KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 紹介
  • 文化財
  • 発掘調査
  • 貴族
  • テーマ
  • 乗り物
  • 交流
  • 保存状態

「先秦時代」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
50
( 1 50 件を表示)
  • 1
50
( 1 50 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年08月20日
    貨幣博物館を訪ねて遼寧省大連市

    20日、貨幣博物館で展示されている先秦時代の天然貝の貨幣。中国遼寧省大連市旅順口区にある貨幣博物館は華俄道勝銀行(露清銀行)旅順支店であった建物を利用しており、中国古代、近現代および周辺諸国の各時期の貨幣を展示している。同館は今年5月末に一般公開された。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600462

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示された「褐釉尊(かつゆうそん)」。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100496

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示品の写真を撮る来場者。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100628

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示品を眺める来場者。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100441

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示品を眺める来場者。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100400

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示品の写真を撮る来場者。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100432

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示品を眺める来場者。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100374

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示された陶磁器。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100407

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示された「青釉辟邪獣(せいゆうへきじゃじゅう)」。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100594

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示品の写真を撮る来場者。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100353

  • 2020年08月25日
    鄭州市で黄河流域出土の陶磁器展河南省

    25日、大象陶磁博物館の陶磁器展で展示された「褐釉尊(かつゆうそん)」を見る来場者。中国河南省鄭州市の大象陶磁博物館で25日、黄河流域で出土した陶磁器をテーマにした展覧会が開幕した。先秦時代から清代までの出土品100点以上を展示する。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100502

  • 2020年11月29日
    古代の礼器「牙璋」、貴州省で初めて出土

    空から見た方田壩遺跡。(2020年11月29日撮影)中国の貴州省文物考古研究所はこのほど、同省銅仁市にある先秦時代の方田壩(ほうてんは)遺跡で祭祀(さいし)用の礼器「牙璋(がしょう)」が出土したと明らかにした。牙璋は長方形の器物で、先端が刃状になっており、柄の部分にのこぎりの刃のようなギザギザがついている。黄河中・下流の中原地域が発祥とされており、長江沿岸や西南、華南地区でも出土しているが、同省での出土は初めてだという。(貴陽=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803232

  • 2020年12月20日
    (2)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展で展示された明代の白芙蓉石獅子鈕印。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201332

  • 2020年12月20日
    (1)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展の体験コーナーで名人の篆刻作品を模写する来場者。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201323

  • 2020年12月20日
    (3)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展で展示された三国時代の「関中侯印」金印。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201224

  • 2020年12月20日
    (6)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展で展示された清代の「西泠四家印譜附後四家」。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201329

  • 2020年12月20日
    (4)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展で展示された寿山石の印章。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201247

  • 2020年12月20日
    (5)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展を鑑賞する来場者。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201333

  • 2021年01月27日
    (1)古代の礼器「牙璋」、貴州省で初めて出土

    方田壩遺跡から出土した牙璋。(1月12日撮影)中国の貴州省文物考古研究所はこのほど、同省銅仁市にある先秦時代の方田壩(ほうてんは)遺跡で祭祀(さいし)用の礼器「牙璋(がしょう)」が出土したと明らかにした。牙璋は長方形の器物で、先端が刃状になっており、柄の部分にのこぎりの刃のようなギザギザがついている。黄河中・下流の中原地域が発祥とされており、長江沿岸や西南、華南地区でも出土しているが、同省での出土は初めてだという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012709159

  • 2021年01月27日
    (3)古代の礼器「牙璋」、貴州省で初めて出土

    方田壩遺跡から出土した土器片。(2020年10月28日撮影)中国の貴州省文物考古研究所はこのほど、同省銅仁市にある先秦時代の方田壩(ほうてんは)遺跡で祭祀(さいし)用の礼器「牙璋(がしょう)」が出土したと明らかにした。牙璋は長方形の器物で、先端が刃状になっており、柄の部分にのこぎりの刃のようなギザギザがついている。黄河中・下流の中原地域が発祥とされており、長江沿岸や西南、華南地区でも出土しているが、同省での出土は初めてだという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012709292

  • 2021年01月27日
    (5)古代の礼器「牙璋」、貴州省で初めて出土

    方田壩遺跡で発掘にあたる考古学関係者。(2020年11月17日撮影)中国の貴州省文物考古研究所はこのほど、同省銅仁市にある先秦時代の方田壩(ほうてんは)遺跡で祭祀(さいし)用の礼器「牙璋(がしょう)」が出土したと明らかにした。牙璋は長方形の器物で、先端が刃状になっており、柄の部分にのこぎりの刃のようなギザギザがついている。黄河中・下流の中原地域が発祥とされており、長江沿岸や西南、華南地区でも出土しているが、同省での出土は初めてだという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012709296

  • 2021年01月27日
    (4)古代の礼器「牙璋」、貴州省で初めて出土

    方田壩遺跡の発掘現場。(2020年7月28日撮影)中国の貴州省文物考古研究所はこのほど、同省銅仁市にある先秦時代の方田壩(ほうてんは)遺跡で祭祀(さいし)用の礼器「牙璋(がしょう)」が出土したと明らかにした。牙璋は長方形の器物で、先端が刃状になっており、柄の部分にのこぎりの刃のようなギザギザがついている。黄河中・下流の中原地域が発祥とされており、長江沿岸や西南、華南地区でも出土しているが、同省での出土は初めてだという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012709299

  • 2021年01月27日
    (2)古代の礼器「牙璋」、貴州省で初めて出土

    方田壩遺跡から出土した陶罐(とうかん、みずがめ)。(2020年10月30日撮影)中国の貴州省文物考古研究所はこのほど、同省銅仁市にある先秦時代の方田壩(ほうてんは)遺跡で祭祀(さいし)用の礼器「牙璋(がしょう)」が出土したと明らかにした。牙璋は長方形の器物で、先端が刃状になっており、柄の部分にのこぎりの刃のようなギザギザがついている。黄河中・下流の中原地域が発祥とされており、長江沿岸や西南、華南地区でも出土しているが、同省での出土は初めてだという。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012709302

  • 2021年02月11日
    (6)中国国家博物館で服飾の歴史をたどる展覧会北京市

    10日、展示品の前で写真を撮る来場者。中国北京市の中国国家博物館でこのほど、中国古代の服飾の歴史をたどる展覧会「中国古代服飾文化展」が開幕した。同展は服飾文化の通史をテーマにした同館初の展覧会で、服飾の変遷を時代ごとに「先秦時代の服飾」「秦・漢・魏晋南北朝時代の服飾」「隋・唐・五代十国時代の服飾」「宋・遼・金・西夏・元時代の服飾」「明代の服飾」「清代の服飾」の六つのコーナーに分けて紹介。玉石器や骨器、陶俑(とうよう)、服飾品、金・銀の装飾品、書画作品などの文化財約130点(組)を展示している。会期は1年間の予定。(北京=新華社配信/胡智軒)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021100905

  • 2021年02月11日
    (4)中国国家博物館で服飾の歴史をたどる展覧会北京市

    10日、「中国古代服飾文化展」の会場で、展示品を見つめる来場者。中国北京市の中国国家博物館でこのほど、中国古代の服飾の歴史をたどる展覧会「中国古代服飾文化展」が開幕した。同展は服飾文化の通史をテーマにした同館初の展覧会で、服飾の変遷を時代ごとに「先秦時代の服飾」「秦・漢・魏晋南北朝時代の服飾」「隋・唐・五代十国時代の服飾」「宋・遼・金・西夏・元時代の服飾」「明代の服飾」「清代の服飾」の六つのコーナーに分けて紹介。玉石器や骨器、陶俑(とうよう)、服飾品、金・銀の装飾品、書画作品などの文化財約130点(組)を展示している。会期は1年間の予定。(北京=新華社配信/胡智軒)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021100906

  • 2021年02月11日
    (1)中国国家博物館で服飾の歴史をたどる展覧会北京市

    10日、「中国古代服飾文化展」の会場で、展示品を撮影する来場者。中国北京市の中国国家博物館でこのほど、中国古代の服飾の歴史をたどる展覧会「中国古代服飾文化展」が開幕した。同展は服飾文化の通史をテーマにした同館初の展覧会で、服飾の変遷を時代ごとに「先秦時代の服飾」「秦・漢・魏晋南北朝時代の服飾」「隋・唐・五代十国時代の服飾」「宋・遼・金・西夏・元時代の服飾」「明代の服飾」「清代の服飾」の六つのコーナーに分けて紹介。玉石器や骨器、陶俑(とうよう)、服飾品、金・銀の装飾品、書画作品などの文化財約130点(組)を展示している。会期は1年間の予定。(北京=新華社配信/胡智軒)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021100878

  • 2021年02月11日
    (3)中国国家博物館で服飾の歴史をたどる展覧会北京市

    10日、「中国古代服飾文化展」の会場で、展示品を撮影する来場者。中国北京市の中国国家博物館でこのほど、中国古代の服飾の歴史をたどる展覧会「中国古代服飾文化展」が開幕した。同展は服飾文化の通史をテーマにした同館初の展覧会で、服飾の変遷を時代ごとに「先秦時代の服飾」「秦・漢・魏晋南北朝時代の服飾」「隋・唐・五代十国時代の服飾」「宋・遼・金・西夏・元時代の服飾」「明代の服飾」「清代の服飾」の六つのコーナーに分けて紹介。玉石器や骨器、陶俑(とうよう)、服飾品、金・銀の装飾品、書画作品などの文化財約130点(組)を展示している。会期は1年間の予定。(北京=新華社配信/胡智軒)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021100907

  • 2021年02月11日
    (5)中国国家博物館で服飾の歴史をたどる展覧会北京市

    10日、宋の武将(岳飛・張俊・韓世忠・劉光世)が描かれた「中興四将図」。中国北京市の中国国家博物館でこのほど、中国古代の服飾の歴史をたどる展覧会「中国古代服飾文化展」が開幕した。同展は服飾文化の通史をテーマにした同館初の展覧会で、服飾の変遷を時代ごとに「先秦時代の服飾」「秦・漢・魏晋南北朝時代の服飾」「隋・唐・五代十国時代の服飾」「宋・遼・金・西夏・元時代の服飾」「明代の服飾」「清代の服飾」の六つのコーナーに分けて紹介。玉石器や骨器、陶俑(とうよう)、服飾品、金・銀の装飾品、書画作品などの文化財約130点(組)を展示している。会期は1年間の予定。(北京=新華社配信/胡智軒)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021100908

  • 2021年02月11日
    (2)中国国家博物館で服飾の歴史をたどる展覧会北京市

    10日、「中国古代服飾文化展」の会場で、展示品を見つめる来場者。中国北京市の中国国家博物館でこのほど、中国古代の服飾の歴史をたどる展覧会「中国古代服飾文化展」が開幕した。同展は服飾文化の通史をテーマにした同館初の展覧会で、服飾の変遷を時代ごとに「先秦時代の服飾」「秦・漢・魏晋南北朝時代の服飾」「隋・唐・五代十国時代の服飾」「宋・遼・金・西夏・元時代の服飾」「明代の服飾」「清代の服飾」の六つのコーナーに分けて紹介。玉石器や骨器、陶俑(とうよう)、服飾品、金・銀の装飾品、書画作品などの文化財約130点(組)を展示している。会期は1年間の予定。(北京=新華社配信/胡智軒)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021100880

  • 2021年03月22日
    (3)山西省で出土の周代銅壺の液体、果実酒と判明

    北白鵝墓地から出土した方形銅壺と中に入っていた液体。分析の結果、果実酒の化学成分が検出された。(資料写真)中国山西省考古研究院と中国科学院大学(北京市)は、同省北白鵝(ほくはくが)墓地(周代の高級貴族の墓群)で出土した銅壺に入っていた液体と土に対しこのほど実施した科学分析で、果実酒の成分が検出されたと明らかにした。研究者は、先秦時代の果実酒の研究の空白を埋める発見だと話している。北白鵝墓地は、山西省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。2020年4月から12月にかけて山西省考古研究院が運城市、垣曲県の文化財部門と合同で発掘調査を実施。墓9基を発掘し、各種遺物500点余りが出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300126

  • 2021年03月22日
    (1)山西省で出土の周代銅壺の液体、果実酒と判明

    北白鵝墓地で出土した液体の入った銅壺。分析の結果、果実酒の化学成分が検出された。(資料写真)中国山西省考古研究院と中国科学院大学(北京市)は、同省北白鵝(ほくはくが)墓地(周代の高級貴族の墓群)で出土した銅壺に入っていた液体と土に対しこのほど実施した科学分析で、果実酒の成分が検出されたと明らかにした。研究者は、先秦時代の果実酒の研究の空白を埋める発見だと話している。北白鵝墓地は、山西省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。2020年4月から12月にかけて山西省考古研究院が運城市、垣曲県の文化財部門と合同で発掘調査を実施。墓9基を発掘し、各種遺物500点余りが出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300264

  • 2021年03月22日
    (2)山西省で出土の周代銅壺の液体、果実酒と判明

    北白鵝墓地から出土した円形銅壺と中に入っていた液体。これらの液体はまだ分析されていない。(資料写真)中国山西省考古研究院と中国科学院大学(北京市)は、同省北白鵝(ほくはくが)墓地(周代の高級貴族の墓群)で出土した銅壺に入っていた液体と土に対しこのほど実施した科学分析で、果実酒の成分が検出されたと明らかにした。研究者は、先秦時代の果実酒の研究の空白を埋める発見だと話している。北白鵝墓地は、山西省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。2020年4月から12月にかけて山西省考古研究院が運城市、垣曲県の文化財部門と合同で発掘調査を実施。墓9基を発掘し、各種遺物500点余りが出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300188

  • 2021年05月20日
    (4)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓出土の戦国馬車後部扉の鉄に金銀を張り付けた飾り。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052013964

  • 2021年05月20日
    (2)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓21号墓出土の戦国馬車の車輪とホイール部装飾。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015642

  • 2021年05月20日
    (5)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の金と銅を張り付けた轄(かつ、車輪を軸にとめるくさび)。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015647

  • 2021年05月20日
    (13)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の金を張り付けた鉄の軎(えい、車軸の頭部)。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052100038

  • 2021年05月20日
    (14)国際博物館の日、上海博物館で文化財の魅力に触れる

    18日、中国歴代貨幣館に展示されている、先秦時代の原始貨幣、貝貨(貝殻で作られた貨幣)。「国際博物館の日」に当たる18日、中国上海市内にある111カ所の博物館が無料または通常の半額料金で開放された。上海博物館の中国古代青銅館、中国古代陶磁館、中国歴代印章館、中国歴代貨幣館が同日一般公開され、多くの市民や観光客が訪れた。同博物館には貴重な文化財約14万点を含む102万点以上の文化財が所蔵されており、所蔵品には青銅器や陶磁器、書画、璽印(じいん)、貨幣などが含まれる。なかでも青銅器、陶磁器、書画は、特色あるコレクションとして知られている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052100218

  • 2021年05月20日
    (12)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の金で文様をあしらった円柱形鉄器。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052014145

  • 2021年05月20日
    (15)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の戦国馬車の右車輪とその装飾。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052100049

  • 2021年05月20日
    (8)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の戦国馬車後部扉の銅製飾り。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052014001

  • 2021年05月20日
    (16)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の戦国馬車の後部扉とその装飾。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052100057

  • 2021年05月20日
    (10)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の鉄に金や銀を張った車飾り。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015650

  • 2021年05月20日
    (6)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓出土の虎をかたどった金の車飾り。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015645

  • 2021年05月20日
    (1)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓21号墓出土の戦国馬車の前部。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015643

  • 2021年05月20日
    (3)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓出土の虎をかたどった金の車飾り。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015644

  • 2021年05月20日
    (9)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土のオオツノヒツジをかたどった銀箔の車飾り。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015649

  • 2021年05月20日
    (11)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の車側板の飾り。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052014104

  • 2021年05月20日
    (14)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の戦国馬車の左車輪とその装飾。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052100047

  • 2021年05月20日
    (7)甘粛省で馬家塬西戎墓の特別展戦国時代の馬車など展示

    18日、甘粛省博物館で展示された馬家塬西戎墓葬21号墓出土の鉄に金銀を張り付けた車飾り。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で18日、戦国時代の西戎(西方少数民族)貴族の墓「馬家塬(ばかげん)西戎墓」の特別展「四牡業業-馬家塬出土馬車展」が始まった。同博物館と甘粛省文物考古研究所が共催し、同墓出土の馬車をはじめ、文化財100点余りを展示する。発掘作業や出土器物、馬車の構造など同墓の概要を異なる角度から総合的に紹介。先秦時代の民族融合、農耕と牧畜の交わり、多元的な文明衝突、東西文化の交流などを再現する。馬家塬西戎墓は同省天水市張家川回族自治県にある。同省で初めて大規模に発掘された戦国時代の西戎文化墓地で、保存状態が良く、戦国時代の豪華な車両が初めて出土した。発掘調査は2006年に始まり、2020年末までに墓80基を発掘。乗り物68台が出土している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052015648

  • 00:43.30
    2022年01月25日
    「新華社」双尾の虎が伝える中国3千年前の虎崇拝江西省

    中国の江西省博物館では、寅年の春節(旧正月、今年は2月1日)を前に、館内に展示されている虎をかたどった奇妙な文化財「商代伏鳥双尾青銅虎」が注目を集めている。青銅虎は1989年に同省吉安市新幹県の大洋洲商墓(大洋洲程家遺跡)から出土した。重さは6・2キロで、中国に現存する先秦時代の青銅虎の中で最も大きく、3千年前の人々が虎をトーテムとして崇拝していたことを示している。全長は53・5センチで、高さは25・5センチ。先端を巻いた2本の尾を持ち、背には小鳥が乗っている。全身に文様が施され、顔と腹部は巻雲文、背部は雲雷文、鼻と背、尾、四肢下部は変形鱗文、四肢上部はひと際目を引く雷文となっている。中国における虎崇拝の歴史は古い。同博物館の徐長青(じょ・ちょうせい)書記によると、河南省濮陽(ぼくよう)市で見つかった6千年余り前の仰韶(ぎょうしょう)文化の墓からは、埋葬された祈祷師の両側にカラスガイの殻で作られた虎と竜が発見された。祈祷師が竜と虎を操って天地を行き来することを示しているという。また、江蘇省と浙江省で4千年余り前に栄えた良渚(りょうしょ)文化の玉器には、祈祷師が虎に乗って昇天し神と通じる場面を表した「神騎虎行」の図案が精巧に刻まれていた。竜や虎、鹿が天地のあらゆる場所に赴き鬼神と通じる助けになる神聖な存在という概念は漢代以降の道教にも引き継がれた。中でも大洋洲商墓から出土した器物の見られる多種多様な虎のトーテムは、商代(殷代)に存在したとされる「虎方国」を彷彿させるという。徐氏は、古文字学者による甲骨文の研究により、虎方国が商代の方国(殷商以外の地方政権)だったと判明したと説明。虎は同墓の最も代表的なトーテムで、地方文化を最もよく表すシンボルでもあるという。一部の専門家は、現在の江西省贛鄱(かんは)地区が虎方国の所在地であり、大洋洲商墓が同国君主の陵墓である可能性が高いとの見方を示している。(記者/袁慧晶) =配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512966

  • 1