KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ホンダ
  • 令和
  • 日刊工業新聞
  • 電気自動車
  • アライアンス
  • エンジン
  • カギ
  • サプライズ
  • 具体
  • 反応

「全固体電池」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
50
( 1 50 件を表示)
  • 1
50
( 1 50 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年12月21日
    日本特殊陶業の全固体電池

    キーワード:日本特殊陶業、全固体電池、NTKテクニカルセラミックス、NGKスパークプラグ、ロゴマーク=2017(平成29)年12月12日、愛知県名古屋市(ロイター=共同)

    商品コード: 2022020108193

  • 2017年12月21日
    ホンダ、日産が次世代電池

    全固体電池の構造

    商品コード: 2017122100677

  • 2017年12月21日
    ホンダ、日産が次世代電池

    全固体電池の構造

    商品コード: 2017122100686

  • 2017年12月21日
    ホンダ、日産が次世代電池

    全固体電池の構造

    商品コード: 2017122100690

  • 2017年12月21日
    ホンダ、日産が次世代電池

    全固体電池の構造

    商品コード: 2017122100693

  • 2018年05月01日
    東京工業大の菅野了次教授 全固体電池で日本リード

    東京工業大の菅野了次教授

    商品コード: 2018050100372

  • 2018年05月01日
    全固体電池 全固体電池で日本リード

    東京工業大などが開発した全固体電池=4月、横浜市

    商品コード: 2018050100373

  • 2018年05月01日
    全固体電池で日本リード

    リチウムイオン電池と全固体電池の比較

    商品コード: 2018050100376

  • 2018年05月01日
    全固体電池で日本リード

    リチウムイオン電池と全固体電池の比較

    商品コード: 2018050100377

  • 2018年05月01日
    全固体電池で日本リード

    リチウムイオン電池と全固体電池の比較

    商品コード: 2018050100378

  • 2018年05月01日
    全固体電池で日本リード

    リチウムイオン電池と全固体電池の比較

    商品コード: 2018050100379

  • 2018年06月15日
    事業に参加する担当者ら 次世代電池開発で官民連携

    全固体電池の開発事業に参加するNEDOや自動車メーカーの担当者ら=15日午後、東京都文京区

    商品コード: 2018061501282

  • 2018年06月20日
    開発競争が激化

    東京工業大などが開発した全固体電池

    商品コード: 2018062000449

  • 2018年09月13日
    次世代電池2兆円市場へ

    全固体電池の世界市場規模

    商品コード: 2018091321660

  • 2018年09月13日
    次世代電池2兆円市場へ

    全固体電池の世界市場規模

    商品コード: 2018091321668

  • 2018年09月13日
    次世代電池2兆円市場へ

    全固体電池の世界市場規模

    商品コード: 2018091321675

  • 2018年09月13日
    次世代電池2兆円市場へ

    全固体電池の世界市場規模

    商品コード: 2018091321685

  • 2019年06月13日
    村田製作所のサンプル出荷を開始した全個体電池

    村田製作所は2019年度内にセラミックス技術を応用した全固体電池の量産に乗り出す。野洲事業所(滋賀県野洲市)の電池関係の生産棟に量産ラインを新設する。当面の生産能力は月10万個を予定する。試作品の容量は他社製品と比べて100倍の10ミリアンぺア時強と業界最高レベル。17年にソニーから買収したリチウムイオン二次電池事業を含め、注力するエネルギー関連市場への展開を加速する。電解質にセラミックス材料を使った面実装タイプの「セラミックス全固体電池」を量産する。積層セラミックコンデンサー(MLCC)の製造設備を転用するほか、数億円を投じてドライルームなどの付帯設備を整える。このほどサンプル出荷を始めた。大きさは縦5・7ミリ×横9・6ミリ×高さ5・2ミリメートル。材料組成を改良し、容量を大幅に高めた。さらにエネルギー密度を向上し、既存のリチウムイオン二次電池からの置き換え需要や競合品と差別化する。=2019(令和元)年6月13日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103448

  • 2019年10月14日
    村田製作所の全固体電池 自動運転バスが走行

    村田製作所が展示した全固体電池=14日午後、千葉市の幕張メッセ

    商品コード: 2019101400251

  • 2019年10月15日
    太陽誘電の全固体電池 次世代電池の出展相次ぐ

    太陽誘電が展示した、太陽電池で発電した電気を全固体電池に蓄えられる小型の機器=15日午後、千葉市美浜区

    商品コード: 2019101501337

  • 2019年12月18日
    リブテックでノーベル賞受賞後会見する吉野彰氏

    2019年ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏(写真)は18日、理事長を務めるリチウムイオン電池材料評価研究センター(リブテック、大阪府池田市)を授賞式後初めて訪問し、所属する約70人に報告した。会見した吉野氏は「朝一番にみんなが集まってくれた。サインを入れたノーベル賞メダル型チョコレートをプレゼントした」と笑顔で話した。リブテックはリチウムイオン電池の関連企業から研究者が集い、電極材料や次世代の全固体電池などを研究している。吉野氏は「人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)など電池の周辺との融合を進めていかないといけない」と今後の展望を語り「環境問題は新しい産業が生まれる絶好のチャンス」と力を込めた。=2019(令和元)年12月18日、大阪府池田市のリブテック、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122700315

  • 2020年02月12日
    開発進める吉野氏ら 夢の電池、23年までに開発

    全固体電池の開発を進める吉野彰氏(右)、石黒恭生さん、鰐渕瑞絵さん=大阪府池田市

    商品コード: 2020021200862

  • 2020年02月12日
    吉野氏と石黒さん 夢の電池、23年までに開発

    全固体電池の開発を進める吉野彰氏(右)と石黒恭生さん=大阪府池田市

    商品コード: 2020021200861

  • 2020年02月12日
    二つの電池 夢の電池、23年までに開発

    リチウムイオン電池(左)と開発段階の全固体電池

    商品コード: 2020021200903

  • 2020年02月12日
    開発段階の全固体電池 夢の電池、23年までに開発

    開発段階の全固体電池

    商品コード: 2020021200902

  • 2020年10月06日
    大阪産業技術研究所が開発したリチウムイオン電池用固体電解質シート

    大阪産業技術研究所(ORIST)は、厚みが30マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下と薄膜ながら強度を備えた自立型のリチウムイオン電池用固体電解質シートを開発した。量産技術もめどをつけた。従来の固体電解質に比べ厚みが10分の1以下で、電気抵抗が小さいのが特徴。電極とともに積み重ねられ、大容量、高出力の全固体電池の実用化へ応用が期待される。全固体電池は電気自動車(EV)やIoT(モノのインターネット)機器への搭載に向け電極の開発が進む一方、正・負極間の電解質の厚みが大容量化の課題となっている。同研究所は、微細な貫通孔を持つ樹脂フィルムに電解質粉末を充填することで、強度を保ちつつ電解質の薄膜化に成功。電気抵抗を抑えられるほか、高度な充放電特性を備えることも確認された。今後、リチウムイオン電池材料評価研究センター(リブテック、大阪府池田市)が開発を進める電極と共に性能検証を進める。同シートはベースとなる樹脂フィルムに、感光材料を利用しパターンを生成するリソグラフィ技術で微細な孔を開け、硫化物系の固体電解質粉末を充填させ、加熱・加圧処理を施して作製する。同研究所は8センチメートル角のシート作製に成功したが、製造装置次第で大面積化できるという。全固体電池は実用化へ向け開発が加速。国内では村田製作所が2020年度下期中に酸化物系全固体電池の量産を開始し、トヨタ自動車が京都大学とフッ化物イオン電池の開発に乗り出している。大阪産業技術研究所は従来着目されてこなかった電解層の薄膜化により、全固体電池の大型化へ道を開いた。同シートは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が支援する「先進・革新蓄電池材料評価技術開発」第2期事業の一環で開発した。=2020(令和2)年10月6日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102403159

  • 2021年01月14日
    高速充電、安全性に優れ

    市場拡大が見込める全固体電池

    商品コード: 2021011406290

  • 2021年01月14日
    高速充電、安全性に優れ

    市場拡大が見込める全固体電池

    商品コード: 2021011406296

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408677

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408662

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408648

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408657

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408670

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する青山真二執行役専務

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408671

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408659

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408650

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408674

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408666

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408655

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408661

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(手前)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(奥)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408663

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408664

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408656

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408649

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する三部敏宏代表執行役社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408667

  • 2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408654

  • 2022年04月12日
    ホンダ ホンダe

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408658

  • 2022年04月12日
    ホンダ ホンダe

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408653

  • 2022年04月12日
    ホンダ N-BOX

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408676

  • 2022年04月12日
    ホンダ フィットe:HEV

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408665

  • 1