KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • オクトパスカード
  • チップ
  • 人民元
  • 令和
  • 公共交通機関
  • 利用可能
  • 採用
  • 深圳通
  • 通貨

「八達通」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」香港八達通がマスターカードと提携バーチャルプリペイドカードを発行
    01:45.43
    2019年03月11日
    「新華社」香港八達通がマスターカードと提携バーチャルプリペイドカードを発行

    中国香港の八達通有限公司は11日、米マスターカードと提携し、チャージ機能付きバーチャルプリペイドカードを発行すると発表した。「八達通(オクトパス)」は香港のプリペイド決済手段で、今回のマスターカードとの提携により、利用者は八達通の電子ウォレットをひも付けるだけで、バーチャルプリペイドカードの申し込みができる。マスターカードでの決済が必要なネットショップでの買い物も可能になる。八達通公司は、香港では消費者のオンラインショッピング需要が急増しているとし、バーチャルプリペイドカードの発行は、オンラインショッピングは好きだがクレジットカードは使いたくない、もしくは一時的にクレジットカードを保有していない利用者が決済する際の需要を満たすものだと説明した。一般的なクレジットカードとは違い、バーチャルプリペイドカードは残高を超えて使うことができない。利用者は電子ウォレットの残高から支払い額が確実に引き落とされるようにしなければならない。香港では現在、現金や銀行振り込みなどさまざまな方法で、簡単に八達通の電子ウォレットに入金できる。安全性を確保するため、利用者は携帯アプリからバーチャルプリペイドカードの利用を随時開始または停止できる。(記者/万後徳、梁嘉駿)<映像内容>香港八達通とマスターカードの提携発表の様子、撮影日:2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400194

  •  (4)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能
    2023年08月31日
    (4)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能

    30日、深圳市福田駅の地下鉄改札機前で深港互通行卡を見せる人。中国広東省深圳市で交通系ICカードを発行する深圳通が香港特別行政区の八達通卡(オクトパスカード)と共同で発行する「深港互通行卡」(深圳・香港相互通行カード)が30日、正式に運用を開始した。香港と本土327都市の公共交通機関の相互利用が可能となる。「深港一卡通」とも呼ばれる同カードは、1枚のチップに人民元と香港ドルの二つの通貨が組み込まれており、チャージシステムは香港ドルが八達通、人民元が中国交通運輸部の技術標準を採用している。(深圳=新華社記者/毛思倩)= 配信日: 2023(令和5)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023083114291

  •  (2)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能
    2023年08月31日
    (2)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能

    30日、深圳市で行われた発表会で深港一卡通を見せるスタッフ。中国広東省深圳市で交通系ICカードを発行する深圳通が香港特別行政区の八達通卡(オクトパスカード)と共同で発行する「深港互通行卡」(深圳・香港相互通行カード)が30日、正式に運用を開始した。香港と本土327都市の公共交通機関の相互利用が可能となる。「深港一卡通」とも呼ばれる同カードは、1枚のチップに人民元と香港ドルの二つの通貨が組み込まれており、チャージシステムは香港ドルが八達通、人民元が中国交通運輸部の技術標準を採用している。(深圳=新華社記者/毛思倩)= 配信日: 2023(令和5)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023083114293

  •  (3)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能
    2023年08月31日
    (3)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能

    30日、深圳通と八達通卡が共同で発行する深港互通行卡。中国広東省深圳市で交通系ICカードを発行する深圳通が香港特別行政区の八達通卡(オクトパスカード)と共同で発行する「深港互通行卡」(深圳・香港相互通行カード)が30日、正式に運用を開始した。香港と本土327都市の公共交通機関の相互利用が可能となる。「深港一卡通」とも呼ばれる同カードは、1枚のチップに人民元と香港ドルの二つの通貨が組み込まれており、チャージシステムは香港ドルが八達通、人民元が中国交通運輸部の技術標準を採用している。(深圳=新華社記者/毛思倩)= 配信日: 2023(令和5)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023083114285

  •  (5)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能
    2023年08月31日
    (5)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能

    30日、深圳市福田駅の地下鉄改札機で、深港互通行卡を使って改札を出る人。中国広東省深圳市で交通系ICカードを発行する深圳通が香港特別行政区の八達通卡(オクトパスカード)と共同で発行する「深港互通行卡」(深圳・香港相互通行カード)が30日、正式に運用を開始した。香港と本土327都市の公共交通機関の相互利用が可能となる。「深港一卡通」とも呼ばれる同カードは、1枚のチップに人民元と香港ドルの二つの通貨が組み込まれており、チャージシステムは香港ドルが八達通、人民元が中国交通運輸部の技術標準を採用している。(深圳=新華社記者/毛思倩)= 配信日: 2023(令和5)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023083114294

  •  (1)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能
    2023年08月31日
    (1)深圳と香港、共通交通系ICカードを発行本土327都市で利用可能

    30日、深圳市で開かれた深港一卡通の運用開始式。中国広東省深圳市で交通系ICカードを発行する深圳通が香港特別行政区の八達通卡(オクトパスカード)と共同で発行する「深港互通行卡」(深圳・香港相互通行カード)が30日、正式に運用を開始した。香港と本土327都市の公共交通機関の相互利用が可能となる。「深港一卡通」とも呼ばれる同カードは、1枚のチップに人民元と香港ドルの二つの通貨が組み込まれており、チャージシステムは香港ドルが八達通、人民元が中国交通運輸部の技術標準を採用している。(深圳=新華社記者/毛思倩)= 配信日: 2023(令和5)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023083114296

  • 1