KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 位置
  • 令和
  • 風景
  • 一帯一路
  • 戦略
  • 中国ラオス鉄道
  • 平成
  • 記者
  • メコン川
  • 交通

「内陸国」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
135
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
135
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2000年09月08日
    カストロ議長迎える森首相 首相、途上国に理解求める

    カリブ海などの島しょ国や内陸国を招いたレセプションでキューバのカストロ議長(右)を迎える森首相=7日午後、ニューヨーク市内のホテル(共同)

    商品コード: 2000090800014

  • 2013年03月07日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    メコン川沿いにあるラオスの首都ビエンチャン。(2013年3月7日撮影、小型無人機から)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/AlanLiu)=2013(平成25)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408823

  • 2017年11月03日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ライトアップされたラオスを代表する仏塔の一つ、タートルアン。(2017年11月3日撮影、小型無人機から)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/AlanLiu)=2017(平成29)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408783

  • 2017年11月03日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンで、ラオスの祭り「タートルアン」の期間に祈りを捧げる女性。(2017年11月3日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/AlanLiu)=2017(平成29)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408786

  • 2018年04月30日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ラオスの首都ビエンチャン。(2018年4月30日撮影、小型無人機から)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/AlanLiu)=2018(平成30)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408688

  • 2018年10月08日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    8日、モンゴル国の首都ウランバートルにあるボグドハーン宮殿博物館で、館内を歩く職員。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606847

  • 2018年10月09日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    9日、モンゴル国の首都ウランバートルで、寺院へ向かうラマ僧。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606891

  • 2018年10月10日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    10日、モンゴル国トゥブ(中央)県バヤンハンガイ(巴彦杭盖)で、カメラに収まる牧民の家族。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606712

  • 2018年10月10日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    10日、モンゴル国トゥブ(中央)県バヤンハンガイ(巴彦杭盖)に広がる草原を駆け抜ける馬の群れ。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/阿斯鋼)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607085

  • 2018年10月10日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    10日、モンゴル国トゥブ(中央)県バヤンハンガイ(巴彦杭盖)で撮影した馬。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606970

  • 2018年10月10日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    10日、モンゴル国トゥブ(中央)県バヤンハンガイ(巴彦杭盖)で、「套馬」(とうば、モンゴル族の伝統的なスポーツ。套馬桿という牧民が馬などの家畜追いに使う先端に縄の輪のついた棒で、馳走する馬を捕らえる)をする牧民。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606996

  • 2018年10月10日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    10日、モンゴル国トゥブ(中央)県バヤンハンガイ(巴彦杭盖)で、「套馬」(とうば、モンゴル族の伝統的なスポーツ。套馬桿という牧民が馬などの家畜追いに使う先端に縄の輪のついた棒で、馳走する馬を捕らえる)の会場へ向かう牧民。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607033

  • 2018年10月10日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    10日、モンゴル国・ホスタイ国立公園の敷地内でたたずむ馬。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606729

  • 2018年10月11日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    11日、モンゴル国トゥブ県ボルノール郡(Bornuur)で、羊の群れを見守る牧民。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606902

  • 2018年10月11日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    11日、モンゴル国・ウランバートル北部にある牧民居住地。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/阿斯鋼)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606948

  • 2018年10月11日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    11日、モンゴル国北部エルデネトにあるエルデネト鉱山の道路を走る大型ダンプトラック。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606877

  • 2018年10月13日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    13日に撮影したモンゴル国の首都ウランバートルから東へ50数キロの草原の只中に立つ巨大なチンギスハーン像。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606697

  • 2018年10月13日
    中国と国境を接する内陸国、モンゴル国をゆく

    13日、モンゴル国の首都ウランバートルから東へ50数キロの草原の只中に立つ巨大なチンギスハーン像の前で写真を撮る観光客。モンゴル国はアジア大陸の中部、モンゴル高原に位置する。東、南、西部で中国と国境を接し、北部はロシアの極東シベリア地域に隣接しており、首都はウランバートル。国土面積は約156万6500平方キロメートルで、西部、北部および中部は山地が多く、東部は丘陵と平原、南部にはゴビ砂漠が広がっている。山地の間を流れる川や湖が多く、主な河川はセレンガ川及びその支流のオルホン川。同国の人口は2017年末時点で320万人となっている。(ウランバートル=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606980

  • 2018年12月05日
    「天空の国」レソト王国を訪ねて

    5日、空から見たレソトの首都マセルの風景。レソト王国(通称レソト)はアフリカの南部にあり、周囲を南アフリカに囲まれた内陸国だ。高原に位置することから、最高標高地点は3482メートル、最低標高地点は1388メートルで、「天空の国」と呼ばれている。天然資源に乏しく、経済的基盤が脆弱なため、国連に後発開発途上国の1つとみなされている。レソト政府が長年の発展を経て、投資環境を積極的に改善し、雇用の拡大に努め、農業とインフラ整備を促進させたことで、経済はいくらかの改善が見られた。また、財政収入は増加し、国民の生活水準も安定・向上している。(マセル=新華社記者/陳誠)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020979

  • 2018年12月05日
    「天空の国」レソト王国を訪ねて

    5日、レソトの首都マセルの街中を歩く市民。レソト王国(通称レソト)はアフリカの南部にあり、周囲を南アフリカに囲まれた内陸国だ。高原に位置することから、最高標高地点は3482メートル、最低標高地点は1388メートルで、「天空の国」と呼ばれている。天然資源に乏しく、経済的基盤が脆弱なため、国連に後発開発途上国の1つとみなされている。レソト政府が長年の発展を経て、投資環境を積極的に改善し、雇用の拡大に努め、農業とインフラ整備を促進させたことで、経済はいくらかの改善が見られた。また、財政収入は増加し、国民の生活水準も安定・向上している。(マセル=新華社記者/陳誠)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021130

  • 2018年12月05日
    「天空の国」レソト王国を訪ねて

    5日、空から見たレソトの首都マセルの風景。レソト王国(通称レソト)はアフリカの南部にあり、周囲を南アフリカに囲まれた内陸国だ。高原に位置することから、最高標高地点は3482メートル、最低標高地点は1388メートルで、「天空の国」と呼ばれている。天然資源に乏しく、経済的基盤が脆弱なため、国連に後発開発途上国の1つとみなされている。レソト政府が長年の発展を経て、投資環境を積極的に改善し、雇用の拡大に努め、農業とインフラ整備を促進させたことで、経済はいくらかの改善が見られた。また、財政収入は増加し、国民の生活水準も安定・向上している。(マセル=新華社記者/陳誠)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021127

  • 2018年12月05日
    「天空の国」レソト王国を訪ねて

    5日に撮影したレソトの首都マセルの風景。レソト王国(通称レソト)はアフリカの南部にあり、周囲を南アフリカに囲まれた内陸国だ。高原に位置することから、最高標高地点は3482メートル、最低標高地点は1388メートルで、「天空の国」と呼ばれている。天然資源に乏しく、経済的基盤が脆弱なため、国連に後発開発途上国の1つとみなされている。レソト政府が長年の発展を経て、投資環境を積極的に改善し、雇用の拡大に努め、農業とインフラ整備を促進させたことで、経済はいくらかの改善が見られた。また、財政収入は増加し、国民の生活水準も安定・向上している。(マセル=新華社記者/陳誠)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021017

  • 2018年12月06日
    「天空の国」レソト王国を訪ねて

    6日、レソトの首都マセルの道端で、アコーディオン演奏を披露するストリートパフォーマー。レソト王国(通称レソト)はアフリカの南部にあり、周囲を南アフリカに囲まれた内陸国だ。高原に位置することから、最高標高地点は3482メートル、最低標高地点は1388メートルで、「天空の国」と呼ばれている。天然資源に乏しく、経済的基盤が脆弱なため、国連に後発開発途上国の1つとみなされている。レソト政府が長年の発展を経て、投資環境を積極的に改善し、雇用の拡大に努め、農業とインフラ整備を促進させたことで、経済はいくらかの改善が見られた。また、財政収入は増加し、国民の生活水準も安定・向上している。(マセル=新華社記者/陳誠)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021191

  • 2018年12月06日
    「天空の国」レソト王国を訪ねて

    6日、レソトの首都マセルの道端で、カメラに向かってポーズを取る子ども。レソト王国(通称レソト)はアフリカの南部にあり、周囲を南アフリカに囲まれた内陸国だ。高原に位置することから、最高標高地点は3482メートル、最低標高地点は1388メートルで、「天空の国」と呼ばれている。天然資源に乏しく、経済的基盤が脆弱なため、国連に後発開発途上国の1つとみなされている。レソト政府が長年の発展を経て、投資環境を積極的に改善し、雇用の拡大に努め、農業とインフラ整備を促進させたことで、経済はいくらかの改善が見られた。また、財政収入は増加し、国民の生活水準も安定・向上している。(マセル=新華社記者/陳誠)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021146

  • 2018年12月06日
    「天空の国」レソト王国を訪ねて

    6日、レソトの首都マセルで、テントの後ろでダンスを練習するパフォーマー。レソト王国(通称レソト)はアフリカの南部にあり、周囲を南アフリカに囲まれた内陸国だ。高原に位置することから、最高標高地点は3482メートル、最低標高地点は1388メートルで、「天空の国」と呼ばれている。天然資源に乏しく、経済的基盤が脆弱なため、国連に後発開発途上国の1つとみなされている。レソト政府が長年の発展を経て、投資環境を積極的に改善し、雇用の拡大に努め、農業とインフラ整備を促進させたことで、経済はいくらかの改善が見られた。また、財政収入は増加し、国民の生活水準も安定・向上している。(マセル=新華社記者/陳誠)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020975

  • 2018年12月06日
    「天空の国」レソト王国を訪ねて

    6日、レソトの首都マセルで、伝統的な踊りを披露する人たち。レソト王国(通称レソト)はアフリカの南部にあり、周囲を南アフリカに囲まれた内陸国だ。高原に位置することから、最高標高地点は3482メートル、最低標高地点は1388メートルで、「天空の国」と呼ばれている。天然資源に乏しく、経済的基盤が脆弱なため、国連に後発開発途上国の1つとみなされている。レソト政府が長年の発展を経て、投資環境を積極的に改善し、雇用の拡大に努め、農業とインフラ整備を促進させたことで、経済はいくらかの改善が見られた。また、財政収入は増加し、国民の生活水準も安定・向上している。(マセル=新華社記者/陳誠)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021099

  • 2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、車に積み込まれる茶葉。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714732

  • 2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、茶葉を積み込み鉄道通関地へ向かうトラック。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714744

  • 2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、茶葉を積み込み鉄道通関地へ向かうトラック。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714754

  • 2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、茶葉を積み込み鉄道通関地へ向かうトラック。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714711

  • 2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、車に積み込まれる茶葉。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714736

  • 05:24.48
    2019年03月15日
    「新華社」「重慶鉄道ハブ」1日の荷降ろし数で記録更新内陸国際物流ハブ建設で顕著な効果

    鉄道貨物の荷降ろし数は、一つの都市の物流発展の度合いを測る物差しとされる。中国重慶市の物流市場は今年の春節(旧正月)以降、顕著な上向き傾向が見られ、重慶駅、重慶北駅、重慶西駅、重慶東駅の4駅を軸に形成される「重慶鉄道ハブ」の1日の荷降ろし車両は1638両とこれまでの記録を更新した。「重慶鉄道ハブ」の貨物駅では1月1日から現在までに計8万2千両が荷卸しをした。うち、3月1日からの1日平均の荷降ろし数は1407両と、前年同期より約250両増加した。(記者/趙小帥、黄偉)<映像内容>中国の物流、鉄道貨物の荷降ろしなどの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031502063

  • 2019年04月12日
    ニュース背景:タジキスタン共和国

    タジキスタンの首都ドゥシャンベから70キロ離れたハトロン州ヤヴァン地区の風景。(4月12日撮影)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300642

  • 2019年04月13日
    ニュース背景:タジキスタン共和国

    タジキスタンの首都ドゥシャンベにある国立博物館。(4月13日撮影)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300675

  • 2019年04月13日
    ニュース背景:タジキスタン共和国

    タジキスタンの首都ドゥシャンベの中心部に設けられた花壇。(4月13日撮影)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300660

  • 2019年04月13日
    ニュース背景:タジキスタン共和国

    タジキスタンの首都ドゥシャンベの大統領官邸。(4月13日撮影)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300629

  • 2019年04月14日
    ニュース背景:タジキスタン共和国

    タジキスタンの首都ドゥシャンベのナブルーズ宮殿の内部。(4月14日撮影)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300662

  • 2019年04月14日
    ニュース背景:タジキスタン共和国

    タジキスタンの首都ドゥシャンベの西に位置するギサール城。(4月14日撮影)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300667

  • 2019年05月21日
    ニュース背景:タジキスタン共和国

    タジキスタンのヌレク湖。(5月21日撮影、小型無人機から)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/張若玄)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300659

  • 2019年06月05日
    ニュース背景:キルギス共和国

    5日、キルギスの首都ビシケクにある勝利広場。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社配信/ロマン)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205575

  • 2019年06月05日
    ニュース背景:キルギス共和国

    5日、キルギスの首都ビシケクにあるフィルハーモニー・コンサートホール。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社配信/ロマン)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205542

  • 2019年06月05日
    ニュース背景:キルギス共和国

    5日、キルギスの首都ビシケクの市庁舎。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社配信/ロマン)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205549

  • 2019年06月09日
    ニュース背景:キルギス共和国

    9日、キルギスの首都ビシケクにあるアラ・トー広場。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社記者/畢暁洋)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205639

  • 2019年06月09日
    ニュース背景:キルギス共和国

    9日、キルギスの首都ビシケクの街並み。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社記者/畢暁洋)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205515

  • 2019年06月09日
    ニュース背景:キルギス共和国

    9日、キルギスの首都ビシケクの街並み。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社記者/畢暁洋)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205633

  • 2019年06月09日
    ニュース背景:キルギス共和国

    9日、キルギスの首都ビシケクにあるアラ・トー広場で行われた儀仗隊の交代式。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社記者/畢暁洋)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205645

  • 2019年06月11日
    ニュース背景:タジキスタン共和国

    11日、タジキスタンの首都ドゥシャンベのルダキ公園。タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/沙達提)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300673

  • 2019年10月26日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンにあるラオスを代表する仏塔の一つ、タートルアンの前を通りかかる僧侶。(2019年10月26日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408772

  • 2019年10月29日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンのメコン川沿いに並ぶ夜市。(2019年10月29日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408712

  • 2019年10月31日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンで開発が進むニュータウン地区。(2019年10月31日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408784

  • 2019年10月31日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンの中心部にある凱旋門付近を行き交う人や車。(2019年10月31日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408737

  • 2019年11月05日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンで、ラオスの祭り「タートルアン」の期間にライトアップされたタートルアン。(2019年11月5日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408837

  • 2019年11月11日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンで、ラオスの祭り「タートルアン」の期間にタートルアンを回って祈る人々。(2019年11月11日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408722

  • 2019年11月11日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンで、ラオスの祭り「タートルアン」の期間にライトアップされたタートルアン。(2019年11月11日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408721

  • 2019年11月11日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンで、ラオスの祭り「タートルアン」の期間にライトアップされたタートルアン。(2019年11月11日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408725

  • 2019年11月11日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンで、ラオスの祭り「タートルアン」の期間にタートルアンを回って祈る人々。(2019年11月11日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408726

  • 2019年11月11日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンで、ラオスの祭り「タートルアン」の期間に祈りを捧げる女性。(2019年11月11日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408696

  • 2019年11月11日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ラオスの祭り「タートルアン」の期間中にビエンチャンで行われた喜捨行事。(2019年11月11日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408717

  • 2019年12月23日
    もうすぐ新年きらめく夜のビエンチャンを楽しもう

    23日、ビエンチャンの街角を彩るきらびやかなイルミネーション。開放経済政策が進む内陸国ラオスの首都ビエンチャン。メコン川沿いに広がるこの悠久の歴史を持つ街では、現地の伝統的な祝日に加え、クリスマスや元旦もますます重視されるようになってきた。街のあちこちにはきらびやかなイルミネーションが設けられ、冬のビエンチャンの夜を華やかに彩っている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603114

  • 2019年12月23日
    もうすぐ新年きらめく夜のビエンチャンを楽しもう

    23日、ビエンチャンの街角を彩るきらびやかなイルミネーション。開放経済政策が進む内陸国ラオスの首都ビエンチャン。メコン川沿いに広がるこの悠久の歴史を持つ街では、現地の伝統的な祝日に加え、クリスマスや元旦もますます重視されるようになってきた。街のあちこちにはきらびやかなイルミネーションが設けられ、冬のビエンチャンの夜を華やかに彩っている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603148

  • 2019年12月23日
    もうすぐ新年きらめく夜のビエンチャンを楽しもう

    23日、ビエンチャンの街角を彩るきらびやかなイルミネーション。開放経済政策が進む内陸国ラオスの首都ビエンチャン。メコン川沿いに広がるこの悠久の歴史を持つ街では、現地の伝統的な祝日に加え、クリスマスや元旦もますます重視されるようになってきた。街のあちこちにはきらびやかなイルミネーションが設けられ、冬のビエンチャンの夜を華やかに彩っている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603152

  • 2019年12月23日
    もうすぐ新年きらめく夜のビエンチャンを楽しもう

    23日、ビエンチャンの街角を彩るきらびやかなイルミネーション。開放経済政策が進む内陸国ラオスの首都ビエンチャン。メコン川沿いに広がるこの悠久の歴史を持つ街では、現地の伝統的な祝日に加え、クリスマスや元旦もますます重視されるようになってきた。街のあちこちにはきらびやかなイルミネーションが設けられ、冬のビエンチャンの夜を華やかに彩っている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603088

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502298

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502351

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502365

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502327

  • 2020年01月09日
    RICHARD KONKOLSKI, sailor

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502413

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502414

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502352

  • 2020年01月09日
    RICHARD KONKOLSKI, sailor

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502302

  • 2020年01月09日
    RICHARD KONKOLSKI, sailor

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502349

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502355

  • 2020年01月09日
    RICHARD KONKOLSKI, sailor

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502323

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502326

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502299

  • 2020年01月09日
    boat, yacht Nike, Small World of Technology U6, Ostrava

    Small World of Technology U6 - Ostrava-Vitkovice displayed Richard Konkolski‘s yacht Nike in Ostrava, Czech Republic, January 9, 2020. Sailor and voyager Konkolski is a legend of Czechoslovak yachting, mainly due to his first round-the-world journey which he made in the first half of the 1970s alone as the first inland state‘s inhabitant on a yacht a mere seven and a half metres long which he built with his own hands. He emigrated to the United States in 1982 and sailed around the world twice more. (CTK Photo/Petr Sznapka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502301

  • 2020年01月30日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンの市場で同国の代表料理ソムタム(パパイヤのサラダ)を売る女性。(2020年1月30日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408754

  • 2020年01月30日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンの市場で焼き鳥を売る女性。(2020年1月30日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408829

  • 2020年02月26日
    中国ラオス鉄道、開業後のラオス人職員募集始まる

    26日、求人状況を説明する李兵選氏(中央)。中国とラオスを結ぶ「中国ラオス鉄道」の、開業後のラオス人職員募集開始式典が26日、ラオスの首都ビエンチャンで行われ、同鉄道の建設と運営を担う中国ラオス合弁企業、中国ラオス鉄道の李兵選(り・へいせん)総経理が開業後のラオス人職員求人の準備状況について説明した。建設中の同鉄道は、東南アジア諸国連合(ASEAN)初の国際標準軌の電化鉄道で、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面開始されており、21年12月に開通の予定。(ビエンチャン=新華社配信/李歓)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203420

  • 2020年02月26日
    中国ラオス鉄道、開業後のラオス人職員募集始まる

    26日、求人状況を説明する李兵選氏(右から4人目)。中国とラオスを結ぶ「中国ラオス鉄道」の、開業後のラオス人職員募集開始式典が26日、ラオスの首都ビエンチャンで行われ、同鉄道の建設と運営を担う中国ラオス合弁企業、中国ラオス鉄道の李兵選(り・へいせん)総経理が開業後のラオス人職員求人の準備状況について説明した。建設中の同鉄道は、東南アジア諸国連合(ASEAN)初の国際標準軌の電化鉄道で、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面開始されており、21年12月に開通の予定。(ビエンチャン=新華社配信/李歓)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203432

  • 2020年03月10日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンのメコン川で魚を捕る漁師。(2020年3月10日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408832

  • 2020年03月10日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンのメコン川で捕った魚を手に持つ漁師。(2020年3月10日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408774

  • 2020年03月15日
    中国・ラオス鉄道、電化工事が本格化

    15日、ビエンチャンの北部にある中国ラオス鉄道建設工事現場で架線柱を設置する作業員。中国中鉄武漢電気化局は15日、ラオスの首都ビエンチャン北部にある中国・ラオス鉄道建設プロジェクトの工事現場で、建設を請け負っている供電用架線網工事で最初となる架線柱を設置し、鉄道電化工事は本格的工事段階に入った。中国・ラオス鉄道は中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」国家戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス・中国国境口岸(通関地)のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に開始されており、21年12月に開通の予定。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702395

  • 2020年03月15日
    中国・ラオス鉄道、電化工事が本格化

    15日、ビエンチャンの北部にある中国・ラオス鉄道建設工事現場で架線柱を設置する作業員。(小型無人機から)中国中鉄武漢電気化局は15日、ラオスの首都ビエンチャン北部にある中国・ラオス鉄道建設プロジェクトの工事現場で、建設を請け負っている供電用架線網工事で最初となる架線柱を設置し、鉄道電化工事は本格的工事段階に入った。中国・ラオス鉄道は中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」国家戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス・中国国境口岸(通関地)のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に開始されており、21年12月に開通の予定。(ビエンチャン=新華社配信/劉艾倫)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702450

  • 2020年03月15日
    中国・ラオス鉄道、電化工事が本格化

    15日、ビエンチャンの北部にある中国・ラオス鉄道建設工事現場で架線柱を設置する作業員。(小型無人機から)中国中鉄武漢電気化局は15日、ラオスの首都ビエンチャン北部にある中国・ラオス鉄道建設プロジェクトの工事現場で、建設を請け負っている供電用架線網工事で最初となる架線柱を設置し、鉄道電化工事は本格的工事段階に入った。中国・ラオス鉄道は中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」国家戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス・中国国境口岸(通関地)のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に開始されており、21年12月に開通の予定。(ビエンチャン=新華社配信/劉艾倫)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702385

  • 2020年03月16日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンの畑でトウガラシを摘む農家の人。(2020年3月16日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408744

  • 2020年05月23日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンのメコン川の川岸でくつろぐ高齢者。(2020年5月23日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408835

  • 2020年05月23日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンのメコン川の川岸で運動する市民。(2020年5月23日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408836

  • 2020年05月28日
    中国ラオス鉄道は両国間の友情のシンボルラオス副首相

    5月28日、中国ラオス鉄道を視察し、状況報告を聞くソムディ副首相兼財務相。ラオスのソムディ副首相兼財務相は5月28日午後、首都ビエンチャンにある中国ラオス鉄道の主要建設現場を視察し、同鉄道が中国とラオスの友情を受け継いでいく担い手でありシンボルになっていると述べた。中国ラオス鉄道は、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に始まり、開通は21年12月を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402020

  • 2020年05月28日
    中国ラオス鉄道は両国間の友情のシンボルラオス副首相

    5月28日、中国ラオス鉄道の建設現場を視察し、同鉄道の建設技術者らと記念撮影をするソムディ副首相兼財務相(前列右から5人目)。ラオスのソムディ副首相兼財務相は5月28日午後、首都ビエンチャンにある中国ラオス鉄道の主要建設現場を視察し、同鉄道が中国とラオスの友情を受け継いでいく担い手でありシンボルになっていると述べた。中国ラオス鉄道は、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に始まり、開通は21年12月を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401964

  • 2020年05月28日
    中国ラオス鉄道は両国間の友情のシンボルラオス副首相

    5月28日、ラオスの首都ビエンチャンで、中国ラオス鉄道の建設現場を視察するソムディ副首相兼財務相(中央)。ラオスのソムディ副首相兼財務相は5月28日午後、首都ビエンチャンにある中国ラオス鉄道の主要建設現場を視察し、同鉄道が中国とラオスの友情を受け継いでいく担い手でありシンボルになっていると述べた。中国ラオス鉄道は、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に始まり、開通は21年12月を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401956

  • 2020年05月28日
    中国ラオス鉄道は両国間の友情のシンボルラオス副首相

    5月28日、中国ラオス鉄道を視察し、状況報告を聞くソムディ副首相兼財務相。ラオスのソムディ副首相兼財務相は5月28日午後、首都ビエンチャンにある中国ラオス鉄道の主要建設現場を視察し、同鉄道が中国とラオスの友情を受け継いでいく担い手でありシンボルになっていると述べた。中国ラオス鉄道は、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に始まり、開通は21年12月を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401957

  • 2020年05月28日
    中国ラオス鉄道は両国間の友情のシンボルラオス副首相

    5月28日、中国ラオス鉄道の建設現場を視察するソムディ氏(右から5人目)。ラオスのソムディ副首相兼財務相は5月28日午後、首都ビエンチャンにある中国ラオス鉄道の主要建設現場を視察し、同鉄道が中国とラオスの友情を受け継いでいく担い手でありシンボルになっていると述べた。中国ラオス鉄道は、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に開始しており、開通は21年12月を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401899

  • 2020年05月28日
    中国ラオス鉄道は両国間の友情のシンボルラオス副首相

    5月28日、中国ラオス鉄道の建設現場を視察し、同鉄道の展示館を見学するソムディ副首相兼財務相(右から5人目)。ラオスのソムディ副首相兼財務相は5月28日午後、首都ビエンチャンにある中国ラオス鉄道の主要建設現場を視察し、同鉄道が中国とラオスの友情を受け継いでいく担い手でありシンボルになっていると述べた。中国ラオス鉄道は、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に始まり、開通は21年12月を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401924

  • 2020年05月28日
    中国ラオス鉄道は両国間の友情のシンボルラオス副首相

    5月28日、中国ラオス鉄道の建設現場を視察するソムディ副首相兼財務相(右から2人目)。ラオスのソムディ副首相兼財務相は5月28日午後、首都ビエンチャンにある中国ラオス鉄道の主要建設現場を視察し、同鉄道が中国とラオスの友情を受け継いでいく担い手でありシンボルになっていると述べた。中国ラオス鉄道は、中国の「一帯一路」構想とラオスの「閉鎖的な内陸国から各国をつなぐ国へ」戦略を結び付けるプロジェクトで、北端となるラオス中国国境通関地のボーテンから南端のビエンチャンまで全長414キロ。中国の管理基準と技術標準を全面的に採用し、設計速度は時速160キロで、電化旅客・貨物輸送鉄道として運営する。建設工事は2016年12月に全面的に始まり、開通は21年12月を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401919

  • 2020年05月28日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンの市場でマンゴーを売る女性。(2020年5月28日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408771

  • 2020年05月29日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャン郊外を走る中国ラオス鉄道。(5月29日撮影、小型無人機から)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/潘竜柱)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408746

  • 2020年06月10日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンの市場で農産物を売る女性。(2020年6月10日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408716

  • 2020年06月10日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンの市場で川魚を売る女性。(2020年6月10日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408834

  • 2020年06月21日
    メコン川が育む美しい都市、ラオス・ビエンチャン

    ビエンチャンのメコン川で魚を捕る漁師。(2020年6月21日撮影)ラオスは東南アジア唯一の内陸国で、交通や貿易の不便さから長年経済が立ち遅れていた。閉鎖的な環境の中でラオスの人々は、簡素な生活をし、多くが仏教を信仰している。自然との調和と共存を喜び、自然を過度に搾取することもない。同国中部に位置する首都ビエンチャンはメコン川沿いの沖積平原に位置し、自然環境と豊かな物産に恵まれている。ラオス初の統一多民族国家、ランサン王国が16世紀半ばに同地に都を移して以降、都市は徐々に繁栄するようになった。中国の「一帯一路」構想とラオスの「内陸閉鎖国を陸地でつながる国に変える」戦略との結び付きが進むにつれ、建設中の中国ラオス鉄道や中国ラオス高速道路などのプロジェクトが、ビエンチャンに新たな情景を作りだしている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408714

  • 1
  • 2