KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 家族
  • 建築
  • 建設
  • 配信
  • だいせん
  • ちょう
  • アルゼンチン
  • ファイルサイズ
  • モジ・ダス・クルーゼス
  • 世界的

「八徳」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年09月24日
    建物の取り壊し作業 声もなく立ち尽くす家族

    大量のがれきで行方不明者の発見が遅れている台北市東部、八徳路の倒壊したビル現場では、捜索活動を停止し建物を取り壊す作業が続いた=24日午前(共同)

    商品コード: 1999092400058

  • 2016年11月05日
    徳山ダム徳之山八徳橋

    キーワード:ダム、屋外、午後、秋、日本、風景、揖斐郡、ロックフィルダム、日本最大級、開田、徳之山八徳橋、徳山ダム、風景メイン写真=2016(平成28)年11月5日、岐阜県揖斐川町、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021508105

  • 2019年04月09日
    八徳の一本桜

    キーワード:サクラ、ソメイヨシノ、ピンク、一本桜、屋外、花、山、山並み、山里、自然、斜面、春、日本、飯能、風景、無人、八徳、風景メイン写真、八徳の一本桜=2019(平成31)年4月9日、埼玉県飯能市、クレジット:Koutaro_Makioka/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122101347

  • 2019年04月09日
    八徳の一本桜

    キーワード:サクラ、ソメイヨシノ、ピンク、一本桜、雲、屋外、花、山、山里、自然、斜面、春、晴れ、青空、日本、飯能、風景、無人、八徳、風景メイン写真、八徳の一本桜=2019(平成31)年4月9日、埼玉県飯能市、クレジット:Koutaro_Makioka/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122101326

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    当時、八徳園で張大千と共に生活した孫凱氏(後列中央)。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111400901

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    八徳園の「月橋」に立ち、ブラジル人の作業員に芙蓉(フヨウ)と梅の植え方を指導する張大千氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111400920

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    八徳園を散策する張大千氏(前列中央)、第四夫人の徐雯波(じょ・ぶんは)氏、孫雲生氏、孫凱氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111400875

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    ブラジルの郊外の市、モジ・ダス・クルーゼスにあるダムの下に隠れる、張大千が自ら設計した中国風庭園「八徳園」。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111400924

  • 2019年11月14日
    中国の著名画家、張大千がブラジルに残した「立体画」

    八徳園で石の上に腰を下ろす張大千氏。(資料写真)張大千(ちょう・だいせん)は世界的に有名な中国画の大家だが、彼が中国から遥かに遠いブラジルに「立体画」を残していることはあまり知られていない。張大千とブラジルで4年間共に生活したことのある孫凱(そん・がい)氏がこのほど取材に応じ、長年明らかにされてこなかった当時のことについて語った。孫氏は張大千に47年師事した愛弟子、孫雲生(そん・うんせい)氏の息子。1953年、張大千は米国から当時住んでいたアルゼンチンへ帰る途中、ブラジル・サンパウロ郊外のモジ・ダス・クルーゼス市で広く平らな荒れ地を目にした。それが故郷の成都に似ていると感じた張大千はその土地を購入し、庭園を築き「八徳園」と名付けた。八徳園は張大千自らが設計し、建築を開始してから住み始めるまでに3年かかったという。「先生は八徳園は自分の心の中の『立体画』だとおっしゃっていた」と孫氏。張大千は家族や弟子たち総勢十数人と八徳園で17年余り暮らし、世に知られる「長江万里図」「黄山図」「思郷図」などの傑作を描いた。孫氏は、父親から譲り受けた600点以上の張大千の絵画やその他の品物を成都市政府に寄贈した。双方は今後、「八徳園」をモチーフとして、博物館、美術館、庭園芸術館の3館が一体となった張大千芸術博物館を成都に建設する予定になっている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019111400925

  • 2022年02月05日
    (2)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の八徳台。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511582

  • 1