KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 国家公園
  • 管理センター
  • 湿地公園
  • 国家湿地
  • 中国青海省
  • 中国雲南省
  • 華海国家
  • 雲南省保山市
  • 赤外線カメラ
  • 野生動物

「公園管理」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
184
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
184
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:55.76
    2021年01月17日
    「新華社」白いパンダの映像を公開、昨年2月に撮影四川省臥龍

    中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は15日、四川省臥竜に設置された赤外線カメラが昨年2月に撮影した世界で唯一の白いジャイアントパンダの映像を公開した。白い野生のパンダの姿が公開されるのは2019年5月以来となる。臥竜で白いパンダの保護研究プロジェクトを進める譚迎春(たん・げいしゅん)氏によると、今回撮影された映像から、白いパンダは19年当時と比べ、体がかなり大きくなっていることが分かる。体毛も当時は全身白色だったが、四肢に淡い金色が目立つようになった。年齢は推定3歳前後。昨年2月に2度撮影に成功しているが、いずれも単独で行動しており、母親から離れて「自立」した個体と考えられる。国際自然保護連合(IUCN)のクマ類専門家チームのメンバーで、北京大学生命科学学院研究員の李晟(り・せい)氏によると、遺伝子変異によって白化したとみられる。アルビノ(白色個体)は体内で色素の合成ができず外見上は白や金白色、薄い金色になるが、動物個体の生存に影響があるとは限らないという。(記者/余里、楊進) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)白いパンダの映像を公開、昨年2月に撮影四川省臥竜

    四川省臥竜国家級自然保護区内に設置された赤外線カメラが捉えた白いパンダ。(2020年2月19日撮影)中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は15日、四川省臥竜に設置された赤外線カメラが昨年2月に撮影した世界で唯一の白いジャイアントパンダの映像を公開した。白い野生のパンダの姿が公開されるのは2019年5月以来となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)白いパンダの映像を公開、昨年2月に撮影四川省臥竜

    四川省臥竜国家級自然保護区内に設置された赤外線カメラが捉えた白いパンダ。(2020年2月19日撮影)中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は15日、四川省臥竜に設置された赤外線カメラが昨年2月に撮影した世界で唯一の白いジャイアントパンダの映像を公開した。白い野生のパンダの姿が公開されるのは2019年5月以来となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.88
    2020年11月16日
    「新華社」ジャイアントパンダ国家公園、雌雄の野生パンダの同時撮影に成功

    中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は13日、同公園の四川省雪宝頂エリアでこのほど回収した赤外線カメラのデータから、野生のジャイアントパンダが多数の撮影地点で活動する様子を再び確認したと発表した。中でも、虎牙区域に設置したカメラがジャイアントパンダ2頭を同じ画面に収めたものは貴重だという。野生動物保護の専門家は、使用の赤外線カメラは時間設定に多少の誤差があることから、実際の状況から推定して、2頭が出現した時期は4月であるとの見方を示した。この季節はちょうど野生のジャイアントパンダの繁殖期に当たる。画面の成年パンダ2頭は一緒にいて争わず、非常に仲むつまじいことから、パートナーを求めて戯れる雌雄の個体だ推定できる。(記者/楊進)<映像内容>赤外線カメラが捉えた野生のパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と一緒に広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子ども。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、広州市の海珠湿地の水田で、刈り取った二束の晩稲(おくて)を担いであぜ道を歩く子ども。中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、稲田で子どもたちに晩稲(おくて)の刈り取りを指導する広州市海珠湿地自然教室の講師。中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    ジャイアントパンダ国家公園、雌雄の野生パンダの同時撮影に成功

    13日、ジャイアントパンダ国家公園の四川省雪宝頂エリアに設置した赤外線カメラが捉えた雌雄の野生パンダ。中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は13日、同公園の四川省雪宝頂エリアでこのほど回収した赤外線カメラのデータから、野生のジャイアントパンダが多数の撮影地点で活動する様子を再び確認したと発表した。中でも、虎牙区域に設置したカメラがジャイアントパンダ2頭を同じ画面に収めたものは貴重だという。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    ジャイアントパンダ国家公園、雌雄の野生パンダの同時撮影に成功

    13日、ジャイアントパンダ国家公園の四川省雪宝頂エリアに設置した赤外線カメラが捉えた野生パンダ。中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は13日、同公園の四川省雪宝頂エリアでこのほど回収した赤外線カメラのデータから、野生のジャイアントパンダが多数の撮影地点で活動する様子を再び確認したと発表した。中でも、虎牙区域に設置したカメラがジャイアントパンダ2頭を同じ画面に収めたものは貴重だという。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    野生パンダに遭遇した村民、撮影に成功四川省雅安市

    28日、ジャイアントパンダ国家公園の宝興県エリアで村民が撮影した野生パンダの後ろ姿。中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は29日、四川省雅安市宝興県の村民が前日、帰宅途中に野生のパンダに遭遇し、写真に収めたことを明らかにした。(雅安=新華社配信)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    国家公園に再び親子パンダの姿、赤外線カメラが捉える四川省

    四川蜂桶寨国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたジャイアントパンダが逆立ち尿でマーキングする貴重な場面。(10月撮影)中国のジャイアントパンダ国家公園管理局はこのほど、四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区の職員が赤外線カメラのデータを整理していた際、野生のジャイアントパンダの親子が活動する貴重な映像を確認したと発表した。同保護区では昨年11月に初めて野生パンダの親子を同じ画面に収めた映像の撮影に成功しており、今回は2度目となる。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年10月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    国家公園に再び親子パンダの姿、赤外線カメラが捉える四川省

    四川蜂桶寨国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたジャイアントパンダが逆立ち尿でマーキングする貴重な場面。(10月撮影)中国のジャイアントパンダ国家公園管理局はこのほど、四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区の職員が赤外線カメラのデータを整理していた際、野生のジャイアントパンダの親子が活動する貴重な映像を確認したと発表した。同保護区では昨年11月に初めて野生パンダの親子を同じ画面に収めた映像の撮影に成功しており、今回は2度目となる。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年10月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.40
    2020年10月27日
    「新華社」国家公園に再び親子パンダの姿、赤外線カメラが捉える四川省

    中国のジャイアントパンダ国家公園管理局はこのほど、四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区の職員が赤外線カメラのデータを整理していた際、野生のジャイアントパンダの親子が活動する貴重な映像を確認したと発表した。同保護区では昨年11月に初めて野生パンダの親子を同じ画面に収めた映像の撮影に成功しており、今回は2度目となる。保護区職員によると、撮影されたのは今年の6月。映像を見る限り、パンダの子どもの年齢は1歳前後と推測できるという。親子の姿を捉えた場所は、同保護区中壩管理保護ステーションの一碗水エリアで、今月には別の赤外線カメラが同エリアで、パンダが逆立ち尿でマーキングする貴重な場面を捉えている。(記者/張超群)<映像内容>野生のパンダの親子の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.28
    2020年10月08日
    「新華社」北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休中(1~8日)に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。市が管轄する公園は連休中、新型コロナ対策として入場券の事前予約制や入場制限を実施。統計データによると、8日間の入場者数が最も多かったのは天壇公園(42万2千人)で、以下、頤和園(40万6千人)、北京動物園(38万9千人)の順となった。同センターの関係責任者は、遠隔案内やピーク時を避けた予約、時間差入場、来場者の分散誘導などの措置を講じたと説明。入場者数と瞬間最大収容人数を効果的にコントロールし、園内の秩序を保ったと語った。(記者/魏夢佳、馬暁冬、夏子麟)<映像内容>国慶節連休中の故宮博物院や北京動物園の様子など、撮影日:2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月06日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    6日、北京植物園で秋の花を楽しむ観光客。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年10月04日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    4日、景山公園の花壇の前で記念撮影をする観光客。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年10月03日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    3日、北京市の天壇公園の祈年殿を訪れた観光客。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    2日、紫竹院公園で開かれた中秋節特別戯曲公演。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    2日、観光客に菊の文化について説明する北京植物園のスタッフ。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年10月01日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    1日、大勢の観光客を迎えた八達嶺長城。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    1日、北海公園で謎解き遊び「灯謎」を楽しむ観光客。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    河北省の国家湿地公園でインドガンを発見

    21日、河北壩上閃電河国家湿地公園で撮影したインドガン。中国河北省張家口市にある河北壩上閃電河国家湿地公園管理処は23日、同公園の職員がこのほど渡り鳥の観測を実施した際、初めてインドガン2羽を発見したことを明らかにした。これにより、同公園内に生息する鳥類は187種から188種に増えた。(沽源=新華社配信/崔建軍)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    河北省の国家湿地公園でインドガンを発見

    21日、河北壩上閃電河国家湿地公園で撮影したインドガン。中国河北省張家口市にある河北壩上閃電河国家湿地公園管理処は23日、同公園の職員がこのほど渡り鳥の観測を実施した際、初めてインドガン2羽を発見したことを明らかにした。これにより、同公園内に生息する鳥類は187種から188種に増えた。(沽源=新華社配信/崔建軍)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    環境省の辻田香織さん 国立公園「入山料」広がる

    木道の資材に手を置く環境省大山隠岐国立公園管理事務所の辻田香織所長。奥は建て替え工事中の避難小屋=4日、鳥取県の大山頂上近く

    撮影: 4日、鳥取県の大山頂上近く

  • 2020年08月13日
    辻田香織所長 国立公園「入山料」広がる

    環境省大山隠岐国立公園管理事務所の辻田香織所長=鳥取県の大山

    撮影: 鳥取県の大山

  • 00:52.63
    2020年07月25日
    「新華社」チベットカモシカが出産を終え親子で大移動青海省

    中国青海省生態環境庁の研究員は25日、遠隔ネットワークカメラによるモニタリングシステムを用い、同省可可西里(ココシリ)の奥地にある卓乃湖に集まったチベットカモシカが次々と出産を終え、子どもを連れて元の生息地に戻る様子の撮影に成功した。同省三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処五道梁保護ステーションの職員は、約40頭の雌のチベットカモシカが子どもを連れて、青蔵公路を3002キロメートル進んだ地点にある青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五道梁北大橋を横断していると説明した。同管理処の統計によると、今年の出産後の大移動は9月初めに終了する見込み。(記者/王艶)<映像内容>出産を終えたチベットカモシカの移動の様子、撮影日:2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年07月25日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    広州市の海珠湿地の稲田で、早稲(わせ)の刈り取りを体験する子どもと、その様子を見守る保護者。(7月25日撮影)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月25日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    広州市の海珠湿地の水田で稲刈りを体験する子ども。(7月25日撮影)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.32
    2020年07月17日
    「新華社」国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。同センターの段紅蓮(だん・こうれん)シニアエンジニアによると、オオバンは中国では「白骨頂」とも呼ばれ、国の「三有」保護動物に指定されている。今の時期は、ほとんどが繁殖のために北方に戻っている。同市でオオバンの自然繁殖が確認されたのは今回が初めてという。段氏は、オオバンは中国に広く分布しており、通常、夏場は北方の湖や谷川で繁殖すると説明した。また「今回、オオバンの自然繁殖を確認できたことは、科学研究において重要な価値があり、青華海の環境保護の取り組みが優れた成果を上げていることも表している」と語った。(記者/林碧鋒)<映像内容>オオバンの親子の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.90
    2020年07月14日
    「新華社」山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。可可西里の奥地にある卓乃湖は、チベットカモシカが出産をする場所として知られる。毎年5月から7月にかけて、青海省三江源や新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山、チベット自治区のチャンタン(羌塘)などからチベットカモシカが卓乃湖に集まり出産する。移動距離は往復で数千キロに達している。(記者/張竜、王金金、王艶)<映像内容>保護したチベットカモシカの子供を世話する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月08日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    8日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませるスタッフ。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月08日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    8日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませるスタッフ。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませるスタッフ。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませるスタッフ。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませるスタッフ。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/薛玉斌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    山のパトロール隊、チベットカモシカの子どもを保護青海省

    7日、青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海省の三江源国家公園管理局長江源園区可可西里管理処卓乃湖保護ステーションによると、今年、出産に向けたチベットカモシカの大移動の時期に、地元の山のパトロール隊隊員が保護したチベットカモシカの子どもは11匹だった。卓乃湖保護ステーションでは子どもができるだけ早く環境に適応し、元気に成長するよう専門の職員を配置し餌やりを実施している。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    国家公園に再び親子パンダの姿、赤外線カメラが捉える四川省

    四川蜂桶寨国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたジャイアントパンダの親子。(6月撮影)中国のジャイアントパンダ国家公園管理局はこのほど、四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区の職員が赤外線カメラのデータを整理していた際、野生のジャイアントパンダの親子が活動する貴重な映像を確認したと発表した。同保護区では昨年11月に初めて野生パンダの親子を同じ画面に収めた映像の撮影に成功しており、今回は2度目となる。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月27日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で餌を捕まえるオオバン。(6月27日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園でひなに餌を与えるオオバン。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンのひな。(6月26撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月24日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月19日
    公園内の池を泳ぐコブハクチョウの親子

    水島緑地福田公園内の池を泳ぐコブハクチョウの親子=6月19日。岡山県倉敷市福田町古新田、水島緑地福田公園の池で、コブハクチョウのひなが誕生した。同公園では19年ぶりといい、待望の赤ちゃんは来園者の注目の的になっている。2013年に美観地区の倉敷川から引っ越してきた「えがお」と「みらい」(いずれも7歳)の子ども。公園管理事務所の職員が5月22日ごろ、ひな4羽を確認した。これまで毎年産卵していたが、無精卵など何らかの要因でふ化しなかったという。グレーや白の毛に包まれたひなたちは親鳥について泳いだり、水草をついばんだり。愛らしい姿を披露し、市民らの視線をくぎ付けにしている。=2020(令和2)年6月19日、岡山県倉敷市福田町古新田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 6月19日。岡山県倉敷市福田町古新田、水島緑地福田公園の池で、コブハクチョウのひなが誕生した。同公園では19年ぶりといい、待望の赤ちゃんは来園者の注目の的になっている。2013年に美観地区の倉敷川から引っ越してきた「えがお」と「みらい」

  • 00:14.24
    2020年05月16日
    「新華社」家の前にかわいいひな、2級保護動物のフクロウと判明浙江省

    中国浙江省衢州(くしゅう)市の開化県野生動植物保護協会ではこのところ、ふわふわとした毛並みのフクロウのひな2羽が、行き来する職員を眺めている。職員の周芝君(しゅう・しくん)さんによると、蘇荘鎮唐頭村の民家前にフクロウのひなが2羽いるが、どうしたらいいかとの連絡が入ったという。同協会と銭江源国家公園管理局蘇荘保護ステーションの職員が急行し、2羽は中国の2級保護動物に指定されているフクロウと確認された。ひなは野外で生き延びる能力を備えていないため、協会が保護し、飛翔能力が身に付くのを待って自然に返すことになった。(記者/鄭夢雨)<映像内容>保護されたフクロウのひなの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.18
    2020年05月09日
    「新華社」「生命の禁区」に新しい命を迎えるチベットカモシカが出産のため大移動

    中国青海省の三江源公園管理局長江水源エリアにある可可西里管理事務所五道梁保護ステーションの職員が、このほど、チベットカモシカが続々と移動する様子をスマートフォンカメラで撮影した。カモシカたちは4月30日、青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)五北大橋と青蔵公路を横断し、可可西里(ココシリ)の奥地へ向けて移動を開始した。毎年、5月から7月上旬にかけて、おびただしい数の雌のチベットカモシカが、出産のために三江源、チベット自治区羌塘(チャンタン)、新疆ウイグル自治区阿爾金山などの国家級自然保護区から可可西里卓乃湖に集まってくる。管理事務所職員たちが、この大移動を護衛する仕事に従事しており、現在も順調に職務を進めている。(記者/王艶、王金金)<映像内容>チベットカモシカが出産のため大移動する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※後半の画質が良くありません。

  • 01:28.72
    2020年05月05日
    「新華社」北京市内11公園、メーデー連休中の来園者95万人

    今年のメーデー連休中(5月1~5日)、中国北京市が管理する公園11カ所には計95万人が訪れた。北京公園管理センターが5日、明らかにした。新型コロナウイルス対策として、記名式での入場券のオンライン予約販売や入園時の身分証明書提示による本人確認、人数制限による時間差入園などを全面的に導入し、各公園の1日当たりの入園者数を常に最大収容人数の3割以下に抑えた。例年のような大混雑がなくなったことで、観光客は春から夏へと移り変わる園内の景色をゆっくりと楽しめたようだ。集計によると、連休期間中の入園者数は1日当たり平均約19万人。日を追うごとに増え、連休最終日の5日には最多の21万4500人に上った。(記者/馬暁冬、魏夢佳)<映像内容>メーデー連休の公園の様子、中国ゴマを使う様子、ボートに乗る様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    陝西長青自然保護区のパトロール隊員、近距離でヒョウと出合う

    23日、陝西長青国家級自然保護区のパトロール隊員が撮影した野生のヒョウ。中国陝西省の秦嶺山脈中腹南斜面に位置する陝西長青国家級自然保護区の野外パトロール隊員がこのほど、定期モニタリング中に、30メートルほどの近距離で野生の亜成体のヒョウと偶然出合い、一眼レフカメラで貴重な高精細画像を撮影した。同保護区の職員がこれほどの近距離で野生のヒョウを観察し、手動で撮影したのは今回が初めて。パンダ国家公園管理局が明らかにした。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.61
    2020年04月23日
    「新華社」希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(記者/林碧鋒)<映像内容>ハリオハチクイの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    陝西長青自然保護区のパトロール隊員、近距離でヒョウと出合う

    23日、陝西長青国家級自然保護区のパトロール隊員が撮影した野生のヒョウ。中国陝西省の秦嶺山脈中腹南斜面に位置する陝西長青国家級自然保護区の野外パトロール隊員がこのほど、定期モニタリング中に、30メートルほどの近距離で野生の亜成体のヒョウと偶然出合い、一眼レフカメラで貴重な高精細画像を撮影した。同保護区の職員がこれほどの近距離で野生のヒョウを観察し、手動で撮影したのは今回が初めて。パンダ国家公園管理局が明らかにした。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    東北虎国家公園、大雪で食料不足の野生動物に餌やり黒竜江省

    21日、野生動物のために餌を配って回る中国東北虎・東北ヒョウ国家公園管理局の職員。中国の黒竜江省に位置する東北虎(アムールトラ)・東北ヒョウ国家公園管理局はこのほど、大雪で食べ物が見つけられなくなった野生動物のために餌を配っており、食料不足を緩和させた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    東北虎国家公園、大雪で食料不足の野生動物に餌やり黒竜江省

    21日、中国東北虎・東北ヒョウ国家公園で野生動物に配る餌。中国の黒竜江省に位置する東北虎(アムールトラ)・東北ヒョウ国家公園管理局はこのほど、大雪で食べ物が見つけられなくなった野生動物のために餌を配っており、食料不足を緩和させた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    東北虎国家公園、大雪で食料不足の野生動物に餌やり黒竜江省

    21日、野生動物のために餌を配って回る中国東北虎・東北ヒョウ国家公園管理局の職員。中国の黒竜江省に位置する東北虎(アムールトラ)・東北ヒョウ国家公園管理局はこのほど、大雪で食べ物が見つけられなくなった野生動物のために餌を配っており、食料不足を緩和させた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    Climbing forest in the Dresdner Heide

    16 March 2020, Saxony, Dresden: Thomas Risz, park manager, stands in front of trimmed spruces on the grounds of the climbing forest in the Dresden Heath. The bark beetle, which has caused enormous damage in the Saxon forests in recent months, is to blame. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    Climbing forest in the Dresdner Heide

    16 March 2020, Saxony, Dresden: Thomas Risz, park manager, stands in front of trimmed spruces on the grounds of the climbing forest in the Dresden Heath. The bark beetle, which has caused enormous damage in the Saxon forests in recent months, is to blame. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月27日
    Germany‘s only river floodplain national park

    27 February 2020, Brandenburg, Criewen: Dirk Treichel (l), head of the Lower Oder Valley National Park and Michael Tautenhahn, hydrologist in the National Park administration, stand at an open weir through which no water flows. The past dry years have severely affected the Lower Oder Valley National Park and are changing both flora and fauna. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月27日
    Germany‘s only river floodplain national park

    27 February 2020, Brandenburg, Criewen: Dirk Treichel (l), head of the Lower Oder Valley National Park and Michael Tautenhahn, hydrologist in the National Park administration, stand at an open weir through which no water flows. The past dry years have severely affected the Lower Oder Valley National Park and are changing both flora and fauna. (to “Germany‘s only floodplain national park lacks water“) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 01:13.48
    2020年02月27日
    「新華社」絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種であるアカハジロの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月13日
    赤外線カメラ、野生親子パンダの仮のすみかを発見陝西省

    ジャイアントパンダ国家公園長青管理分局の赤外線カメラが捉えた野生の親子パンダ。(1月13日撮影)中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は4月30日、陝西省の長青管理分局が標高1573メートルの地点に設置した赤外線カメラで撮影した野生の親子パンダの映像を公開した。母と子がじゃれ合う様子が記録されており、彼らの仮のすみかであることが分かった。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2020年01月13日
    赤外線カメラ、野生親子パンダの仮のすみかを発見陝西省

    ジャイアントパンダ国家公園長青管理分局の赤外線カメラが捉えた野生の親子パンダ。(1月13日撮影)中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は4月30日、陝西省の長青管理分局が標高1573メートルの地点に設置した赤外線カメラで撮影した野生の親子パンダの映像を公開した。母と子がじゃれ合う様子が記録されており、彼らの仮のすみかであることが分かった。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 01:11.32
    2020年01月13日
    「新華社」赤外線カメラ、野生親子パンダの仮のすみかを発見陝西省

    中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は4月30日、陝西省の長青管理分局が標高1573メートルの地点に設置した赤外線カメラで撮影した野生の親子パンダの映像を公開した。母と子がじゃれ合う様子が記録されていた。同分局は秦嶺山脈の中段部分に位置する漢中市洋県にある。今回公開されたのは1月5日と13日に撮影された動画5本と写真37枚。2匹がカメラの前にいた時間は10分にも及んだ。張社朝(ちょう・しゃちょう)分局長は、2匹の体格に大きな差がないことを指摘。繁殖期から判断して子パンダは1歳半前後との見方を示した。張氏は「パンダは冬季、同じ場所に半月から1カ月程度留まることが研究でも明らかになっている。撮影地点付近からはパンダの糞が大量に見つかっており、仮のすみかであったことが分かる。今回撮影された親子の動画や写真は、地域内のパンダ生息地の生態環境が好転しているのを示している。頭数も増えている」と語った。(記者/付瑞霞)<映像内容>赤外線カメラで撮影した野生のパンダの様子、撮影日:2020(令和2)年1月5日、13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、中山公園で雪景色を楽しむ観光客。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、雪が積もった天壇公園の祈年殿を撮影する人たち。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、雪の中でじゃれ合う北京動物園のパンダ。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、紫竹院公園の雪景色。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、一面の雪景色となった北海公園。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、中山公園の雪景色。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、北京植物園で雪景色を写真に収める観光客。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、雪化粧した景山公園の一角。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、香山公園の雪景色。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2