KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ラサ
  • 令和
  • 位置
  • らい
  • カタ
  • スカーフ
  • プル
  • ベルト
  • モンゴル族
  • 一種

「冉義鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮の工場で、織機を操作する従業員。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104250

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮の工場で使われている「カタ」用の織機。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104233

  • 2019年10月14日
    沿線住民に素晴らしい生活もたらす「景観大道」四川省

    四川省邛崍市冉義鎮にある工場で、白い絹織物「ハタ」を織る機械の作業状況を確認する従業員。(2019年10月14日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市新都橋鎮は美しい景観をもつ道路「景観大道」の中でも最も美しいと称される川蔵道路(成都‐ラサ)の国道318号線沿いに位置しており、周囲には美しい風景が広がる。「全域旅遊(観光)」政策の促進に伴い、川蔵道路の沿線地域に作られたトイレや駐車場、食堂などの設備が大幅に改善され、古くからの地元農家や牧畜民の多くが、観光業で生計が立てられるようになった。(康定=新華社記者/唐文豪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030503555

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮の工場の展示コーナーに並ぶ色とりどりのカタ。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104056

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮の工場で、織機を操作する従業員。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104101

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮の工場で、「カタ」を挟んでいたクリップを取り外す従業員。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104241

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮の工場で、「カタ」を掲げる現地の「カタ」製造メーカー、雪域民族工芸工場の植学文(しょく・がくぶん)総経理。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104092

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮の工場で、織機を操作する従業員。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104093

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮の工場で、織機を操作する従業員。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104086

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、「カタ」用の布を裁断する従業員。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104245

  • 2019年10月14日
    チベット族の伝統文化に触れる「カタの街」冉義鎮を訪ねて四川省

    14日、邛崍市冉義鎮にある「カタ」工場の内部の様子。成都平原の西南部に位置する小さな町、四川省邛崍(きょうらい)市(成都市管轄の県級市)冉義(ぜんぎ)鎮。中国のチベット族居住地域で使われる伝統的な儀礼用スカーフ「カタ」のほとんどがこの町で生産されている。宗教的儀式や新年のあいさつ、婚礼および葬儀などに使われる「カタ」は、チベット族やモンゴル族の暮らしに欠かせないもので、地元の人々はこの「カタ」を相手に手渡して敬意や祝意を表す。同鎮で生産されたカタやベルト、仏に供える灯油、プル(チベット産毛織物の一種)などの品々は、これまで200年近くにわたって青海チベット高原東部を経由してラサまで運ばれていた。常住人口3万人にも満たない同鎮の「カタ」の年間生産量は数千万本に上るという。(成都=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104208

  • 1