KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 支部書記
  • コミュニティー
  • スタッフ
  • ランキング
  • 感染対策
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 社会秩序
  • 訪問医師
  • 鉄道職員

「党支部書記」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年08月13日
    ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県

    黒竜江省ハルビン市通河県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地で、ハシバミの成長をチェックする同村党支部書記、王俊福(おう・しゅんふく)さん。(8月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河(つうか)県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地は、2016年に建設が始まった。村党支部が率先して長生ハシバミ農民専業合作社(協同組合)を設立。同基地で300ムー(20ヘクタール)の土地の使用権を請け負い、ハシバミを栽培している。同村の貧困世帯24戸は金融貧困扶助政策貸付を利用して合作社に加入し、毎年3千元(1元=約15円)以上の配当を受けている。また、同基地は村の貧困者17人に雇用を提供。年間の就労期間は約4カ月、1人当たり就労収入は2千元以上で、産業のけん引と的確な貧困扶助を実現している。(ハルビン=新華社配信/王鶴)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県

    黒竜江省ハルビン市通河県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地で、ハシバミの成長をチェックする同村党支部書記、王俊福(おう・しゅんふく)さん。(8月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河(つうか)県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地は、2016年に建設が始まった。村党支部が率先して長生ハシバミ農民専業合作社(協同組合)を設立。同基地で300ムー(20ヘクタール)の土地の使用権を請け負い、ハシバミを栽培している。同村の貧困世帯24戸は金融貧困扶助政策貸付を利用して合作社に加入し、毎年3千元(1元=約15円)以上の配当を受けている。また、同基地は村の貧困者17人に雇用を提供。年間の就労期間は約4カ月、1人当たり就労収入は2千元以上で、産業のけん引と的確な貧困扶助を実現している。(ハルビン=新華社配信/王鶴)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:38.08
    2020年05月29日
    「新華社」京雄都市間鉄道の雄安駅、主要構造部が完成河北省雄安新区

    中国鉄路北京局集団はこのほど、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道雄安駅・京雄操車場の主要構造部が5月29日に完成したと発表した。同駅はホーム13面で23線、延床面積は47万5千平方メートルと、サッカー場66面分に相当する。中国鉄路設計集団の雄安駅舎担当者、鍾京(しょう・きょう)氏によると、雄安駅の建設では、空母「遼寧」4隻分に相当する27万トンの鉄鋼を使用しているという。また中国中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部党支部書記の王星運(おう・せいうん)氏は、同駅の鉄骨構造の溶接継目は計32万カ所あり、7700トンの溶接ワイヤが必要だったことを明らかにした。つなげると地球を100周する長さになるという。雄安駅は2020年末に営業を開始する予定で、京雄鉄道のほか、京港台(北京市-香港-台湾)、津雄(天津市-河北省雄安新区)など複数の鉄道路線やバス・タクシーなどの公共交通機関との立体的な乗り換えが同駅で実現する見込み。(記者/丁静)<映像内容>京雄都市間鉄道の雄安駅の建設、撮影日:2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県

    トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県

    仕事を依頼している貧困戸と共に温室内の草取りをする董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県

    阜南県会竜鎮閆廟村で自身のトウガラシ栽培用ハウスで忙しく働く董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県

    トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、江西省南昌市西湖区で同僚と共に住民に薬を届け、訪問診察をする同市第六医院公共衛生科の医師、胡小玲(こ・しょうれい)さん(右)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、同僚と共に村の感染予防・抑制状況を見て回る江西省南昌市南昌県南新郷九聯村党支部の第1書記の応文偉(おう・ぶんい)氏(右)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、江西省南昌市西湖区の住民にアルコールなどの日用消毒品を届ける同市第六医院公共衛生科の医師、胡小玲さん(中)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、スマートフォンでそれぞれの歩数を見せる車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長(左上)、ボランティアの占鋒(せん・ほう)さん(右上)、訪問医師の胡小玲(こ・しょうれい)さん(左下)、村の党支部の第1書記の応文偉(おう・ぶんい)氏。(組み合わせ写真)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、同僚と共に江西省南昌市西湖区の集合住宅の住民に薬を届ける同市第六医院公共衛生科の医師、胡小玲(こ・しょうれい)さん(左)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月25日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月25日、江西省南昌市の南昌西駅で親子を助ける駅総合サービスセンターのスタッフ、占鋒(せん・ほう)さん(右)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月20日、村民のためにアヒルの卵と野菜の買い手に連絡する江西省南昌市南昌県南新郷九聯村党支部の第1書記の応文偉(おう・ぶんい)氏。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    南昌駅で旅客に列車を待つよう誘導する同駅の車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長(左)。(2月7日撮影)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    南昌駅を巡回検査する同駅の車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長。(2月7日撮影)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    江西省南昌駅で旅客にマスクを着用するよう呼び掛ける同駅の車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長。(2月7日撮影)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:01.68
    2019年11月18日
    「新華社」飼い葉集めに大忙し青海チベット高原で冬支度始まる

    初冬を迎え、中国青海省の南部では、広範囲にわたって雪が降り、気温が下がった。天気の変化が牧畜業に与える影響に備え、長江、黄河、瀾滄江の「三江」の源流を擁する同省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県の牧畜民は、家畜を無事に越冬させようと一生懸命飼い葉を集めている。県下の格多村の党支部書記によると、同村では2013年から牧草を植え始め、以前はげ山と荒れ地が広がっていた格多草原のうち、約11万ムー(約7300ヘクタール)が現在では緑に覆われている。(記者/田文傑)<映像内容>青海チベット高原の雪景色、飼い葉を集める様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:06.83
    2018年11月10日
    「新華社」「一帯一路」沿線国の研修生、農業技術を学びに中国へ

    キルギスの農業技術研修グループの研修生約30人がこのほど、農業技術を学ぶために中国河南省濮陽(ぼくよう)市の農村党支部書記学院を訪れた。濮陽の企業の代表現在、貴国と協力できるプロジェクトは、トウガラシと食用キノコの加工だと思います。同学院では、キルギスの研修生と地元の企業家とのマッチング商談会が行われ、双方は約10項目で提携の基本合意に達した。13日までの研修期間中、研修生は中国の農業技術を学び、農業栽培や農産物・木材加工などを見学する。同学院は主に中国の農村末端幹部を育成するために設立された機関で、このほど中国農業農村部から、対外支援研修プロジェクトの教育拠点として定められ、「一帯一路」沿線国を支援する研修プロジェクトの一部が行われている。今年9月、同学院は南スーダンの研修生に貧困者支援と社区(コミュニティー)発展に関する研修を行い、中国の貧困者支援と農村社区管理の経験を伝えた。(記者/楊金鑫)<映像内容>キルギスの研修生が農業技術を学びに中国へ訪れた様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月04日
    農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県

    4日、観光客に「農業観光」事業に関する意見を求める蘇家山村の党支部書記、蘇文達さん(右端)。中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月05日
    中共一大会址記念館でテーマ展示「マルクスに敬意を表す」開催

    5日、当日第200人目の来館者、上海市嘉定区封浜小学校の周青珍党支部書記に「共産党宣言」の複製本を贈呈する中共一大会址記念館の徐明副館長(右)。中国上海市にある中国共産党第一次全国代表大会会址記念館で5日、テーマ展示「マルクスに敬意を表す」が開催された。館長や専門家、解説員全員が、館内の貴重な所蔵品を示しながら、来館者に「共産党宣言」の初の中国語全訳にまつわる逸話を紹介するなど、ユニークな形でマルクス生誕200周年を記念した。(上海=新華社記者/胥暁璇)=2018(平成30)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月09日
    キヌア栽培を普及し農業構造を調整甘粛省蘭州市

    9日、キヌア栽培について説明する黄峪鎮尖山村の石培発・共産党支部書記。(左から2人目)中国甘粛省蘭州市七里河区黄峪鎮は9日、南米産の穀物キヌアの栽培説明会を行い、現地の農家にキヌアの種を配布した。黄峪鎮では、昨年キヌア栽培を導入して大きな利益を得たことを受け、今年はキヌアの作付面積を1千ムー(約66ヘクタール)に拡大する。農業構造の調整を推進し、農家の所得向上を図る。(蘭州=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月15日
    全人代代表貧困脱却堅塁攻略の経験と実践を語る

    15日、記者と交流する全人代代表、四川省広元市蒼渓県白駅鎮岫雲村党支部書記の李君氏。国務院新聞弁公室は15日、北京で国内外のメディアに向け記者会見を開催し、4人の末端からの全国人民代表大会(全人代)代表が「貧困脱却堅塁攻略」をめぐり、貧困脱却扶助の経験と実践について語った。(北京=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月15日
    全人代代表貧困脱却堅塁攻略の経験と実践を語る

    15日、記者と交流する中国全人代代表、内モンゴル自治区赤峰市松山区大廟鎮小廟子村党支部書記の趙会潔氏。国務院新聞弁公室は15日、北京で国内外のメディアに向け記者会見を開催し、4人の末端からの全国人民代表大会(全人代)代表が「貧困脱却堅塁攻略」をめぐり、貧困脱却扶助の経験と実践について語った。(北京=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月06日
    未来を繋ぐ希望の道「一帯一路」5年間の成果を総括

    2月6日、アフガニスタンの首都カブールの工事現場で、アフガニスタン支援国家職業技術学院のプロジェクトについて同僚とやり取りする中鉄十四局集団海外事業所支社駐中央アジア事務所党支部書記の王闖さん(右から3人目)。中国の習近平国家主席は2013年秋の外遊中に、「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海上シルクロード」のイニシアチブを打ち出し、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」の理念を提唱し、国際社会から幅広い注目と積極的な反応を得た。それからの5年間、「一帯一路」イニシアチブは理念から行動、ビジョンから現実への転換を果たし、世界の共同発展と繁栄の実現に推進力を注ぎ込み、尽きることのない原動力を加えた。(北京=新華社記者/代賀)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2005年09月27日

    「カラー」 ◎仲谷良子、なかや・りょうこ、第44回(2005年)衆院選特別通信、重複、青森1区、東北ブロック、社民、党青森県副代表(市議、社会党支部書記)青森市、青森高、2005年8月11日撮影、顔

  • 1