KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 入唐求法巡礼行記
  • 日本
  • 確認
  • 土台
  • 如東
  • 平成
  • 建物
  • 意味
  • 文物
  • 旅行記

「円仁」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年10月24日
    見つかった「悉曇章」 円仁が使った梵語テキスト

    京都・東寺で確認された円仁の肉筆が入った「悉曇章(しったんしょう)」=24日午後

    商品コード: 1999102400033

  • 2008年04月14日
    鐘を鳴らす大内さん 円仁の生誕祝い、一斉に鐘

    円仁の生誕を祝い、鐘を鳴らす大内孝一さん(右)=14日午前、山形市の立石寺

    商品コード: 2008041400051

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した法器。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400888

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、遺構から発掘された磁器を点検する専門家。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400830

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、出土した唐代様式の蓮の花紋様の礎石の説明をする考古学者。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400866

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した「国清」の文字が書かれた磁器。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400872

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、発掘現場で作業の状況を説明する発掘プロジェクトの責任者、南京大学歴史学院の賀雲翱教授(中央)。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400868

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した瓦当の一部。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400899

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、出土した建造部材を点検する専門家。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400869

  • 2022年02月20日
    (2)連雲港市で唐代の大型建築遺構を発見江蘇省

    連雲港市で見つかった唐代の建築遺構の回廊部分。(資料写真)中国江蘇省の連雲港市博物館はこのほど、同市海州区で唐代の建築基礎遺構を発掘したと明らかにした。平面プランは長方形で、敷地面積は1475・72平方メートルだった。今回見つかった遺構は、唐代の「海竜王廟」を特定する手掛かりになる可能性がある。唐代に中国へ渡った日本の高僧、円仁は海州を3度訪れ、その著書「入唐求法巡礼行記」に海竜王廟に関する記載を残している。史料に基づけば、同書に記された海竜王廟は、今回遺構が見つかった区画、遺構の存続期間とほぼ一致している。(連雲港=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022010818

  • 2022年02月20日
    (4)連雲港市で唐代の大型建築遺構を発見江蘇省

    連雲港市で見つかった唐代の建築遺構から出土した蓮華文の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。(資料写真)中国江蘇省の連雲港市博物館はこのほど、同市海州区で唐代の建築基礎遺構を発掘したと明らかにした。平面プランは長方形で、敷地面積は1475・72平方メートルだった。今回見つかった遺構は、唐代の「海竜王廟」を特定する手掛かりになる可能性がある。唐代に中国へ渡った日本の高僧、円仁は海州を3度訪れ、その著書「入唐求法巡礼行記」に海竜王廟に関する記載を残している。史料に基づけば、同書に記された海竜王廟は、今回遺構が見つかった区画、遺構の存続期間とほぼ一致している。(連雲港=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022010820

  • 2022年02月20日
    (3)連雲港市で唐代の大型建築遺構を発見江蘇省

    連雲港市で見つかった唐代の建築遺構から出土した板瓦。(資料写真)中国江蘇省の連雲港市博物館はこのほど、同市海州区で唐代の建築基礎遺構を発掘したと明らかにした。平面プランは長方形で、敷地面積は1475・72平方メートルだった。今回見つかった遺構は、唐代の「海竜王廟」を特定する手掛かりになる可能性がある。唐代に中国へ渡った日本の高僧、円仁は海州を3度訪れ、その著書「入唐求法巡礼行記」に海竜王廟に関する記載を残している。史料に基づけば、同書に記された海竜王廟は、今回遺構が見つかった区画、遺構の存続期間とほぼ一致している。(連雲港=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022010817

  • 2022年02月20日
    (1)連雲港市で唐代の大型建築遺構を発見江蘇省

    連雲港市で見つかった唐代の建築遺構(下が北)。(資料写真)中国江蘇省の連雲港市博物館はこのほど、同市海州区で唐代の建築基礎遺構を発掘したと明らかにした。平面プランは長方形で、敷地面積は1475・72平方メートルだった。今回見つかった遺構は、唐代の「海竜王廟」を特定する手掛かりになる可能性がある。唐代に中国へ渡った日本の高僧、円仁は海州を3度訪れ、その著書「入唐求法巡礼行記」に海竜王廟に関する記載を残している。史料に基づけば、同書に記された海竜王廟は、今回遺構が見つかった区画、遺構の存続期間とほぼ一致している。(連雲港=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022010793

  • 1