KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 古刹
  • 三山
  • 世界
  • 中国仏教協会
  • 仏塔
  • 侵攻
  • 創建
  • 参拝
  • 境内

「八大処公園」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
34
( 1 34 件を表示)
  • 1
34
( 1 34 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月28日
    冬季五輪歴代マスコット展が開幕北京市

    28日、展覧会で歴代マスコットを見学する来場者。「冬季五輪を迎える冬季五輪歴代マスコット展」が28日、中国北京市の八大処公園内の四処広場で開幕した。同展は冬季五輪に関する知識の普及と北京冬季五輪の後押しが目的で開かれ、歴代マスコットが集中的に展示、紹介された。(北京=新華社記者/李俊東)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009609

  • 2019年01月28日
    冬季五輪歴代マスコット展が開幕北京市

    28日、展覧会で歴代マスコットと記念撮影をする子ども。「冬季五輪を迎える冬季五輪歴代マスコット展」が28日、中国北京市の八大処公園内の四処広場で開幕した。同展は冬季五輪に関する知識の普及と北京冬季五輪の後押しが目的で開かれ、歴代マスコットが集中的に展示、紹介された。(北京=新華社記者/李俊東)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009554

  • 2019年01月28日
    冬季五輪歴代マスコット展が開幕北京市

    28日、展覧会で歴代マスコットを見学し、撮影する来場者。「冬季五輪を迎える冬季五輪歴代マスコット展」が28日、中国北京市の八大処公園内の四処広場で開幕した。同展は冬季五輪に関する知識の普及と北京冬季五輪の後押しが目的で開かれ、歴代マスコットが集中的に展示、紹介された。(北京=新華社記者/李俊東)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009608

  • 2019年01月28日
    冬季五輪歴代マスコット展が開幕北京市

    28日、展覧会で歴代マスコットを撮影する来場者。「冬季五輪を迎える冬季五輪歴代マスコット展」が28日、中国北京市の八大処公園内の四処広場で開幕した。同展は冬季五輪に関する知識の普及と北京冬季五輪の後押しが目的で開かれ、歴代マスコットが集中的に展示、紹介された。(北京=新華社記者/李俊東)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009604

  • 2019年01月28日
    冬季五輪歴代マスコット展が開幕北京市

    28日、展覧会で歴代マスコットを見学し、撮影する来場者。「冬季五輪を迎える冬季五輪歴代マスコット展」が28日、中国北京市の八大処公園内の四処広場で開幕した。同展は冬季五輪に関する知識の普及と北京冬季五輪の後押しが目的で開かれ、歴代マスコットが集中的に展示、紹介された。(北京=新華社記者/李俊東)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009605

  • 2019年01月28日
    冬季五輪歴代マスコット展が開幕北京市

    28日、展覧会で歴代マスコットを見学する来場者。「冬季五輪を迎える冬季五輪歴代マスコット展」が28日、中国北京市の八大処公園内の四処広場で開幕した。同展は冬季五輪に関する知識の普及と北京冬季五輪の後押しが目的で開かれ、歴代マスコットが集中的に展示、紹介された。(北京=新華社記者/李俊東)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009598

  • 2019年02月05日
    春節連休期間、北京市の観光客数は延べ811万7千人

    5日、隋唐から明清の古刹が集まる北京西郊の八大処公園で、初詣の長い列を作る観光客。中国の北京市文化・観光局は11日、春節(旧正月)連休期間中の観光客数と観光収入が前年同期比でいずれも増加したと発表した。同市を訪れた観光客は前年同期比53%増の延べ811万7千人、観光収入は同12・7%増の81億8500万元(1元=約16円)で、1人当たりの支出額は7・0%増の1008元だった。(北京=新華社記者/李俊東)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409729

  • 2021年04月29日
    八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、第20回中国園林茶文化節の会場で、民間の「採茶舞」を披露する雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県から来たスタッフ。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)=2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011734

  • 2021年05月02日
    (8)八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、来場者にプーアル(普洱)茶を紹介する雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県から来た茶(右)。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202127

  • 2021年05月02日
    (9)八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、中国園林茶文化節のブースで、展示の準備作業をする雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県から来た茶業者(右)。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202128

  • 2021年05月02日
    (4)八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、プーアル(普洱)茶を入れる雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県から来た茶業者(右)。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202129

  • 2021年05月02日
    (6)八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、中国園林茶文化節の会場に展示された雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県産のプーアル(普洱)茶と白茶。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202124

  • 2021年05月02日
    (1)八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、北京市の八大処公園で開かれた第20回中国園林茶文化節の開幕式の様子。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202123

  • 2021年05月02日
    (7)八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、来場者にプーアル(普洱)茶の試飲を勧める雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県から来た茶業者(右から二人目)。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202125

  • 2021年05月02日
    (2)八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、北京市の八大処公園で開かれた第20回中国園林茶文化節の開幕式の様子。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202122

  • 2021年05月02日
    (5)八大処公園で第20回中国園林茶文化節が開催北京市

    4月29日、プーアル(普洱)茶を入れる茶業者(右)。中国北京市にある西山風景区の南麓に位置する八大処公園で4月29日から、第20回中国園林茶文化節(祭)が開催されている。祭りの期間中には、民間闘茶大会や北方・南方の茶芸(中国茶道)の公演、茶文化知識講座など一連のイベントが行われる。(北京=新華社記者/李俊東)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050202126

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺許願台(願掛け所)から見た仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (5)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、ハグマノキと霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (18)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、八大処清凉寺の入り口から望む霊光寺仏牙舍利塔(中央)。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606496

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (8)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔(画像千仏塔)の基壇に設置された遺跡を示す碑刻。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (6)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、夕日に照らされた霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606311

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (10)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺の山門。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606473

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (13)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔の基壇に施された彫刻。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606480

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (15)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺の招仙塔基壇と仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (12)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔の基壇(部分)。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606401

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (4)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺心経照壁の横から見た仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606266

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (1)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺玉仏殿前から見た仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606250

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (11)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺の講堂。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606494

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (16)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔の基壇に施された彫刻。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606500

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (9)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺山門殿の後方から見た牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606315

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (7)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、夕日に照らされた八大処翠微山と霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606312

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (2)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺の玉仏殿と仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606249

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (14)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔の基壇(部分)。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606421

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (17)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、翠微山の山道から望む霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606423

  • 1