KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 光緒帝
  • 令和
  • 記者
  • 全国重点文物保護単位
  • 建築面積
  • 創建
  • 国宝
  • 重要文化財
  • 指定
  • 歴史

「光緒」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
275
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
275
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Chinese Emperor and Empress seated on raised platform with musicians seated in front of them;

    Chinese Emperor(?) and Empress(?) seated on raised platform with musicians seated in front of them; the Emperor appears to have lost his nose and part of his right shoulder; the Empress part of her scalp] By Kiyochika Kobayashi; 1847-1915. The Guangxu Emperor (Kuang-hsu Emperor; 14 August 1871 14 November 1908) and his aunt the Empress Dowager Sheshe (Tzu-hsi) 1835 15 November 1908);、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019032904789

  • 2018年08月21日
    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で

    清の光緒年間に建設が始まった、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州福泉市にある和善橋。(8月21日、小型無人機から)明や清の時代に建設された石橋が同市だけで130本現存する。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818690

  • 2018年09月16日
    百年の発酵槽で新酒の仕込み始まる江蘇省海門

    16日、百年窖池の横に甑(こしき)と呼ばれる蒸留器を準備して酒を蒸留する職人。中国江蘇省海門市常楽鎮の頤生(いせい)酒酒造場の百年窖池(こうち、地面に掘った発酵槽)では、酒を醸造する職人が原酒の醸造を急いでいる。頤生酒は人の手による伝統的な醸造の工程を守っており、醸造の暦通りに、夏の6月から8月は窖池を封じて生産を停止し、毎年9月になると醸造を再開する。この時期は酒が十分発酵するため、新たに醸造された原酒も1年で最も品質が良い。頤生百年窖池群は清の光緒27年(1901年)に造られたもので、100年以上の歴史を持つ窖池が42ある。当初からの外観、場所を維持し、伝統の工芸を守っており、国内でも比較的少数の、百年以上「白酒」(パイチュウ、中国の代表的蒸留酒)を造り続けている窖池群だ。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924913

  • 2018年09月16日
    百年の発酵槽で新酒の仕込み始まる江蘇省海門

    16日、百年窖池の新酒がほとばしる。中国江蘇省海門市常楽鎮の頤生(いせい)酒酒造場の百年窖池(こうち、地面に掘った発酵槽)では、酒を醸造する職人が原酒の醸造を急いでいる。頤生酒は人の手による伝統的な醸造の工程を守っており、醸造の暦通りに、夏の6月から8月は窖池を封じて生産を停止し、毎年9月になると醸造を再開する。この時期は酒が十分発酵するため、新たに醸造された原酒も1年で最も品質が良い。頤生百年窖池群は清の光緒27年(1901年)に造られたもので、100年以上の歴史を持つ窖池が42ある。当初からの外観、場所を維持し、伝統の工芸を守っており、国内でも比較的少数の、百年以上「白酒」(パイチュウ、中国の代表的蒸留酒)を造り続けている窖池群だ。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924948

  • 2018年09月16日
    百年の発酵槽で新酒の仕込み始まる江蘇省海門

    16日、職人が百年窖池の横に甑(こしき)と呼ばれる蒸留器を準備して酒を蒸留する。中国江蘇省海門市常楽鎮の頤生(いせい)酒酒造場の百年窖池(こうち、地面に掘った発酵槽)では、酒を醸造する職人が原酒の醸造を急いでいる。頤生酒は人の手による伝統的な醸造の工程を守っており、醸造の暦通りに、夏の6月から8月は窖池を封じて生産を停止し、毎年9月になると醸造を再開する。この時期は酒が十分発酵するため、新たに醸造された原酒も1年で最も品質が良い。頤生百年窖池群は清の光緒27年(1901年)に造られたもので、100年以上の歴史を持つ窖池が42ある。当初からの外観、場所を維持し、伝統の工芸を守っており、国内でも比較的少数の、百年以上「白酒」(パイチュウ、中国の代表的蒸留酒)を造り続けている窖池群だ。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924899

  • 2018年09月16日
    百年の発酵槽で新酒の仕込み始まる江蘇省海門

    16日、職人が百年窖池のもろみを混ぜる。中国江蘇省海門市常楽鎮の頤生(いせい)酒酒造場の百年窖池(こうち、地面に掘った発酵槽)では、酒を醸造する職人が原酒の醸造を急いでいる。頤生酒は人の手による伝統的な醸造の工程を守っており、醸造の暦通りに、夏の6月から8月は窖池を封じて生産を停止し、毎年9月になると醸造を再開する。この時期は酒が十分発酵するため、新たに醸造された原酒も1年で最も品質が良い。頤生百年窖池群は清の光緒27年(1901年)に造られたもので、100年以上の歴史を持つ窖池が42ある。当初からの外観、場所を維持し、伝統の工芸を守っており、国内でも比較的少数の、百年以上「白酒」(パイチュウ、中国の代表的蒸留酒)を造り続けている窖池群だ。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924920

  • 2018年09月16日
    百年の発酵槽で新酒の仕込み始まる江蘇省海門

    16日、職人が百年窖池のもろみを混ぜる。中国江蘇省海門市常楽鎮の頤生(いせい)酒酒造場の百年窖池(こうち、地面に掘った発酵槽)では、酒を醸造する職人が原酒の醸造を急いでいる。頤生酒は人の手による伝統的な醸造の工程を守っており、醸造の暦通りに、夏の6月から8月は窖池を封じて生産を停止し、毎年9月になると醸造を再開する。この時期は酒が十分発酵するため、新たに醸造された原酒も1年で最も品質が良い。頤生百年窖池群は清の光緒27年(1901年)に造られたもので、100年以上の歴史を持つ窖池が42ある。当初からの外観、場所を維持し、伝統の工芸を守っており、国内でも比較的少数の、百年以上「白酒」(パイチュウ、中国の代表的蒸留酒)を造り続けている窖池群だ。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924840

  • 2018年09月16日
    百年の発酵槽で新酒の仕込み始まる江蘇省海門

    16日、職人が百年窖池の横に甑(こしき)と呼ばれる蒸留器を準備して酒を蒸留する。中国江蘇省海門市常楽鎮の頤生(いせい)酒酒造場の百年窖池(こうち、地面に掘った発酵槽)では、酒を醸造する職人が原酒の醸造を急いでいる。頤生酒は人の手による伝統的な醸造の工程を守っており、醸造の暦通りに、夏の6月から8月は窖池を封じて生産を停止し、毎年9月になると醸造を再開する。この時期は酒が十分発酵するため、新たに醸造された原酒も1年で最も品質が良い。頤生百年窖池群は清の光緒27年(1901年)に造られたもので、100年以上の歴史を持つ窖池が42ある。当初からの外観、場所を維持し、伝統の工芸を守っており、国内でも比較的少数の、百年以上「白酒」(パイチュウ、中国の代表的蒸留酒)を造り続けている窖池群だ。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924939

  • 03:59.19
    2018年09月22日
    「新華社」清代「宋氏宗譜」唯一の写本発見河北省邢台市

    中国河北省邢台(けいだい)市経済開発区沙河城(さかじょう)鎮十里鋪(じゅうりほ)村の住民、宋地財(そう・ちざい)さんの家でこのほど、文化財専門家が清代「宋氏宗譜」の唯一の写本を発見した。唐代の宰相、宋璟(そう・けい)の第32代子孫にあたる宋孟鄰(そう・もうりん)が、今から124年前の清代光緒20年(甲午年、1894年)夏に書き写したもの。この家譜に書かれた記録は、時間的・空間的広がりが大きく、保存状態も良好で、系譜のつながりもはっきりしている。こうした資料が現存するのは大変珍しく、宋璟の研究において極めて高い価値を持っている他、歴史文化や家族文化の伝承という点でも重要な意義を持っている。(記者/岳文婷)<映像内容>清代「宋氏宗譜」の唯一の写本を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720619

  • 03:11.36
    2018年11月10日
    「新華社」千枚近い土地売買契約書が伝える300年の歴史の変遷河北省故城県

    中国河北省衡水(こうすい)市故城(こじょう)県の劉石営(りゅう・せきえい)さんがこのほど、30年余り収集してきた千枚近い土地売買契約書を展示する「中国土地売買契約書文化展」を改革開放40周年記念として開催し、無料で公開した。劉さんが所蔵する千枚近い土地売買契約書は、役所の印が押された契約書「官契」が中心で、最も古いものは清代の雍正7年(1729年)作成。その後は乾隆、嘉慶、道光、咸豊、同治、光緒、宣統各年間から中華民国まであり、最も新しいものは新中国成立後の1954年の契約書で、土地契約の歴史の終わりでもある。地域は山西、河北、山東、河南4省の契約書となっている。土地売買契約書は土地所有権の帰属の変更を証明する重要な史料であり、中国の各時代における土地所有権制度や土地帰属変更、土地管理制度をそのまま反映し、さらには歴史上のある時期における社会や経済、政治、文化の発展状況まで伝えるものでもある。その意味では、土地売買契約書は封建集権制度下の中国の最も深く厚みのある歴史を載せたものとも言える。(記者/張碩)<映像内容>中国土地売買契約書文化展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111209063

  • 02:13.44
    2019年02月15日
    「新華社」清朝康熙帝銘の「黄地三彩紫緑竜盤」展示始まる瀋陽故宮

    中国遼寧省にある瀋陽故宮の敬典閣で、このほど、瀋陽故宮博物院所蔵の「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」(清朝康熙帝銘の黄釉三彩による紫と緑の竜模様の大皿)が公開された。専門家によると、慈禧太后(西太后)がこの大皿を元にして、住まいである儲秀宮(しょしゅうきゅう)で使う大皿を作らせたという貴重な文化財だ。大皿の中心部には、2匹の竜が宝珠を奪い合う図が描かれている。紫と緑の2匹の蛟竜が雲や霧に乗って火炎宝珠を囲んでいる姿は、帝王と后妃の高い身分を象徴している。大皿の内側の側面には牡丹や桃、梅、椿など、8種類の花が描かれている。皿の縁と外側の側面は宝珠を追う雲竜の模様が飾られ、力強さと躍動感があふれている。皿の底面は、青い二重の円で囲まれた中央に、楷書で「大清康熙年製」と記されている。この「素三彩」(そさんさい)の技法による磁器は康熙年間以降、ほとんど作られなくなり、清末の光緒帝の時期になってようやく複製が作られた。国家1級文化財である「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」は今回、3カ月にわたって公開される。(記者/高銘)<映像内容>中国文化財の大皿「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501694

  • 2019年04月28日
    姉妹が考案の「ちまき茶」、人気沸騰中安徽省祁門県

    紅茶をクマザサの葉に詰める作業スタッフ。(4月28日撮影)中国安徽省南部の黄山市祁門(きもん)県は、黄山の西麓に位置する小さな町だ。ここは世界三大紅茶の一つ、祁門(きもん、キーマン)紅茶の産地として名高い。そして、清の光緒年間(1875~1908年)に祁門紅茶の生産が始まって百年余りを経たこの地で今、1980年代生まれの姉妹が考案した、ちまきを包むための野生のクマザサの葉に包んだ「ちまき茶」が、ネットで人気を集めている。(合肥=新華社配信/江雪霞)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700442

  • 2019年04月28日
    姉妹が考案の「ちまき茶」、人気沸騰中安徽省祁門県

    包み終えたちまき茶を紐でくくる作業スタッフ。(4月28日撮影)中国安徽省南部の黄山市祁門(きもん)県は、黄山の西麓に位置する小さな町だ。ここは世界三大紅茶の一つ、祁門(きもん、キーマン)紅茶の産地として名高い。そして、清の光緒年間(1875~1908年)に祁門紅茶の生産が始まって百年余りを経たこの地で今、1980年代生まれの姉妹が考案した、ちまきを包むための野生のクマザサの葉に包んだ「ちまき茶」が、ネットで人気を集めている。(合肥=新華社配信/江雪霞)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700408

  • 2019年04月28日
    姉妹が考案の「ちまき茶」、人気沸騰中安徽省祁門県

    ちまき茶を包む作業スタッフ。(4月28日撮影)中国安徽省南部の黄山市祁門(きもん)県は、黄山の西麓に位置する小さな町だ。ここは世界三大紅茶の一つ、祁門(きもん、キーマン)紅茶の産地として名高い。そして、清の光緒年間(1875~1908年)に祁門紅茶の生産が始まって百年余りを経たこの地で今、1980年代生まれの姉妹が考案した、ちまきを包むための野生のクマザサの葉に包んだ「ちまき茶」が、ネットで人気を集めている。(合肥=新華社配信/江雪霞)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700446

  • 2019年04月28日
    姉妹が考案の「ちまき茶」、人気沸騰中安徽省祁門県

    紅茶の茶葉と茶葉を包んだちまき茶。(4月28日撮影)中国安徽省南部の黄山市祁門(きもん)県は、黄山の西麓に位置する小さな町だ。ここは世界三大紅茶の一つ、祁門(きもん、キーマン)紅茶の産地として名高い。そして、清の光緒年間(1875~1908年)に祁門紅茶の生産が始まって百年余りを経たこの地で今、1980年代生まれの姉妹が考案した、ちまきを包むための野生のクマザサの葉に包んだ「ちまき茶」が、ネットで人気を集めている。(合肥=新華社配信/江雪霞)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700505

  • 2019年04月28日
    姉妹が考案の「ちまき茶」、人気沸騰中安徽省祁門県

    ちまき茶を製造中の製茶工場の作業スタッフ。(4月28日撮影)中国安徽省南部の黄山市祁門(きもん)県は、黄山の西麓に位置する小さな町だ。ここは世界三大紅茶の一つ、祁門(きもん、キーマン)紅茶の産地として名高い。そして、清の光緒年間(1875~1908年)に祁門紅茶の生産が始まって百年余りを経たこの地で今、1980年代生まれの姉妹が考案した、ちまきを包むための野生のクマザサの葉に包んだ「ちまき茶」が、ネットで人気を集めている。(合肥=新華社配信/江雪霞)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700555

  • 2019年05月02日
    姉妹が考案の「ちまき茶」、人気沸騰中安徽省祁門県

    煮沸した後冷水で冷やして自然処理した野生のクマザサの葉。これで茶葉を包む。(5月2日撮影)中国安徽省南部の黄山市祁門(きもん)県は、黄山の西麓に位置する小さな町だ。ここは世界三大紅茶の一つ、祁門(きもん、キーマン)紅茶の産地として名高い。そして、清の光緒年間(1875~1908年)に祁門紅茶の生産が始まって百年余りを経たこの地で今、1980年代生まれの姉妹が考案した、ちまきを包むための野生のクマザサの葉に包んだ「ちまき茶」が、ネットで人気を集めている。(合肥=新華社配信/江雪霞)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700434

  • 2019年05月07日
    姉妹が考案の「ちまき茶」、人気沸騰中安徽省祁門県

    包み終えたちまき茶。ちまきの葉の中に祁門紅茶が包まれている。(5月7日撮影)中国安徽省南部の黄山市祁門(きもん)県は、黄山の西麓に位置する小さな町だ。ここは世界三大紅茶の一つ、祁門(きもん、キーマン)紅茶の産地として名高い。そして、清の光緒年間(1875~1908年)に祁門紅茶の生産が始まって百年余りを経たこの地で今、1980年代生まれの姉妹が考案した、ちまきを包むための野生のクマザサの葉に包んだ「ちまき茶」が、ネットで人気を集めている。(合肥=新華社配信/江雪霞)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700415

  • 2019年05月07日
    姉妹が考案の「ちまき茶」、人気沸騰中安徽省祁門県

    ちまき茶は煮出すと濃厚な色合いになり、香りが立ちのぼる。(5月7日撮影)中国安徽省南部の黄山市祁門(きもん)県は、黄山の西麓に位置する小さな町だ。ここは世界三大紅茶の一つ、祁門(きもん、キーマン)紅茶の産地として名高い。そして、清の光緒年間(1875~1908年)に祁門紅茶の生産が始まって百年余りを経たこの地で今、1980年代生まれの姉妹が考案した、ちまきを包むための野生のクマザサの葉に包んだ「ちまき茶」が、ネットで人気を集めている。(合肥=新華社配信/江雪霞)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700587

  • 2019年07月09日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    9日、大邑県檔案館(資料館)が保管する清代光緒年間編纂(へんさん)の「大邑県志」。趙雲墓に関する記載がある。中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県檔案館提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:大邑県檔案館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600165

  • 2019年07月09日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    9日、大邑県檔案館(資料館)が保管する清代光緒年間編纂(へんさん)の「大邑県志」。趙雲墓に関する記載がある。中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県檔案館提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:大邑県檔案館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600164

  • 2019年07月18日
    河北省で清代の「李氏家譜」発見錦衣衛の世襲状況記す

    7月18日に撮影した「李氏家譜」の写本。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県でこのほど、文化財保護員が同県西張村の李姓の村民宅から清代光緒年間(1871~1908年)に記された、「李氏家譜」(家系図)の一冊だけの写本を発見した。新たに発見された「李氏家譜」の写本は糸とじ製本で、縦26センチ、横15センチ。紙は黄褐色で、230ページが残っている。すでにもろくなっており、縁の部分にはネズミがかんだ跡が残る。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501224

  • 2019年07月18日
    河北省で清代の「李氏家譜」発見錦衣衛の世襲状況記す

    7月18日に撮影した「李氏家譜」の写本。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県でこのほど、文化財保護員が同県西張村の李姓の村民宅から清代光緒年間(1871~1908年)に記された、「李氏家譜」(家系図)の一冊だけの写本を発見した。新たに発見された「李氏家譜」の写本は糸とじ製本で、縦26センチ、横15センチ。紙は黄褐色で、230ページが残っている。すでにもろくなっており、縁の部分にはネズミがかんだ跡が残る。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501257

  • 2019年07月18日
    河北省で清代の「李氏家譜」発見錦衣衛の世襲状況記す

    7月18日に撮影した「李氏家譜」の写本。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県でこのほど、文化財保護員が同県西張村の李姓の村民宅から清代光緒年間(1871~1908年)に記された、「李氏家譜」(家系図)の一冊だけの写本を発見した。新たに発見された「李氏家譜」の写本は糸とじ製本で、縦26センチ、横15センチ。紙は黄褐色で、230ページが残っている。すでにもろくなっており、縁の部分にはネズミがかんだ跡が残る。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501295

  • 2019年07月18日
    河北省で清代の「李氏家譜」発見錦衣衛の世襲状況記す

    7月18日、新たに発見された「李氏家譜」の写本を見せる村民。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県でこのほど、文化財保護員が同県西張村の李姓の村民宅から清代光緒年間(1871~1908年)に記された、「李氏家譜」(家系図)の一冊だけの写本を発見した。新たに発見された「李氏家譜」の写本は糸とじ製本で、縦26センチ、横15センチ。紙は黄褐色で、230ページが残っている。すでにもろくなっており、縁の部分にはネズミがかんだ跡が残る。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501313

  • 2019年07月18日
    河北省で清代の「李氏家譜」発見錦衣衛の世襲状況記す

    7月18日に撮影した「李氏家譜」の写本。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県でこのほど、文化財保護員が同県西張村の李姓の村民宅から清代光緒年間(1871~1908年)に記された、「李氏家譜」(家系図)の一冊だけの写本を発見した。新たに発見された「李氏家譜」の写本は糸とじ製本で、縦26センチ、横15センチ。紙は黄褐色で、230ページが残っている。すでにもろくなっており、縁の部分にはネズミがかんだ跡が残る。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501206

  • 2019年08月05日
    百年の老舖「丁蓮芳」浙江省湖州市

    5日、湖州市呉興区衣裳街の「丁蓮芳」。中国浙江省湖州市の「丁蓮芳千張包子」は、清代光緒4年(西暦1878年)に民間商人の丁蓮芳(てい・れんほう)が創立した現地では誰もが知る料理店で、「中華老字号」という政府認定の老舗企業にも選ばれている。「千張包子」は千張と呼ばれる豆腐干(豆腐を圧縮し干したもの)の皮に、肉や野菜を包んだものを指す。百年以上にわたり市場の変化を乗り越えてきた「丁蓮芳」は、主力商品の「千張包子」をベースに一連の特色豊かな商品を開発したほか、オンライン販売に進出するなど老舗の輝きを今に受け継いでいる。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080903937

  • 2019年08月05日
    百年の老舖「丁蓮芳」浙江省湖州市

    5日、湖州市呉興区衣裳街の「丁蓮芳」本店で「滷味(ルーウェイ)」と呼ばれる中華風煮込みを購入する客。中国浙江省湖州市の「丁蓮芳千張包子」は、清代光緒4年(西暦1878年)に民間商人の丁蓮芳(てい・れんほう)が創立した現地では誰もが知る料理店で、「中華老字号」という政府認定の老舗企業にも選ばれている。「千張包子」は千張と呼ばれる豆腐干(豆腐を圧縮し干したもの)の皮に、肉や野菜を包んだものを指す。百年以上にわたり市場の変化を乗り越えてきた「丁蓮芳」は、主力商品の「千張包子」をベースに一連の特色豊かな商品を開発したほか、オンライン販売に進出するなど老舗の輝きを今に受け継いでいる。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904038

  • 2019年08月05日
    百年の老舖「丁蓮芳」浙江省湖州市

    5日、湖州市呉興区衣裳街の「丁蓮芳」本店で「千張包子」を味わう客。中国浙江省湖州市の「丁蓮芳千張包子」は、清代光緒4年(西暦1878年)に民間商人の丁蓮芳(てい・れんほう)が創立した現地では誰もが知る料理店で、「中華老字号」という政府認定の老舗企業にも選ばれている。「千張包子」は千張と呼ばれる豆腐干(豆腐を圧縮し干したもの)の皮に、肉や野菜を包んだものを指す。百年以上にわたり市場の変化を乗り越えてきた「丁蓮芳」は、主力商品の「千張包子」をベースに一連の特色豊かな商品を開発したほか、オンライン販売に進出するなど老舗の輝きを今に受け継いでいる。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904041

  • 2019年08月06日
    百年の老舖「丁蓮芳」浙江省湖州市

    6日、湖州市呉興区の湖東街道にある「丁蓮芳」配送センターで、オンライン販売用の食品を梱包する従業員。中国浙江省湖州市の「丁蓮芳千張包子」は、清代光緒4年(西暦1878年)に民間商人の丁蓮芳(てい・れんほう)が創立した現地では誰もが知る料理店で、「中華老字号」という政府認定の老舗企業にも選ばれている。「千張包子」は千張と呼ばれる豆腐干(豆腐を圧縮し干したもの)の皮に、肉や野菜を包んだものを指す。百年以上にわたり市場の変化を乗り越えてきた「丁蓮芳」は、主力商品の「千張包子」をベースに一連の特色豊かな商品を開発したほか、オンライン販売に進出するなど老舗の輝きを今に受け継いでいる。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904036

  • 2019年08月06日
    百年の老舖「丁蓮芳」浙江省湖州市

    6日、湖州市呉興区の湖東街道にある「丁蓮芳」配送センターで「千張包子」を作る従業員。中国浙江省湖州市の「丁蓮芳千張包子」は、清代光緒4年(西暦1878年)に民間商人の丁蓮芳(てい・れんほう)が創立した現地では誰もが知る料理店で、「中華老字号」という政府認定の老舗企業にも選ばれている。「千張包子」は千張と呼ばれる豆腐干(豆腐を圧縮し干したもの)の皮に、肉や野菜を包んだものを指す。百年以上にわたり市場の変化を乗り越えてきた「丁蓮芳」は、主力商品の「千張包子」をベースに一連の特色豊かな商品を開発したほか、オンライン販売に進出するなど老舗の輝きを今に受け継いでいる。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904021

  • 2019年08月06日
    百年の老舖「丁蓮芳」浙江省湖州市

    6日、湖州市呉興区の湖東街道にある「丁蓮芳」配送センターで、蒸し上がった「千張包子」を取り出す従業員。中国浙江省湖州市の「丁蓮芳千張包子」は、清代光緒4年(西暦1878年)に民間商人の丁蓮芳(てい・れんほう)が創立した現地では誰もが知る料理店で、「中華老字号」という政府認定の老舗企業にも選ばれている。「千張包子」は千張と呼ばれる豆腐干(豆腐を圧縮し干したもの)の皮に、肉や野菜を包んだものを指す。百年以上にわたり市場の変化を乗り越えてきた「丁蓮芳」は、主力商品の「千張包子」をベースに一連の特色豊かな商品を開発したほか、オンライン販売に進出するなど老舗の輝きを今に受け継いでいる。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904027

  • 2019年08月06日
    百年の老舖「丁蓮芳」浙江省湖州市

    6日、湖州市呉興区の湖東街道にある「丁蓮芳」配送センターで作業を行う従業員。手元の黄色いのが「千張」、右のパットに包み終わった「千張包子」が並べられている。中国浙江省湖州市の「丁蓮芳千張包子」は、清代光緒4年(西暦1878年)に民間商人の丁蓮芳(てい・れんほう)が創立した現地では誰もが知る料理店で、「中華老字号」という政府認定の老舗企業にも選ばれている。「千張包子」は千張と呼ばれる豆腐干(豆腐を圧縮し干したもの)の皮に、肉や野菜を包んだものを指す。百年以上にわたり市場の変化を乗り越えてきた「丁蓮芳」は、主力商品の「千張包子」をベースに一連の特色豊かな商品を開発したほか、オンライン販売に進出するなど老舗の輝きを今に受け継いでいる。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904002

  • 00:54.74
    2019年08月23日
    「新華社」江西省贛州市の客家建築「雅渓囲屋」を訪ねて

    中国江西省贛州(かんしゅう)市全南県にある客家建築、雅渓囲屋は、世界文化遺産の暫定リストに登録されている。雅渓囲屋は同県竜源壩鎮の雅渓村に位置し、南側に出入り口が設けられた四角形の2棟の建築物「土囲」と「石囲」で構成される。土囲は「福星囲」とも呼ばれ、清時代の咸豊6年(1856年)に建造された。三合土で造られた敷地面積約600平方メートルの3階建て建築物。石囲は清時代の光緒11年(1885年)に建てられた。三合土と玉石で造られた敷地面積約410平方メートルの4階建て建築物。(記者/温美良)<映像内容>客家建築「雅渓囲屋」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082303660

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:52.47
    2019年10月21日
    「新華社」百年の歴史を持つ義倉が糧倉博物館に河北省深州市

    中国河北省深州市(衡水市が管轄する県級市)糧倉博物館が間もなく、5年にわたる丹念な修復工事を終えオープンする。飢饉(ききん)に備えて穀物を備蓄する倉庫だった深州盈億義倉(えいおくぎそう)の建物を利用した博物館では、来場者に中国北方の穀物備蓄の歴史に関する情報や伝統技術を直感的に了解させる。同博物館は義倉の建物を展示スペースとして、食糧生産文化、食糧文化、糧倉制度文化、古代糧倉文化テーマ、祭祀文化という五つのテーマに沿って展示を行っている。六つの展示室を持ち、展示エリアの総面積は1100平方メートルで、敷地面積は3428平方メートル。収蔵や展示、教育、科学研究を一体化した文化基地である。深州盈億義倉は清の光緒24年(1898年)に建てられたもので、中国北方の伝統的な住宅である四合院の建築様式を取り入れている。全体構造は東西二つの院(区画)に分かれており、東院は管理区、西院は備蓄倉庫区で、建物内は合計51部屋(柱間)あり食糧2万6千石余り、およそ1500トンが貯蔵可能だった。この糧倉の主な機能は備蓄と災害救済で、中国の第7期全国重点文物保護単位に指定されている。(記者/張碩)<映像内容>義倉の建物を利用した博物館、糧倉博物館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500731

  • 03:13.48
    2019年11月02日
    「新華社」軍人運動会終了後も冷めやらぬ人気「中華名楼」黄鶴楼に登る

    第7回世界軍人運動会は閉幕したが、開催都市となった中国湖北省武漢市の観光地は、まだ熱気が冷めない。名勝地「黄鶴楼」は連日延べ1万人以上の観光客でにぎわっている。2日、黄鶴楼を訪れてみると、大勢の観光客の姿であふれていた。ポーランドから来たというグループは、黄鶴楼の建築は壮大で文化の蓄積も厚くすばらしいと感想を述べた。武漢市の長江沿岸の蛇山(だざん)に位置する黄鶴楼は、湖南省の岳陽楼、江西省の滕王閣と並んで「江南三大名楼」とされ「天下絶景」の誉れが高い。黄鶴楼は三国時代の呉の黄武2(223)年に建立されて以来、各時代の文人墨客に親しまれてきた。たびたび戦乱に巻き込まれた黄鶴楼は、明、清の時代だけでも7回も破壊され、清の光緒10(1884)年には大火で焼失した。現在の黄鶴楼は明清期の残存構造の上に再建され、1985年に完成した。黄鶴楼の最上階の大壁画の前で、人々は争うように記念写真を撮っていた。壁画は「江天浩瀚(こうてんこうかん)」と呼ばれ、10幅の濃い色合いの写意画(画家の心意を描写した絵画)で構成されている。大きさは全体で約100平方メートルにのぼる。正面の壁に並ぶ3幅の壁画はそれぞれ「流逝」「浪淘沙」「華年」と題し、長江の文化および黄鶴楼の盛衰を描いている。壁画は1983年に制作を開始し、完成までに4年以上を費やしたという。今年、原作者の楼家本(ろう・かほん)氏が半年以上にわたって修復作業を行った。「金碧重彩」という中国の伝統的な壁画の形式で、天然の鉱植物顔料や「瀝粉貼金」「泥金」という技法を用いている。特にこのような大きなスケールで金泥を使って絵付けされた壁画は、古今東西に類を見ない。(記者/馮国棟)<映像内容>観光客の姿であふれる黄鶴楼の様子、撮影日:2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608564

  • 2019年11月22日
    第1回中国鉄道文化収蔵博覧会、河北省唐山市で開催

    展示品をスマートフォンで撮影する観光客。(11月22日撮影)第1回中国鉄道文化収蔵博覧会が11月16日から12月16日まで、河北省唐山市開灤(かいらん)博物館で開かれた。海外から戻り今回初めて公開された清末の「京漢鉄道写真集」の他、清代光緒13年(1887年)4月に開平鉄路公司が発行した開平(現在の唐山市開平区)から天津までの鉄道建設の出資を募る目論見書、清末の鉄道計画大綱、清末~民国期の債券、株券、汽車の切符、さまざまな時代の鉄道信号機、記章など1万5千点以上のコレクションが展示された。(唐山=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900213

  • 2019年11月22日
    第1回中国鉄道文化収蔵博覧会、河北省唐山市で開催

    唐山市で開かれた鉄道文化収蔵展。(11月22日撮影)。第1回中国鉄道文化収蔵博覧会が11月16日から12月16日まで、河北省唐山市開灤(かいらん)博物館で開かれた。海外から戻り今回初めて公開された清末の「京漢鉄道写真集」の他、清代光緒13年(1887年)4月に開平鉄路公司が発行した開平(現在の唐山市開平区)から天津までの鉄道建設の出資を募る目論見書、清末の鉄道計画大綱、清末~民国期の債券、株券、汽車の切符、さまざまな時代の鉄道信号機、記章など1万5千点以上のコレクションが展示された。(唐山=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900249

  • 2019年11月22日
    第1回中国鉄道文化収蔵博覧会、河北省唐山市で開催

    唐山市で開かれた鉄道文化収蔵展。(11月22日撮影)第1回中国鉄道文化収蔵博覧会が11月16日から12月16日まで、河北省唐山市開灤(かいらん)博物館で開かれた。海外から戻り今回初めて公開された清末の「京漢鉄道写真集」の他、清代光緒13年(1887年)4月に開平鉄路公司が発行した開平(現在の唐山市開平区)から天津までの鉄道建設の出資を募る目論見書、清末の鉄道計画大綱、清末~民国期の債券、株券、汽車の切符、さまざまな時代の鉄道信号機、記章など1万5千点以上のコレクションが展示された。(唐山=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900252

  • 2019年11月22日
    第1回中国鉄道文化収蔵博覧会、河北省唐山市で開催

    鉄道文化収蔵展を見学する観光客。(11月22日撮影)第1回中国鉄道文化収蔵博覧会が11月16日から12月16日まで、河北省唐山市開灤(かいらん)博物館で開かれた。海外から戻り今回初めて公開された清末の「京漢鉄道写真集」の他、清代光緒13年(1887年)4月に開平鉄路公司が発行した開平(現在の唐山市開平区)から天津までの鉄道建設の出資を募る目論見書、清末の鉄道計画大綱、清末~民国期の債券、株券、汽車の切符、さまざまな時代の鉄道信号機、記章など1万5千点以上のコレクションが展示された。(唐山=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900255

  • 2019年11月22日
    第1回中国鉄道文化収蔵博覧会、河北省唐山市で開催

    唐山市で開かれた鉄道文化収蔵展。(11月22日撮影)第1回中国鉄道文化収蔵博覧会が11月16日から12月16日まで、河北省唐山市開灤(かいらん)博物館で開かれた。海外から戻り今回初めて公開された清末の「京漢鉄道写真集」の他、清代光緒13年(1887年)4月に開平鉄路公司が発行した開平(現在の唐山市開平区)から天津までの鉄道建設の出資を募る目論見書、清末の鉄道計画大綱、清末~民国期の債券、株券、汽車の切符、さまざまな時代の鉄道信号機、記章など1万5千点以上のコレクションが展示された。(唐山=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900352

  • 2019年11月22日
    第1回中国鉄道文化収蔵博覧会、河北省唐山市で開催

    唐山市で開かれた鉄道文化収蔵展。(11月22日撮影)第1回中国鉄道文化収蔵博覧会が11月16日から12月16日まで、河北省唐山市開灤(かいらん)博物館で開かれた。海外から戻り今回初めて公開された清末の「京漢鉄道写真集」の他、清代光緒13年(1887年)4月に開平鉄路公司が発行した開平(現在の唐山市開平区)から天津までの鉄道建設の出資を募る目論見書、清末の鉄道計画大綱、清末~民国期の債券、株券、汽車の切符、さまざまな時代の鉄道信号機、記章など1万5千点以上のコレクションが展示された。(唐山=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900254

  • 2019年11月22日
    第1回中国鉄道文化収蔵博覧会、河北省唐山市で開催

    鉄道文化収蔵展を見学する観光客。(11月22日撮影)第1回中国鉄道文化収蔵博覧会が11月16日から12月16日まで、河北省唐山市開灤(かいらん)博物館で開かれた。海外から戻り今回初めて公開された清末の「京漢鉄道写真集」の他、清代光緒13年(1887年)4月に開平鉄路公司が発行した開平(現在の唐山市開平区)から天津までの鉄道建設の出資を募る目論見書、清末の鉄道計画大綱、清末~民国期の債券、株券、汽車の切符、さまざまな時代の鉄道信号機、記章など1万5千点以上のコレクションが展示された。(唐山=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900211

  • 2019年11月22日
    第1回中国鉄道文化収蔵博覧会、河北省唐山市で開催

    「毛沢東号の模範機関車チームに学ぶ」と書かれたプレートを示す解説員。(11月22日撮影)第1回中国鉄道文化収蔵博覧会が11月16日から12月16日まで、河北省唐山市開灤(かいらん)博物館で開かれた。海外から戻り今回初めて公開された清末の「京漢鉄道写真集」の他、清代光緒13年(1887年)4月に開平鉄路公司が発行した開平(現在の唐山市開平区)から天津までの鉄道建設の出資を募る目論見書、清末の鉄道計画大綱、清末~民国期の債券、株券、汽車の切符、さまざまな時代の鉄道信号機、記章など1万5千点以上のコレクションが展示された。(唐山=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900312

  • 01:09.88
    2019年12月11日
    「新華社」宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省

    中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は「中華名楼」として名高く、「江南三大名楼」に数えられる。考証によると三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。公開された宋代(西暦960~1279年)の復元模型は、当時の伝統絵画「界画」(かいが)に描かれた黄鶴楼を元にし、楼閣構造も正確に再現されており、軒先、柱梁、斗拱(ときょう、ますぐみ)、高欄などの細部に至るまで精緻に作られている。「黄鶴楼図」などの史料によると、宋代の黄鶴楼はすでに「建築群」に発展しており、山を背に長江に面していた。形状としては楼(重層建築)、台(眺望がきくように高く平らに造った建造物)、軒(小部屋)、廊(廊下)を持つ。主楼は2階建てで、屋根はいずれも反り返った「重檐」(ちょうえん、二重の屋根)となっている。建築群全体が厳格に配置され、各建物の主従関係が明確となっており、不ぞろいで変化に富んでいながら渾然一体となって宋楼の雄壮であかぬけた風采が見て取れる。宋代の黄鶴楼は南宋と金の戦いで破壊された。清代の黄鶴楼は古い画像に基づいて復元された。古い写真と文献によると清代の黄鶴楼は3層で、独特な壮麗さが建築の特色だったが、光緒10年(西暦1884年)に焼失した。スタッフによると、損壊した歴代の黄鶴楼の中で唯一残されたのは清代黄鶴楼の宝形造りの屋根だったという。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(記者/馮国棟)<映像内容>黄鶴楼の外観と模型、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121110517

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の内部。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602349

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602358

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡を散策する観光客。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602160

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の門の敷居に座り遊ぶ子どもたち。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602434

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602302

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602428

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「打黒獅」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602439

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「打黒獅」と「安貞旌鼓」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602508

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡を散策する観光客。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602143

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「安貞旌鼓」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602452

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の内観。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602366

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、中国と西洋の建築文化が融合した「永徳会館」。清の雍正元(1723)年に建築された。その後、光緒年間に修繕工事が行われ、1933年に改築された。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603772

  • 2020年03月06日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    6日、福州市倉山区の「閩海関税務司官邸」。清の光緒3(1877)年に建てられた木造れんが構造の建物。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603698

  • 2020年05月18日
    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催

    18日、山東博物館で展示された清朝光緒年間の粉彩秋操紀念杯(ふんさいしゅうそうきねんはい)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104769

  • 2020年05月18日
    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催

    18日、山東博物館で展示された清朝光緒年間の黄地粉彩雲竜文蓋豆(きじふんさいうんりゅうもんがいとう)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104746

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)の外観。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209050

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)の戯楼に陳列されている人形。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209074

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)の外観。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209079

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)の戯楼に陳列されている人形。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209015

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)に残る拝師堂。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209131

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館内(広東会館)の建築に残る清代のれんが彫刻「磚彫(せんちょう)」。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209051

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)の拝師堂の壁面に掛けられた中国戯曲の演目リスト。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209109

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)に残る劇場建築「戯楼」の舞台天井。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209040

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)に残る拝師堂の内部。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209041

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)に残る劇場建築「戯楼」の舞台。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209056

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)に残る劇場建築「戯楼」。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209069

  • 2020年05月26日
    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて

    26日、天津戯劇博物館(広東会館)の戯楼に陳列されている人形。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209039

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の室内に飾られた石碑の拓本。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403054

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の室内に設けられた演劇舞台。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403018

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の内部。四合院建築が幾つも連なる。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403025

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の内部。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402952

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の内部。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402978

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の内部。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403031

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の内部。四合院建築が幾つも連なる。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403061

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の内部。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402957

  • 2020年06月03日
    千年の古鎮・楊柳青鎮で石家大院の魅力に触れる天津市

    3日、天津市楊柳青鎮にある石家大院の室内に飾られた石碑の拓本。中国天津市で千年の古鎮と呼ばれる楊柳青鎮にある石家大院は、清末に天津八大家の一つに数えられた富豪、石元士(せき・げんし)の旧宅。かつては「華北第一宅」「天津第一家」として知られる。創建は光緒元(1875)年で140年以上の歴史を持つ。敷地面積は7500平方メートル、建築面積は2900平方メートル余り。中国北方の伝統家屋建築「四合院」を幾つもつなげた構造で18の中庭を持つ。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に登録され、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地にも指定されている。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403063

  • 00:50.07
    2020年06月11日
    「新華社」瀘州市にそびえる白亜の仏塔「報恩塔」四川省

    中国四川省瀘州(ろしゅう)市江陽区にある報恩塔は南宋時代の紹興18(1148)年、当時の地方長官、瀘南安撫使(あんぶし)の馮楫(ふう・しゅう)が母の恩に報いるために建立した。明代の弘治年間と清代の光緒4(1878)年、1985年に3回修復されたが、ほぼ創建時の原型を保っている。同塔は正面が東向きに建てられ、石やれんがを積み上げた構造になっている。「双檐七級楼閣式」と呼ばれる各階の軒が二重になった7階建ての楼閣型の塔で、高さは33・2メートル。8角形の塔身は上にいくにつれ細くなり、107段の螺旋階段が塔頂まで続く。塔内には龕(がん、仏像を納める厨子)90カ所と浮き彫りの石像256体がある。同塔は2013年5月、国務院により第7回全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/劉海、楊華)<映像内容>仏塔「報恩塔」の外観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504060

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・泰陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804768

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・崇陵の望柱。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804770

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804803

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・慕陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804808

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・昌西陵(嘉慶帝の皇后・孝和睿皇后の陵墓)の宝頂と回音壁。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804814

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵の崇陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804831

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・昌陵の俯瞰図。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804836

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・崇陵の隆恩門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804866

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804902

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・崇陵の牌楼門。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804908

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・慕陵の隆恩殿の屋根。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804913

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・慕陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804917

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵の崇陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804921

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・崇陵の牌楼門の彫刻。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804938

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804771

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804785

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・崇陵の牌楼門と神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804818

  • 2020年06月18日
    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省

    18日、清西陵・昌西陵(嘉慶帝の皇后・孝和睿皇后の陵墓)の石の祭壇。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804828

  • 1
  • 2
  • 3