構築するために大きな役割を果たすことが期待されている。(記者/楊牧源、孫敏、何春好、王安浩維、龐峰偉、曽維、趙彩琳) =配信日: 2021(令和3)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120600070

  • 2021年12月13日
    (5)色づく木々、上海市内に鮮やかな風景

    上海市閔行区元江路のイチョウ並木。(資料写真)中国上海市では気温の低下に伴い、木々の葉が次第に色を変え、風景を色鮮やかに彩っている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121307596

  • 2022年01月06日
    XINHUA-PICTURES OF THE YEAR 2021-AERIAL PHOTO

    (220106) -- BEIJING, Jan. 6, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo shows an electric multiple unit (EMU) train of the China-Laos Railway crossing a major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Dec. 3, 2021. (Xinhua/Wang Guansen)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010707343

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin and his colleague check the bearing of Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday,.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412520

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin checks the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, Shi and his colleagues will.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412404

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (R) and his colleague work on the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, Shi .....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412411

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (L), helps his colleague with safety belt at the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festiva.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412342

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (L) explains to his colleague about maintaining the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Fest.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412350

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (C), poses for a photo with his colleagues on the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festiv.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412418

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo shows a train crossing the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, Shi and hi.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412513

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (R) and his colleagues return from work on the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival .....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412527

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (R), arranges his safety belt at the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, S.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412567

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (L) and his colleague work on the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, Shi .....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412572

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (R) and his colleague prepare to maintain the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival h.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412422

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin poses for a photo on the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, Shi and his c.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412568

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin checks the fence on the bridge pier of the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holi.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412543

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (L) and his colleague check the windproof equipment of the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 19, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spri.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412355

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin fills in the checking record of the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, Sh.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412326

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (L) and his colleagues work on the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 18, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, Shi.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412331

  • 2022年01月21日
    CHINA-YUNNAN-YUANJIANG MAJOR BRIDGE-TECHNICIAN (CN)

    (220121) -- YUANJIANG, Jan. 21, 2022 (Xinhua) -- Shi Pengbin (L) and his colleague maintain the Yuanjiang major bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Jan. 19, 2022. Shi Pengbin, 28, is a technician responsible for maintaining the Yuanjiang major bridge, a key bridge of the China-Laos Railway project. Spanning a full length of 832.2 meters, the Yuanjiang bridge uses six bridge piers with the No.3 bridge pier, the highest pier, standing at 154 meters. Shi, who started working for the construction of the China-Laos Railway from April 2020, even postponed his wedding to guarantee on-time completion of the bridge. After the operation of China-Laos Railway, Shi‘s work includes checking the bridge in high places during the day, and repairing the bridge floor during the break time for rail service at night. During this year‘s Spring Festival holiday, Shi.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012412531

  • 2022年03月08日
    Xinhua Headlines: China promotes cooperation, dialogue as global uncertainties ascend

    (220307) -- BEIJING, March 7, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo shows an electric multiple unit (EMU) train of the China-Laos Railway crossing a bridge over the Yuanjiang River in southwest China‘s Yunnan Province, Dec. 3, 2021. (Xinhua/Wang Guansen)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030908338

  • 2022年06月04日
    CHINA-YUNNAN-CHINA-LAOS RAILWAY-CARGO TRANSPORT(CN)

    (220603) -- KUNMING, June 3, 2022 (Xinhua) -- A Fuxing bullet train runs through Yuanjiang grand bridge on the China-Laos Railway in southwest China‘s Yunnan Province, June 1, 2022. The China-Laos Railway, half a year into its operation, has delivered more than 4 million tonnes of freight as of Thursday, China‘s railway operator said.The transport volume of cross-border cargo came in at 647,000 tonnes during the period, according to the China State Railway Group Co., Ltd. The train line also handled over 3.2 million passenger trips, said the operator. Since December 2021, 21 Chinese regions have designated cross-border trains for freight transport along the railway, with goods including fertilizers, daily necessities, electronics and fruits...= 配信日: 2022(令和4)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060400060

  • 00:45.12
    2022年06月06日
    「新華社」雲南省の山奥で希少植物ギンリョウソウモドキが見つかる

    中国雲南省玉渓市元江ハニ族イ族ダイ族自治県にある哀牢山の奥地でこのほど、白くて、水晶のように透き通った植物が発見された。同自治県林業・草原局の専門家が確認したところ、ギンリョウソウモドキであることが判明した。専門家によると、ギンリョウソウモドキは主に湿った枯れ枝や落ち葉が積もった土壌で生息しており、腐敗した葉の栄養を吸収するため、比較的良好な自然環境が残る場所にしか生息しない。(記者/孫敏) =配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060602241

  • 2022年06月06日
    (1)中国ラオス鉄道、開業半年で旅客・貨物輸送量大幅増加

    1日、中国ラオス鉄道の元江特大橋を通過する復興号。中国ラオス鉄道は3日、開業から半年を迎えた。旅客・貨物の輸送が質・量ともに増加傾向にあり、国際的な「黄金」物流ルートとしての役割がますます顕著になっている。同鉄道の2日時点の旅客輸送量は延べ327万人で、中国国内区間が286万人、ラオス区間が41万人だった。貨物輸送量は403万トンで、うち越境貨物の輸送量は64万7千トンだった。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060607269

  • 1