KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • フルンボイル
  • 陳バルグ旗
  • 民族文化
  • ハイラル
  • オロチョン
  • ハルビン
  • 大興安嶺
  • 無形文化遺産
  • ナーダム
  • 小型無人機

「内モンゴル自治区フルンボイル」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
167
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
167
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:11.80
    2021年03月03日
    「新華社」オオカミの島を訪ねて内モンゴル自治区フルンボイル市

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗巴彦庫仁鎮を流れるハイラル川の中州「狼島」では、バートルさんと息子のフーチュンさんが14年にわたり、昼夜を問わずオオカミ200頭余りを見守ってきた。ハイラル川はモンゴル語で「雪水の川」を意味する。狼島は長年にわたる川の浸食により形成された。同島には地元政府の支援で設立されたオオカミ文化テーマパークや、同旗の林業公安局との協力により設置された野生動物救助ステーションがある。バートルさん親子は野生動物の救助に取り組む一方、同自治区の草原に伝わるオオカミ文化を観光客に紹介する活動も行っている。(記者/張晟、鄒倹朴、達日罕) =配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.36
    2021年02月28日
    「新華社」極寒の草原でナーダム気分内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市はここ数年、「国際観光都市」「中国優秀観光都市」「氷雪観光十大都市」などの称号を相次ぎ獲得している。今冬も新型コロナウイルス対策の常態化を前提に、特色ある四大氷雪観光コースを発表。寒冷地の氷雪経済の質の高い発展を引き続き後押しする。市内の観光拠点では、モンゴル族の夏の祭典「ナーダム」にちなんだ催しが観光客を楽しませている。伝統衣装で着飾った各民族が参加するレスリングや競馬、アーチェリーなどの民族伝統種目は、草原観光の華やかな代名詞といえる。ナーダムは中国の国家級無形文化遺産であり、2006年の第1次リストに登録された。(記者/張晟、鄒倹朴、達日罕)=配信日:2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (8)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールで泳ぐ閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に準備運動をする閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (7)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールに飛び込む閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールで泳ぐ閆相斌さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った伊敏河の上を歩く閆相斌さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、凍った川を掘って作ったプールに向かう閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に準備運動をする閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)「氷のプール」で寒中水泳内モンゴル自治区

    22日、寒中水泳の前に水泳帽をかぶる閆相斌さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市は、中国で最も寒い地域の一つで、真冬には気温が氷点下30度に達する。寒中水泳愛好家の閆相斌(えん・そうひん)さん(58)は極寒の中、凍った伊敏河を掘って作ったプールで毎日泳いでいる。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.12
    2021年01月14日
    「新華社」極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    厳冬期の中国黒竜江省で、K7093列車が夜の森林地帯や雪原を走っている。同省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(記者/王建威) =配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (9)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の普通車両でくつろぐ乗客。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内で商品を販売する乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、プラットホームに停車中のK7093列車に次々と乗り込む乗客たち。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、プラットホームに停車中のK7093列車に次々と乗り込む乗客たち。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車の乗車案内をする乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅のプラットホームに停車中のK7093列車。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内でパンを食べる子ども。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車の乗車案内をする乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (10)極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、K7093列車の車内で床を清掃する乗務員。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    6日、黒竜江省ハルビン駅で、K7093列車に乗り込む乗客。中国黒竜江省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区

    8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    豊かな生命にあふれる夏の草原内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル(海拉爾)で、子馬を見守る母馬。(7月6日撮影)盛夏を迎えた中国内モンゴル自治区に広がる広大な草原では、子羊に乳を飲ませる母羊や、子馬と共に走る母馬などの姿があちこちで見られ、生命の輝きと活力にあふれている。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の外で受験生の乗車を待つ鉄道スタッフ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の車内から記念乗車券を見せる受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の記念乗車券。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    6日、特別列車K5117便の車内でポーズを取る受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.72
    2020年07月06日
    「新華社」受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。大楊樹鎮は大興安嶺の南麓に位置し、オロチョン族、ダウール族、エベンキ族などの少数民族が集中して住んでいる。入試会場が同自治旗政府の所在地に指定されているため、同鎮の受験生は毎年100キロ以上離れた阿里河鎮の入試会場まで行かなければならない。元ハルビン鉄路局は2003年、少数民族地区に住む受験生の移動困難、移動コスト高の問題を解決するため、大学入試前に大楊樹鎮から阿里河鎮への特別列車運行を決定。今年18年目となる同列車はこれまでに延べ3万4千人の受験生を送迎しており、7千人以上の受験生が大学入学の夢をかなえた。(記者/王君宝)<映像内容>「高考」受験生を乗せる特別列車の様子、撮影日:2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.44
    2020年04月28日
    「新華社」野生のプシバルスキーガゼルの大群、中国・モンゴル国境に出現

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市で、阿日哈沙特口岸(通関地)の出入境辺防検査ステーションに勤務中の警官が、中国とモンゴルの国境地帯で活動する野生のプシバルスキーガゼルの大群を発見した。プシバルスキーガゼルは頭を下げて餌を探したり、周囲を注意深く観察したりしており、人が近づくと一斉に遠くへ走り去る。(記者/劉懿徳)<映像内容>プシバルスキーガゼルの大群の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:39.11
    2020年04月21日
    「新華社」内モンゴル自治区、水稲の種まきシーズン迎える

    このところ気温が上昇した中国内モンゴル自治区フルンボイル市アロン旗では、春の耕作と生産に乗り出している。新型コロナウイルスの影響で農民の出稼ぎが減少したため、地元企業は求人件数を増やし、農地の使用権を企業や大型農場に譲渡し自ら耕作をしなくなった農家により多くの職場を提供している。同旗では今年、水稲10万ムー(約6667ヘクタール)分の種まきを予定しており、5月上旬に順次田植えを開始する。(記者/達日罕)<映像内容>春の耕作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:26.76
    2020年02月24日
    「新華社」警察官と住民が負傷したキツネを救助内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市アロン旗の大時尼奇派出所が24日、地元住民から国道でけがをしたキツネ保護し、そのまま大時尼奇営林場へ向かっているとの通報を受けた。警察官は直ちに営林場の獣医と連絡を取り、一緒に現場へ向かった。検査の結果、キツネは脚を負傷しただけだった。獣医が薬を塗って手当てをした後、警察官はキツネを林に返した。(記者/鄒倹樸、葉紫嫣)<映像内容>怪我をしたキツネを救助、撮影日:2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.00
    2020年02月14日
    「新華社」厳寒のフルン湖で立ち往生、警察が迅速に救出

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市で14日午後、市内のフルン湖を走行していた乗用車が、完全に凍結していない湖面で立ち往生した。乗っていたのは3人。通報を受けて駆け付けた同市公安局フルン湖分局の警察官がパトカーで牽引を試み、ロープ3本が切れたものの脱出に成功、車と3人を無事救出した。3人は付近に住む牧畜民で、路面状況を十分に把握せずに車で湖を通過し、氷点下30度の湖面に取り残されたという。警察の対応が早かったため、けが人はなかった。(記者/李雲平)<映像内容>フルン湖で立ち往生していた車を救助する様子、撮影日:2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 00:13.12
    2020年01月12日
    「新華社」フルンボイル市で珍しい自然現象「幻日」内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で12日午前、約3時間にわたり珍しい自然現象「幻日(げんじつ)」が現れた。幻日は太陽の横に明るい光が見える大気光学現象の一種。六角板状の氷晶が半透明の薄雲の中に多く存在し、大気中で偶然垂直に整列した際に、太陽光が六角板に当たり規則的に屈折することで出現する。(記者/哈麗娜)<映像内容>自然現象「幻日」の様子、撮影日:2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.11
    2019年12月25日
    「新華社」中国の最も寒い地でマラソン1500人が参加内モンゴル自治区

    中国の史上最低気温、氷点下58度を記録し「中国の寒極」とされる内モンゴル自治区フルンボイル市根河市で25日、2019中国寒極マラソンが開かれた。同マラソンはフルンボイル市人民政府が主催し、ハーフマラソンとヘルシーラン(5キロ)の2種目に、中国各地とモンゴルからの1500人余りの選手が参加した。(記者/葉紫嫣、徐欽、徐壮)<映像内容>2019中国寒極マラソンの様子、撮影日:2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、開幕式後に格闘技「ブフ」の試合に参加した選手ら。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、開幕式後に格闘技「ブフ」の試合に参加した選手ら。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、開幕式終了後、記念写真に納まる出演者ら。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、開幕式後に格闘技「ブフ」の試合に参加した選手ら。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式の火を祭る儀式。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区

    23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で踊る人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:32.23
    2019年12月16日
    「新華社」野生のプシバルスキーガゼル数千頭中国・モンゴル国境を移動

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市の阿日哈沙特口岸(通関地)で、内モンゴル出入境辺防検査総站(出入境検査総合ステーション)阿日哈沙特出入境辺防検査站に勤務中の警官が、数千頭に上る野生のプシバルスキーガゼルの大群が国境地帯で活動しているのを発見した。内モンゴル東部と中国・モンゴルの国境地域ではこのところ急激に気温が低下したため、モンゴル側にいたプシバルスキーガゼルが南に移動し、中国側にやって来たという。辺防検査站勤務の警官はこの大群のプシバルスキーガゼルの動向に細心の注意を払い、重点区域のパトロールを強化し、密猟を厳重に警戒することで確実な保護に努めている。同口岸地区ではここ数年、国境地帯に広がる草原の生態環境改善と各部門による野生動物由来製品の密輸取り締まり強化に伴い、野生動物の個体群数が回復・増加傾向にある。プシバルスキーガゼルは中国の国家2級保護野生動物で、内モンゴル自治区や新疆ウイグル自治区などのほか、モンゴル国内にも生息。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種に指定されている。(記者/王雪氷)<映像内容>野生のプシバルスキーガゼルの大群、移動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で皮でできた靴を見せるオロチョン族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所に展示されたオロチョン族の特色を持った帽子。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所でオロチョン族の特色ある帽子をかぶせる同族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で皮の加工技術を伝授するオロチョン族の老人(左)。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で革製品を整頓するオロチョン族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で革製品を製作するオロチョン族の老人(左)。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で撮影した革の服に施された刺しゅう。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    透き通るような氷の彫刻内モンゴル自治区

    8日、氷の彫刻展に出展された作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市牙克石(ヤクシ)にある喜桂図公園で7日、氷の彫刻展が開幕した。透き通るような氷の彫刻作品が冬の日差しを浴び、まぶしく輝いている。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    透き通るような氷の彫刻内モンゴル自治区

    8日、氷の彫刻展に出展された作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市牙克石(ヤクシ)にある喜桂図公園で7日、氷の彫刻展が開幕した。透き通るような氷の彫刻作品が冬の日差しを浴び、まぶしく輝いている。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    透き通るような氷の彫刻内モンゴル自治区

    8日、氷の彫刻展に出展された作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市牙克石(ヤクシ)にある喜桂図公園で7日、氷の彫刻展が開幕した。透き通るような氷の彫刻作品が冬の日差しを浴び、まぶしく輝いている。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    透き通るような氷の彫刻内モンゴル自治区

    8日、氷の彫刻展に出展された作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市牙克石(ヤクシ)にある喜桂図公園で7日、氷の彫刻展が開幕した。透き通るような氷の彫刻作品が冬の日差しを浴び、まぶしく輝いている。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    透き通るような氷の彫刻内モンゴル自治区

    8日、氷の彫刻展に出展された作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市牙克石(ヤクシ)にある喜桂図公園で7日、氷の彫刻展が開幕した。透き通るような氷の彫刻作品が冬の日差しを浴び、まぶしく輝いている。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    透き通るような氷の彫刻内モンゴル自治区

    8日、氷の彫刻展に出展された作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市牙克石(ヤクシ)にある喜桂図公園で7日、氷の彫刻展が開幕した。透き通るような氷の彫刻作品が冬の日差しを浴び、まぶしく輝いている。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月17日
    長春完成車輸入口岸が稼働第1陣の貨物入港

    17日、中国吉林省長春市の完成車輸入口岸でコンテナを専用列車から下ろしたリーチスタッカー。アウディQ8オフロード82台を積載した中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長満欧班列(吉林省長春市から内モンゴル自治区フルンボイル市満洲里を経て、欧州につながる路線)」一汽アウディ専用列車が17日、長春市興隆鉄道コンテナターミナル完成車輸入口岸(通関地)に到着した。これは、同口岸が2019年5月6日に承認を得た後、初めて行った完成車輸入業務である。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月17日
    長春完成車輸入口岸が稼働第1陣の貨物入港

    17日、中国吉林省長春市の完成車輸入口岸で自動車をコンテナから下ろしたスタッフ。アウディQ8オフロード82台を積載した中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長満欧班列(吉林省長春市から内モンゴル自治区フルンボイル市満洲里を経て、欧州につながる路線)」一汽アウディ専用列車が17日、長春市興隆鉄道コンテナターミナル完成車輸入口岸(通関地)に到着した。これは、同口岸が2019年5月6日に承認を得た後、初めて行った完成車輸入業務である。(長春=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.48
    2019年10月01日
    「新華社」紅葉の哈烏爾河内モンゴル自治区アルグン市

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市が管轄する県級市、アルグン市を流れる哈烏爾(ハウル)河の名前はモンゴル語で「春のような川の流れ」という意味を持つ。この川はアルグン川の一級支流にあたり、内モンゴル自治区の大興安嶺山脈の西麓と阿拉奇山脈大黒山の北西麓に源を発し、「峰を巡る流れ、森林と曲がりくねった川が織りなす景色は並ぶものがない」とたたえられている。(記者/葉紫嫣)<映像内容>哈烏爾河内周辺の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.03
    2019年10月01日
    「新華社」秋深まるアルグン国家湿地公園内モンゴル自治区

    アルグン国家湿地公園は大興安嶺の西麓、中国内モンゴル自治区フルンボイル市が管轄する県級市、アルグン市の郊外に位置する。大興安嶺地域の寒温帯湿地の景観の縮図と言えるこの地では、高標高、高緯度地域の湿地ならではの特徴を見ることができる。ここからは根河(ゲン川)が長く曲がりくねって流れ、川と湿地が織りなす壮麗な景色を形作り、多くの生命を育んできた。(記者/葉紫嫣)<映像内容>アルグン国家湿地公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月25日
    満洲里駅経由の「中欧班列」が5千本に内モンゴル自治区

    25日、ロシア・エカテリンブルクへの出発を待つ満洲里駅を経由する5千本目の中欧班列。日用品を満載した42両編成のコンテナ専用貨物列車が25日、中国内モンゴル自治区フルンボイル市が管轄する県級市、満洲里市の満洲里駅を出発し、ロシアのエカテリンブルクに向かった。中国鉄路ハルビン局集団によると、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が2013年に運行を開始して以来、これが同駅を経由して出入境する5千本目の列車だという。(ハルビン=新華社配信/中国鉄路ハルビン局集団提供)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:中国鉄路ハルビン局集団/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月21日
    初秋のアルグンの雄大な自然美を堪能内モンゴル自治区

    21日、内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市に広がる秋景色。晩夏から初秋への季節の変わり目を迎えた中国の内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市には、雄大な自然が織りなす独特な秋の風景が広がっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月21日
    初秋のアルグンの雄大な自然美を堪能内モンゴル自治区

    21日、内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市に広がる秋景色。晩夏から初秋への季節の変わり目を迎えた中国の内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市には、雄大な自然が織りなす独特な秋の風景が広がっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月21日
    初秋のアルグンの雄大な自然美を堪能内モンゴル自治区

    21日、内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市に広がる秋景色。晩夏から初秋への季節の変わり目を迎えた中国の内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市には、雄大な自然が織りなす独特な秋の風景が広がっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月21日
    初秋のアルグンの雄大な自然美を堪能内モンゴル自治区

    21日、内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市に広がる秋景色。晩夏から初秋への季節の変わり目を迎えた中国の内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市には、雄大な自然が織りなす独特な秋の風景が広がっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月21日
    初秋のアルグンの雄大な自然美を堪能内モンゴル自治区

    21日、内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市に広がる秋景色。晩夏から初秋への季節の変わり目を迎えた中国の内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市には、雄大な自然が織りなす独特な秋の風景が広がっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月21日
    初秋のアルグンの雄大な自然美を堪能内モンゴル自治区

    21日、内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市に広がる秋景色。晩夏から初秋への季節の変わり目を迎えた中国の内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市には、雄大な自然が織りなす独特な秋の風景が広がっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月21日
    初秋のアルグンの雄大な自然美を堪能内モンゴル自治区

    21日、内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市に広がる秋景色。晩夏から初秋への季節の変わり目を迎えた中国の内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市、アルグン市には、雄大な自然が織りなす独特な秋の風景が広がっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月29日
    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区

    8月29日、空から見た莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月29日
    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区

    8月29日、草原を流れる莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月29日
    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区

    8月29日、空から見た莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月29日
    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区

    8月29日、莫日格勒河のほとりで餌を探す羊の群れ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/李京)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月29日
    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区

    8月29日、草原を流れる莫日格勒河。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/李京)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月29日
    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区

    8月29日、草原を流れる莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2