KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 六朝時代
  • 令和
  • 考古学
  • 資料
  • 歴史
  • 専門家
  • 保存状態
  • 博物館
  • 記者
  • 遺構

「六朝」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
76
( 1 76 件を表示)
  • 1
76
( 1 76 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 02:58.24
    2019年01月22日
    「新華社」南京博物院で「豚の文化財」展豊かで幸せな新年願う

    旧暦の亥年(中国では「亥」は豚を意味する)の到来を前に、干支にちなんだ「富貴豚-南京博物院所蔵の豚の文化財展」が5日から、中国江蘇省の南京博物院で開かれている。豚に関する文化財や美術品が100点余り展示され、来場者は一足先に春節(旧正月)ムードを堪能している。博物院3階の12号展示室には、6千年前から現代までの陶製の像や磁器、玉器、書画、郵便切手などの品が数多く展示され、来場者の目を楽しませている。新石器時代の豚型の陶製貯蔵器や六朝時代の玉猪握(死者の両手に握らせた副葬品の玉器)、西晋時代の豚小屋を模した青磁器、2019年に新しく発行された豚をモチーフにした郵便切手など、頭と口を上げて目を見開いたものや、口をすぼめて鼻を上げたもの、目を細めて笑っているものなど、それぞれの展示品にはいろいろな表情の豚が生き生きとデザインされている。豚には丸い体や無邪気なかわいらしさ、おとなしさなど、人々に愛される特徴がある他、真面目で素直、裕福で縁起がいいという文化的な意味もある。干支展は南京博物院の特色ある展覧会として、これまで11年連続で開催されている。同博物院では今回、専門のスタッフに依頼して倉庫から豚に関連する各種文化財を探し出し、集約、整理し、展覧会をレイアウトした。同博物院は、中華民族の伝統である干支文化の魅力を反映した亥年の展覧会が「富貴豊年」(豊かで収穫の多い年)の展望を示し、来場者に幸運と喜びをもたらすことを願っている。(記者/呉新生、林凱)<映像内容>中国、干支の「豚の文化財」展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202065

  • 2019年05月20日
    四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    20日、漢・六朝時代の模様入りれんがと唐代の無地のれんがで築かれた唐代の城壁。中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏は、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400413

  • 01:55.90
    2019年05月20日
    「新華社」四川省成都市で唐時代の城壁見つかる

    中国四川省の成都文物考古研究院は20日、成都市内でこのほど唐時代の城壁を発見したと発表した。発掘現場の責任者、江滔(こう・とう)氏によると、発見された古い城壁は突き固めた土とれんがや石を積み上げた部分に分かれ、ゆるい弧を描いて東西方向に伸びており、西側の保存状態が比較的良いという。今回発見されたのは唐、明、清の3時代に築かれた城壁。最も古いものは唐末期に築かれ、残存部分の長さは170メートル、幅8・9メートルから12メートルだった。城壁の内側は突き固めた土でできており、外側はれんがが積み重ねられていた。残存部分の高さは約1・5メートルで、両側面はれんがでできているが、使われているれんがの規格は均一ではなく、漢・六朝時代の模様入りのれんがと唐代の無地のれんがが混在していた。外壁の片側の前にはれんがを綺麗に敷き詰めて造った幅約1メートルの犬走りがある。明時代の城壁は突き固めた土のみでできており、唐代の城壁の両側に重なるように築かれていた。清時代の城壁は唐・宋時代の城壁が崩れて積み重なったところを土台として築かれ、現在は北側の基礎部分だけが残る。建築方法は唐代の城壁と似ている。江氏は取材に対し、今回発見された城壁は唐代の名将、高駢(こう・へん)が指揮して建築したものだと紹介。高駢は名門の出身で、唐の僖宗(きそう)の時代に「黄巣の乱」の鎮圧で活躍し「渤海郡王」に封ぜられ、蜀中(現在の四川省中部)の守備に当たっていた時期に羅城の建築を担当し、防御を固めたと背景を説明した。今回発見された城壁はまさに羅城城壁の北西の角に当たるという。江氏は、同城壁は唐・宋時代の都市建設や社会経済状況などの研究に重要な価値を持つと語った。今回の発見はまた、考古学者が唐代の羅城の位置を特定する手がかりにもなるという。(記者/薛晨、童芳)<映像内容>発見された唐時代の城壁の様子、撮影日:2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052902992

  • 2019年06月22日
    大連漢墓博物館を訪ねて

    22日、営城子漢墓群から出土した博山炉(中国戦国時代に始り、漢、六朝、唐代まで用いられた香炉)を眺める来場者。中国遼寧省大連市甘井子(かんせいし)区の大連漢墓(かんぼ)博物館は、区内の営城子(えいじょうし)漢墓群遺跡の上に建てられた遺跡博物館で、同遺跡とそこで出土した文化財を中心に展示している。同館に展示された墓や出土文物は、大連地域における漢代の政治や経済、社会状況を十分に反映していることから、中国の両漢(前漢と後漢)時代の文化研究にとって歴史的な意義がある。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601497

  • 2019年06月22日
    大連漢墓博物館を訪ねて

    22日、大連漢墓博物館に展示されている営城子漢墓群出土の博山炉(中国戦国時代に始り、漢、六朝、唐代まで用いられた香炉)。中国遼寧省大連市甘井子(かんせいし)区の大連漢墓(かんぼ)博物館は、区内の営城子(えいじょうし)漢墓群遺跡の上に建てられた遺跡博物館で、同遺跡とそこで出土した文化財を中心に展示している。同館に展示された墓や出土文物は、大連地域における漢代の政治や経済、社会状況を十分に反映していることから、中国の両漢(前漢と後漢)時代の文化研究にとって歴史的な意義がある。(大連=新華社配信/劉徳斌)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601576

  • 2019年08月07日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    臨漳県の鄴城博物館で鄴城の復元模型を見学する児童ら。(8月7日撮影)中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200471

  • 2019年08月16日
    博物館で過ごす夏休み江蘇省南京市

    16日、南京博物院内の「六朝文化財標本室」を見学する来場者。夏休みを迎え、中国江蘇省の南京博物院には多くの観光客が訪れている。博物館での見学は、夏の猛暑を避けるだけでなく、知識を学んだり、芸術の魅力を感じ取ることもできる。夏休み期間中、同博物院の予約来場者数は1日当たり約2万5千人にも達している。(南京=新華社記者/李博)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900507

  • 2019年08月23日
    江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」

    発掘調査が進む江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群。(8月23日撮影、小型無人機から)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600837

  • 2019年09月03日
    江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」

    江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群から出土した双系罐。(9月3日撮影)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600758

  • 2019年09月03日
    江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」

    江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群から出土した銅盆。(9月3日撮影)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600756

  • 2019年09月06日
    江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」

    江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群から出土した鸚鵡(オウム)杯。(9月6日撮影)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600848

  • 2019年09月06日
    江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」

    江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群から出土した鉢と勺。(9月6日撮影)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600841

  • 2019年09月15日
    江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」

    江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群から出土した獣面瓦当。(9月15日撮影)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600752

  • 2019年09月22日
    江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」

    江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で見つかった排水溝の遺構。(9月22日撮影)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600854

  • 2019年09月24日
    江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」

    江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群から出土した越州窯の磁器。(9月24日撮影)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600843

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200406

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200391

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200490

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200492

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている曹魏鄴北城の平面プラン。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200389

  • 00:57.71
    2019年11月11日
    「新華社」古代東アジアの都城建設の手本「鄴城遺跡」を訪ねて河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県西南部にある鄴城(ぎょうじょう)遺跡は「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる。鄴城の建設に当たっては、これまでの都城における宮殿の分散配置や交通の不便さなどの弊害が改められ、それ以降の中国や周辺諸国の都城建設に深い影響を与えた。そのため、鄴城は古代東アジアの都城の「手本」とされている。臨漳県はかつて鄴と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いたのが始まりとされる。後漢末には魏公、さらに魏王に封じられた曹操(そう・そう)が鄴城を本拠地とした。曹魏鄴城は綿密な計画に基づき建設されており、宮城と役所、民家は明確に区分し、中軸線を中心とした左右対称の配置、機能別のエリア構成、単一の宮城という特徴を持つ。宮城部分の西側には文人墨客の詩歌に詠まれた「銅雀三台」がある。宮城西側城壁を基礎にとして築かれた楼台で、城の防衛と王族の安全確保、詩宴を目的としている。鄴城の革新的な建設はその後、古都長安や洛陽、さらには元・明・清代の都城建設に深く影響を及ぼし、古代の日本や朝鮮半島の都城建設でも参考にされた。(記者/岳文婷)<映像内容>鄴城遺跡の風景、模型など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111802274

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200437

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200386

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200423

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200476

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した塔形罐(かん)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700311

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した青磁の杯。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700348

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した青磁の盤口壺(ばんこうこ)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700352

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した磁器の杯。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700326

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した雁形盉(か、酒器の一種)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌撮影)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700266

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した雁形盉(か、酒器の一種)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700297

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した銅銭「開元通宝」。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700333

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した五足炉。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700270

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した青磁の盞。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700278

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した磁器の碗。青磁はほぼ剥落している。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700298

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した青磁の盤口壺(ばんこうこ)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700364

  • 2020年01月07日
    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県

    出土した青磁の盤口壺(ばんこうこ)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700331

  • 2020年01月17日
    貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省

    江蘇省の南京市六朝博物館が所蔵する「梁大通元年銅造像」。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012216028

  • 2020年04月02日
    成都市で後漢から六朝時代の崖墓219基を発見

    発掘調査責任者の龔揚民(きょう・ようみん)氏から報告を受ける専門家。(4月2日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は27日、昨年から今年にかけて、同市金堂県で後漢時代後期から六朝時代(2~6世紀)にかけての崖墓(がいぼ)219基を発見し、発掘調査を実施したと発表した。崖墓は断崖に掘られた横穴式の墓を指す。これらの墓からはガラス製の「耳璫(じとう、耳飾り)」などの貴重な器物600点余りが出土した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103173

  • 2020年04月30日
    成都市で後漢から六朝時代の崖墓219基を発見

    M65号墓から出土した銅釜。(資料写真)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は27日、昨年から今年にかけて、同市金堂県で後漢時代後期から六朝時代(2~6世紀)にかけての崖墓(がいぼ)219基を発見し、発掘調査を実施したと発表した。崖墓は断崖に掘られた横穴式の墓を指す。これらの墓からはガラス製の「耳璫(じとう、耳飾り)」などの貴重な器物600点余りが出土した。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103237

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月30日
    成都市で後漢から六朝時代の崖墓219基を発見

    M206号墓の後室に施された兵器掛けや楼閣などの彫刻。(資料写真)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は27日、昨年から今年にかけて、同市金堂県で後漢時代後期から六朝時代(2~6世紀)にかけての崖墓(がいぼ)219基を発見し、発掘調査を実施したと発表した。崖墓は断崖に掘られた横穴式の墓を指す。これらの墓からはガラス製の「耳璫(じとう、耳飾り)」などの貴重な器物600点余りが出土した。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103249

  • 2020年04月30日
    成都市で後漢から六朝時代の崖墓219基を発見

    M85号墓から出土したガラス製の耳璫。(資料写真)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は27日、昨年から今年にかけて、同市金堂県で後漢時代後期から六朝時代(2~6世紀)にかけての崖墓(がいぼ)219基を発見し、発掘調査を実施したと発表した。崖墓は断崖に掘られた横穴式の墓を指す。これらの墓からはガラス製の「耳璫(じとう、耳飾り)」などの貴重な器物600点余りが出土した。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103133

  • 2020年04月30日
    成都市で後漢から六朝時代の崖墓219基を発見

    M135号墓から出土した銀製の腕輪。(資料写真)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は27日、昨年から今年にかけて、同市金堂県で後漢時代後期から六朝時代(2~6世紀)にかけての崖墓(がいぼ)219基を発見し、発掘調査を実施したと発表した。崖墓は断崖に掘られた横穴式の墓を指す。これらの墓からはガラス製の「耳璫(じとう、耳飾り)」などの貴重な器物600点余りが出土した。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103247

  • 2020年04月30日
    成都市で後漢から六朝時代の崖墓219基を発見

    M85号墓から出土したガラス製の耳璫。(資料写真)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は27日、昨年から今年にかけて、同市金堂県で後漢時代後期から六朝時代(2~6世紀)にかけての崖墓(がいぼ)219基を発見し、発掘調査を実施したと発表した。崖墓は断崖に掘られた横穴式の墓を指す。これらの墓からはガラス製の「耳璫(じとう、耳飾り)」などの貴重な器物600点余りが出土した。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103251

  • 2020年04月30日
    成都市で後漢から六朝時代の崖墓219基を発見

    中型墓の墓室の様子。(資料写真)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は27日、昨年から今年にかけて、同市金堂県で後漢時代後期から六朝時代(2~6世紀)にかけての崖墓(がいぼ)219基を発見し、発掘調査を実施したと発表した。崖墓は断崖に掘られた横穴式の墓を指す。これらの墓からはガラス製の「耳璫(じとう、耳飾り)」などの貴重な器物600点余りが出土した。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103275

  • 2020年04月30日
    成都市で後漢から六朝時代の崖墓219基を発見

    M82号墓から出土した銀製の腕輪。(資料写真)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は27日、昨年から今年にかけて、同市金堂県で後漢時代後期から六朝時代(2~6世紀)にかけての崖墓(がいぼ)219基を発見し、発掘調査を実施したと発表した。崖墓は断崖に掘られた横穴式の墓を指す。これらの墓からはガラス製の「耳璫(じとう、耳飾り)」などの貴重な器物600点余りが出土した。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103246

  • 2020年07月25日
    白帝城遺跡で漢~南宋期の建築遺構が複数見つかる

    白帝城遺跡で行われた発掘調査。(7月25日撮影)中国重慶市奉節県には、三国時代に蜀漢の昭烈帝劉備(りゅう・び)が臨終の際に遺児を臣下の諸葛亮(しょかつ・りょう)に託したとされる白帝城がある。同市文化遺産研究院によると、白帝城遺跡でこのほど実施した考古発掘調査で漢代、六朝、晩唐、五代、南宋各時期の建築遺構が見つかり、異なる時代の遺構が積み重なる地層の関係が解明された。白帝城の時代変遷を知る上で重要な実物資料になるという。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806530

  • 2020年09月12日
    白帝城遺跡で漢~南宋期の建築遺構が複数見つかる

    白帝城遺跡内の子陽城遺跡で見つかった皇殿台遺構。(9月12日撮影)中国重慶市奉節県には、三国時代に蜀漢の昭烈帝劉備(りゅう・び)が臨終の際に遺児を臣下の諸葛亮(しょかつ・りょう)に託したとされる白帝城がある。同市文化遺産研究院によると、白帝城遺跡でこのほど実施した考古発掘調査で漢代、六朝、晩唐、五代、南宋各時期の建築遺構が見つかり、異なる時代の遺構が積み重なる地層の関係が解明された。白帝城の時代変遷を知る上で重要な実物資料になるという。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806506

  • 2020年10月05日
    白帝城遺跡で漢~南宋期の建築遺構が複数見つかる

    白帝城遺跡から出土した漢代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。(10月5日撮影)中国重慶市奉節県には、三国時代に蜀漢の昭烈帝劉備(りゅう・び)が臨終の際に遺児を臣下の諸葛亮(しょかつ・りょう)に託したとされる白帝城がある。同市文化遺産研究院によると、白帝城遺跡でこのほど実施した考古発掘調査で漢代、六朝、晩唐、五代、南宋各時期の建築遺構が見つかり、異なる時代の遺構が積み重なる地層の関係が解明された。白帝城の時代変遷を知る上で重要な実物資料になるという。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806429

  • 2020年10月05日
    白帝城遺跡で漢~南宋期の建築遺構が複数見つかる

    白帝城遺跡から出土した宋代の磁器。(10月5日撮影)中国重慶市奉節県には、三国時代に蜀漢の昭烈帝劉備(りゅう・び)が臨終の際に遺児を臣下の諸葛亮(しょかつ・りょう)に託したとされる白帝城がある。同市文化遺産研究院によると、白帝城遺跡でこのほど実施した考古発掘調査で漢代、六朝、晩唐、五代、南宋各時期の建築遺構が見つかり、異なる時代の遺構が積み重なる地層の関係が解明された。白帝城の時代変遷を知る上で重要な実物資料になるという。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806567

  • 2020年10月11日
    白帝城遺跡で漢~南宋期の建築遺構が複数見つかる

    白帝城遺跡内の子陽城遺跡で見つかった皇殿台主城門の遺構。(10月11日撮影)中国重慶市奉節県には、三国時代に蜀漢の昭烈帝劉備(りゅう・び)が臨終の際に遺児を臣下の諸葛亮(しょかつ・りょう)に託したとされる白帝城がある。同市文化遺産研究院によると、白帝城遺跡でこのほど実施した考古発掘調査で漢代、六朝、晩唐、五代、南宋各時期の建築遺構が見つかり、異なる時代の遺構が積み重なる地層の関係が解明された。白帝城の時代変遷を知る上で重要な実物資料になるという。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806504

  • 2020年10月25日
    白帝城遺跡で漢~南宋期の建築遺構が複数見つかる

    白帝城遺跡から出土した漢~六朝時代の建築材料。(10月25日撮影)中国重慶市奉節県には、三国時代に蜀漢の昭烈帝劉備(りゅう・び)が臨終の際に遺児を臣下の諸葛亮(しょかつ・りょう)に託したとされる白帝城がある。同市文化遺産研究院によると、白帝城遺跡でこのほど実施した考古発掘調査で漢代、六朝、晩唐、五代、南宋各時期の建築遺構が見つかり、異なる時代の遺構が積み重なる地層の関係が解明された。白帝城の時代変遷を知る上で重要な実物資料になるという。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806532

  • 2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶製の博山炉(中国戦国時代に始り、漢、六朝、唐代まで用いられた香炉)、燭台、盉(か、酒器の一種)。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704912

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    応家遺跡から出土した漢代~六朝時代の青磁鉢(左)と唐・宋代の青磁盤口壺。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704533

  • 2020年12月12日
    (5)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した封緘(ふうかん)用の簡牘「封検」。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506405

  • 2020年12月12日
    (2)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した鳥の頭の形をした磁器の彫刻。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506385

  • 2020年12月12日
    (3)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した土器の甕、器、鉢。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506101

  • 00:53.56
    2020年12月12日
    「新華社」漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。今回の調査では、封緘(ふうかん)用の簡牘である「封検」や複数の面に文字が書かれた「觚(こ)」、表と裏に墨書のある木の板が各1点ずつ出土した。「封検」の長さは22センチで、底には書物の封印に用いた封泥(ふうでい)の跡を示す小型の四角い窪みや穴、溝が見つかった。寧波市文化遺産管理研究院の関係者は、「当時の人は公私文書の郵送時に秘密を保持するために、木簡を使って文書を覆った。そして紐で縛り、結び目を粘土で覆い印を押して封じた。封緘に用いた木簡は『検』と言い、『検』には通常、受取人の名前、住所、郵送方法が書かれていた。これは現在の封筒に相当する」と説明した。同遺跡の出土品は浙江地域の漢代基層集落の考古学調査における重要な発見で、簡牘は後漢前・中期の中国南東地域の民間宗教信仰を研究する上で重要な資料となる。(記者/顧小立)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506704

  • 2020年12月12日
    (1)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    余姚花園新村にある漢六朝遺跡の発掘エリア。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506182

  • 2020年12月12日
    (4)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した漢代の銅銭。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506245

  • 2021年01月25日
    かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある昭関石塔の台座。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012902518

  • 2021年01月28日
    (3)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある元代に建てられた「昭関石塔」。武宗カイシャンの命により、大都の白塔寺を手掛けた職人、劉高(りゅう・こう)が中心となって建造したとされる。台座の両面に「昭関」と刻まれていることから昭関石塔と呼ばれる。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803175

  • 2021年01月28日
    (7)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある道教遺跡「鉄柱宮」の扉。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803182

  • 2021年01月28日
    (11)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある「層巒聳翠」と書かれたアーチ形の入り口。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803187

  • 2021年01月28日
    (8)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある「共渡慈航」と書かれたアーチ形の入り口。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803190

  • 2021年01月28日
    (1)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    24日、西津渡古街区の夜景。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803174

  • 2021年01月28日
    (2)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある元代に建てられた「昭関石塔」。武宗カイシャンの命により、大都の白塔寺を手掛けた職人、劉高(りゅう・こう)が中心となって建造したとされる。土台の両面に「昭関」の文字が刻まれていることから昭関石塔と呼ばれる。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803176

  • 2021年01月28日
    (5)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある「救生会」の会堂。長江を渡る人や舟を対象に慈善事業を行っていた。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803179

  • 2021年01月28日
    (6)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある「五十三坡」階段。善財童子が53人の師を訪ねる仏教説話にちなみ、53段の階段が続く。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803183

  • 2021年01月28日
    (10)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある展示ケース。各時代の敷石が展示されている。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803189

  • 2021年01月28日
    (9)かつての渡し場、西津渡風景区を訪ねて江蘇省鎮江市

    25日、西津渡風景区にある「飛閣流丹」と書かれたアーチ形の入り口。中国江蘇省鎮江市西側の雲台山麓にある「西津渡」は、かつて長江を渡る渡し場だった場所で、六朝時代(2~6世紀)にはすでに航路が定められていた。三国時代に「蒜山渡」と呼ばれ、呉の孫権(そん・けん)率いる水軍の駐留地となった後、唐代に「金陵渡」、宋代にようやく「西津渡」の名を持つに至った。西津渡は同市内で最も文化財や古跡が多く、集中している上、保存状態も良い。国家4A級(上から2番目)の観光地に指定されている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803186

  • 2022年01月11日
    (1)北海市で六朝隋唐時期の古墓群発見広西チワン族自治区

    8日、大樹根古墓群周辺で収集された陶磁器。中国広西チワン族自治区の北海市博物館はこのほど、最新の考古学成果として、考古学者が同市銀海区福成鎮大樹根村で7万平方メートルの古墓群を発見したと発表した。試掘調査や確認調査により、墓の数は約200基と分かった。専門家は墓群の年代を南北朝時代から隋唐時代と推測しており、比較的高い研究価値を持つ。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011106533

  • 00:46.72
    2022年01月11日
    「新華社」北海市で六朝隋唐時期の古墓群発見広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区の北海市博物館はこのほど、最新の考古学成果として、考古学者が同市銀海区福成鎮大樹根村で7万平方メートルの古墓群を発見したと発表した。試掘調査や確認調査により、墓の数は約200基と分かった。専門家は墓群の年代を南北朝時代から隋唐時代と推測しており、比較的高い研究価値を持つ。墓群の最も大きな特徴は、俗に「砥石車」と呼ばれる砕石片で墓室が構築されている点で、一部はれんがと石の複合構造をしている。形状は細長くて浅い。陶器や磁器、鉄器などが出土し、形が識別できるものとしては硬陶四系罐、夾砂陶釜、青磁碗、鉄刀があった。陶器の装飾文様は豊富で、波文や乳釘文、葉脈文などがみられた。多くの幾何学文れんがと少量の「窅亭(ようてい)」銘のれんがも発見された。同博物館はここ数年、広西文物保護・考古研究所と合同で地元沿海地区の発掘調査を続けている。2021年には山猪坑嶺戦国秦漢集落、屋街水漢六朝墳墓、瓦窯嶺唐代窯跡、油行屋宋元遺跡、欖根缸瓦窯明代窯跡、木岩塘清代青花窯跡など遺跡10カ所余りと遺物分布ポイントを発見した。(記者/梁舜、陳露縁) =配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011106495

  • 2022年01月11日
    (3)北海市で六朝隋唐時期の古墓群発見広西チワン族自治区

    8日、大樹根古墓群の周辺で見つかった、「窅亭」の銘文が刻まれたレンガの拓本。中国広西チワン族自治区の北海市博物館はこのほど、最新の考古学成果として、考古学者が同市銀海区福成鎮大樹根村で7万平方メートルの古墓群を発見したと発表した。試掘調査や確認調査により、墓の数は約200基と分かった。専門家は墓群の年代を南北朝時代から隋唐時代と推測しており、比較的高い研究価値を持つ。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011106507

  • 2022年01月11日
    (2)北海市で六朝隋唐時期の古墓群発見広西チワン族自治区

    8日、大樹根古墓群周辺で収集された乳釘文陶器。中国広西チワン族自治区の北海市博物館はこのほど、最新の考古学成果として、考古学者が同市銀海区福成鎮大樹根村で7万平方メートルの古墓群を発見したと発表した。試掘調査や確認調査により、墓の数は約200基と分かった。専門家は墓群の年代を南北朝時代から隋唐時代と推測しており、比較的高い研究価値を持つ。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011106494

  • 2022年01月11日
    (4)北海市で六朝隋唐時期の古墓群発見広西チワン族自治区

    大樹根古墓群の周辺で見つかった、「窅亭」の銘文が刻まれたレンガ。(資料写真)中国広西チワン族自治区の北海市博物館はこのほど、最新の考古学成果として、考古学者が同市銀海区福成鎮大樹根村で7万平方メートルの古墓群を発見したと発表した。試掘調査や確認調査により、墓の数は約200基と分かった。専門家は墓群の年代を南北朝時代から隋唐時代と推測しており、比較的高い研究価値を持つ。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011109923

  • 1