KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 公園管理
  • 管理センター
  • 湿地公園
  • 中国雲南省
  • 国家湿地
  • 華海国家
  • 雲南省保山市
  • 中国北京市
  • 確認雲南省
  • 保護動物

「公園管理センター」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
63
( 1 63 件を表示)
  • 1
63
( 1 63 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.28
    2020年10月08日
    「新華社」北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休中(1~8日)に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。市が管轄する公園は連休中、新型コロナ対策として入場券の事前予約制や入場制限を実施。統計データによると、8日間の入場者数が最も多かったのは天壇公園(42万2千人)で、以下、頤和園(40万6千人)、北京動物園(38万9千人)の順となった。同センターの関係責任者は、遠隔案内やピーク時を避けた予約、時間差入場、来場者の分散誘導などの措置を講じたと説明。入場者数と瞬間最大収容人数を効果的にコントロールし、園内の秩序を保ったと語った。(記者/魏夢佳、馬暁冬、夏子麟)<映像内容>国慶節連休中の故宮博物院や北京動物園の様子など、撮影日:2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月06日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    6日、北京植物園で秋の花を楽しむ観光客。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年10月04日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    4日、景山公園の花壇の前で記念撮影をする観光客。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年10月03日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    3日、北京市の天壇公園の祈年殿を訪れた観光客。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    2日、紫竹院公園で開かれた中秋節特別戯曲公演。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    2日、観光客に菊の文化について説明する北京植物園のスタッフ。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年10月01日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    1日、大勢の観光客を迎えた八達嶺長城。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月01日
    北京市の公園、国慶節連休中の入場者数280万人

    1日、北海公園で謎解き遊び「灯謎」を楽しむ観光客。中国北京市の公園管理センターは8日、今年の国慶節大型連休(1~8日)中に同市が管轄する11の公園と中国園林博物館を訪れた人の数が、延べ280万人に上ったと明らかにした。これらの公園の1日当たりの入場者数が最も多かったのは3日で、41万2千人を記録した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.32
    2020年07月17日
    「新華社」国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。同センターの段紅蓮(だん・こうれん)シニアエンジニアによると、オオバンは中国では「白骨頂」とも呼ばれ、国の「三有」保護動物に指定されている。今の時期は、ほとんどが繁殖のために北方に戻っている。同市でオオバンの自然繁殖が確認されたのは今回が初めてという。段氏は、オオバンは中国に広く分布しており、通常、夏場は北方の湖や谷川で繁殖すると説明した。また「今回、オオバンの自然繁殖を確認できたことは、科学研究において重要な価値があり、青華海の環境保護の取り組みが優れた成果を上げていることも表している」と語った。(記者/林碧鋒)<映像内容>オオバンの親子の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月27日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で餌を捕まえるオオバン。(6月27日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園でひなに餌を与えるオオバン。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンのひな。(6月26撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月26日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市にある青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月26日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    国家保護動物オオバンの自然繁殖を確認雲南省保山市

    雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したオオバンの親子。(6月24日撮影)中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、水鳥オオバン(中国名、骨頂鶏)の成鳥2羽とひな5羽が公園内で餌を探し戯れる様子を観測した。同公園で国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)の自然繁殖を確認したのは今回が初めて。(保山=新華社配信/段紅蓮)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.72
    2020年05月05日
    「新華社」北京市内11公園、メーデー連休中の来園者95万人

    今年のメーデー連休中(5月1~5日)、中国北京市が管理する公園11カ所には計95万人が訪れた。北京公園管理センターが5日、明らかにした。新型コロナウイルス対策として、記名式での入場券のオンライン予約販売や入園時の身分証明書提示による本人確認、人数制限による時間差入園などを全面的に導入し、各公園の1日当たりの入園者数を常に最大収容人数の3割以下に抑えた。例年のような大混雑がなくなったことで、観光客は春から夏へと移り変わる園内の景色をゆっくりと楽しめたようだ。集計によると、連休期間中の入園者数は1日当たり平均約19万人。日を追うごとに増え、連休最終日の5日には最多の21万4500人に上った。(記者/馬暁冬、魏夢佳)<映像内容>メーデー連休の公園の様子、中国ゴマを使う様子、ボートに乗る様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.61
    2020年04月23日
    「新華社」希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(記者/林碧鋒)<映像内容>ハリオハチクイの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.48
    2020年02月27日
    「新華社」絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種であるアカハジロの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、中山公園で雪景色を楽しむ観光客。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、雪が積もった天壇公園の祈年殿を撮影する人たち。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、雪の中でじゃれ合う北京動物園のパンダ。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、紫竹院公園の雪景色。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、一面の雪景色となった北海公園。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、中山公園の雪景色。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、北京植物園で雪景色を写真に収める観光客。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、雪化粧した景山公園の一角。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、香山公園の雪景色。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    北京市に今年初めての雪延べ20万人が公園で景色を堪能

    6日、雪が降った後、観光客でにぎわう景山公園。中国北京市で5日夜、今年初めての雪が降った。市内の公園では多くの市民や観光客、写真愛好家が雪景色を堪能し、カメラに収めていた。北京市公園管理センターの発表によると、6日午後4時までに延べ20万人以上が市内の各公園を訪れた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月18日
    北京の市立公園、所蔵文化財を一堂に展示

    18日、首都博物館で披露された天壇公園の中国雅楽。中国北京市の首都博物館で18日、「庭は語る-北京古典名園文物展」が開幕した。頤和(いわ)園や天壇(てんだん)公園、北海公園など北京市が管轄する11カ所の公園が所蔵する文化財190点が初めて一堂に集まり展示された。北京市公園管理センターによると、今回の文物展では、文化財と歴史資料を組み合わせ、遼・金時代から現在に至るまでの北京の古典名園の興廃の歴史を多角的に表現し、青銅器や陶器、玉器、漆器、書画、絹製品などが展示される。北京古典名園文物展と関連フォーラム、科学普及イベントは18日から相次ぎ始まり、10月7日まで行われる。(北京=新華社配信/戚連民)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月18日
    北京の市立公園、所蔵文化財を一堂に展示

    18日、「庭は語る-北京古典名園文物展」を鑑賞する来場者。中国北京市の首都博物館で18日、「庭は語る-北京古典名園文物展」が開幕した。頤和(いわ)園や天壇(てんだん)公園、北海公園など北京市が管轄する11カ所の公園が所蔵する文化財190点が初めて一堂に集まり展示された。北京市公園管理センターによると、今回の文物展では、文化財と歴史資料を組み合わせ、遼・金時代から現在に至るまでの北京の古典名園の興廃の歴史を多角的に表現し、青銅器や陶器、玉器、漆器、書画、絹製品などが展示される。北京古典名園文物展と関連フォーラム、科学普及イベントは18日から相次ぎ始まり、10月7日まで行われる。(北京=新華社配信/戚連民)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    北京の市立公園、所蔵文化財を一堂に展示

    15日、「庭は語る-北京古典名園文物展」で展示された文化財。中国北京市の首都博物館で18日、「庭は語る-北京古典名園文物展」が開幕した。頤和(いわ)園や天壇(てんだん)公園、北海公園など北京市が管轄する11カ所の公園が所蔵する文化財190点が初めて一堂に集まり展示された。北京市公園管理センターによると、今回の文物展では、文化財と歴史資料を組み合わせ、遼・金時代から現在に至るまでの北京の古典名園の興廃の歴史を多角的に表現し、青銅器や陶器、玉器、漆器、書画、絹製品などが展示される。北京古典名園文物展と関連フォーラム、科学普及イベントは18日から相次ぎ始まり、10月7日まで行われる。(北京=新華社配信/頤和園管理処提供)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:頤和園管理処/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    北京の市立公園、所蔵文化財を一堂に展示

    15日、「庭は語る-北京古典名園文物展」で展示された頤和園所蔵の「無量寿尊仏像」緙絲(こくし、つづれ織)図(乾隆年間)。中国北京市の首都博物館で18日、「庭は語る-北京古典名園文物展」が開幕した。頤和(いわ)園や天壇(てんだん)公園、北海公園など北京市が管轄する11カ所の公園が所蔵する文化財190点が初めて一堂に集まり展示された。北京市公園管理センターによると、今回の文物展では、文化財と歴史資料を組み合わせ、遼・金時代から現在に至るまでの北京の古典名園の興廃の歴史を多角的に表現し、青銅器や陶器、玉器、漆器、書画、絹製品などが展示される。北京古典名園文物展と関連フォーラム、科学普及イベントは18日から相次ぎ始まり、10月7日まで行われる。(北京=新華社配信/頤和園管理処提供)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:頤和園管理処/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    北京の市立公園、所蔵文化財を一堂に展示

    15日、「庭は語る-北京古典名園文物展」で展示された頤和園所蔵の「紫檀嵌琺瑯雲龍紋七屏式羅漢床」。清朝宮殿随一の床榻(しょうとう、腰かけ)といわれる。中国北京市の首都博物館で18日、「庭は語る-北京古典名園文物展」が開幕した。頤和(いわ)園や天壇(てんだん)公園、北海公園など北京市が管轄する11カ所の公園が所蔵する文化財190点が初めて一堂に集まり展示された。北京市公園管理センターによると、今回の文物展では、文化財と歴史資料を組み合わせ、遼・金時代から現在に至るまでの北京の古典名園の興廃の歴史を多角的に表現し、青銅器や陶器、玉器、漆器、書画、絹製品などが展示される。北京古典名園文物展と関連フォーラム、科学普及イベントは18日から相次ぎ始まり、10月7日まで行われる。(北京=新華社配信/頤和園管理処提供)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:頤和園管理処/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/匡琳)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    北京の市立公園、所蔵文化財を一堂に展示

    15日、「庭は語る-北京古典名園文物展」で展示された文化財。中国北京市の首都博物館で18日、「庭は語る-北京古典名園文物展」が開幕した。頤和(いわ)園や天壇(てんだん)公園、北海公園など北京市が管轄する11カ所の公園が所蔵する文化財190点が初めて一堂に集まり展示された。北京市公園管理センターによると、今回の文物展では、文化財と歴史資料を組み合わせ、遼・金時代から現在に至るまでの北京の古典名園の興廃の歴史を多角的に表現し、青銅器や陶器、玉器、漆器、書画、絹製品などが展示される。北京古典名園文物展と関連フォーラム、科学普及イベントは18日から相次ぎ始まり、10月7日まで行われる。(北京=新華社配信/頤和園管理処提供)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:頤和園管理処/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園の上空を飛ぶコウノトリの群れ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園で餌を探すコウノトリ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園で餌を探すコウノトリ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園で餌を探すコウノトリ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園の上空を飛ぶコウノトリの群れ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園で餌を探すコウノトリ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園の上空を飛ぶコウノトリの群れ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園の木の上に降り立つコウノトリ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月21日
    巣湖湿地にコウノトリ飛来安徽省巣湖市

    21日、安徽省巣湖市の半島国家湿地公園で餌を探すコウノトリ。中国安徽省合肥(ごうひ)市巣湖(そうこ、合肥市の管轄下にある県級市)にある半島国家湿地公園にここ数日、100羽以上のコウノトリが飛来し、休息したり餌を探したりしている。コウノトリは生息数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、群れで巣湖湿地に飛来したのは今年が初めて。同公園管理センターは最近、スタッフを動員して園内のコウノトリの観測や保護を強化し、適量の餌を与えるなど快適な環境を整えている。(巣湖=新華社記者/郭晨)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月20日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1