KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • ルート
  • 作業員
  • 包頭
  • 完了
  • 延長
  • 本線
  • 枕木

「八仙」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
54
( 1 54 件を表示)
  • 1
54
( 1 54 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Fa Hua Wine Jar.

    Fa Hua Wine Jar. Decoration on body depicting Shou Lao and the eight immortals. 15th century.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032904779

  • -
    Gold box with phoenix and emblems of eight Taoist Immortals.

    Gold box with phoenix and emblems of eight Taoist Immortals. China, 18th century (1701 - 1800) gold filigree, inset with turquoises、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019030802795

  • -
    Gold box with phoenix and emblems of eight Taoist Immortals.

    Gold box with phoenix and emblems of eight Taoist Immortals. China, 18th century (1701 - 1800) gold filigree, inset with turquoises、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019030802793

  • -
    Gold box with phoenix and emblems of eight Taoist Immortals.

    Gold box with phoenix and emblems of eight Taoist Immortals. China, 18th century (1701 - 1800) gold filigree, inset with turquoises、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019030802783

  • 1971年04月21日
    高取焼 八仙窯

    高取焼八仙窯=1971(昭和46)年4月頃、福岡県朝倉郡小石原村、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015100600352

  • 2007年06月12日
    飲中八仙図の複製 銀閣寺襖絵をデジタル複製

    報道陣に公開された与謝蕪村の襖絵「飲中八仙図」のデジタル技術を用いた複製品=12日午後、京都市左京区の銀閣寺

    商品コード: 2007061200175

  • 2015年06月28日
    台湾遊園地で百人超やけど

    台湾・八仙水上楽園

    商品コード: 2015062800003

  • 2015年06月28日
    台湾遊園地で百人超やけど

    台湾・八仙水上楽園

    商品コード: 2015062800004

  • 2015年06月28日
    台湾遊園地で百人超やけど

    台湾・八仙水上楽園

    商品コード: 2015062800005

  • 2015年06月28日
    台湾遊園地で百人超やけど

    台湾・八仙水上楽園

    商品コード: 2015062800006

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.47
    2017年03月11日
    「東奥日報」弘前でねぷたばやしの奉納演奏

    弘前市のねぷた絵師・八嶋龍仙さんの門下でつくる津軽八仙會(西谷昇仙会長)が、東日本大震災から6年目となる11日、弘前市の百石町展示館前でねぷたばやしの奉納演奏を行い、犠牲者の霊を慰めた。<映像内容>百石町展示館前でねぷたばやしの奉納演奏を行なう人とそれを見学する人たち、撮影日:2017年3月11日、撮影場所:青森県弘前市の百石町展示館前 クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2017120500427

  • 2018年05月16日
    桃の種に刻まれた芸術

    16日、雲渡村の雲渡桃彫伝習所で、桃の種を磨く雲守陽さん。中国江蘇省宿遷市泗陽県臨河鎮の雲渡村は、江蘇省無形文化遺産「雲渡桃彫」(桃の種に彫刻を施す芸術)の発祥の地。雲渡桃彫の代表的な伝承者の雲守陽さんは、子どもの頃から、桃の種に彫刻を施す技術を先輩に学び、長年の創作活動の中で日々研究を重ね、少しずつ自らの彫刻スタイルを作り上げてきた。雲さんの作品は形が美しく風格があり、生き生きとしている。「十八羅漢」や「八仙過海」などの作品で数多くの賞を獲得した。雲さんは、創作を行う傍ら、雲渡桃彫の製作技術の伝承に力を注いでいる。現在、実子を含む弟子10人と貴重な文化遺産を守っている。(泗陽=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100420

  • 2018年05月16日
    桃の種に刻まれた芸術

    16日、雲渡村の雲渡桃彫伝習所で、創作を行う雲守陽さん。中国江蘇省宿遷市泗陽県臨河鎮の雲渡村は、江蘇省無形文化遺産「雲渡桃彫」(桃の種に彫刻を施す芸術)の発祥の地。雲渡桃彫の代表的な伝承者の雲守陽さんは、子どもの頃から、桃の種に彫刻を施す技術を先輩に学び、長年の創作活動の中で日々研究を重ね、少しずつ自らの彫刻スタイルを作り上げてきた。雲さんの作品は形が美しく風格があり、生き生きとしている。「十八羅漢」や「八仙過海」などの作品で数多くの賞を獲得した。雲さんは、創作を行う傍ら、雲渡桃彫の製作技術の伝承に力を注いでいる。現在、実子を含む弟子10人と貴重な文化遺産を守っている。(泗陽=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100426

  • 2018年05月16日
    桃の種に刻まれた芸術

    16日、雲守陽さんの作品「十二支」。中国江蘇省宿遷市泗陽県臨河鎮の雲渡村は、江蘇省無形文化遺産「雲渡桃彫」(桃の種に彫刻を施す芸術)の発祥の地。雲渡桃彫の代表的な伝承者の雲守陽さんは、子どもの頃から、桃の種に彫刻を施す技術を先輩に学び、長年の創作活動の中で日々研究を重ね、少しずつ自らの彫刻スタイルを作り上げてきた。雲さんの作品は形が美しく風格があり、生き生きとしている。「十八羅漢」や「八仙過海」などの作品で数多くの賞を獲得した。雲さんは、創作を行う傍ら、雲渡桃彫の製作技術の伝承に力を注いでいる。現在、実子を含む弟子10人と貴重な文化遺産を守っている。(泗陽=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100522

  • 2018年11月09日
    中国中部地区の湖南省自然豊かな風景

    湖南省婁底(ろうてい)市双峰県梓門橋鎮の八仙村にある稲栽培モデル基地で、コンバインで稲刈りをする村民。(2018年11月9日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(長沙=新華社配信/李建新)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202446

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、ゆで豆腐。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110035

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、厚揚げ。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109479

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、キクラゲの料理。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109838

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、油粑粑。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110031

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した皮付き豚バラ肉の蒸し物の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109793

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した厚揚げの調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109962

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日、トロトロに煮立った坨坨肉の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109890

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した唐崖土司の「八大碗」。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109697

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影したニンジンとスペアリブの煮物の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109848

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日、豚のもも肉料理の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110026

  • 01:43.23
    2018年12月26日
    「新華社」「千年古県」蓬莱、上空からの眺め山東省

    中国山東省煙台市管轄の県級市の蓬莱(ほうらい)市は長い歴史を持ち、「千年古県」に認定されている。同市はこのところ晴天に恵まれ、上空からは青いレンガと瓦、楼閣や宮殿、華麗で壮大な建築物、青い海と銀色の砂浜などが広がる様子が見える。古風な趣を持つ蓬莱閣、三仙山(さんせんざん)、八仙過海(はっせんかかい)など美しい観光地が多く、まるで俗世を離れた仙境のようだ。(記者/李小波)<映像内容>「千年古県」蓬莱の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122700937

  • 2020年04月13日
    無形文化遺産「範製ひょうたん」技術を守る天津市

    13日、全華匏芸工作室に展示された「範製ひょうたん」作品「八仙過海」。中国天津市西青区にあるひょうたん工芸作家の黄全華(こう・ぜんか)さんの工房「全華匏芸工作室」を訪ねると、並べられた歴史と文化の要素が融合するひょうたん工芸作品は、一つ一つがとても生き生きとしている。黄さんは、同市を代表する無形文化遺産「範製ひょうたん」技術の伝承者。「範製ひょうたん」は、ひょうたんが小さなうちに型の中に入れ、その中で成長させることにより、思い通りのデザインのひょうたんを作り上げていく工芸。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042302011

  • 2020年09月13日
    中国近代絵画の巨匠、斉白石の作品展が開幕湖南省長沙市

    13日、長沙美術館に展示された「寿字八仙図」。高い名声を誇り、優れた創造力と大きな影響力を持った20世紀の中国画の巨匠、斉白石(せい・はくせき)の作品を集めた展覧会「斉白石の芸術の世界」が12日、湖南省長沙市の長沙美術館で開幕した。自然の風景や植物、動物を題材にした絵画のほか、書道や篆刻(てんこく)などの作品が展示され、多くの市民や観光客が鑑賞に訪れている。会期は12月12日まで。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605375

  • 2020年10月11日
    寿山石彫など優れた彫刻作品を一堂に展示福建省

    11日、寿山石を材料とした彫刻作品「八仙」。中国福建省福州市にある福建省工芸美術ビルで11日、第6回福建省「神芸杯」大会および「天工賞」ノミネート作品展が開幕した。寿山石彫や玉彫、印石篆刻など応募作品は約400点に上った。「神芸杯」は優秀な玉石彫刻作品や人材を発掘し、中国玉石彫刻文化の伝承や普及を目的とする大会で、入選作品の一部は優れた玉石彫刻を決める彫刻賞の「天工賞」にもノミネートされる。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400290

  • 2020年10月25日
    泥人形200年の歴史をたどる天津市の泥人張美術館を訪ねて

    10月25日、「泥人張」の6代目、張宇(ちょう・う)氏の作品「八仙過海」。中国天津市南開区古文化街通慶里四号院にある泥人張美術館は、2003年に泥人形の老舗「泥人張世家」の6代目伝承者、張宇(ちょう・う)氏の主導で設立された私立美術館で、同店で代々受け継がれてきた「彩塑」(着色した泥塑)の歴史をたどることができる。同館には初代から6代目までの所蔵作品約千点の中から厳選した逸品40点余りのほか、古い写真や手紙、書籍などの関連史料も展示されている。清の道光年間(1821~1850年)に創始された同市の泥人形の流派「泥人張」は、開祖の張明山(ちょう・めいざん)が活躍した時代から今まで、200年近くの歴史を刻んできた。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500091

  • 2020年11月17日
    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省

    17日、中国の代表的な仙人、八仙の一人である呂洞賓(りょ・どうひん)を祭る永楽宮の純陽殿。殿内の壁画は、宋、元代の社会生活や呂氏の生涯を研究する上で貴重な資料となっている。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604305

  • 00:49.11
    2021年04月06日
    「新華社」タンチョウの増加目指し「五年計画」始動遼寧省盤錦市

    中国遼寧省盤錦市では、市内を流れる遼河の河口近くがタンチョウの重要な生息場所となっている。同市は2016年からこれまでにタンチョウ156羽の繁殖に成功。今年に入り人工繁殖させたタンチョウを野生に返す「五年計画」に着手した。遼河河口西岸の八仙岡エリアにあるツルの野生復帰拠点は、静かで植物や水生生物が豊富なことから、タンチョウに適した環境となっている。毎年、野生のタンチョウが巣を作って繁殖しており、昨年は51羽が越冬した。野生復帰拠点では現在、118羽が野生順化訓練を受けており、今年7~8月に時機を見て自然に返されることになっている。同市は今後、毎年80羽の人工繁殖を計画している。野生復帰拠点での訓練の後、段階的に野生復帰を進めることで、タンチョウの個体群と飛来数の拡大が期待される。(記者/趙泳) =配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610403

  • 01:06.96
    2021年04月09日
    「新華社」春たけなわ、武当山で茶摘みのピーク湖北省

    中国湖北省十堰市に位置する武当山八仙観村の村民が、清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)前後の茶摘みのシーズンを迎えている。毎年この時期になると、地元の茶園には、村民たちが忙しそうに春茶の葉を摘む光景が広がる。八仙観村は武当山風景区の奥に位置し、平均標高800メートル余りの適度な気候に恵まれている。同村で生産された緑茶は国際博覧会の銘茶と評価され、中国農業博覧会で金賞を受賞して同省十大銘茶の一つとなった。2001年には欧州連合(EU)により有機茶の認証を受けている。(記者/李偉) =配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040906461

  • 00:51.24
    2021年05月04日
    「新華社」茶畑の緑輝く武当山湖北省

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山では、5日の立夏を前に、前山にある八仙観村から後山の武当口村まで、鮮やかな緑の茶畑が広がっている。(記者/李偉) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050403417

  • 2021年05月09日
    (3)恭王府博物館で無形文化遺産「大連貝彫」の展覧会北京市

    7日、恭王府博物館で展示された大連貝彫の作品「八仙」。中国北京市の恭王府博物館で7日、大連の伝統工芸品「大連貝彫」(貝彫刻)の作品を展示する展覧会「貝闕(けつ)天工万物更新-遼寧省無形文化遺産、大連貝彫精品展」が開幕した。同展は大連貝彫の歴史と文化、制作技法、道具および制作工程を「素材の美しさと技巧」「家喩戸暁(誰もがよく知っている)」「万物更新」の三つのコーナーに分けて紹介している。会期は24日まで。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050904177

  • 2021年05月20日
    (1)国際博物館の日、上海博物館で文化財の魅力に触れる

    18日、中国歴代印章館に展示されている「浮雕八仙上寿図寿山石(田黄)印」。「国際博物館の日」に当たる18日、中国上海市内にある111カ所の博物館が無料または通常の半額料金で開放された。上海博物館の中国古代青銅館、中国古代陶磁館、中国歴代印章館、中国歴代貨幣館が同日一般公開され、多くの市民や観光客が訪れた。同博物館には貴重な文化財約14万点を含む102万点以上の文化財が所蔵されており、所蔵品には青銅器や陶磁器、書画、璽印(じいん)、貨幣などが含まれる。なかでも青銅器、陶磁器、書画は、特色あるコレクションとして知られている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052100185

  • 2021年10月28日
    (5)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、レールの微調整データをチェックする作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811084

  • 2021年10月28日
    (12)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、機器を使って線路を測量する作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811125

  • 2021年10月28日
    (9)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、敷設された道床にコンクリートを流し込む作業員。(小型無人機から)中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811104

  • 2021年10月28日
    (10)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、線路にコンクリートを流し込む作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811102

  • 2021年10月28日
    (11)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、線路にコンクリートを流し込む準備をする作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811107

  • 2021年10月28日
    (8)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、道床にコンクリートを流し込む前に枕木の敷設状況を確認する作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811103

  • 2021年10月28日
    (7)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、道床を平らに整える作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811106

  • 2021年10月28日
    (3)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、レール調整機器を使いレールの微調整をする作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811086

  • 2021年10月28日
    (4)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、道床の設置をする作業員。(小型無人機から)中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811082

  • 2021年10月28日
    (1)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、道床の設置をする作業員。(小型無人機から)中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811073

  • 2021年10月28日
    (6)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、レール内鉄筋の絶縁固定処理をする作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811087

  • 2021年10月28日
    (2)貴南高速鉄道の広西区間でスラブ軌道工事始まる

    27日、貴南高速鉄道広西区間の八仙双線(複線)特大橋の工事現場で、線路にコンクリートを流し込む作業員。中国貴州省貴陽市と広西チワン族自治区南寧市を結ぶ貴南高速鉄道の広西区間で27日、スラブ軌道工事が始まった。同区間の全線約281キロでスラブ軌道を採用するため、枕木88万9千本の設置が必要となる。2022年3月に設置が完了し、4月にレール敷設工事が始まる。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の包頭‐海口線の重要な構成部分。本線総延長481キロ、設計速度350キロで、2023年末の全線開通を見込む。南寧-貴陽間の鉄道移動時間は2時間余りに短縮される。(河池=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102811080

  • 2021年12月29日
    (7)成都で「財富文化」がテーマの展覧会開幕四川省

    展覧会で展示された清代の凸雕暗八仙文福禄寿玉如意。(資料写真)中国四川省の成都博物館で、2022年が間近に迫った28日、「財富(富)文化」をテーマにした展覧会「富貴長春-中国伝統財富文化展」が始まった。同展は成都博物館が主催、中国文物交流センターが後援し、重慶中国三峡博物館やアモイ市博物館、瀋陽故宮博物院など9カ所の博物館が共同で企画。会場には中国の伝統的な「財富文化」にちなんだ逸品110点(組)余りが展示され、春節(旧正月)前後のおめでたい雰囲気を醸し出している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122911451

  • 2022年05月06日
    (1)空から見た湖北省武当山の茶畑

    空から見た武当山の茶園。(4月17日、小型無人機から)中国湖北省十堰市に位置する武当山では、車がつづら折りの坂道を上り、道教寺院の八仙観を過ぎると、斜面に連なる段々畑と、林の間に敷き詰めたような茶畑が現れる。同山は茶産地として古くから知られ、道士が木を厳選し、独自の方法で茶葉を製造加工していた。また、茶を使った養生法を研究し、由緒ある「武当道茶」を作り上げた。(十堰=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050602720

  • 2022年05月06日
    (4)空から見た湖北省武当山の茶畑

    空から見た武当山の茶園。(4月17日、小型無人機から)中国湖北省十堰市に位置する武当山では、車がつづら折りの坂道を上り、道教寺院の八仙観を過ぎると、斜面に連なる段々畑と、林の間に敷き詰めたような茶畑が現れる。同山は茶産地として古くから知られ、道士が木を厳選し、独自の方法で茶葉を製造加工していた。また、茶を使った養生法を研究し、由緒ある「武当道茶」を作り上げた。(十堰=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050602717

  • 2022年05月06日
    (3)空から見た湖北省武当山の茶畑

    空から見た武当山の茶園。(4月17日、小型無人機から)中国湖北省十堰市に位置する武当山では、車がつづら折りの坂道を上り、道教寺院の八仙観を過ぎると、斜面に連なる段々畑と、林の間に敷き詰めたような茶畑が現れる。同山は茶産地として古くから知られ、道士が木を厳選し、独自の方法で茶葉を製造加工していた。また、茶を使った養生法を研究し、由緒ある「武当道茶」を作り上げた。(十堰=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050602718

  • 00:56.83
    2022年05月06日
    「新華社」空から見た湖北省武当山の茶畑

    中国湖北省十堰市に位置する武当山では、車がつづら折りの坂道を上り、道教寺院の八仙観を過ぎると、斜面に連なる段々畑と、林の間に敷き詰めたような茶畑が現れる。同山は茶産地として古くから知られ、道士が木を厳選し、独自の方法で茶葉を製造加工していた。また、茶を使った養生法を研究し、由緒ある「武当道茶」を作り上げた。上空から見た茶畑にはバスケットボールコートほどの大きさを持つ「茶」の文字が見え、緑あふれる風景を形作っている。(記者/李偉) =配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050602751

  • 2022年05月06日
    (2)空から見た湖北省武当山の茶畑

    空から見た武当山の茶園。(4月17日、小型無人機から)中国湖北省十堰市に位置する武当山では、車がつづら折りの坂道を上り、道教寺院の八仙観を過ぎると、斜面に連なる段々畑と、林の間に敷き詰めたような茶畑が現れる。同山は茶産地として古くから知られ、道士が木を厳選し、独自の方法で茶葉を製造加工していた。また、茶を使った養生法を研究し、由緒ある「武当道茶」を作り上げた。(十堰=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050602719

  • 1