KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 作品
  • 国際交流
  • 東京
  • デジタル化
  • 会期
  • 出席
  • 後援
  • 日中交流
  • 絵画

「公益社」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
39
( 1 39 件を表示)
  • 1
39
( 1 39 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  久後辰夫さん
    1995年09月22日
    久後辰夫さん

    大証2部に昇格した公益社社長の久後辰夫(くご・たつお)さん(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200027

  •  公益社社長に播島氏
    1998年04月13日
    公益社社長に播島氏

    公益社社長に決まった播島幹長氏

    商品コード: 1998041300090

  • 通夜の会場 蝶々さんの通夜営まれる
    2000年10月15日
    通夜の会場 蝶々さんの通夜営まれる

    大勢の関係者が参列して営まれたミヤコ蝶々さんの通夜=15日午後6時20分、大阪府吹田市桃山台の公益社千里会館

    商品コード: 2000101500055

  • 認知症の会の総会 認知症の会、全国ネットに
    2014年06月07日
    認知症の会の総会 認知症の会、全国ネットに

    沖縄県支部の設立を承認した公益社団法人「認知症の人と家族の会」の総会=7日午後、京都市中京区

    商品コード: 2014060700868

  •  日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈
    2019年03月16日
    日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈

    16日、着物の着付けをする日本の公益社団法人、服飾文化研究会のメンバー。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/鄭訓焓)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000214

  •  日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈
    2019年03月16日
    日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈

    16日、服飾文化研究会から寄贈された、明治時代の赤地ちりめんの色打ち掛け(左)と、大正時代の黒地ちりめんの振り袖(右)を披露する福清黄檗文化促進会のスタッフ。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000197

  •  日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈
    2019年03月16日
    日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈

    16日、福清黄檗文化促進会のに着物の目録を手渡す服飾文化研究会の渡辺チヱ会長(中央)。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000201

  •  日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈
    2019年03月16日
    日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈

    16日、服飾文化研究会から福清黄檗文化促進会に寄贈された明治時代の赤地ちりめんの色打ち掛けを着たスタッフ(中央)と、大正時代の黒地ちりめんの振り袖を着たスタッフ(右から2人目)。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/鄭松波)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000265

  •  日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈
    2019年03月16日
    日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈

    16日、着物の着付けをする日本の公益社団法人、服飾文化研究会のメンバー。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000297

  •  日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈
    2019年03月16日
    日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈

    16日、着物の着付けをする日本の公益社団法人、服飾文化研究会のメンバー。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/鄭松波)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000299

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画展の開幕式であいさつする公益社団法人日本中国友好協会の橋本逸男副会長。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301183

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画展の開幕式であいさつする同展を後援している福建省芸術館の宋珍珍(そう・ちんちん)副館長。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301203

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画展開幕式であいさつする同展を後援している中国・福建海外文化センター(日本)の劉莉生(りゅう・りせい)代表。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301124

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画展の開幕式であいさつする在日本中国大使館の石永菁(せき・えいせい)文化参事官。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301214

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、東京で開幕した「郷土の漆彩-中国農民漆画展」の会場。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301198

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画を鑑賞する来場者。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301175

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画を鑑賞する来場者。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301228

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画展の開幕式で記念撮影する中日両国の来賓。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301189

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画展の開幕式でテープカットをする来賓。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301193

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画展の会場で交流する来賓。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301218

  •  中国福建省の農民漆画、日本で公開
    2019年07月19日
    中国福建省の農民漆画、日本で公開

    19日、漆画を鑑賞する来場者。中国福建省文化・観光庁が主催し、福建省芸術館、中国国家芸術基金、在日本中国大使館文化部などが後援する中国国家芸術基金プロジェクトの「郷土の漆彩-中国農民漆画展」が19日、東京の多元文化会館で開幕した。在日本中国大使館文化部、日本外務省アジア大洋州局、公益社団法人日本中国友好協会、中国・福建海外文化センター(日本)などの責任者や中日友好関係者らが開幕式に出席した。同展は8月5日までの会期中、農民漆画実験クラスの優秀な受講生の作品から厳選した50点(農民漆画40点、農民画10点)以上を展示。絵画と説明文、作品の陳列、デジタル化による双方向型の表現手法により、農民漆画の実践成果を多角的に示す。(東京=新華社配信/周曙光)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301123

  •  マグロ市場にオペラの名曲 那智勝浦でコンサート
    01:18.24
    2021年04月17日
    マグロ市場にオペラの名曲 那智勝浦でコンサート

    和歌山県那智勝浦町の生鮮マグロ水揚げ量が全国有数として知られる勝浦地方卸売市場で17日、オペラの名曲コンサートが開かれた。普段はマグロが並ぶ魚市場にソプラノ、テノール、バスの歌手3人の歌声が響き渡り、約350人の観客を魅了した。熊本城や名古屋城などで野外オペラ公演を行った「公益社団法人さわかみオペラ芸術振興財団」(東京)の代表理事が昨年市場を見学し、公演を提案。町が地域の活性化につながるとして開催を決めた。新型コロナウイルス感染症予防のため、約2千平方メートルの市場に空間を取って客席を配置。歌手は特設舞台に立ち、漁港に停泊するマグロ漁船をバックにカルメンの「闘牛士の歌」などを披露した。<映像内容>漁港や市場の外観、コンサートの様子、熱唱する歌手、など、撮影日:2021(令和3)年4月17日、撮影場所:和歌山県那智勝浦町

    商品コード: 2021041915510

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:46.27
    2021年05月26日
    五輪向け救助艇で搬送訓練 説明と搬送訓練の様子

    夏の東京五輪・パラリンピックに向け、体操や水泳など競技会場が集中する有明・台場エリアで26日、救助艇を使った搬送訓練が実施された。五輪期間中は道路の混雑などが予想され、海上を利用し急病人をいち早く搬送することが狙い。公益社団法人「モバイル・ホスピタル・インターナショナル」が東京消防庁などと連携して企画。この日は五輪会場の「有明テニスの森」から急病人を搬送する想定で訓練が実施された。「熱中症患者が多数発生」。東京消防庁から一報が入ると、待機していた救助艇が医師を乗せ波しぶきを立てて現場に急行した。男性患者を連れて戻ると車椅子で病院まで搬送し、訓練を終えた。 <映像内容>救助艇実施への経緯を説明する公益社団法人モバイル・ホスピタル・インターナショナルの有賀徹執行理事、質疑応答、救助訓練の様子など、撮影日:2021(令和3)年5月26日、撮影場所:東京都江東区

    商品コード: 2021052806764

  • 記者会見する松中理事ら 同性婚賛否ウェブで可視化
    2022年07月01日
    記者会見する松中理事ら 同性婚賛否ウェブで可視化

    記者会見する公益社団法人「マリッジ・フォー・オール・ジャパン」の松中権理事(右端)ら=1日、厚労省

    商品コード: 2022070101077

  •  公益社団法人経済同友会の看板
    2022年08月22日
    公益社団法人経済同友会の看板

    公益社団法人経済同友会の看板。=2022(令和4)年8月22日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082308930

  •  公益社団法人経済同友会の看板
    2022年08月22日
    公益社団法人経済同友会の看板

    公益社団法人経済同友会の看板。=2022(令和4)年8月22日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082308967

  •  公益社団法人経済同友会の看板
    2022年08月22日
    公益社団法人経済同友会の看板

    公益社団法人経済同友会の看板。=2022(令和4)年8月22日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082308952

  •  公益社団法人経済同友会の看板
    2022年08月22日
    公益社団法人経済同友会の看板

    公益社団法人経済同友会の看板。=2022(令和4)年8月22日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082308943

  •  公益社団法人経済同友会の看板
    2022年08月22日
    公益社団法人経済同友会の看板

    公益社団法人経済同友会の看板。=2022(令和4)年8月22日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082308948

  •  公益社団法人経済同友会の看板
    2022年08月22日
    公益社団法人経済同友会の看板

    公益社団法人経済同友会の看板。=2022(令和4)年8月22日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082308978

  •  (6)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (6)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、通りがかった市民に涼茶を手渡すボランティア。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309546

  •  (3)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (3)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、完成した涼茶を容器に移し替えるボランティア。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309513

  •  (2)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (2)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、市民から「最美涼茶攤」の創業者である顧忠根氏に贈られた、涼茶の保存タンクを見せるボランティア。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309515

  •  (8)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (8)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、涼茶をもらいに来た配達員。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309542

  •  (1)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (1)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、涼茶を飲んだ後、ボランティアに感謝する金華市からイチジクを売りに来た露天商。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309512

  •  (4)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (4)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、ティーバッグを整理するボランティア。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309516

  •  (7)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (7)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、バスを待つ間に涼茶をもらいに来る市民。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309548

  •  (9)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (9)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、「最美涼茶攤」で涼茶を受け取る配達員。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309561

  •  (5)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市
    2022年08月23日
    (5)「涼茶」の無料提供を45年間続けるティースタンド浙江省杭州市

    17日、涼茶の入った容器を運ぶボランティア。中国浙江省杭州市上城区小営街道長明寺巷社区(コミュニティー)にある「最美涼茶攤」は、顧忠根(こ・ちゅうこん)氏(故人)が始めた同市で最も古い「涼茶攤」(中医薬材料を用いた飲料を提供するスタンド)で、2017年からは地元の鳳凰公益社会活動サービスセンターのボランティアが管理し、今日まで45年間続いてきた。この涼茶攤は毎年、1年で最も暑い時期「三伏天」の40日間だけ営業をする。今年は異常気象により猛暑日が非常に多く、同市の最高気温は41・8度と史上最高気温を記録した。炎天下にもかかわらず、ティースタンドに立つボランティアは、通行人に涼茶を手渡し涼を提供している。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2022(令和4)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082309528

  • 1