KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 住民
  • 恐怖
  • 写真ニュース
  • 堺市
  • 表面
  • 排水溝
  • 栗山町
  • 検出
  • デモ

「六価クロム」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
48
( 1 48 件を表示)
  • 1
48
( 1 48 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1975年08月11日
    日本化工、千葉にも投棄

    東京都江東区の地下鉄工事現場から掘り出された六価クロムを含んだ残土。後方中央は、大島第5小学校。日本化学工業の「六価クロム鉱滓(こうさい)大量投棄」による土壌汚染問題は、従業員8人が肺ガン死したことが明るみに出て住民に深刻な不安を投げかけているが、千葉県の調査で、市川市周辺にも大量の六価クロムを投棄していたことが分かった=1975(昭和50)年8月11日、東京都江東区大島8丁目

    商品コード: 2013022700391

  • 1975年08月13日
    16年前に肺ガンの兆候

    「あの時に忠告を聞いてくれたら」-六価クロム鉱滓(こうさい)大量投棄事件で語る鈴木武夫国立公衆衛生院次長。16年前に日本化学工業小松川工場のクロム汚染が許容濃度をはるかにオーバーし、従業員の多くに肺ガンの前段症状などの健康障害が出ていたため、労働環境の改善と従業員の健康管理を十分にするよう進言していたという=1975(昭和50)年8月13日、環境庁

    商品コード: 2013030400336

  • 1975年08月13日
    クロム投棄、続々明るみに

    六価クロムを含んだ土に、不安な表情を見せる住民。日本化学工業の「六価クロム鉱滓(こうさい)大量投棄」で問題になっている江戸川区堀江町の住民が48年12月、肺ガンで亡くなっていることが分かった。同町一帯は、日本化工が8万トンにのぼる六価クロム鉱滓を投棄した地域=1975(昭和50)年8月13日、東京都江戸川区堀江町

    商品コード: 2013030400337

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年08月13日
    東京の会社員宅クロム汚染

    久保田光男さん宅の通路を調べる江戸川区職員。日本化学工業の「六価クロム鉱滓(こうさい)大量投棄」で問題になっている江戸川区堀江町で、民家内の通路表面に六価クロム鉱滓がこの10年来、むき出しに露出したままになっていたことが分かった=1975(昭和50)年8月13日、東京都江戸川区堀江町

    商品コード: 2013030400338

  • 1975年08月13日
    不安な表情を見せる住民 六価クロム投棄が続々判明

    日本化学工業によって有害物質の六価クロム鉱滓(こうさい)8万トンが埋められていたことが判明。六価クロムを含んだ土に、不安な表情を見せる住民=1975(昭和50)年8月13日、東京都江戸川区堀江町「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P53)

    商品コード: 2015030300520

  • 1975年08月14日
    県、現地調査に乗り出す

    工場敷地内に六価クロム鉱滓(こうさい)を埋め、関係官庁から立ち入り調査を受けた日本電工徳島工場。クロム公害が各地で問題化しているため、労働省は各地の労働基準監督署に立ち入り検査指示を出した=1975(昭和50)年8月14日、徳島県阿南市橘町

    商品コード: 2013030400352

  • 1975年08月14日
    六価クロム、塩ビ被害が表面化

    土から沁み出した六価クロムで変色した川の水。左方は六価クロム鉱さい=1975(昭和50)年8月14日、東京都江戸川区堀江町(1975年国内十大ニュース6)

    商品コード: 2010070700197

  • 1975年08月14日
    日本化工社長、開き直る

    記者の質問に答える日本化学工業の棚橋幹一社長。「六価クロム鉱滓(こうさい)大量投棄」事件について初めて記者会見し、企業責任と被害の補償について会社の態度を明らかにした。「鉱滓中の六価クロム濃度は非常に小さい。これまで永年社外で埋めているが、大きな健康被害は出ていない。私は“無害”と信じている」などと発言=1975(昭和50)年8月14日、東京都江東区亀戸

    商品コード: 2013030400351

  • 1975年08月14日
    クロムが埋まる校庭 六価クロム投棄が続々判明

    校庭の下にクロム鉱滓(こうさい)を投棄。「このグランドにはクロム公害対策をしてあります。穴を掘ること、くいを打つことを禁止します」との学校長名の看板が立てられている=1975(昭和50)年8月14日、北海道夕張郡栗山町の栗山小学校「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P53)

    商品コード: 2015030300526

  • 1975年08月15日
    クロムむき出し草も生えず

    手のひらに乗っているのは、すくい上げた「六価クロム粒子」。15年前埋め立てに使った六価クロムの鉱滓(こうさい)上には草も生えず、不気味に茶色の膚をさらけ出している。これまで14人に上る犠牲者を出している北海道夕張郡栗山町の旧日本電工栗山工場周辺は、鉱滓が埋められたままだ=1975(昭和50)年8月15日、北海道夕張郡栗山町中央一番町の田上埋め立て地

    商品コード: 2013030400373

  • 1975年08月16日
    決め手ない?クロム無害化

    塩化カルシウムをまいて粉じん防止に懸命な六価クロム埋め立て地。六価クロム鉱滓(こうさい)の「無害化」のため、東京都や千葉県は汚染土壌に硫化第一鉄などを投入して六価クロムを三価クロムに還元する方法をとっているが、その三価クロムの安全性にも疑問が持たれ始めている=1975(昭和50)年8月16日、東京都江東区大島

    商品コード: 2013030400376

  • 1975年08月16日
    黄色の恐怖“クロム禍”

    日本化学工業に連日デモする「墨東から公害をなくす市民の会」の人たち。日本化工が鉱滓(こうさい)を大量投棄したことから引き起こされた“六価クロム禍”。工場近くには真っ黄色の鉱滓が野ざらしの状態で積み重なり、雨が降ると黄色の水たまり、風が吹くと黄色の粉じんが舞う=1975(昭和50)年8月16日、東京都江東区亀戸

    商品コード: 2013030400377

  • 1975年08月17日
    クロム禍被害者の会を結成

    「日本化学による六価クロム被害者の会」結成準備会に集まった遺族や元従業員たち。日本化学工業による六価クロム禍の責任追及のため「六価クロム禍被害者、全国の公害に反対するすべての人々に団結と協力を求める」とのアピールを発表した=1975(昭和50)年8月17日、東京都江戸川区船堀の勤労福祉会館

    商品コード: 2013030400384

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年08月19日
    隆起してヒビ割れだらけ 六価クロム渦

    六価クロムが浸透した日本化学工業小松川南工場の敷地土壌は隆起してヒビ割れだらけ=1975(昭和50)年8月

    商品コード: 1975081950001

  • 1975年08月19日
    クロム、続々立ち入り調査

    六価クロムを使用しているメッキ工場の排水を採取する名古屋市下水道局職員。同市の熱田下水処理場に大量の六価クロム廃液が流れ込んだ事件で、同処理場に廃液を流しているメッキ工場の立ち入り調査を実施した=1975(昭和50)年8月19日、名古屋市熱田区

    商品コード: 2013030400405

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年08月19日
    立入禁止に 東京の団地広場も汚染か

    六価クロムが埋め立てに使用しされている恐れから立入禁止になった都営平井一丁目団地の広場=1975(昭和50)年8月19日

    商品コード: 1975081950002

  • 1975年08月20日
    クロム鉱滓収集作業始まる

    構内にばらまかれたクロム鉱滓(こうさい)を収集する作業員。国鉄函館本線東札幌駅など6駅構内に大量の六価クロム鉱滓が“除草に効果がある”としてばらまかれていた事実が判明。総量約70トンの収集作業を始めた=1975(昭和50)年8月20日、北海道・東札幌駅構内

    商品コード: 2013030400407

  • 1975年08月21日
    メッキ工場を立ち入り検査

    浅井戸の水を採取する名古屋市下水道局職員。同市の熱田下水処理場に大量の六価クロム廃液が流れ込んだ事件で、同処理場に廃液を流しているメッキ工場の立ち入り調査を実施した=1975(昭和50)年8月21日、名古屋市中区向田町

    商品コード: 2013030400415

  • 1975年08月21日
    井戸水からも六価クロム

    くみ上げた井戸水を検査する名古屋市公害対策局職員。同市中区向田町のメッキ工場の立ち入り調査で、浅井戸から基準を大幅に上回る六価クロムが検出されたことにショックを受けた公害対策局は、同工場周辺など6カ所で地下水調査を行った。その結果、基準を200倍も上回る10PPMの六価クロムを検出した=1975(昭和50)年8月21日、名古屋市中区平和町

    商品コード: 2013030400417

  • 1975年08月21日
    六価クロム、塩ビ被害が表面化

    六価クロム禍で、健康診断会場の江戸川保健所葛西健康相談所に向かう住民=1975(昭和50)年8月21日、東京都江戸川区(1975年国内十大ニュース6)

    商品コード: 2010070700212

  • 1975年08月21日
    六価クロム、塩ビ被害が表面化

    健康診断を受ける住民=1975(昭和50)年8月21日、東京都江戸川区桑川町(1975年国内十大ニュース6)

    商品コード: 2010070700194

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:48.45
    1975年08月22日
    「中日映画社」六価クロム禍

    東京都江東区の日本化学工業の六価クロム鉱さい投棄は職業病や土壌汚染など公害をひきおこした。<映像内容>日本科学工業 江東区・江戸川区の埋め立て進むデルタ地帯 草が生えず雨で黄色い水がでる土壌 住宅地にも登記され石垣の間からにじみ出る六価クロム 学校の敷地にも棄てられている六価クロム 公害実験室での実験 東京都の対策会議 タナハシ社長記者会見 区民の会のデモ、※撮影日不明・公開日:1975年(昭和50年)8月22日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2017112100384

  • 1975年08月27日
    クロム禍、住民にも波及?

    六価クロム公害の健康診断に列をつくる江東区住民。六価クロム禍で問題になっている日本化工小松川工場がある江戸川区が、住民の健康診断を実施したが、同工場とは関係のない住民から鼻中隔穿(せん)孔患者が出たため、周辺自治体でも検診が実施された=1975(昭和50)年8月27日、東京都江東区の第5大島小学校

    商品コード: 2013030400441

  • 1975年09月01日
    六価クロム 新たな恐怖

    無責任企業へ連日抗議のデモをする「墨東から公害をなくす区民の会」のメンバー。日本化工退職者を中心に組織された「被害者の会」や、この問題の最初の告発グループになった区民の会など住民サイドが、固く扉を閉ざした企業の壁の内側に食い込むことが出来るかどうか-日本の公害行政の在り方が、再び問われることになりそうだ=1975(昭和50)年9月1日、東京都江東区亀戸(写真ニュース「新たな恐怖 六価クロム」5枚組の5)(8月中の撮影と思われる)

    商品コード: 2013031300076

  • 1975年09月01日
    六価クロム 新たな恐怖

    校庭の下はクロム鉱滓(こうさい)。穴を掘ってはいけません。汚染土壌を封じ込めるためクロム公害対策をしてあります。穴を掘ること、クイを打つことを“禁止”します-との学校長名の看板が立てられている=1975(昭和50)年8月14日、北海道夕張郡栗山町の栗山小学校(写真ニュース「新たな恐怖 六価クロム」5枚組の4)

    商品コード: 2013031300075

  • 1975年09月01日
    六価クロム 新たな恐怖

    これがクロム鉱滓(こうさい)。投棄15年後も原形をとどめている。恐ろしい人体への影響が次々に明るみに出ている六価クロム事件は、火元の東京下町から全国に広がり、水銀、カドミウム、PCBに匹敵する“恐怖の公害”として不安を増幅させている=1975(昭和50)年9月1日、北海道夕張郡栗山町(写真ニュース「新たな恐怖 六価クロム」5枚組の2)

    商品コード: 2013031300072

  • 1975年09月01日
    クロム禍不安の中で始業式

    2学期がスタート。クロム鉱滓(こうさい)の上に敷き詰めた黒いアスファルトを避けて登校する学童たち。校庭の花壇などに六価クロム鉱滓が投棄されていることが分かったため、汚染土壌を封じ込めるアスファルト処理が行われた=1975(昭和50)年9月1日、東京都江戸川区立一之江第2小学校

    商品コード: 2013031300067

  • 1975年09月01日
    六価クロム 新たな恐怖

    鼻中隔穿(せん)孔に悩まされる日本化工元従業員Sさんは、いまでもこうやって苦痛を和らげる。恐ろしい人体への影響が次々に明るみに出ている六価クロム事件は、火元の東京下町から全国に広がり、水銀、カドミウム、PCBに匹敵する“恐怖の公害”として不安を増幅させている=1975(昭和50)年9月1日、東京都江戸川区(写真ニュース「新たな恐怖 六価クロム」5枚組の1)(8月中の撮影と思われる)

    商品コード: 2013031300068

  • 1975年09月01日
    六価クロム 新たな恐怖

    草も生えない埋め立て地をアスファルトで固める。後方は建設中の住宅供給公社団地。被害は日本化工など企業に働く従業員だけにとどまらず、有毒な鉱滓(こうさい)の捨て場となった埋め立て地の住民や学校にまで及び、新たな恐怖にさらされることになった=1975(昭和50)年9月1日、東京都江戸川区(写真ニュース「新たな恐怖 六価クロム」5枚組の3)(8月中の撮影と思われる)

    商品コード: 2013031300073

  • 1975年09月09日
    クロム禍集中審議始まる

    衆院公害対策環境保全特別委員会の六価クロム集中審議で参考人として意見を述べる棚橋幹一日本化工社長。ほかに松田信日本電工社長、長沢栄一日本化学工業協会専務理事、志賀美喜哉東京都副知事、田尻宗昭東京都公害局規制部長、則武基雄北海道栗山町長から現状と対策について見解を聞き、質疑を行った=1975(昭和50)年9月9日、国会

    商品コード: 2013031300107

  • 1975年09月09日
    クロム禍集中審議始まる

    衆院公害対策環境保全特別委員会の六価クロム集中審議で参考人として意見を述べる棚橋幹一日本化工社長(右端)。参考人席、前列右から松田信日本電工社長、長沢栄一日本化学工業協会専務理事、志賀美喜哉東京都副知事。各参考人から現状と対策について見解を聞き、質疑を行った=1975(昭和50)年9月9日、国会

    商品コード: 2013031300108

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年12月20日
    六価クロム、塩ビ被害が表面化(7~10月) 1975年十大ニュース(国内)6

    日本化学工業の六価クロム不法投棄で新たな恐怖を巻き起こし、子どもたちは遊び場を奪われた

    商品コード: 2005051700203

  • 1978年11月09日
    六価クロムをガラスで“密封”

    熱処理で六価クロムを密封したガラス片。くずガラスを使って六価クロムを無害化し、処理後は建築材料として再利用する−岡山大学工学部の高橋克明教授らの手で六価クロムの新処理法が開発された

    商品コード: 2015082500210

  • 1978年11月09日
    岡山大の高橋克明教授 六価クロムをガラスで“密封”

    六価クロムの新処理法を開発した岡山大学工学部の高橋克明教授

    商品コード: 2015082500211

  • 1980年10月03日
    六価クロムのたれ流しで捜索

    高濃度の六価クロム汚水をたれ流していた磯辺鍍金工場を捜索する警視庁生活課員=1980(昭和55)年10月3日、東京都品川区大崎(55年内地8937)

    商品コード: 2019032900793

  • 1981年02月16日
    6価クロム労災訴訟が結審

    6価クロム労災訴訟の結審で地裁に入る原告団=1981(昭和56)年2月16日、東京地裁(56年内地 1482)

    商品コード: 2022032207002

  • 1981年02月16日
    6価クロム労災訴訟が結審

    6価クロム労災訴訟の結審で地裁に入る原告団=1981(昭和56)年2月16日、東京地裁(56年内地 1482)

    商品コード: 2022032207010

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月27日
    基準3千倍の六価クロム

    東京都江戸川区・六価クロムの汚染水が見つかった排水溝

    商品コード: 2013032700856

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月27日
    基準3千倍の六価クロム

    東京都江戸川区・六価クロムの汚染水が見つかった排水溝

    商品コード: 2013032700857

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月27日
    基準3千倍の六価クロム

    東京都江戸川区・六価クロムの汚染水が見つかった排水溝

    商品コード: 2013032700858

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月27日
    基準3千倍の六価クロム

    東京都江戸川区・六価クロムの汚染水が見つかった排水溝

    商品コード: 2013032700859

  • 01:56.51
    2016年09月08日
    空撮 基準460倍の六価クロム 大阪・堺の公園で

    大阪府堺市は8日、同市堺区にある公園の土壌から、最大で環境基準の460倍の六価クロム化合物が検出されたと発表した。隣接する旧メッキ工場を解体する際に化学薬品が漏れた可能性があり、近隣の複数の住民から体調を崩したという通報があった。  <映像内容>大阪府堺市堺区にある並松公園など、撮影日:2016(平成28)年9月8日、撮影場所:大阪府堺市

    商品コード: 2020081901747

  • 2016年09月08日
    基準の460倍六価クロム

    堺市・並松公園

    商品コード: 2016090801036

  • 2016年09月08日
    基準の460倍六価クロム

    堺市・並松公園

    商品コード: 2016090801037

  • 2016年09月08日
    基準の460倍六価クロム

    堺市・並松公園

    商品コード: 2016090801038

  • 2016年09月08日
    基準の460倍六価クロム

    堺市・並松公園

    商品コード: 2016090801041

  • 2016年09月08日
    堺市の並松公園 基準の460倍六価クロム

    六価クロム化合物が検出された、堺市の並松公園(中央)=8日午後(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2016090801112

  • 04:40.34
    2016年09月17日
    専門家会議で安全性再評価 豊洲市場盛り土問題

    築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に盛り土がなかった問題で、土壌汚染対策を検討するため再設置された有識者による「専門家会議」の座長を務める放送大和歌山学習センターの平田健正(ひらた・たてまさ)所長が17日午前、都庁で記者会見し「敷地全体で盛り土をするという前提が変わったので、現状を見て安全性を再評価する」と述べた。 また、都は同日、豊洲の建物の地下空間で採取した水を検査した結果、環境基準を下回る微量のヒ素と六価クロムを検出したと発表。平田氏は、環境基準を上回る有毒物質は検出されなかったとして「(安全性に)問題はない」と強調した上で「ヒ素は地下水の影響を受けている可能性があるが、六価クロムはコンクリートの影響が大きいと思う」と語った。 会見には、都が設置した「市場問題プロジェクトチーム」の座長、小島敏郎(こじま・としろう)青山学院大教授も同席。専門家会議は平田氏のほか、東北大大学院の駒井武(こまい・たけし)教授と京都大の内山巌雄(うちやま・いわお)名誉教授の計3人で構成する。 <映像内容>「専門家会議」の平田座長と「市場問題プロジェクトチーム」の小島座長の記者会見、会見雑観など、撮影日:2016(平成28)年9月17日、撮影場所:東京都新宿区の東京都庁

    商品コード: 2020070111297

  • 1