KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 航路
  • フランス
  • 依頼
  • 南端
  • 建設
  • 指定
  • 文化遺産
  • 斜面
  • 景観

「光達距離」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年05月24日
    航路を照らす「百年の灯台」遼寧省大連市

    青空の下にそびえ立つ老鉄山灯台。(5月24日撮影)中国遼寧省大連市旅順口(りょじゅんこう)区の南端にある老鉄山の斜面に立つ老鉄山灯台(高さ約14メートル)は、清朝の税関が1892年にフランスへ設計と部品製造を依頼し、1893年に英国人技師が建設したもので、今では「全国重点文物(文化遺産)保護単位」に指定されている。灯台には大型光学レンズが装備され、光達距離は48キロに及ぶ。夜のとばりが降りると力強く光を放ち、大海原を行き交う船の道しるべとなっている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100721

  • 2019年06月26日
    航路を照らす「百年の灯台」遼寧省大連市

    26日、オレンジ色の夕日に照らされる灯台の屋根部分。中国遼寧省大連市旅順口(りょじゅんこう)区の南端にある老鉄山の斜面に立つ老鉄山灯台(高さ約14メートル)は、清朝の税関が1892年にフランスへ設計と部品製造を依頼し、1893年に英国人技師が建設したもので、今では「全国重点文物(文化遺産)保護単位」に指定されている。灯台には大型光学レンズが装備され、光達距離は48キロに及ぶ。夜のとばりが降りると力強く光を放ち、大海原を行き交う船の道しるべとなっている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100737

  • 2019年06月26日
    航路を照らす「百年の灯台」遼寧省大連市

    26日、老鉄山灯台と海が織りなす風景。中国遼寧省大連市旅順口(りょじゅんこう)区の南端にある老鉄山の斜面に立つ老鉄山灯台(高さ約14メートル)は、清朝の税関が1892年にフランスへ設計と部品製造を依頼し、1893年に英国人技師が建設したもので、今では「全国重点文物(文化遺産)保護単位」に指定されている。灯台には大型光学レンズが装備され、光達距離は48キロに及ぶ。夜のとばりが降りると力強く光を放ち、大海原を行き交う船の道しるべとなっている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100622

  • 2019年06月26日
    航路を照らす「百年の灯台」遼寧省大連市

    26日、海上から撮影した老鉄山灯台。中国遼寧省大連市旅順口(りょじゅんこう)区の南端にある老鉄山の斜面に立つ老鉄山灯台(高さ約14メートル)は、清朝の税関が1892年にフランスへ設計と部品製造を依頼し、1893年に英国人技師が建設したもので、今では「全国重点文物(文化遺産)保護単位」に指定されている。灯台には大型光学レンズが装備され、光達距離は48キロに及ぶ。夜のとばりが降りると力強く光を放ち、大海原を行き交う船の道しるべとなっている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100555

  • 2019年06月26日
    航路を照らす「百年の灯台」遼寧省大連市

    26日、老鉄山灯台と海が織りなす風景。中国遼寧省大連市旅順口(りょじゅんこう)区の南端にある老鉄山の斜面に立つ老鉄山灯台(高さ約14メートル)は、清朝の税関が1892年にフランスへ設計と部品製造を依頼し、1893年に英国人技師が建設したもので、今では「全国重点文物(文化遺産)保護単位」に指定されている。灯台には大型光学レンズが装備され、光達距離は48キロに及ぶ。夜のとばりが降りると力強く光を放ち、大海原を行き交う船の道しるべとなっている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100687

  • 2019年06月26日
    航路を照らす「百年の灯台」遼寧省大連市

    26日、老鉄山灯台と海が織りなす風景。中国遼寧省大連市旅順口(りょじゅんこう)区の南端にある老鉄山の斜面に立つ老鉄山灯台(高さ約14メートル)は、清朝の税関が1892年にフランスへ設計と部品製造を依頼し、1893年に英国人技師が建設したもので、今では「全国重点文物(文化遺産)保護単位」に指定されている。灯台には大型光学レンズが装備され、光達距離は48キロに及ぶ。夜のとばりが降りると力強く光を放ち、大海原を行き交う船の道しるべとなっている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100644

  • 2021年06月20日
    (1)赤鼎嶼灯台が運用開始福建省泉州市

    19日、赤鼎嶼灯台の全景。中国沿海の南北の大動脈、台湾海峡で19日、西側内航路の重要な方向転換地点となる赤鼎嶼(せきていしょ)灯台が正式運用を開始した。同灯台は福建省泉州市海域にあり、塔高18・9メートル、灯火標高35・07メートル。再生可能エネルギーにより電力を供給し、光達距離は15海里以上となる。レーダートランスポンダーなど現代化された航行誘導支援設備を持ち、泉州湾を出入りする各種船舶のニーズを満たすことができる。(泉州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009468

  • 2021年06月20日
    (5)赤鼎嶼灯台が運用開始福建省泉州市

    18日、赤鼎嶼灯台。中国沿海の南北の大動脈、台湾海峡で19日、西側内航路の重要な方向転換地点となる赤鼎嶼(せきていしょ)灯台が正式運用を開始した。同灯台は福建省泉州市海域にあり、塔高18・9メートル、灯火標高35・07メートル。再生可能エネルギーにより電力を供給し、光達距離は15海里以上となる。レーダートランスポンダーなど現代化された航行誘導支援設備を持ち、泉州湾を出入りする各種船舶のニーズを満たすことができる。(泉州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009471

  • 2021年06月20日
    (4)赤鼎嶼灯台が運用開始福建省泉州市

    19日、再生可能エネルギーを使用する赤鼎嶼灯台の灯火装置。(スマートフォンで撮影)中国沿海の南北の大動脈、台湾海峡で19日、西側内航路の重要な方向転換地点となる赤鼎嶼(せきていしょ)灯台が正式運用を開始した。同灯台は福建省泉州市海域にあり、塔高18・9メートル、灯火標高35・07メートル。再生可能エネルギーにより電力を供給し、光達距離は15海里以上となる。レーダートランスポンダーなど現代化された航行誘導支援設備を持ち、泉州湾を出入りする各種船舶のニーズを満たすことができる。(泉州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009473

  • 2021年06月20日
    (2)赤鼎嶼灯台が運用開始福建省泉州市

    19日、赤鼎嶼灯台。(小型無人機から)中国沿海の南北の大動脈、台湾海峡で19日、西側内航路の重要な方向転換地点となる赤鼎嶼(せきていしょ)灯台が正式運用を開始した。同灯台は福建省泉州市海域にあり、塔高18・9メートル、灯火標高35・07メートル。再生可能エネルギーにより電力を供給し、光達距離は15海里以上となる。レーダートランスポンダーなど現代化された航行誘導支援設備を持ち、泉州湾を出入りする各種船舶のニーズを満たすことができる。(泉州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009467

  • 2021年06月20日
    (3)赤鼎嶼灯台が運用開始福建省泉州市

    19日、赤鼎嶼灯台の頂部。中国沿海の南北の大動脈、台湾海峡で19日、西側内航路の重要な方向転換地点となる赤鼎嶼(せきていしょ)灯台が正式運用を開始した。同灯台は福建省泉州市海域にあり、塔高18・9メートル、灯火標高35・07メートル。再生可能エネルギーにより電力を供給し、光達距離は15海里以上となる。レーダートランスポンダーなど現代化された航行誘導支援設備を持ち、泉州湾を出入りする各種船舶のニーズを満たすことができる。(泉州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009472

  • 1