KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 公共衛生
  • 衛生臨床
  • 医療センター
  • 成都市公共
  • 新型肺炎
  • チャイナテレコム
  • ピンポイント
  • ファイルサイズ
  • ロボット
  • 中国電信

「公共衛生臨床」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年04月01日
    四川省で最初の新型コロナ輸入症例患者が退院

    1日、退院に際し医療スタッフと記念撮影する徐さん。右側の医師は徐さんが書いた感謝の手紙を手にしている。中国四川省の成都市公共衛生臨床医療センターで1日、新型コロナウイルスによる肺炎患者が退院した。退院した徐さん(34)は「医療スタッフが本当に良くしてくれた。行き届いたケアにとても安心した」と語った。浙江省麗水市出身の徐さんは、長年イタリアのミラノで働いてきた。3月16日成都から入国し、翌17日に新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、四川省で初めての輸入症例となった。(成都=新華社記者/董小紅)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    四川省で最初の新型コロナ輸入症例患者が退院

    1日、退院に際し医療スタッフと記念撮影する徐さん(右から3番目)。中国四川省の成都市公共衛生臨床医療センターで1日、新型コロナウイルスによる肺炎患者が退院した。退院した徐さん(34)は「医療スタッフが本当に良くしてくれた。行き届いたケアにとても安心した」と語った。浙江省麗水市出身の徐さんは、長年イタリアのミラノで働いてきた。3月16日成都から入国し、翌17日に新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、四川省で初めての輸入症例となった。(成都=新華社記者/董小紅)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    5G搭載ロボット、病院内での非接触配送を開始

    20日、配送ロボットを設定する成都市公共衛生臨床医療センターの医療従事者。中国電信集団(チャイナテレコム)四川公司の第5世代移動通信システム(5G)を搭載した弁当配送ロボットが20日、四川省成都市公共衛生臨床医療センターで正式に稼働を開始した。5GとAI(人工知能)を活用し病院での非接触配送を実現、新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策への応用を進める。5G搭載ロボットは目的地を設定することでピンポイントに配送ができる。この他、患者や隔離されている人が生活ごみの処理を必要とする時には、携帯電話でロボットを呼びゴミ出しの依頼ができる。ロボットは呼び出された場所へ向かい、その後再び回収地点に戻る。(成都=新華社記者/張海磊)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年02月20日
    5G搭載ロボット、病院内での非接触配送を開始

    20日、成都市公共衛生臨床医療センターで稼働する配送ロボット。中国電信集団(チャイナテレコム)四川公司の第5世代移動通信システム(5G)を搭載した弁当配送ロボットが20日、四川省成都市公共衛生臨床医療センターで正式に稼働を開始した。5GとAI(人工知能)を活用し病院での非接触配送を実現、新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策への応用を進める。5G搭載ロボットは目的地を設定することでピンポイントに配送ができる。この他、患者や隔離されている人が生活ごみの処理を必要とする時には、携帯電話でロボットを呼びゴミ出しの依頼ができる。ロボットは呼び出された場所へ向かい、その後再び回収地点に戻る。(成都=新華社記者/張海磊)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 01:04.04
    2020年02月20日
    「新華社」5G搭載ロボット、病院内での非接触配送を開始

    中国電信集団(チャイナテレコム)四川公司の第5世代移動通信システム(5G)を搭載した弁当配送ロボットが20日、四川省成都市公共衛生臨床医療センターで正式に稼働を開始した。5GとAI(人工知能)を活用し病院での非接触配送を実現、新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策への応用を進める。5G搭載ロボットは目的地を設定することでピンポイントに配送ができる。この他、患者や隔離されている人が生活ごみの処理を必要とする時には、携帯電話でロボットを呼びゴミ出しの依頼ができる。ロボットは呼び出された場所へ向かい、その後再び回収地点に戻る。(記者/張海磊、董小紅)<映像内容>弁当配送ロボットの様子、撮影日:2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 2020年02月20日
    5G搭載ロボット、病院内での非接触配送を開始

    20日、配送ロボットを設定する成都市公共衛生臨床医療センターの医療従事者。中国電信集団(チャイナテレコム)四川公司の第5世代移動通信システム(5G)を搭載した弁当配送ロボットが20日、四川省成都市公共衛生臨床医療センターで正式に稼働を開始した。5GとAI(人工知能)を活用し病院での非接触配送を実現、新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策への応用を進める。5G搭載ロボットは目的地を設定することでピンポイントに配送ができる。この他、患者や隔離されている人が生活ごみの処理を必要とする時には、携帯電話でロボットを呼びゴミ出しの依頼ができる。ロボットは呼び出された場所へ向かい、その後再び回収地点に戻る。(成都=新華社記者/張海磊)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年02月17日
    病棟を案内する盧洪洲医師 感染患者の治療施設公開

    「上海市公共衛生臨床センター」の未使用病棟を案内する盧洪洲医師(左)=17日、中国上海市(代表撮影・共同)

  • 2020年02月17日
    未使用病棟の病室 感染患者の治療施設公開

    「上海市公共衛生臨床センター」の未使用病棟の病室=17日、中国上海市(代表撮影・共同)

    撮影: 17日、中国上海市

  • 2020年02月17日
    記者会見する盧洪洲氏 感染患者の治療施設公開

    「上海市公共衛生臨床センター」で記者会見する盧洪洲医師=17日、中国上海市(代表撮影・共同)

    撮影: 17日、中国上海市

  • 1