KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 東京
  • 長崎港
  • 和船

「内田九一」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
94
( 1 94 件を表示)
  • 1
94
( 1 94 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • -
    横浜 山手

    キーワード:横浜、山手、人力車、内田九一=明治初期、横浜、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020061702950

  • -
    横浜本牧

    キーワード:横浜、本牧、海岸、内田九一=明治初期、横浜、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020062508672

  • -
    皇居 蓮池濠

    キーワード:東京、皇居、蓮、蓮池濠、お濠=明治初期、東京、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019032205030

  • -
    築地居留地

    キーワード:築地居留地、外国人居留地、街並み、船、内田九一=明治初期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019081413174

  • -
    横浜本牧

    キーワード:横浜、本牧、海岸、茶屋、内田九一 =明治初期、横浜、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020062508670

  • -
    麹町 五番町

    キーワード:、麹町、五番町、内田九一、街並み=明治初期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019091902063

  • -
    銀座の街並み

    キーワード:銀座、街並み、街路樹、街灯=明治初期、東京、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019040301901

  • -
    日本橋

    キーワード:日本橋、犬、市場、街並み=明治初期、東京、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019062400581

  • -
    日本橋 鎧橋

    キーワード:日本橋、鎧橋、街並み、船=明治初期、東京、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019042403227

  • -
    向島 渡し場の屋形船

    キーワード:向島、渡し場の屋形船=明治初期、撮影者:内田九一、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019102302638

  • -
    明治初期の赤坂見附

    キーワード:赤坂、赤坂見附、人力車=明治初期、東京、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019021307094

  • -
    芝増上寺三解脱門

    キーワード:芝、増上寺、三解脱門、三門、人力車、空門、無相門、無願門=明治初期、東京・芝、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019020417719

  • -
    銀座尾張町

    キーワード:銀座尾張町、内田九一撮影、街並み=幕末~明治初期、東京、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017103100491

  • -
    侍姿の役者

    裏に東京浅草大代地;横浜馬車道;写真師内田九一のシールが貼ってある。内田九一の役者シリーズ(名刺写真)の一枚。スタディオの書割の前で役者が武士の姿でポーズをとっている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐27‐0]

    商品コード: 2017081401584

  • 1989年08月05日
    写真が生まれて150年

    明治初年の東京・銀座。人力車や街灯が写っている。内田九一撮影の鶏卵紙(長崎市立博物館蔵)

    商品コード: 2020031303623

  • -
    隅田川の舟遊び

    山谷堀が隅田川に流れ込む河口にあった有明楼(ゆうめいろう)前の今戸河岸で内田九一が撮影。浅瀬なので舟が浮いていない。それでブレずにシャープに撮れている。背景は向島で牛島神社や長命寺のある辺りである。この度長崎市立博物館所蔵の内田九一撮影のアルバムの中にこの写真を見つけ、九一撮影だと確認した。撮影は明治5年と思われるが、本写真は後に複写され販売されたもの。=撮影年月日不明、東京、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐25‐0]

    商品コード: 2017081400890

  • -
    下関

    関門海峡と亀山八幡宮。亀山八幡宮は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、仁徳天皇を祀る。この写真は、明治5年(1872)明治天皇の西国巡幸の折、内田九一によって撮影された。=1872(明治5)年、下関、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐1‐0]

    商品コード: 2017082400142

  • -
    飽の浦からの長崎港

    飽の浦から内田九一によって撮影された長崎港のパノラマ。明治5年天皇の長崎行幸時のもので、左にお召し艦がみえる。もともと四つ切り四枚継ぎの写真でこれは全体の四分の一を構成している。=明治5年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐15‐0]

    商品コード: 2017080400665

  • -
    港から桜島を望む

    内田九一撮影。明治5年天皇の西国巡行の折撮影された薩摩の台場と桜島の遠景。突堤のこちら側に中型の弁財船が停泊し、突堤向こうに三本マストの船がかすかに見える。手前の水面を土砂を積んだ平底船が横切っている。=1872(明治5)年、鹿児島、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐72‐0]

    商品コード: 2017080902307

  • -
    下関

    関門海峡と亀山八幡宮。亀山八幡宮は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、仁徳天皇を祀る。この写真は、明治5年(1872)明治天皇の西国巡幸の折、内田九一によって撮影された。=1872(明治5)年、下関、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐7‐0]

    商品コード: 2017080400625

  • -
    長崎稲佐海岸

    長崎、稲佐の舟遊びを撮影したもの。着色されている。目録番号1196、3238と同じく、内田九一により明治天皇の長崎行幸時(1872年)に撮影されたと推測される。=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐14‐0]

    商品コード: 2017082800560

  • -
    港から桜島を望む

    内田九一撮影。明治5年天皇の西国巡行の折撮影された薩摩の台場と桜島の遠景。滑川河口付近より船形台場(新波戸砲台)を望む。手前は天皇に拝謁するための琉球の豊見城親方、池城親方、安室親方の乗船か。=1872(明治5)年、鹿児島、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐7‐0]

    商品コード: 2017082400217

  • -
    下関

    関門海峡と亀山八幡宮。亀山八幡宮は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、仁徳天皇を祀る。この写真は、明治5年(1872)明治天皇の西国巡幸の折、内田九一によって撮影された。=1872(明治5)年、下関、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐10‐0]

    商品コード: 2017080400664

  • -
    長崎稲佐海岸

    対岸には長崎の町並みが見える。民家を背景に3人の人物が座っている屋形船を写している。撮影者は内田九一。ベアトも1864年におなじアングルの写真を残している。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐25‐0]

    商品コード: 2017080902098

  • -
    飽の浦からの長崎港

    飽の浦からの長崎港=明治5年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐20‐0]

    商品コード: 2017082400150

  • -
    市街地パノラマ

    市街地パノラマ=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号120‐1‐0]

    商品コード: 2017081601018

  • -
    東京 常盤橋外の高札場

    東京、常盤橋外の高札場=明治初期、東京、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2019010401936

  • -
    明治天皇の肖像

    明治天皇の肖像=1873(明治6)年、場所不明、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐22‐0]

    商品コード: 2017080903244

  • -
    長崎市街と長崎港

    長崎市街と長崎港=1873(明治6)年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐7‐0]

    商品コード: 2017081401331

  • -
    飽の浦からの長崎港

    飽の浦からの長崎港=明治5年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐19‐0]

    商品コード: 2017082400146

  • -
    諏訪神社の大鳥居

    諏訪神社の大鳥居=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐15‐0]

    商品コード: 2017082400147

  • -
    横浜郊外

    横浜郊外=撮影年月日不明、横浜、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐8‐0]

    商品コード: 2017082400152

  • -
    グラバー邸付近からの長崎港

    グラバー邸付近からの長崎港=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐4‐0]

    商品コード: 2017082400265

  • -
    松山城

    松山城=撮影年月日不明、愛媛、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐12‐0]

    商品コード: 2017082400178

  • -
    明治天皇の肖像

    明治天皇の肖像=1873(明治6)年、場所不明、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号76‐1‐0]

    商品コード: 2017082400583

  • -
    大波止大黒町を望む

    大波止大黒町を望む=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐18‐0]

    商品コード: 2017082400180

  • -
    第一国立銀行と海運橋

    第一国立銀行と海運橋=明治初期、東京、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2019010401890

  • -
    市街地パノラマ

    市街地パノラマ=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号120‐3‐0]

    商品コード: 2017081601094

  • -
    市街地パノラマ

    市街地パノラマ=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号120‐2‐0]

    商品コード: 2017081601081

  • -
    明治天皇の肖像

    明治天皇の肖像=1873(明治6)年、場所不明、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐1‐0]

    商品コード: 2017081601279

  • -
    長崎市街地

    長崎市街地=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐11‐0]

    商品コード: 2017082400286

  • -
    中島川と編笠橋

    中島川と編笠橋=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐16‐0]

    商品コード: 2017082400290

  • -
    幕末~明治初期の品川駅

    キーワード:品川駅=幕末~明治初期、撮影者:内田九一、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017112400879

  • -
    飽の浦恵美須神社

    飽の浦恵美須神社=1868年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号58‐15‐0]

    商品コード: 2017081400555

  • -
    高島炭鉱石炭船積場

    高島炭鉱石炭船積場=明治5年頃、高島、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐13‐0]

    商品コード: 2017082400222

  • -
    飽の浦恵美須神社

    飽の浦恵美須神社=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐21‐0]

    商品コード: 2017082400182

  • -
    大川辺りの風景

    大川とは旧淀川のこと=撮影年月日不明、大阪、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐6‐0]

    商品コード: 2017082400272

  • -
    長崎清水寺

    長崎清水寺=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐23‐0]

    商品コード: 2017082400227

  • -
    飽の浦からの長崎港

    明治5(1872)年、天皇の西国巡幸に随行した内田九一が撮影した長崎港の4枚組写真の一枚である。会場には天皇のお召し艦が見える。もともと上野彦馬の撮影と見られていたが、霞会が所蔵していた西国巡幸の内田の献納写真に同じものがあり、撮影者が九一であることがわかった。=明治5年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐24‐0]

    商品コード: 2017081400971

  • -
    長崎大光寺本堂

    内田九一撮影の大光寺と男性。同じアングルで上野彦馬が同じポーズをとりベアトが撮影した幕末の写真(整理番号66-27)が残されているが、長崎を来訪した九一がこの写真と同じポーズでこれを撮影したと推測される。同様の彩色写真(整理番号15-28, 66-2)も、同じ写真の無彩色(整理番号66-3)もコレクションの中にある。=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐3‐0]

    商品コード: 2017082800550

  • -
    隅田川の舟遊び

    大正14年(1925)東京朝日新聞社発行『アサヒグラフ臨時増刊写真百年祭記念号』に同じ写真が「内田九一氏と東京隅田川の舟遊」として載っている。説明に「明治七年頃の撮影で舟中欄干にもたるるは内田九一氏 平田健一氏所蔵」となっている。九一は洒落者だったので洋服姿で写った写真が多い。これは和服なので珍しい。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐20‐0]

    商品コード: 2017081401064

  • -
    長崎市街と長崎港

    内田九一の撮影による風頭山から望む長崎市街と長崎港。出島の横には中島川口に架けられていた大橋を見ることができる。当時、新地浦にはまだ海水が流入していた。出島側には西役所の遺構が見られ、旧県庁舎はまだ建てられていない。明治初年の写真。=1873(明治6)年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐1‐0]

    商品コード: 2017080902661

  • -
    長崎大光寺本堂

    内田九一撮影の大光寺と男性。同じアングルで上野彦馬が同じポーズをとりベアトが撮影した幕末の写真(整理番号66-27)が残されているが、長崎を来訪した九一がこの写真と同じポーズでこれを撮影したと推測される。同様の彩色写真(整理番号15-28, 66-2)も、同じ写真の無彩色(整理番号66-3)もコレクションの中にある。=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐31‐0]

    商品コード: 2017082400193

  • -
    京都御所建春門

    京都御所建春門と御所東側築地塀を大宮御所前大通より北北西に望む。建春門は向唐破風の堂々とした構えで、築地塀には穴門と呼ばれる出入口が5つ設けられている。地面は現在と異なり小砂利が敷かれず、雑草が生え、小石が転がっている。男性2人が牽く荷車には藁袋が積まれている。内田九一撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐8‐0]

    商品コード: 2017080902583

  • -
    長崎大光寺本堂

    内田九一撮影の大光寺と男性。同じアングルで上野彦馬が同じポーズをとりベアトが撮影した幕末の写真(整理番号66-27)が残されているが、長崎を来訪した九一がこの写真と同じポーズでこれを撮影したと推測される。同様の彩色写真(整理番号15-28, 66-2)も、同じ写真の無彩色(整理番号66-3)もコレクションの中にある。=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐2‐0]

    商品コード: 2017082800551

  • -
    明治天皇妃(昭憲皇太后)の肖像

    明治天皇妃(昭憲皇太后)の肖像=1872(明治5)年、場所不明、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐2‐0]

    商品コード: 2017081601310

  • -
    大阪城

    大阪城外堀に面する六番櫓を上町筋付近から撮影したもの。整理番号3-50(目録第一集)の写真を参照。=1872(明治5)年、大阪、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐7‐0]

    商品コード: 2017080902541

  • -
    明治期の横浜駅

    キーワード:初代横浜駅、旧横浜駅、駅舎、鉄道、外観、街並み=明治初期~中期、横浜、撮影者:内田九一、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017111300692

  • -
    中島川風景下西山町辺り

    原本には「同所(=長崎)稲佐」の付箋あり=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐338‐0]

    商品コード: 2017081601542

  • -
    明治天皇の肖像

    軍服にサーベルを腰にして、椅子に座った明治天皇。「Kaiser Mutsuhito」と記入。=1873(明治6)年、場所不明、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐3‐0]

    商品コード: 2017072800303

  • -
    生野銀山

    明治9年5月23日に完成した生野鉱山製鉱所で、手前の橋は開花橋、中央の正門は現在「史跡生野銀山と生野鉱物館」に移設され、正門として残っている。=撮影年月日不明、兵庫、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐5‐0]

    商品コード: 2017082400266

  • -
    大阪城

    大阪城の南側外濠にある六番櫓と三番櫓。大阪城には乾櫓・伏見櫓など多くの櫓があったが、南側外濠には一番から七番までの隅櫓があった。現存は六番と一番だけである。=1872(明治5)年、大阪、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐44‐0]

    商品コード: 2017081400751

  • -
    飽の浦からの長崎港

    稲佐方面、飽の浦からの長崎のパノラマ。オリジナルは四つ切り四枚で構成されている。これはその一枚。中央右の建物は官営の長崎製鉄所。港内には蒸気船が浮かび長崎港の賑わいを示している。オリジナル写真の複写と思われる。=明治5年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐34‐0]

    商品コード: 2017080201452

  • -
    大阪城

    大阪城の南側外濠にある六番櫓と三番櫓。大阪城には乾櫓・伏見櫓など多くの櫓があったが、南側外濠には一番から七番までの隅櫓があった。現存は六番と一番だけである。=1872(明治5)年、大阪、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐123‐0]

    商品コード: 2017080903241

  • -
    大阪城外堀六番櫓

    大坂城外堀に面する内側城壁と六番櫓を、現在の上町筋方面(外堀南西角)より望む。この高石垣に見られる勾配は、石材を規格化することによる新しい技法で、元和・寛永年間に登場した築城技術の特徴を示している。=1872(明治5)年、大阪、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐50‐0]

    商品コード: 2017080200883

  • -
    熊本城

    撮影時期は明治の初期。手前に写っている加藤清正神社の存在で大体の撮影時期が特定できる。明治4年(1871)に創建された社殿は明治7年には京町台に移されている。整理番号12-2、16-34とほとんど同一の写真。=撮影年月日不明、熊本、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐11‐0]

    商品コード: 2017080400651

  • -
    飽の浦からの長崎港

    飽の浦から撮影された長崎港のパノラマ。もともと四つ切り四枚継ぎの写真であるが、この写真は全体の四分の一を構成。港内には蒸気船が浮かんでいる。中央右の建物は官営の長崎製鉄所。オリジナル写真の複写と思われる。=明治5年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐15‐0]

    商品コード: 2017080201335

  • -
    南山手からの大浦居留地

    南山手から大浦居留地、出島を望む。右手の建物は、現在全日空ホテルが建っている場所にあったベルビューホテル。整理番号28-25、36-28より左上の地点から撮影している。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐43‐0]

    商品コード: 2017080902014

  • -
    中島川風景下西山町辺り

    写真上部の建物は現在の富貴楼にあたる。現在は西山川と称されているこの川の周辺はこの写真の景観とは非常に異なっている。背後に写っている山は金比羅山である。=明治5年頃、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐40‐0]

    商品コード: 2017080201547

  • -
    飽の浦恵美須神社

    上野彦馬による稲佐飽の浦から長崎港のパノラマ写真の一部。もともとのオリジナルは四つ切り四枚で構成されていて、これは向かって一番左の写真。神社の裏から長崎港を望んでいる。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐16‐0]

    商品コード: 2017080201350

  • -
    屋形舟

    英語で「覆われた舟(屋根舟)」と解説されている。船頭と中央の男性は半纏を着ているが、この半纏は小川一真のモデルの特徴である。女性の5人ともモデルと思われる。遠景は横浜であろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐10‐0]

    商品コード: 2017080201696

  • -
    神主

    一般に、神主とは神職全体を指すように解されているが、もっぱら祭祀を司る神職を指すのであって、神社の経営責任者である宮司などの神職とは区別される。神主は、浄衣(白衣)を着用するが、その服装は位階に応じて規定されている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:内田九一?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐47‐0]

    商品コード: 2017080200858

  • -
    嵐山

    左手に嵐山を控え、右手の川岸には竹林が茂っている。その竹林が切れた所から向こうに家並みが続いている。岸近くに杭が何本もあり、船がもやってある。=撮影年月日不明、京都、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐44‐0]

    商品コード: 2017080201574

  • -
    大阪城

    大阪城の南側外濠にある六番櫓と三番櫓。大阪城には乾櫓・伏見櫓など多くの櫓があったが、南側外濠には一番から七番までの隅櫓があった。現存は六番と一番だけである。=1872(明治5)年、大阪、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐35‐0]

    商品コード: 2017081002656

  • -
    大阪城

    大阪城の南側外濠にある六番櫓と三番櫓。大阪城には乾櫓・伏見櫓など多くの櫓があったが、南側外濠には一番から七番までの隅櫓があった。現存は六番と一番だけである。明治時代中期ころ。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号57‐14‐0]

    商品コード: 2017081002566

  • -
    嵐山

    左手に嵐山を控え、右手の川岸には竹林が茂っている。その竹林が切れた所から向こうに家並みが続いている。岸近くに杭が何本もあり、船がもやってある。=撮影年月日不明、京都、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐48‐0]

    商品コード: 2017080201508

  • -
    飽の浦恵美須神社

    釛山恵美須神社と称する。写真では神社の裏から長崎港、対岸を望んでいる。現在は三菱の工場のため眺望は遮られている。フェートン号事件の際には長崎奉行の御用所に指定された。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐2‐0]

    商品コード: 2017080200784

  • -
    飽の浦恵美須神社

    この写真は英文で「長崎、稲佐の景色」と題されている。飽の浦神社(恵美須神社)の境内ごしに長崎港の風景を遠望している。同じ作品が上野彦馬のアルバムにも収蔵されている。明治初年の撮影と思われる。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐28‐0]

    商品コード: 2017080902586

  • -
    隅田川の舟遊び

    明治4年(1871)~6年(1873)に来日した、有名なアメリカの国民的詩人ヘンリー・ロングフェロー(Henry Wadsworth Longfellow)の長男チャールズ・ロングフェロー(Charles Appleton Longfellow)の記念アルバムに同じ写真が貼ってある。チャールズが内田九一に依頼して撮影したと思われる。障子の間から顔を出している大柄な和服を着た男がそのチャールズの可能性がある。左から2人目の女性は山谷堀にあった料亭有明楼(ゆうめいろう)の女将お菊で、他はチャールズ馴染みの芸者=1872(明治5)年頃、東京、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐50‐0]

    商品コード: 2017081600865

  • -
    長崎大光寺本堂

    ベアトの撮影による大光寺。寺の前、左の灯籠の前に男を立たせている。上野彦馬である。これと全く同じアングルの写真がこの約7年後に内田九一によって撮られている。興味深いことに、そこでもまた中央に男を立たせている(目録番号 688、3220、3222、3251参照)。このベアトの写真を参考にしたと思われる。=1865年頃、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐27‐0]

    商品コード: 2017082800577

  • -
    向島の渡し

    同じ写真が、明治33年(1900)年史伝編纂所発行の『日本之名勝』に「隅田川の舟遊」として、また明治44年(1911)小川一真(かずまさ)発行の『東京風景』に「舟遊び」として掲載されている。2種類の内田九一撮影の写真と似ているが、時代は下って明治30年(1897)頃の小川一真撮影と思われる。小川一真は写真キャプションに「古来隅田川の舟遊びは粋の粋なるもの」と書いている。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐7‐0]

    商品コード: 2017081400782

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    諏訪神社の大鳥居

    長崎市上西山町の諏訪神社の入り口の大鳥居。天保2年(1831)に青銅で造られた。大鳥居の額には「鎮西大社」と記されている。明治7年(1874)8月20日の台風で倒壊したが、明治25年(1892)三菱造船所で鋳造して再建される。後ろの鳥居は石造りであった。周囲の建物が古さを感じさせる。内田九一が明治6年(1873)に撮影した同じアングルの写真がある。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐13‐0]

    商品コード: 2017081600923

  • -
    長崎市街と長崎港

    風頭山から長崎市中と港を展望したもの。左隅の新地蔵の付近は埋め立てが進み、新しい建物が建築中であるが、内側はまだ石垣がそのまま残っている。出島と出島橋、明治2年(1869)に架けられた新大橋の架かる築町には白い洋館が見える。明治4年から5年(1871~2)頃の撮影。港の内には軍艦や船が停泊し、対岸には飽の浦の造船所、稲佐方面が展望される。=1873(明治6)年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号114‐31‐0]

    商品コード: 2017081502361

  • -
    稲佐の岬

    長崎、稲佐海岸の稲佐崎。F.ベアト、内田九一、上野彦馬にこの岬を背景にした和船の写真がある。現在の旭町で、崖地の下を道路が通っている。明治26年(1893)11月に稲佐のお栄(道永エイ)がこの丘の上にロシア人相手の「ホテル・ヴェスナー(春)」を建てた。岬の反対側にあったホテルの船着き場はそれ以後「お栄の桟橋」と呼ばれた。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:冨重利平、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号119‐16‐0]

    商品コード: 2017081601001

  • -
    熊本城

    熊本城の東端千葉城から高石垣を廻らした本丸方向を見上げる。中央に大天守の上部、その右に裏五階櫓が写る。左上の北十八間櫓と右端の平櫓は、往時のままで残り重要文化財に指定されている。右下には県の出張所(郡役所)の掲示板があり、写真の拡大により明治5年(1872)明治天皇の西国巡幸の予定などが知られる。=撮影年月日不明、熊本、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐9‐0]

    商品コード: 2017082400144

  • -
    雪景色の山谷堀

    山谷堀の最も下流に架かる今戸橋の上より上流を望んだ写真。明治中期までこの辺りは料亭があり芸者のいる花町だった。遊客を運ぶ猪牙舟(ちょきぶね)はこの山谷堀を通ったので、吉原通いを俗に山谷通いとも呼んだ。山谷堀には9つの橋が架かっていたが埋め立てで取り除かれた。跡地は山谷堀公園になっている。明治初年の内田九一撮影だが、これは後に彩色され販売された写真である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐34‐0]

    商品コード: 2017081002333

  • -
    長崎大光寺本堂

    長崎市鍛冶屋町にある浄土真宗大光寺本堂である。唐通事陽惣右衛門の寄進による。墓地には、日本印刷の祖本木昌造の墓がある。同じアングルで上野彦馬が同じポーズをとりベアトが撮影した幕末の写真(整理番号66-27)が残されているが、長崎を来訪した九一がこの写真と同じポーズでこれを撮影したと推測される。同様の彩色写真(整理番号15-28, 66-2)も、同じ写真の無彩色(整理番号66-3)もコレクションの中にある。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐28‐0]

    商品コード: 2017080201561

  • -
    隅田川の舟遊び

    2665・4543と同じ山谷堀河口の有明楼(ゆうめいろう)前の今戸河岸で撮影したもの。背後の大きな木のある辺りが牛の御前とも称された牛島神社(現在は下流の向島1丁目に移転)や長命寺(ちょうめいじ)の辺りである。中央の欄干に手をかけているの人が内田九一とすれば、九一の弟子が撮影したのものであろう。写真の周囲がカットされており、後に複写彩色され販売された写真である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐44‐0]

    商品コード: 2017081002626

  • -
    大阪の河口の風景

    川口波止場である。大阪は慶応4年(1868)7月15日に開港した。安治川河口から約4キロ上流のところに設けられ、税関・電信も設置された。写真に写っている船は外輪船である。遠くに見える洋館は、外国人居留地の建物である。明治20年(1888)ころと思われる。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐10‐0]

    商品コード: 2017082400284

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    飽の浦恵美須神社

    飽の浦恵美須神社。明治5年(1872)の天皇巡幸に随行した内田九一が、同じアングルで撮影しているが、比べてみると、この写真では、海側の鳥居の左にあった松がないので、それより後の撮影。また、同じアングルで明治7年(1874)8月20日の台風直後に撮影された写真に写る、岬の先の丸尾海岸の海軍埋め立て地の建物がないので、それ以前の撮影である。当時の神社の建物は消滅しているが、神社は存続している。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:上野彦馬、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号102‐18‐0]

    商品コード: 2017081501612

  • -
    浅草寺時の鐘と五重塔

    弁天山の時の鐘から五重塔を望む。江戸期には庶民は時計を持たなかったから時の鐘を聞いて時刻を知った。まず捨て鐘を三つ叩いたとのこと。早朝九つ鳴れば三つを引いて明六つ(現午前6時頃)ということだった。内田九一が明治5~6年(1872~3)に撮影した写真だが、この写真は後に手彩色され横浜写真として販売されたものである。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐6‐0]

    商品コード: 2017081400720

  • -
    備後鞆津

    福山・鞆港の東側にある大可島を東浜から望む。大可島は南北朝期に南朝方の拠点として大可島城が築かれた。江戸時代には,円福寺や鞆港出入りする船舶を監視するための船番所が置かれた。写真では現在では干拓により消滅した各商家からの突出し突堤や階段を写されている。=撮影年月日不明、広島、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号66‐2‐2]

    商品コード: 2017082400159

  • -
    飽の浦恵美須神社

    飽の浦恵美須神社の境内越しに長崎港を遠望している。神社の境内の前には和船が係留されている。神社の左右が飽の浦の集落、左奥に水の浦、その先に大鳥崎、稲佐崎の岬がある。稲佐崎の対岸は西坂付近である。左側の山は金比羅山と立山である。明治天皇西国巡幸の長崎湾を撮影した4枚組写真の左端。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号120‐22‐0]

    商品コード: 2017081601033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    長崎市街と長崎港

    左端の梅香崎の埋立地に建物が建ち込み、波止場には長崎税関が見える。新地の海岸側には洋館が建てられ、裏側では護岸工事が進んでいる。変流前の中島川の河口には明治2年(1869)に架けられた新大橋が見える。出島では、築町の対岸側に新しい洋館が建っているが、明治9年(1876)建設の美以教会の鐘塔も、同11年(1878)建設の聖公会神学校の鐘塔も見えない。したがって、撮影時期は明治5年前後である。暴風雨で倒壊した初代県庁舎に代わって、明治9年に新築される2代目県庁舎もまだ見えない。五島町あたりには諸藩の蔵屋敷が多かった。めぼしい大きな建物が市街にまだない頃の、風頭山から見た典型的な明治初期の長崎の鳥瞰である。=1873(明治6)年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号75‐22‐0]

    商品コード: 2017082400663

  • 1