KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 一分
  • 一水
  • 中国
  • 八山
  • 景観
  • 様子
  • 空撮
  • 記者
  • 風景
  • この道

「八山一水一分」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 新しい順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:21.38
    2019年06月26日
    「新華社」カメラが捉えた野生動物の姿福建省将楽県

    中国福建省は昔から「八山一水一分田(8割が山、1割が河川・湖沼、1割が耕地)」と呼ばれ、非常に豊かな森林資源で知られる。同省三明市将楽県にある竜棲山国家級自然保護区は、総面積1万5700ヘクタール、森林率98%で、常緑広葉樹林が独特の景観を作り出している。保護区内には、ほぼ整った森林植生や森林生態系が保存されており、古くからの貴重な動植物が数多く含まれている。同保護区で今月初め、1台のカメラが国家2級保護動物である野生のツキノワグマが森林で活動する様子の撮影に成功。映像にはツキノワグマが森の中をぶらぶらと歩き、のんびり過ごす姿が捉えられていた。野外観測設備のカメラはこれまでにも、ジュケイやアカゲザルなど珍しい保護動物の撮影に成功している。(記者/林凱)<映像内容>中国福建省の自然の風景、クマやサルなど野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625269

  • 2018年04月02日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    2日、広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県六也郷の「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500124

  • 2018年03月30日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月30日、広西チワン族自治区凌雲県の弄福道路。(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500135

  • 2018年03月18日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月18日、広西チワン族自治区那坡県百省郷の那孟村各酬屯にある「1里10カーブ」。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500123

  • 2018年03月18日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月18日、広西チワン族自治区那坡県の百省郷那孟村にある「つづら折りの道」の一区間。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土、雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500149

  • 2018年03月14日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月14日、広西チワン族自治区那坡県の百南郷上保屯にある「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500109

  • 1