KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • パラリンピック
  • メダル
  • 中心
  • 令和
  • 古代中国
  • 技術
  • 構成
  • 浙江省
  • 発想
  • 発掘調査

「円心」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:26.20
    2021年11月02日
    「新華社」北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(記者/周牧) =配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110204915

  • 2021年11月02日
    (11)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205954

  • 2021年11月02日
    (9)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域。同区域は現在も発掘作業が続いている。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205945

  • 2021年11月02日
    (5)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域で発掘調査を行うスタッフ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205989

  • 2021年11月02日
    (12)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県の凌家灘文明探源館を見学する観光客。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205988

  • 2021年11月02日
    (7)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の墓葬祭祀区。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205957

  • 2021年11月02日
    (15)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月30日、合肥市の安徽博物院で凌家灘遺跡から出土した遺物を見学する市民。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205983

  • 2021年11月02日
    (3)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域で発掘調査を行うスタッフ。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205985

  • 2021年11月02日
    (16)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月30日、合肥市の安徽博物院で展示されている凌家灘遺跡から出土した玉鷹。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205951

  • 2021年11月02日
    (13)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県の含山博物館で展示されている凌家灘遺跡から出土した玉竜。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205955

  • 2021年11月02日
    (14)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県の含山博物館で展示されている凌家灘遺跡から出土した玉環。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205980

  • 2021年11月02日
    (17)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月30日、合肥市の安徽博物院で凌家灘遺跡から出土したブタの形をした玉(石)を見学する市民。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205986

  • 2021年11月02日
    (8)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の墓葬祭祀区。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205992

  • 2021年11月02日
    (10)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域。同区域は現在も発掘作業が続いている。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205876

  • 2021年11月02日
    (1)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡の墓葬祭祀区。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205935

  • 2021年11月02日
    (18)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルの裏面デザインの元となった凌家灘遺跡で1987年に出土した双連璧。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205921

  • 2021年11月02日
    (6)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    10月29日、馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205937

  • 2021年11月02日
    (2)北京冬季五輪・パラのメダル、5000年前の玉器がモチーフ安徽省

    2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルの裏面と凌家灘遺跡から出土した双連璧を比較した写真。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのメダルのデザインが10月26日に発表された。円環と円心で構成されたデザインは、古代中国の同心円の玉璧に発想を得ている。中でもメダルの裏面のデザインは、1987年に凌家灘(りょうかたん)遺跡から出土した双連璧を元にしている。安徽省馬鞍山市含山県にある凌家灘遺跡は、約5800~5300年前の新石器時代後期の中心的な集落遺跡で、凌家灘文化は遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚文化と並び中国先史時代の三大玉文化として知られる。同遺跡からはこれまでに千点以上の玉器が出土しており、その量の豊富さ、技術の高さ、細工の精密さは同時期の他の遺跡を凌駕している。同遺跡の発掘調査は現在も進められている。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205975

  • 1