KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • フフホト
  • 小型無人機
  • ドローン
  • モンゴル
  • 民族文化
  • フルンボイル
  • ヒンガン盟
  • オルドス
  • 新型肺炎
  • ウランチャブ

「内モンゴル」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4,310
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,310
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    (1)「中欧班列」東部ルート、出入国本数1万本突破

    満洲里口岸(通関地)を通過する中欧班列。(2020年11月17日撮影)中国鉄路ハルビン局集団はこのほど、2013年からこれまでに内モンゴル自治区の満洲里と黒竜江省の綏芬河口岸(通関地)を経由して出入国した「中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)」の累計本数が1万556本になったと明らかにした。輸送貨物量は95万2601TEU(20フィートコンテナ換算)に上った。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.84
    2021年03月01日
    「新華社」「中欧班列」東部ルート、出入国本数1万本突破

    中国鉄路ハルビン局集団はこのほど、2013年からこれまでに内モンゴル自治区の満洲里と黒竜江省の綏芬河口岸(通関地)を経由して出入国した「中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)」の累計本数が1万556本になったと明らかにした。輸送貨物量は95万2601TEU(20フィートコンテナ換算)に上った。満洲里と綏芬河は、中欧班列東部ルートの重要通関地で、主に日用品や電気製品、工業機械などを輸出入する。データによると、2020年に満洲里を経由した中欧班列は前年比35・1%増加し、初めて3500本を超えた。両地を経由する中欧班列は50路線を超え、輸送貨物の種類も増え続けている。集荷地は天津、長沙、広州など数十都市に広がり、欧州十数カ国に通じている。(記者/王君宝) =配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    (2)「中欧班列」東部ルート、出入国本数1万本突破

    綏芬河駅の全景。(2018年6月3日撮影)中国鉄路ハルビン局集団はこのほど、2013年からこれまでに内モンゴル自治区の満洲里と黒竜江省の綏芬河口岸(通関地)を経由して出入国した「中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)」の累計本数が1万556本になったと明らかにした。輸送貨物量は95万2601TEU(20フィートコンテナ換算)に上った。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (7)草原でヒツジの赤ちゃん誕生ラッシュ内モンゴル自治区

    24日、ヒツジの飼育場で子ヒツジの様子を確かめる内モンゴル自治区シリンゴル盟シリンホト市宝力根ソム(蘇木)の牧畜民モンゲンさん(左)と息子のナレンさん。早春の中国内モンゴル自治区シリンゴル草原で、ヒツジの赤ちゃんの誕生がピークを迎えた。牧畜民らはヒツジの世話に追われ、忙しい日々を送っている。(シリンホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)草原でヒツジの赤ちゃん誕生ラッシュ内モンゴル自治区

    24日、ヒツジの飼育場で子ヒツジの様子を確かめる内モンゴル自治区シリンゴル盟シリンホト市宝力根ソム(蘇木)の牧畜民、モンゲンさん。早春の中国内モンゴル自治区シリンゴル草原で、ヒツジの赤ちゃんの誕生がピークを迎えた。牧畜民らはヒツジの世話に追われ、忙しい日々を送っている。(シリンホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)草原でヒツジの赤ちゃん誕生ラッシュ内モンゴル自治区

    24日、子ヒツジにミルクを与える内モンゴル自治区シリンゴル盟シリンホト市宝力根ソム(蘇木)の牧畜民モンゲンさん。早春の中国内モンゴル自治区シリンゴル草原で、ヒツジの赤ちゃんの誕生がピークを迎えた。牧畜民らはヒツジの世話に追われ、忙しい日々を送っている。(シリンホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (2)草原でヒツジの赤ちゃん誕生ラッシュ内モンゴル自治区

    24日、ヒツジの飼育場で子ヒツジの様子を確かめる内モンゴル自治区シリンゴル盟シリンホト市宝力根ソム(蘇木)の牧畜民モンゲンさん(左)と息子のナレンさん。早春の中国内モンゴル自治区シリンゴル草原で、ヒツジの赤ちゃんの誕生がピークを迎えた。牧畜民らはヒツジの世話に追われ、忙しい日々を送っている。(シリンホト=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (5)草原でヒツジの赤ちゃん誕生ラッシュ内モンゴル自治区

    24日、子ヒツジにミルクを与える内モンゴル自治区シリンゴル盟シリンホト市宝力根ソム(蘇木)の牧畜民モンゲンさん。早春の中国内モンゴル自治区シリンゴル草原で、ヒツジの赤ちゃんの誕生がピークを迎えた。牧畜民らはヒツジの世話に追われ、忙しい日々を送っている。(シリンホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (6)草原でヒツジの赤ちゃん誕生ラッシュ内モンゴル自治区

    24日、ヒツジの飼育場で子ヒツジの様子を確かめる内モンゴル自治区シリンゴル盟シリンホト市宝力根ソム(蘇木)の牧畜民モンゲンさん。早春の中国内モンゴル自治区シリンゴル草原で、ヒツジの赤ちゃんの誕生がピークを迎えた。牧畜民らはヒツジの世話に追われ、忙しい日々を送っている。(シリンホト=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (3)草原でヒツジの赤ちゃん誕生ラッシュ内モンゴル自治区

    24日、ヒツジの飼育場で子ヒツジの様子を確かめる内モンゴル自治区シリンゴル盟シリンホト市宝力根ソム(蘇木)の牧畜民ナレンさん。早春の中国内モンゴル自治区シリンゴル草原で、ヒツジの赤ちゃんの誕生がピークを迎えた。牧畜民らはヒツジの世話に追われ、忙しい日々を送っている。(シリンホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (8)草原でヒツジの赤ちゃん誕生ラッシュ内モンゴル自治区

    24日、内モンゴル自治区シリンゴル盟シリンホト市宝力根ソム(蘇木)で放牧されている家畜の群れ。早春の中国内モンゴル自治区シリンゴル草原で、ヒツジの赤ちゃんの誕生がピークを迎えた。牧畜民らはヒツジの世話に追われ、忙しい日々を送っている。(シリンホト=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.94
    2021年02月26日
    「新華社」中欧班列の安定運行に尽力天津貨物輸送センター

    中国の天津新港から24日、自動車、家具、日用品を満載した中国と欧州を結ぶ国際貨物定期列車「中欧班列」が出発した。これにより今年天津を出発し、内モンゴル自治区の満洲里、エレンホト(二連浩特)、新疆ウイグル自治区の阿拉山口の各口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の運行本数が、前年同期比8・2%増の60便、3240両となった。北京鉄路局天津貨物輸送センターはここ数年、さまざまな措置を実施して中欧班列の安定的運行に努めている。同センター新港営業部の孫凱(そん・かい)経理によると、同センターは中欧班列の安定的運行のため、迅速に通関手続きを行う優先措置「緑色通道」を導入し、天津港水上輸送センターに中欧班列のサービス窓口を設けて迅速な輸出手続きを実施しているという。受け付けから積み込み、発送までワンストップのサービスが受けられる。天津貨物輸送センターは、同市の税関や検疫部門との協力や調整を積極的に進め、通関時間を短縮するなど口岸の通関効率向上を図っている。また、輸出企業のニーズに応え、さまざまな鉄道輸送関連企業による中欧班列貨物の優先的積み込みや積み替え、輸送を促進。貨物の安全で効率的な輸送を実現している。(記者/鄧浩然) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (4)天津始発の中欧班列、今年60便目が出発

    24日、発車準備をする今年60便目の天津始発中欧班列。中国の天津新港から24日、自動車、家具、日用品を満載した中国と欧州を結ぶ国際貨物定期列車「中欧班列」が出発した。これにより今年天津を出発し、内モンゴル自治区の満洲里、エレンホト(二連浩特)、新疆ウイグル自治区の阿拉山口の各口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の運行本数が、前年同期比8・2%増の60便、3240両となった。(天津=新華社記者/李然)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (1)天津始発の中欧班列、今年60便目が出発

    24日、今年60本目の天津始発中欧班列。中国の天津新港から24日、自動車、家具、日用品を満載した中国と欧州を結ぶ国際貨物定期列車「中欧班列」が出発した。これにより今年天津を出発し、内モンゴル自治区の満洲里、エレンホト(二連浩特)、新疆ウイグル自治区の阿拉山口の各口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の運行本数が、前年同期比8・2%増の60便、3240両となった。(天津=新華社記者/李然)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (3)天津始発の中欧班列、今年60便目が出発

    24日、コンテナの積み込みをするリーチスタッカー。中国の天津新港から24日、自動車、家具、日用品を満載した中国と欧州を結ぶ国際貨物定期列車「中欧班列」が出発した。これにより今年天津を出発し、内モンゴル自治区の満洲里、エレンホト(二連浩特)、新疆ウイグル自治区の阿拉山口の各口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の運行本数が、前年同期比8・2%増の60便、3240両となった。(天津=新華社記者/李然)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (2)天津始発の中欧班列、今年60便目が出発

    24日、コンテナの積み込みをするリーチスタッカー。中国の天津新港から24日、自動車、家具、日用品を満載した中国と欧州を結ぶ国際貨物定期列車「中欧班列」が出発した。これにより今年天津を出発し、内モンゴル自治区の満洲里、エレンホト(二連浩特)、新疆ウイグル自治区の阿拉山口の各口岸(通関地)を経由して出国する中欧班列の運行本数が、前年同期比8・2%増の60便、3240両となった。(天津=新華社記者/李然)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)3代にわたり受け継がれる切り絵の技内モンゴル自治区

    21日、烏海市海南区新橋花園の自宅で、孫娘(中央)、長女(左)とこれまでの作品を振り返る李華さん(右)。中国内モンゴル自治区烏海(うかい)市海南区の新橋花園に住む李華(り・か)さん(56)は、子どもの頃に剪紙(せんし、切り絵細工)を始めた。李さんの影響を受けた長女、譚紅葉(たん・こうよう)さんも剪紙が好きになり、新しい切り絵の技法について、李さんとアイデアを出し合っている。李さんの孫娘、高宇晨(こう・うしん)さんも剪紙の練習を開始。今では一人で作品を作れるようになったという。(烏海=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)3代にわたり受け継がれる切り絵の技内モンゴル自治区

    21日、烏海市海南区新橋花園の自宅で、作品作りに励む李華さん。中国内モンゴル自治区烏海(うかい)市海南区の新橋花園に住む李華(り・か)さん(56)は、子どもの頃に剪紙(せんし、切り絵細工)を始めた。李さんの影響を受けた長女、譚紅葉(たん・こうよう)さんも剪紙が好きになり、新しい切り絵の技法について、李さんとアイデアを出し合っている。李さんの孫娘、高宇晨(こう・うしん)さんも剪紙の練習を開始。今では一人で作品を作れるようになったという。(烏海=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)3代にわたり受け継がれる切り絵の技内モンゴル自治区

    21日、烏海市海南区新橋花園の自宅で、孫娘(中央)、長女(右)と作品作りに励む李華さん(左)。中国内モンゴル自治区烏海(うかい)市海南区の新橋花園に住む李華(り・か)さん(56)は、子どもの頃に剪紙(せんし、切り絵細工)を始めた。李さんの影響を受けた長女、譚紅葉(たん・こうよう)さんも剪紙が好きになり、新しい切り絵の技法について、李さんとアイデアを出し合っている。李さんの孫娘、高宇晨(こう・うしん)さんも剪紙の練習を開始。今では一人で作品を作れるようになったという。(烏海=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)3代にわたり受け継がれる切り絵の技内モンゴル自治区

    21日、烏海市海南区新橋花園で、剪紙作品を紹介する李華さん。中国内モンゴル自治区烏海(うかい)市海南区の新橋花園に住む李華(り・か)さん(56)は、子どもの頃に剪紙(せんし、切り絵細工)を始めた。李さんの影響を受けた長女、譚紅葉(たん・こうよう)さんも剪紙が好きになり、新しい切り絵の技法について、李さんとアイデアを出し合っている。李さんの孫娘、高宇晨(こう・うしん)さんも剪紙の練習を開始。今では一人で作品を作れるようになったという。(烏海=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (新华视界)(4)草原牧民接春羔

    新华社照片,锡林浩特(内蒙古),2021年2月24日草原牧民接春羔2月24日,内蒙古锡林浩特市宝力根苏木牧民孟根打开羊圈。早春时节,气温回暖,内蒙古锡林郭勒草原上的牧民开始忙碌接春羔。新华社记者刘磊摄= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)エレンホト口岸経由の中欧班列、今年300本突破

    中欧班列を検査する税関の職員。(1月15日撮影)中国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)税関はこのほど、年初から19日までにエレンホト口岸(通関地)を経由して出入境した中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が317本に達し、昨年より22日早く300本を突破したと明らかにした。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)エレンホト口岸経由の中欧班列、今年300本突破

    中欧班列のコンテナ積み込み作業を行うクレーン。(資料写真)中国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)税関はこのほど、年初から19日までにエレンホト口岸(通関地)を経由して出入境した中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が317本に達し、昨年より22日早く300本を突破したと明らかにした。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    3代にわたり受け継がれる切り絵の技内モンゴル自治区

    21日、烏海市海南区新橋花園の自宅で、孫娘(中央)に剪紙の作り方を教える李華さん(左)。中国内モンゴル自治区烏海(うかい)市海南区の新橋花園に住む李華(り・か)さん(56)は、子どもの頃に剪紙(せんし、切り絵細工)を始めた。李さんの影響を受けた長女、譚紅葉(たん・こうよう)さんも剪紙が好きになり、新しい切り絵の技法について、李さんとアイデアを出し合っている。李さんの孫娘、高宇晨(こう・うしん)さんも剪紙の練習を開始。今では一人で作品を作れるようになったという。(烏海=新華社記者/李志鵬)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.68
    2021年02月21日
    「新華社」黄河の解氷、重要な段階に内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県バヤンゴル(巴彦高勒)鎮で21日、黄河の解氷が三盛公基幹水利施設まで到達した。このごろ、黄河の解氷は重要な段階に入った。中国水利部黄河水利委員会防御局の関係責任者によると、同自治区内では気温上昇の影響で黄河の解氷が進んでいる。バヤンゴル地域では1970年~2015年の平均(3月13日)と比べ約20日早く、過去10年の平均(3月6日)と比べても約13日早かった。解氷の勢いは現在おおむね安定している。同委員会は解氷の進展を注視し、上流の水が下流の氷塊にせき止められて起きる突発的な増水や緊急事態、災害に対応できるよう準備を整えて黄河の安全確保に努めている。(記者/李雲平)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    3代にわたり受け継がれる切り絵の技内モンゴル自治区

    21日、烏海市海南区新橋花園の自宅で、孫娘に剪紙の作り方を教える李華さん(左)。中国内モンゴル自治区烏海(うかい)市海南区の新橋花園に住む李華(り・か)さん(56)は、子どもの頃に剪紙(せんし、切り絵細工)を始めた。李さんの影響を受けた長女、譚紅葉(たん・こうよう)さんも剪紙が好きになり、新しい切り絵の技法について、李さんとアイデアを出し合っている。李さんの孫娘、高宇晨(こう・うしん)さんも剪紙の練習を開始。今では一人で作品を作れるようになったという。(烏海=新華社記者/李志鵬)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    3代にわたり受け継がれる切り絵の技内モンゴル自治区

    21日、烏海市海南区新橋花園の自宅で、作品作りに励む李華さん。中国内モンゴル自治区烏海(うかい)市海南区の新橋花園に住む李華(り・か)さん(56)は、子どもの頃に剪紙(せんし、切り絵細工)を始めた。李さんの影響を受けた長女、譚紅葉(たん・こうよう)さんも剪紙が好きになり、新しい切り絵の技法について、李さんとアイデアを出し合っている。李さんの孫娘、高宇晨(こう・うしん)さんも剪紙の練習を開始。今では一人で作品を作れるようになったという。(烏海=新華社記者/李志鵬)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (8)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、春節(旧正月)を祝う民間の娯楽活動「社火」を体験する観光客。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (7)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、モンゴル族のフェルト刺しゅうを体験する観光客。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (2)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、春節(旧正月)を祝う民間の娯楽活動「社火」を披露する人たち。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (6)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、モンゴル族の革絵の制作を体験する観光客。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (4)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、獅子舞を披露する民間芸人。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (5)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、観光客に「ホリンゴル剪紙」(切り絵細工)の技法を教える無形文化遺産の伝承者、薛籽女(せつ・しじょ)さん(右)。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (1)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、獅子舞を披露する民間芸人。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (3)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、春節(旧正月)を祝う民間の娯楽活動「社火」を披露する人たち。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月19日
    Traditional Chinese Wedding Show Traditional Chinese Wedding Show

    Actors perform a traditional Chinese wedding ceremony at Saishang old street in Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 19, 2021. ?=2021(令和3)年2月19日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月17日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    Folk artists perform at a square in Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 17, 2021.=2021(令和3)年2月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月17日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    Folk artists perform at a square in Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 17, 2021.=2021(令和3)年2月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月17日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    Folk artists perform at a square in Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 17, 2021.=2021(令和3)年2月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月16日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    Art lovers perform a Yangko dance in Hohhot, Inner Mongolia, China, Feb 16, 2021.=2021(令和3)年2月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月16日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    Art lovers perform a Yangko dance in Hohhot, Inner Mongolia, China, Feb 16, 2021.=2021(令和3)年2月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月16日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    Art lovers perform a Yangko dance in Hohhot, Inner Mongolia, China, Feb 16, 2021.=2021(令和3)年2月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月16日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    An art lover dances with a colorful dragon in Hohhot, Inner Mongolia, China, Feb 16, 2021.=2021(令和3)年2月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月16日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    Art lovers perform Weifeng gongs and drums in Hohhot, Inner Mongolia, China, Feb 16, 2021.=2021(令和3)年2月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月16日
    Daily Life In Hohhot Daily Life In Hohhot

    Art lovers perform Weifeng gongs and drums in Hohhot, Inner Mongolia, China, Feb 16, 2021.=2021(令和3)年2月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 01:10.74
    2021年02月15日
    「新華社」中国東北部の大型露天炭鉱、拡大する需要に対応

    中国の電力大手、国家電力投資集団傘下の内モンゴル能源が運営管理する白音華、霍林河など五つの石炭生産拠点では、春節(旧正月)期間中も作業員3千人余りが勤務を続けている。1日当たりの原炭産出量は26万トンで、20万トンを外部へ輸送する。新型コロナウイルス対策に万全を期しつつ発電用石炭の供給を確保し、中国東北部の石炭需要に最大限に応えている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.66
    2021年02月13日
    「新華社」パンダの姉妹「七巧」「七喜」、新年を祝う内モンゴル自治区

    ジャイアントパンダの姉妹「七巧(チーチャオ)」と「七喜(チーシー)」が中国内モンゴル自治区オルドス市にやって来て4度目の春節(旧正月)を迎えた。現地では今年、「パンダと過ごす正月」をテーマに、さまざまなイベントが開催されている。イベント会場ではモンゴル族の民族衣装を着た市民らが「巧喜姉妹」と触れ合った。パンダ館では春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を書いたり、餃子を食べたりするなど、春節に欠かせない伝統的行事が行われた。(記者/恩浩) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.76
    2021年02月12日
    「新華社」春節のイルミネーション輝く街内モンゴル自治区オルドス市

    中国内モンゴル自治区オルドス市では、春節(旧正月)のイルミネーションが街を彩り、市民のお祝い気分を盛り上げている。(記者/朱文哲) =配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.23
    2021年02月09日
    「新華社」内モンゴルのレストラン、清掃員を毎月食事に招待8年間で6千人

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市臨河(りんが)区のレストラン、魏記大碗羊肉飯館は5日、市内の清掃作業員40人余りを招待し、羊肉などの料理を無料で提供した。同店は2012年から、毎月5日を「公益デー」とし、毎回40~60人の清掃作業員に無料で食事を提供している。これまでに招待した作業員は6千人余りに上るという。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.16
    2021年02月09日
    「新華社」新年の幸せ願う豆腐作り内モンゴル自治区

    春節(旧正月)を間近に控えた中国内モンゴル自治区赤峰市敖漢旗高家窩舗村で、魏森(ぎ・しん)さん一家は長らく使っていなかった石臼を取り出し、伝統的な手法で豆腐を作った。豆腐は古くから年越しに欠かせない食品とされてきた。中国語で「豆腐」の発音が「頭福」(幸先の良い始まり)や「都福」(皆が幸せ)と似ていることから、人々は新年の願いを込めて豆腐を準備する。(記者/魏婧宇) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.83
    2021年02月07日
    「新華社」春節間近、風に揺れる伝統の切り紙「掛銭」内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区赤峰市アオハン旗の農村では、春節(旧正月)に備えて、どの家も春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を飾るほか、色とりどりの「掛銭」を貼る風習がある。「掛銭」は、まぐさ(戸の上に渡した横木)や軒に掛ける伝統的な切り紙細工の一種で、縁起の良い図案や文字をかたどっている。上部をしっかりと貼り付けられた「掛銭」は、のれんのようにひらひらと風に揺れている。(記者/魏婧宇) =配信日: 2021(平成33)年02月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    Chinese Spring Festival Decoration Chinese Spring Festival Decoration

    Children play under a lantern corridor at Dazhao Pedestrian Street in Yuquan District of Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Chinese Spring Festival Decoration Chinese Spring Festival Decoration

    A worker hangs red lanterns at Dazhao Square in Yuquan District of Hohhot, Inner Mongolia Autonomous Region, China, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Chinese Spring Festival Decoration Chinese Spring Festival Decoration

    Children play under a lantern corridor at Dazhao Pedestrian Street in Yuquan District of Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Chinese Spring Festival Decoration Chinese Spring Festival Decoration

    Workers install and hang red lanterns at Dazhao Pedestrian Street in Yuquan District of Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Chinese Spring Festival Decoration Chinese Spring Festival Decoration

    Citizens take a selfie at the Lantern Corridor of Dazhao Pedestrian Street in Yuquan District of Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Chinese Spring Festival Decoration Chinese Spring Festival Decoration

    A child plays under a lantern corridor at Dazhao Pedestrian Street in Yuquan District of Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 01:04.76
    2021年02月05日
    「新華社」モンゴルからの石炭積んだ貨物列車、曹妃甸港に到着河北省唐山市

    中国がモンゴルから輸入した100TEU(20フィートコンテナ換算)分の石炭を積んだ国際定期貨物列車が4日、河北省唐山市にある唐山港曹妃甸(そうひでん)港区に到着した。同港区に中国とモンゴルを結ぶ国際定期貨物列車路線が開通した2018年以来、復路に石炭を積んだコンテナ列車が運行されるのは今回が初で、これはモンゴルにとって新たな海港である同港区が、その位置付けをより強固にしたことを意味する。今回の石炭コンテナ列車は、中国が輸入したモンゴルの粘結炭計3200トンを積んで同国チョイル駅を出発し、中国内モンゴル自治区のエレンホト口岸(通関地)で積み替えを行った後、唐山港の曹妃甸港区に直行した。(記者/楊世尭) =配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (8)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールで泳ぐ閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に準備運動をする閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (7)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールに飛び込む閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールで泳ぐ閆相斌さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った伊敏河の上を歩く閆相斌さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.78
    2021年01月30日
    「新華社」図什業図親王府が雪化粧内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある国家4A級観光地(上から2番目のランク)の図什業図親王府でこのほど、今年の初雪が降った。建物の赤い壁と白い雪が鮮やかなコントラストを生み出し、静かな美しさと重厚さを一層際立たせている。(記者/王靖) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールに向かう閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に準備運動をする閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に水泳帽をかぶる閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    Fiber Cloth Production Line Fiber Cloth Production Line

    Technicians at the 46th Institute of the Sixth Research Institute of China Aerospace Science and Industry Corporation check the quality of F-12 fiber products on a production line in Hohhot, Inner Mongolia, China, Jan 28, 2021.=2021(令和3)年1月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月28日
    Fiber Cloth Production Line Fiber Cloth Production Line

    Workers work on a production line of F-12 fiber products at the 46th Institute of the Sixth Research Institute of China Aerospace Science and Industry Corporation in Hohhot, Inner Mongolia, China, Jan 28, 2021.=2021(令和3)年1月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月28日
    Fiber Cloth Production Line Fiber Cloth Production Line

    Workers work on a production line of F-12 fiber cloth at the 46th Institute of the Sixth Research Institute of China Aerospace Science and Industry Corporation in Hohhot, Inner Mongolia, China, Jan 28, 2021.=2021(令和3)年1月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月28日
    Fiber Cloth Production Line Fiber Cloth Production Line

    A worker works on a production line of F-12 fiber cloth at the 46th Institute of the Sixth Research Institute of China Aerospace Science and Industry Corporation in Hohhot, Inner Mongolia, China, Jan 28, 2021.=2021(令和3)年1月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月28日
    Fiber Cloth Production Line Fiber Cloth Production Line

    Workers work on a production line of F-12 fiber cloth at the 46th Institute of the Sixth Research Institute of China Aerospace Science and Industry Corporation in Hohhot, Inner Mongolia, China, Jan. 28, 2021.=2021(令和3)年1月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月28日
    Fiber Cloth Production Line Fiber Cloth Production Line

    A worker works on a production line of F-12 fiber products at the 46th Institute of the Sixth Research Institute of China Aerospace Science and Industry Corporation in Hohhot, Inner Mongolia, China, Jan 28, 2021.=2021(令和3)年1月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.36
    2021年01月27日
    「新華社」中国の電力不足、背後に農村の電力消費構造の変化

    中国国家エネルギー局のデータによると、20年10月までに農村の電化率は約18%に達した。冷蔵庫、洗濯機の使用率は大幅に向上し、エアコン保有台数は12年の2倍以上に増えた。電磁調理器と電気炊飯器はすでに広く普及しているほか、オートバイや農業用車両の電動化も徐々に進んでいる。これに加え、数回にわたる寒波襲来や各地で続く経済回復、農村の電力消費量の急増が中国の安定した電力供給に厳しい試練をもたらしている。冬に入ると、湖南、江西、浙江、内モンゴルなどの省・自治区は相次いで「有序用電」(電力使用に対する管理強化)あるいは「限電」(電力制限)に関する通知を出した。送電大手、国家電網傘下の国網湖南省電力公司経済技術研究院省重点実験室の文明(ぶん・めい)主任は「農村経済の発展や生活水準の向上、ハイパワー家電の普及に伴い、特に季節的な電力使用量が年々増加し、農村の電力需要が急増している。いずれにせよ、引き続き省の要求に基づき、家庭や病院、学校など民生部門の電力需要を優先的に満たしていく」と説明した。現在、中国の農村地域では安定的かつ信頼性の高い送電サービスをほぼ全面的に実現している。20年10月までに農村の平均停電時間は15年の50時間以上から約15時間に減少した。総合電圧合格率は94・96%から99・70%に上昇し、1戸当たりの配電容量は1・67キロボルトアンペアから2・7キロボルトアンペアに増加した。(記者/張玉潔、張格、姚子雲) =配信日: 2021(平成33)年01月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.76
    2021年01月23日
    「新華社」豪快な冬の漁、一度に水揚げ40トン内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗の狼山ダム湖で23日、「冬捕」と呼ばれる冬の漁が始まった。湖の神を祭る儀式に続き、漁網の引き揚げや魚の水揚げなどが行われ、十数人の漁師が1日で40トン余りを捕獲した。最も重い魚は20キロに達した。狼山ダム湖は国家級水利風景区に指定されており、周囲の山から年間500万立方メートル余りの湧水が流れ込む。ソウギョやコイ、フナ、レンギョ、ダントウボウなど多くの魚が生息しており、養殖の必要もない。3~5年の生息で重さ4キロ程度に成長するという。(記者/李雲平)=配信日:2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.63
    2021年01月23日
    「新華社」内モンゴル自治区シリンゴル盟産「白い食べ物」、GI製品に登録

    中国内モンゴル自治区農牧庁はこのほど、中国農業農村部による審査を経て、同自治区シリンゴル盟産の乳製品が中国の地理的表示(GI)製品に登録されたと発表した。同自治区の中部に位置するシリンゴル草原は、国内でも保存状態の良い温帯草原で、良質な乳製品が多く生産されている。モンゴル語で「ツァガーン・イデー(白い食べ物)」と呼ばれる乳製品は、牛乳を固めて発酵させた食べ物を指し、その製造技術は2014年8月に中国国家級無形文化遺産リストに登録されている。同盟の畜産農家の55%以上と乳製品加工企業・町工場の80%以上が、同表示の対象地域に該当しており、同盟はGI登録の可否が決定されてから、一定の条件を満たしたブランド価値の高い企業を選び、GIの使用許可を付与するという。同盟では乳製品産業が既に一定の規模を有し、同製品の年間生産量は約2万トン。中小企業をメインとする農牧民合作社(協同組合)や町工場をサブとした産業配置が形成されている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    大興安嶺汗馬国家級自然保護区で赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを調整する研究者。(2020年12月26日撮影)中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。(根河=新華社配信/馬健)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    大興安嶺汗馬国家級自然保護区で赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを操作する研究者。(2020年12月26日撮影)中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。(根河=新華社配信/馬健)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (8)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (9)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:26.64
    2021年01月21日
    「新華社」傷ついたケアシノスリ、再び大空へ内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗大石寨鎮の道端で今月初め、住民が国家2級保護野生動物に指定されているタカ科の鳥ケアシノスリを見つけた。ケアシノスリはけがをしていたが、同旗の野生動物保護監視測定ステーションと森林公安局大青山派出所の職員の世話を受けてすっかり回復。このほど空に放された。今回はほかに、以前救助されたノロジカ1頭とワシミミズク1羽も自然に返された。(記者/王靖)=配信日:2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (6)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (10)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (13)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (7)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...