KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 八里荘街道
  • 令和
  • 記者
  • データ
  • しょう
  • 農業
  • 位置
  • 産業
  • 農家
  • 対象

「八里」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
79
( 1 79 件を表示)
  • 1
79
( 1 79 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    湯本の山道

    湯本近くの山道であるが、箱根八里の旧東海道か、鎌倉時代の湯坂道か、あるいは、他の山道か不明である。背後に山等も見えないので、特定が困難である。旧東海道であれば、石畳が見えてもよさそうだが、有るか無いかはっきりしない。既に埋もれた可能性もある。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐1‐0]

    商品コード: 2017082400633

  • -
    Two Actors in a Yari-odori,

    Two Actors in a Yari-odori, i.e. Spear Dance, Edo period (16151868), 171013, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 10 3/8 x 14 3/4 in. (26.4 x 37.5 cm), Prints, Okumura Masanobu (Japanese, 16861764).、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022050703692

  • -
    箱根街道

    元箱根の一の鳥居付近の箱根旧街道と杉並木。電信柱は明治6年(1873)に東京・長崎間に開通した電信用である。つまり、電信線は江戸時代の東海道に沿って張られたので、箱根八里の旧東海道であるこの街道に電信線が見られるのである。樹間から、芦ノ湖と箱根神社の杜が見える。明治6年以降の撮影。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号68‐5‐0]

    商品コード: 2017082400253

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月20日
    撤去されるバス 北京市郊外で踏切事故

    20日午後3時15分、踏切から片付けられる連結バスの前部。後方は通過する列車=北京市郊外の十八里店(共同)(中国特派員5755・出稿)(カラーネガ)

    商品コード: 1994102000069

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月20日
    撤去されるバス 北京市郊外で踏切事故

    20日午後3時15分、踏切から片付けられる連結バスの前部。後方は通過する列車=北京市郊外の十八里店(共同)(中国特派員5755・出稿)(カラーネガ)

    商品コード: 1994102000075

  • 2017年02月18日
    移転で貧困脱却を実現甘粛省古浪県

    上:2017年2月18日に撮影した古浪県十八里堡郷中団村。下:2020年3月10日に撮影した中団村の移転地、黄花灘生態移民区感恩新村。(組み合わせ写真、いずれも小型無人機から)中国甘粛省武威市古浪県は、祁連山脈の麓に位置し、国が指定した六盤山広域特殊困難地区に含まれている。県南部の貧困地区である新堡、干城、横梁などの郷・鎮と数十の行政村は2013年以降、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の実施により、郷・鎮と村全体が同県黄花灘生態移民区に移転。19年末まで累計1万5300世帯、6万2400人の移住が完了した。移転後の地域では牛や羊の飼育、ビニールハウスでの野菜・果物栽培を中心とした貧困脱却産業の発展に注力し、住民が自宅前でビニールハウス栽培や家畜飼育を行うことで増収につながるよう後押ししている。長年にわたる努力と一連の貧困脱却支援策により、古浪県の貧困発生率は13年末の39・9%から、19年末には0・1%まで減少。今年初めに貧困県の返上を実現した。(武威=新華社記者/范培珅)=2017(平成29)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801427

  • 2017年02月18日
    移転で貧困脱却を実現甘粛省古浪県

    上:2017年2月18日に撮影した古浪県十八里堡郷中団村。下:2020年3月10日に撮影した中団村の移転地、黄花灘生態移民区感恩新村。(組み合わせ写真)中国甘粛省武威市古浪県は、祁連山脈の麓に位置し、国が指定した六盤山広域特殊困難地区に含まれている。県南部の貧困地区である新堡、干城、横梁などの郷・鎮と数十の行政村は2013年以降、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の実施により、郷・鎮と村全体が同県黄花灘生態移民区に移転。19年末まで累計1万5300世帯、6万2400人の移住が完了した。移転後の地域では牛や羊の飼育、ビニールハウスでの野菜・果物栽培を中心とした貧困脱却産業の発展に注力し、住民が自宅前でビニールハウス栽培や家畜飼育を行うことで増収につながるよう後押ししている。長年にわたる努力と一連の貧困脱却支援策により、古浪県の貧困発生率は13年末の39・9%から、19年末には0・1%まで減少。今年初めに貧困県の返上を実現した。(武威=新華社記者/范培珅)=2017(平成29)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801433

  • 2018年04月05日
    第1~3次産業の融合発展、農村振興に一役河北省棗強県

    5日、河北省棗強県八里庄村の民家。(ドローンで撮影)中国河北省棗強県八里庄村はここ数年、農業構造を調整し、第1~3次産業の融合発展を促進、特色ある産業、レジャー農業、農村観光地の建設を推進して、現代農業園区、新型の社区(地域コミュニティ)、バラ観光地をメインとする農業と観光を融合した「田園総合体」を構築している。農村振興に一役買っており、八里庄村は現在、バラの作付面積1500ムー(1ムー=約0・06ヘクタール)、ビニールハウスの果物・野菜作付面積500ムー、太陽光を活用した農地1500ムーにまで発展した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901166

  • 2018年04月05日
    第1~3次産業の融合発展、農村振興に一役河北省棗強県

    5日、河北省棗強県八里庄村の「スマート・ビニールハウス」でイチゴ狩りを楽しむ観光客。中国河北省棗強県八里庄村はここ数年、農業構造を調整し、第1~3次産業の融合発展を促進、特色ある産業、レジャー農業、農村観光地の建設を推進して、現代農業園区、新型の社区(地域コミュニティ)、バラ観光地をメインとする農業と観光を融合した「田園総合体」を構築している。農村振興に一役買っており、八里庄村は現在、バラの作付面積1500ムー(1ムー=約0・06ヘクタール)、ビニールハウスの果物・野菜作付面積500ムー、太陽光を活用した農地1500ムーにまで発展した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901177

  • 2018年04月05日
    第1~3次産業の融合発展、農村振興に一役河北省棗強県

    5日、河北省棗強県八里庄村の「スマート・ビニールハウス」でキュウリの芽かきをする農家。中国河北省棗強県八里庄村はここ数年、農業構造を調整し、第1~3次産業の融合発展を促進、特色ある産業、レジャー農業、農村観光地の建設を推進して、現代農業園区、新型の社区(地域コミュニティ)、バラ観光地をメインとする農業と観光を融合した「田園総合体」を構築している。農村振興に一役買っており、八里庄村は現在、バラの作付面積1500ムー(1ムー=約0・06ヘクタール)、ビニールハウスの果物・野菜作付面積500ムー、太陽光を活用した農地1500ムーにまで発展した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901172

  • 02:57.15
    2019年01月08日
    「新華社」漢代の車馬出行俑陪葬坑、膠東半島で初めて出土

    中国山東省の青島市文物保護考古研究所と平度(へいど)市博物館はこのほど、平度市で漢代の陪葬坑(ばいそうこう)を発掘した結果、坑内から40点余りの彩色された人俑や騎馬俑、馬俑(俑は副葬品として作られた像)などが出土したことを明らかにした。膠東(こうとう)半島で初めて見つかった車馬出行俑(しゃばしゅっこうよう)陪葬坑となる。青島市文物保護考古研究所のスタッフによると、濰莱(いらい)高速鉄道の建設工事に合わせ、2018年6月に平度市古峴(こけん)鎮八里庄村小光頂墓地で緊急考古学発掘調査が始まった。スタッフが墓を覆う二つの盛り土の発掘調査を行った結果、1号盛り土から陪葬坑を発見した。今回出土した文化財は全ての馬の頭が東南方向を向いており、考古学研究者はこの点にも注目している。この墓穴の東南方向には、前漢時代の膠東国の都で、約2千年前の古代膠東半島の政治、経済、文化、軍事の中心地だった墨故城の所在地があるからだ。2号盛り土の発掘中、スタッフが玉製の印章を発見した。印章の文字から、この墓穴の被葬者は金という姓であることが推定された。1号盛り土からは7穴、2号盛り土からは8穴の墓穴が発見されており、考古学研究者は、いずれも前漢時代中期の墓穴で、二つの大家族のものだと推測している。(記者/張旭東、趙小羽)<映像内容>漢代の陪葬坑発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010811551

  • 2020年03月05日
    巡回点検でスムーズな通信環境を保証内モンゴル自治区

    5日、フフホト市後八里荘村で、ケーブルの数を確認する保守担当者。中国内モンゴル自治区で円滑な通信環境を保証するため、中国聯合網絡通信集団(チャイナユニコム)フフホト支社は5日、通信回線と関連設備の巡回点検を実施した。保守担当者は設備の稼働状況、運用データの記録、設備の交換などを行い、円滑な通信回線の提供を確保した。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004302

  • 2020年03月05日
    巡回点検でスムーズな通信環境を保証内モンゴル自治区

    5日、フフホト市後八里荘村で、設備を交換する保守担当者。中国内モンゴル自治区で円滑な通信環境を保証するため、中国聯合網絡通信集団(チャイナユニコム)フフホト支社は5日、通信回線と関連設備の巡回点検を実施した。保守担当者は設備の稼働状況、運用データの記録、設備の交換などを行い、円滑な通信回線の提供を確保した。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004321

  • 2020年03月05日
    巡回点検でスムーズな通信環境を保証内モンゴル自治区

    5日、フフホト市後八里荘村で、通信設備を点検する保守担当者。中国内モンゴル自治区で円滑な通信環境を保証するため、中国聯合網絡通信集団(チャイナユニコム)フフホト支社は5日、通信回線と関連設備の巡回点検を実施した。保守担当者は設備の稼働状況、運用データの記録、設備の交換などを行い、円滑な通信回線の提供を確保した。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004322

  • 2020年03月05日
    巡回点検でスムーズな通信環境を保証内モンゴル自治区

    5日、フフホト市後八里荘村で、通信設備を点検する保守担当者。中国内モンゴル自治区で円滑な通信環境を保証するため、中国聯合網絡通信集団(チャイナユニコム)フフホト支社は5日、通信回線と関連設備の巡回点検を実施した。保守担当者は設備の稼働状況、運用データの記録、設備の交換などを行い、円滑な通信回線の提供を確保した。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004327

  • 2020年03月05日
    巡回点検でスムーズな通信環境を保証内モンゴル自治区

    5日、フフホト市後八里荘村で、通信設備を点検する保守担当者。中国内モンゴル自治区で円滑な通信環境を保証するため、中国聯合網絡通信集団(チャイナユニコム)フフホト支社は5日、通信回線と関連設備の巡回点検を実施した。保守担当者は設備の稼働状況、運用データの記録、設備の交換などを行い、円滑な通信回線の提供を確保した。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004320

  • 2020年03月05日
    巡回点検でスムーズな通信環境を保証内モンゴル自治区

    5日、フフホト市後八里荘村で、通信設備を点検する保守担当者。中国内モンゴル自治区で円滑な通信環境を保証するため、中国聯合網絡通信集団(チャイナユニコム)フフホト支社は5日、通信回線と関連設備の巡回点検を実施した。保守担当者は設備の稼働状況、運用データの記録、設備の交換などを行い、円滑な通信回線の提供を確保した。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004385

  • 2020年03月05日
    巡回点検でスムーズな通信環境を保証内モンゴル自治区

    5日、フフホト市後八里荘村で、光ケーブルの電柱を点検する保守担当者。中国内モンゴル自治区で円滑な通信環境を保証するため、中国聯合網絡通信集団(チャイナユニコム)フフホト支社は5日、通信回線と関連設備の巡回点検を実施した。保守担当者は設備の稼働状況、運用データの記録、設備の交換などを行い、円滑な通信回線の提供を確保した。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004309

  • 2020年03月05日
    巡回点検でスムーズな通信環境を保証内モンゴル自治区

    5日、フフホト市後八里荘村で、設備の運用データを記録する保守担当者。中国内モンゴル自治区で円滑な通信環境を保証するため、中国聯合網絡通信集団(チャイナユニコム)フフホト支社は5日、通信回線と関連設備の巡回点検を実施した。保守担当者は設備の稼働状況、運用データの記録、設備の交換などを行い、円滑な通信回線の提供を確保した。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004325

  • 2020年06月22日
    天津海爾洗濯機スマート互聯工場をゆく

    22日、天津海爾洗濯機互聯工場で、部品を検査する従業員。中国天津市津南区の八里台工業パークにある中国家電大手、海爾(ハイアール)集団の15番目のスマート互聯工場(相互接続工場)、天津海爾洗濯機互聯工場は、世界初の「スマート+5G」園区(パーク)。昨年9月に正式に稼働を開始し、現在、スマート総組み立てライン4本、スマートモジュールエリア3カ所、スマート物流システム3つを備える。同工場は100件以上のAI(人工知能)+5Gなどのモノのインターネット(IoT)技術を導入。15の5Gスマート製造の応用シーンを実現した。また、3千台余りのセンサーを装備したインダストリアル・インターネット・フレキシブル生産ラインを設計し、稼働を始めている。同市で最初に操業を再開した一定規模以上(年商2千万元以上、1元=約15円)の企業である同工場は現在、生産のペースをほぼ取り戻しており、通年の生産台数がおよそ200万台になると予測している。また、生産された製品は、中国の13省・直轄市で販売され、欧州や東南アジアなどへも輸出されている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804766

  • 2020年06月22日
    天津海爾洗濯機スマート互聯工場をゆく

    22日、天津海爾洗濯機互聯工場で、設備を調節する従業員。中国天津市津南区の八里台工業パークにある中国家電大手、海爾(ハイアール)集団の15番目のスマート互聯工場(相互接続工場)、天津海爾洗濯機互聯工場は、世界初の「スマート+5G」園区(パーク)。昨年9月に正式に稼働を開始し、現在、スマート総組み立てライン4本、スマートモジュールエリア3カ所、スマート物流システム3つを備える。同工場は100件以上のAI(人工知能)+5Gなどのモノのインターネット(IoT)技術を導入。15の5Gスマート製造の応用シーンを実現した。また、3千台余りのセンサーを装備したインダストリアル・インターネット・フレキシブル生産ラインを設計し、稼働を始めている。同市で最初に操業を再開した一定規模以上(年商2千万元以上、1元=約15円)の企業である同工場は現在、生産のペースをほぼ取り戻しており、通年の生産台数がおよそ200万台になると予測している。また、生産された製品は、中国の13省・直轄市で販売され、欧州や東南アジアなどへも輸出されている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804816

  • 2020年06月22日
    天津海爾洗濯機スマート互聯工場をゆく

    22日、天津海爾洗濯機互聯工場で、5G技術を利用して検証を行う従業員。中国天津市津南区の八里台工業パークにある中国家電大手、海爾(ハイアール)集団の15番目のスマート互聯工場(相互接続工場)、天津海爾洗濯機互聯工場は、世界初の「スマート+5G」園区(パーク)。昨年9月に正式に稼働を開始し、現在、スマート総組み立てライン4本、スマートモジュールエリア3カ所、スマート物流システム3つを備える。同工場は100件以上のAI(人工知能)+5Gなどのモノのインターネット(IoT)技術を導入。15の5Gスマート製造の応用シーンを実現した。また、3千台余りのセンサーを装備したインダストリアル・インターネット・フレキシブル生産ラインを設計し、稼働を始めている。同市で最初に操業を再開した一定規模以上(年商2千万元以上、1元=約15円)の企業である同工場は現在、生産のペースをほぼ取り戻しており、通年の生産台数がおよそ200万台になると予測している。また、生産された製品は、中国の13省・直轄市で販売され、欧州や東南アジアなどへも輸出されている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804849

  • 2020年06月22日
    天津海爾洗濯機スマート互聯工場をゆく

    22日、天津海爾洗濯機互聯工場の生産ライン。中国天津市津南区の八里台工業パークにある中国家電大手、海爾(ハイアール)集団の15番目のスマート互聯工場(相互接続工場)、天津海爾洗濯機互聯工場は、世界初の「スマート+5G」園区(パーク)。昨年9月に正式に稼働を開始し、現在、スマート総組み立てライン4本、スマートモジュールエリア3カ所、スマート物流システム3つを備える。同工場は100件以上のAI(人工知能)+5Gなどのモノのインターネット(IoT)技術を導入。15の5Gスマート製造の応用シーンを実現した。また、3千台余りのセンサーを装備したインダストリアル・インターネット・フレキシブル生産ラインを設計し、稼働を始めている。同市で最初に操業を再開した一定規模以上(年商2千万元以上、1元=約15円)の企業である同工場は現在、生産のペースをほぼ取り戻しており、通年の生産台数がおよそ200万台になると予測している。また、生産された製品は、中国の13省・直轄市で販売され、欧州や東南アジアなどへも輸出されている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804881

  • 2020年06月22日
    天津海爾洗濯機スマート互聯工場をゆく

    22日、天津海爾洗濯機互聯工場のスマート立体型倉庫の一角。中国天津市津南区の八里台工業パークにある中国家電大手、海爾(ハイアール)集団の15番目のスマート互聯工場(相互接続工場)、天津海爾洗濯機互聯工場は、世界初の「スマート+5G」園区(パーク)。昨年9月に正式に稼働を開始し、現在、スマート総組み立てライン4本、スマートモジュールエリア3カ所、スマート物流システム3つを備える。同工場は100件以上のAI(人工知能)+5Gなどのモノのインターネット(IoT)技術を導入。15の5Gスマート製造の応用シーンを実現した。また、3千台余りのセンサーを装備したインダストリアル・インターネット・フレキシブル生産ラインを設計し、稼働を始めている。同市で最初に操業を再開した一定規模以上(年商2千万元以上、1元=約15円)の企業である同工場は現在、生産のペースをほぼ取り戻しており、通年の生産台数がおよそ200万台になると予測している。また、生産された製品は、中国の13省・直轄市で販売され、欧州や東南アジアなどへも輸出されている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804868

  • 2020年06月22日
    天津海爾洗濯機スマート互聯工場をゆく

    22日、天津海爾洗濯機互聯工場で組み立て作業をする従業員。中国天津市津南区の八里台工業パークにある中国家電大手、海爾(ハイアール)集団の15番目のスマート互聯工場(相互接続工場)、天津海爾洗濯機互聯工場は、世界初の「スマート+5G」園区(パーク)。昨年9月に正式に稼働を開始し、現在、スマート総組み立てライン4本、スマートモジュールエリア3カ所、スマート物流システム3つを備える。同工場は100件以上のAI(人工知能)+5Gなどのモノのインターネット(IoT)技術を導入。15の5Gスマート製造の応用シーンを実現した。また、3千台余りのセンサーを装備したインダストリアル・インターネット・フレキシブル生産ラインを設計し、稼働を始めている。同市で最初に操業を再開した一定規模以上(年商2千万元以上、1元=約15円)の企業である同工場は現在、生産のペースをほぼ取り戻しており、通年の生産台数がおよそ200万台になると予測している。また、生産された製品は、中国の13省・直轄市で販売され、欧州や東南アジアなどへも輸出されている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804907

  • 2020年06月22日
    天津海爾洗濯機スマート互聯工場をゆく

    22日、天津海爾洗濯機互聯工場で、パトロールを行う警備ロボット。中国天津市津南区の八里台工業パークにある中国家電大手、海爾(ハイアール)集団の15番目のスマート互聯工場(相互接続工場)、天津海爾洗濯機互聯工場は、世界初の「スマート+5G」園区(パーク)。昨年9月に正式に稼働を開始し、現在、スマート総組み立てライン4本、スマートモジュールエリア3カ所、スマート物流システム3つを備える。同工場は100件以上のAI(人工知能)+5Gなどのモノのインターネット(IoT)技術を導入。15の5Gスマート製造の応用シーンを実現した。また、3千台余りのセンサーを装備したインダストリアル・インターネット・フレキシブル生産ラインを設計し、稼働を始めている。同市で最初に操業を再開した一定規模以上(年商2千万元以上、1元=約15円)の企業である同工場は現在、生産のペースをほぼ取り戻しており、通年の生産台数がおよそ200万台になると予測している。また、生産された製品は、中国の13省・直轄市で販売され、欧州や東南アジアなどへも輸出されている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804764

  • 01:06.87
    2020年06月22日
    「新華社」効率的なスマート水循環式養殖浙江省湖州市

    中国浙江省湖州市呉興区八里店鎮にある生態農業企業はこのほど、スマート水循環式養殖システムを実用化、1ムー(667平方メートル)当たりの収益は従来のため池養殖に比べ飛躍的に高まったという。連の技術はこの1年の間に、安徽省や四川省などに広がっている。スマート水循環式養殖システムには、水質監視・制御システム、酸素供給システム、用水処理システム、排水再利用処理システム、自動給餌システム、ごみ自動排出・浄化システムなどのモジュールが含まれる。溶存酸素、水質、水温、室温、照明など、魚類の生長環境調整を通じてIoT(モノのインターネット)スマート管理を実現しており、魚は1年中最適な生長環境で育つことができるという。(記者/鄭夢雨)<映像内容>スマート水循環式養殖システムの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403289

  • 2020年08月04日
    スイレンが村の産業を活性化浙江省湖州市

    4日、スイレン茶をポットに入れて湯を注ぐ芸溯家生態農場の従業員。中国浙江省湖州市呉興区の八里店鎮移沿山村にある芸溯家生態農場ではここ数年、広さ45ムー(約3ヘクタール)の水産養殖池で香水蓮という種類のスイレンを栽培している。香水蓮は池の水を浄化するほか、経済効果を高める役割も果たすことから、同農場は栽培から収穫、加工までの流れを構築し、より多くの農家に広めるための取り組みも進めている。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205194

  • 2020年08月04日
    スイレンが村の産業を活性化浙江省湖州市

    4日、芸溯家生態農場で釣りをする観光客。農場内の池では香水蓮を栽培しながら魚やエビも養殖している。中国浙江省湖州市呉興区の八里店鎮移沿山村にある芸溯家生態農場ではここ数年、広さ45ムー(約3ヘクタール)の水産養殖池で香水蓮という種類のスイレンを栽培している。香水蓮は池の水を浄化するほか、経済効果を高める役割も果たすことから、同農場は栽培から収穫、加工までの流れを構築し、より多くの農家に広めるための取り組みも進めている。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205195

  • 2020年08月04日
    スイレンが村の産業を活性化浙江省湖州市

    4日、香水蓮を摘み取る芸溯家生態農場の従業員。中国浙江省湖州市呉興区の八里店鎮移沿山村にある芸溯家生態農場ではここ数年、広さ45ムー(約3ヘクタール)の水産養殖池で香水蓮という種類のスイレンを栽培している。香水蓮は池の水を浄化するほか、経済効果を高める役割も果たすことから、同農場は栽培から収穫、加工までの流れを構築し、より多くの農家に広めるための取り組みも進めている。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205264

  • 2020年08月04日
    スイレンが村の産業を活性化浙江省湖州市

    4日、香水蓮を摘み取る芸溯家生態農場の従業員。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の八里店鎮移沿山村にある芸溯家生態農場ではここ数年、広さ45ムー(約3ヘクタール)の水産養殖池で香水蓮という種類のスイレンを栽培している。香水蓮は池の水を浄化するほか、経済効果を高める役割も果たすことから、同農場は栽培から収穫、加工までの流れを構築し、より多くの農家に広めるための取り組みも進めている。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205203

  • 2020年08月04日
    スイレンが村の産業を活性化浙江省湖州市

    4日、香水蓮を摘み取る芸溯家生態農場の従業員。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の八里店鎮移沿山村にある芸溯家生態農場ではここ数年、広さ45ムー(約3ヘクタール)の水産養殖池で香水蓮という種類のスイレンを栽培している。香水蓮は池の水を浄化するほか、経済効果を高める役割も果たすことから、同農場は栽培から収穫、加工までの流れを構築し、より多くの農家に広めるための取り組みも進めている。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205232

  • 2020年08月04日
    スイレンが村の産業を活性化浙江省湖州市

    4日、芸溯家生態農場の池に咲く香水蓮。中国浙江省湖州市呉興区の八里店鎮移沿山村にある芸溯家生態農場ではここ数年、広さ45ムー(約3ヘクタール)の水産養殖池で香水蓮という種類のスイレンを栽培している。香水蓮は池の水を浄化するほか、経済効果を高める役割も果たすことから、同農場は栽培から収穫、加工までの流れを構築し、より多くの農家に広めるための取り組みも進めている。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205204

  • 2020年08月04日
    スイレンが村の産業を活性化浙江省湖州市

    4日、スイレン茶用に乾燥させた香水蓮の状態を確認する芸溯家生態農場の従業員。中国浙江省湖州市呉興区の八里店鎮移沿山村にある芸溯家生態農場ではここ数年、広さ45ムー(約3ヘクタール)の水産養殖池で香水蓮という種類のスイレンを栽培している。香水蓮は池の水を浄化するほか、経済効果を高める役割も果たすことから、同農場は栽培から収穫、加工までの流れを構築し、より多くの農家に広めるための取り組みも進めている。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205230

  • 2020年08月04日
    スイレンが村の産業を活性化浙江省湖州市

    4日、香水蓮を乾燥させる芸溯家生態農場の従業員。中国浙江省湖州市呉興区の八里店鎮移沿山村にある芸溯家生態農場ではここ数年、広さ45ムー(約3ヘクタール)の水産養殖池で香水蓮という種類のスイレンを栽培している。香水蓮は池の水を浄化するほか、経済効果を高める役割も果たすことから、同農場は栽培から収穫、加工までの流れを構築し、より多くの農家に広めるための取り組みも進めている。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205262

  • 2020年10月08日
    淮河に広がる新たな情景安徽省

    安徽省阜陽市潁上(えいじょう)県八里河鎮の田んぼ。(10月8日、小型無人機から)中国東部を流れる淮河では1950年以降、大規模な治水工事が行われてきた。70年が経った現在、淮河周辺には新たな情景が見られるようになっている。(合肥=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809111

  • 2020年10月08日
    淮河に広がる新たな情景安徽省

    安徽省阜陽市潁上(えいじょう)県八里河鎮で収穫機を使って稲刈りをする農家の人。(10月8日、小型無人機から)中国東部を流れる淮河では1950以降、大規模な治水工事が行われてきた。70年が経った現在、淮河周辺には新たな情景が見られるようになっている。(合肥=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809222

  • 2020年10月08日
    淮河に広がる新たな情景安徽省

    安徽省阜陽市潁上(えいじょう)県の八里河観光区を訪れた観光客ら。(10月8日、小型無人機から)中国東部を流れる淮河では1950年以降、大規模な治水工事が行われてきた。70年が経った現在、淮河周辺には新たな情景が見られるようになっている。(合肥=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809226

  • 2020年10月16日
    淮河に広がる新たな情景安徽省

    安徽省阜陽市潁上(えいじょう)県の八里河観光区。(10月16日、小型無人機から)中国東部を流れる淮河では1950以降、大規模な治水工事が行われてきた。70年が経った現在、淮河周辺には新たな情景が見られるようになっている。(合肥=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809213

  • 00:57.92
    2021年02月26日
    「新華社」ロマンチックな雰囲気漂う「ピンクビーチ」江西省九江市

    中国江西省九江市の八里湖風景区に作られた「ピンクビーチ」は、ネット上で人気の観光スポットとなっている。ピンク色の砂浜が演出する初春のロマンチックな雰囲気を感じてみよう。(記者/彭菁) =配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022600479

  • 00:56.36
    2021年03月19日
    「新華社」湖に浮かぶ鳥たちの楽園江西省九江市

    中国江西省九江市の八里湖新区にある文博園では3月に入り、湖に浮かぶ小島に鳥たちが飛来するようになった。野生動物保護部門によると、コサギ、ゴイサギ、カワウなど、2千羽以上が集まっているという。八里湖新区は市街地ながら広大な水域面積と豊富な湿地資源を有し、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に認定されている。豊かな自然環境はますます多くの鳥類を引き付けている。(記者/余剛) =配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031907422

  • 2021年05月07日
    (3)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、安徽省亳州(はくしゅう)市譙城(しょうじょう)区十八里鎮の蒋李村で、移植機でキクを植える農家の人。(小型無人機から)二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(亳州=新華社配信/劉勤利)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050704676

  • 2021年05月25日
    (6)コロナ対策の最前線に届ける「真心弁当」安徽省六安市

    18日、安徽省六安市金安区城北郷八里灘村で、医療従事者やボランティアに弁当を届ける周涛さん(左から2人目)とレストランの従業員ら。中国安徽省六安市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染者が多数確認され、多くの医療従事者やボランティアが感染拡大防止のため奮闘している。同市金安区でレストランを経営する周涛(しゅう・とう)さん(26)も店を一時休業し、コロナ対策の最前線で働く人たちに対し、弁当の無償提供を始めた。店の従業員の多くも休日を返上し、「真心弁当」作りに参加。毎日、必要に応じて100~数百人分の弁当を用意し、配達している。周さんは「私は湖北省の出身で、店にも同郷の従業員が大勢いる。昨年の感染拡大時には、他の地域が湖北省を支援してくれた。今は六安市で感染が起きており、私も従業員と共にできる限り社会に恩返ししたいと思っている」と話した。(六安=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052505196

  • 2021年09月18日
    台湾の中秋節、各地でにぎわい

    台湾の中秋節連休期間(9月18~21日)は、各地で人出が増加した。新型コロナウイルスの域内感染が急拡大した5月中旬以降で初となる盛況ぶりで、飲食や観光関連の業者からは喜びの声が上がった。一方、感染力が強い変異株「デルタ株」の域内感染が連休前に確認されていたこともあり、感染再拡大を懸念する見方もある。写真は、連休初日の18日、大勢の観光客でにぎわった新北市の八里老街=2021(令和3)年9月18日、台湾・新北市、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100105944

  • 00:46.00
    2021年10月25日
    「新華社」国内外メディア関係者、生まれ変わった八里湾地区を探訪天津市

    中国のニュースサイト中国日報網(チャイナデイリー)と天津市インターネット情報弁公室などが共催する国内外のメディア関係者向け取材ツアー「中国有約(ADatewithChina)」の一行が24日、天津市津南区八里台鎮の八里湾地区を訪れ、展望塔から見事な自然景観を見渡した。中心市街地の南約20キロに位置する同地区は、かつて工場が無秩序に立ち並び、違法建築や養殖池の跡などが点在する荒れた土地だった。地元政府は2018年以降、環境整備に力を入れ、312万本以上を植樹、水生生態系循環システムを構築し、同地区を水と緑に囲まれたエリアに生まれ変わらせた。(記者/侯強) =配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504375

  • 00:58.30
    2021年11月24日
    「新華社」紅葉と雪が織りなす絶景湖北省竹渓県

    中国湖北省十堰市竹渓県の十八里長峡国家級自然保護区でこのほど雪が降り、山々は中腹から頂上までは白く雪化粧し、麓では紅葉が山肌を赤く染めるという独特の風景が広がった。空から見下ろすと、紅葉と雪が互いに引き立て合い、見事な絶景となっている。(記者/李偉) =配信日: 2021(令和3)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112406634

  • 2021年12月30日
    (13)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の左側にある石碑。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004945

  • 2021年12月30日
    (12)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の右側にある石碑に彫られた関帝(関羽)の彫刻。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004939

  • 2021年12月30日
    (4)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004848

  • 2021年12月30日
    (11)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004915

  • 2021年12月30日
    (10)花卉栽培で農村振興を後押し安徽省

    27日、安徽省亳州(はくしゅう)市譙城(しょうじょう)区の十八里鎮植物科学普及園でガーベラを摘む従業員。中国安徽省の複数の花卉(かき)栽培拠点では真冬でもラベンダーやクレオメソウ、コチョウランなど色とりどりの花が咲き乱れている。同省は花卉産業を中心とした農村振興を進め、環境に配慮した高効率な農業を大いに発展させてきた。美しい花々が地元農民に富をもたらしている。(合肥=新華社配信/劉勤利)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005321

  • 2021年12月30日
    (5)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、西八里荘にそびえる玲瓏塔。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004880

  • 2021年12月30日
    (10)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004922

  • 2021年12月30日
    (1)花卉栽培で農村振興を後押し安徽省

    27日、安徽省亳州(はくしゅう)市譙城(しょうじょう)区の十八里鎮植物科学普及園で花の手入れをする従業員。中国安徽省の複数の花卉(かき)栽培拠点では真冬でもラベンダーやクレオメソウ、コチョウランなど色とりどりの花が咲き乱れている。同省は花卉産業を中心とした農村振興を進め、環境に配慮した高効率な農業を大いに発展させてきた。美しい花々が地元農民に富をもたらしている。(合肥=新華社配信/劉勤利)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005292

  • 2021年12月30日
    (9)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004918

  • 2021年12月30日
    (8)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004919

  • 2021年12月30日
    (7)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身に施された彫刻。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004921

  • 2021年12月30日
    (6)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔刹。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004878

  • 2021年12月30日
    (3)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔公園の一角。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004852

  • 2021年12月30日
    (2)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の近くに設置された「慈寿寺復元図」。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004845

  • 2021年12月30日
    (1)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、西八里荘にそびえる玲瓏塔。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004849

  • 2021年12月30日
    (9)花卉栽培で農村振興を後押し安徽省

    27日、安徽省亳州(はくしゅう)市譙城(しょうじょう)区の十八里鎮植物科学普及園でガーベラを摘む従業員。中国安徽省の複数の花卉(かき)栽培拠点では真冬でもラベンダーやクレオメソウ、コチョウランなど色とりどりの花が咲き乱れている。同省は花卉産業を中心とした農村振興を進め、環境に配慮した高効率な農業を大いに発展させてきた。美しい花々が地元農民に富をもたらしている。(合肥=新華社配信/劉勤利)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005322

  • 2022年04月25日
    (4)北京市朝陽区、核酸検査を拡大在住・在勤者に3回実施

    25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。中国北京市朝陽区で突発的に流行が始まった新型コロナウイルスは、感染経路の特定が難しく、感染力が強いなどの特徴がある。同区は検査範囲の拡大による感染の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施する。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510086

  • 2022年04月25日
    (1)北京市朝陽区、核酸検査を拡大在住・在勤者に3回実施

    25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、市民の情報を登録する医療従事者。中国北京市朝陽区で突発的に流行が始まった新型コロナウイルスは、感染経路の特定が難しく、感染力が強いなどの特徴がある。同区は検査範囲の拡大による感染の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施する。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510091

  • 2022年04月25日
    (7)北京市朝陽区、核酸検査を拡大在住・在勤者に3回実施

    25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。中国北京市朝陽区で突発的に流行が始まった新型コロナウイルスは、感染経路の特定が難しく、感染力が強いなどの特徴がある。同区は検査範囲の拡大による感染の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施する。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510092

  • 2022年04月25日
    (3)北京市朝陽区、核酸検査を拡大在住・在勤者に3回実施

    25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、市民の情報を登録する医療従事者。中国北京市朝陽区で突発的に流行が始まった新型コロナウイルスは、感染経路の特定が難しく、感染力が強いなどの特徴がある。同区は検査範囲の拡大による感染の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施する。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510090

  • 2022年04月25日
    (5)北京市朝陽区、核酸検査を拡大在住・在勤者に3回実施

    25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を待つ市民。中国北京市朝陽区で突発的に流行が始まった新型コロナウイルスは、感染経路の特定が難しく、感染力が強いなどの特徴がある。同区は検査範囲の拡大による感染の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施する。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510088

  • 2022年04月25日
    (6)北京市朝陽区、核酸検査を拡大在住・在勤者に3回実施

    25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を待つ市民。中国北京市朝陽区で突発的に流行が始まった新型コロナウイルスは、感染経路の特定が難しく、感染力が強いなどの特徴がある。同区は検査範囲の拡大による感染の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施する。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510089

  • 2022年04月25日
    (2)北京市朝陽区、核酸検査を拡大在住・在勤者に3回実施

    25日、北京市朝陽区八里荘街道の核酸検査拠点で、検体採取を受ける市民。中国北京市朝陽区で突発的に流行が始まった新型コロナウイルスは、感染経路の特定が難しく、感染力が強いなどの特徴がある。同区は検査範囲の拡大による感染の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施する。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042510178

  • 2022年04月29日
    (1)北京市朝陽区、3回目の核酸検査を実施

    29日、北京市朝陽区八里荘街道の万科時代中心に設けられた核酸検査場で、検体を採取する医療従事者。北京市朝陽区で29日、3回目の核酸検査が実施された。同区は検査範囲の拡大による新型コロナウイルス感染症の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施した。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042907461

  • 2022年04月29日
    (2)北京市朝陽区、3回目の核酸検査を実施

    29日、北京市朝陽区八里荘街道の新城市広場に設けられた核酸検査場で、市民の情報を登録する医療従事者。北京市朝陽区で29日、3回目の核酸検査が実施された。同区は検査範囲の拡大による新型コロナウイルス感染症の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施した。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042907463

  • 2022年04月29日
    (8)北京市朝陽区、3回目の核酸検査を実施

    29日、北京市朝陽区八里荘街道の新城市広場に設けられた核酸検査場で、検体を採取する医療従事者。北京市朝陽区で29日、3回目の核酸検査が実施された。同区は検査範囲の拡大による新型コロナウイルス感染症の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施した。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042907460

  • 2022年04月29日
    (9)北京市朝陽区、3回目の核酸検査を実施

    29日、北京市朝陽区八里荘街道の新城市広場に設けられた核酸検査場で、検体を採取する医療従事者。北京市朝陽区で29日、3回目の核酸検査が実施された。同区は検査範囲の拡大による新型コロナウイルス感染症の抑え込みを目指し、区内在住・在勤者を対象とした核酸検査を25、27、29日に各1回実施した。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042907459

  • 00:49.60
    2022年05月10日
    「新華社」一面のシャクヤク、フラワーエコノミーで農家を豊かに安徽省亳州市

    中国安徽省亳州(はくしゅう)市譙城(しょうじょう)区十八里鎮のシャクヤク植栽基地ではこのところ、一面に花の海が広がり、香ばしい香りが漂い、まるで地上の仙境のような風景が広がっている。この地はシャクヤク栽培で長い歴史を持っている。同市は近年、農業の産業構造を調整する過程で、薬用シャクヤクを栽培し、園芸経済(フラワーエコノミー)を構築し、エコツーリズムを発展させ、農家の増収を後押ししている。現在、シャクヤクの栽培面積は34万ムー(約2万2700ヘクタール)に達しており、市内30以上の鎮の2万戸を超える農家が栽培に携わっている。(記者/曹力) =配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100654

  • 2022年05月13日
    (3)北京市、市内12区で新たな核酸検査を実施

    13日、北京市海淀区八里荘街道首都師範大学社区(コミュニティー)に設けられた核酸検査拠点で、住民から検体を採取する医療従事者。中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染症の未報告感染者を早期発見するため、東城、西城、朝陽、海淀、豊台、石景山、房山、通州、順義、昌平、大興各区と経済技術開発区の住民を対象とする核酸検査を始めた。対象者は15日まで3日連続で3回の検査を受ける。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051311764

  • 2022年05月13日
    (2)北京市、市内12区で新たな核酸検査を実施

    13日、北京市海淀区八里荘街道首都師範大学社区(コミュニティー)に設けられた核酸検査拠点で、住民から検体を採取する医療従事者。中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染症の未報告感染者を早期発見するため、東城、西城、朝陽、海淀、豊台、石景山、房山、通州、順義、昌平、大興各区と経済技術開発区の住民を対象とする核酸検査を始めた。対象者は15日まで3日連続で3回の検査を受ける。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051311856

  • 2022年05月13日
    (4)北京市、市内12区で新たな核酸検査を実施

    13日、北京市海淀区八里荘街道首都師範大学社区(コミュニティー)に設けられた核酸検査拠点で、住民の個人情報を登録する医療従事者。中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染症の未報告感染者を早期発見するため、東城、西城、朝陽、海淀、豊台、石景山、房山、通州、順義、昌平、大興各区と経済技術開発区の住民を対象とする核酸検査を始めた。対象者は15日まで3日連続で3回の検査を受ける。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051311766

  • 2022年05月13日
    (1)北京市、市内12区で新たな核酸検査を実施

    13日、北京市海淀区八里荘街道首都師範大学社区(コミュニティー)に設けられた核酸検査拠点で、住民から検体を採取する医療従事者。中国北京市は13日、新型コロナウイルス感染症の未報告感染者を早期発見するため、東城、西城、朝陽、海淀、豊台、石景山、房山、通州、順義、昌平、大興各区と経済技術開発区の住民を対象とする核酸検査を始めた。対象者は15日まで3日連続で3回の検査を受ける。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051311740

  • 2022年06月10日
    (9)北京市豊台区、常態化した感染対策に移行

    9日、豊台区の八里河バス停で乗車する市民。中国北京市豊台区は9日から、新型コロナウイルスの感染対策を常態化に移行した。同区は感染対策の要求を厳格に実行した上で、公共交通機関の通常運行や生産・操業再開、商業施設の営業再開を秩序的に推進している。(北京=新華社記者/彭子洋)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061009676

  • 1