KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • ネイチャー
  • フォトニクス
  • プローブ
  • リアルタイム
  • 令和
  • 動物
  • 北京理工大学
  • 変化
  • 手段
  • 清華大学

「分圧」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  John Dalton, 1766 – 1844.
    -
    John Dalton, 1766 – 1844.

    John Dalton, 1766 – 1844. English chemist, physicist, and meteorologist. Illustration by Gordon Ross, American artist and illustrator (1873-1946), from Living Biographies of Famous Men.、クレジット:Ken Welsh/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020020701211

  •  Fall HunterÕs Moon Rise
    2021年10月19日
    Fall HunterÕs Moon Rise

    October 19, 2021, Emporia, Kansas, U.S: The full fall hunterÃs moon rises behind clouds (Credit Image: © Mark Reinstein/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Mark Reinstein/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102104141

  •  (2)中国の科学者、300マイクロメートルの脳内酸素検査装置を開発
    2024年02月02日
    (2)中国の科学者、300マイクロメートルの脳内酸素検査装置を開発

    顕微鏡で見た埋め込み式マイクロ光電プローブ。(資料写真)中国北京市の清華大学、首都医科大学宣武病院、北京理工大学などの研究者らがこのほど、長年にわたる研究を経て、自由に動く動物の脳深部組織のリアルタイムで正確な酸素分圧をワイヤレスで連続的に測定できる直径約300マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)の埋め込み式マイクロ光電プローブを開発した。脳組織内の酸素濃度の変化と神経活動や脳疾患の状態との関係を探るための有効な手段となる。研究成果は1月24日、国際学術誌「ネイチャー・フォトニクス」に掲載された。(北京=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020208107

  •  (3)中国の科学者、300マイクロメートルの脳内酸素検査装置を開発
    2024年02月02日
    (3)中国の科学者、300マイクロメートルの脳内酸素検査装置を開発

    光電酸素分圧感知システムを使った動物の脳組織酸素含有量の測定を示した図。中国北京市の清華大学、首都医科大学宣武病院、北京理工大学などの研究者らがこのほど、長年にわたる研究を経て、自由に動く動物の脳深部組織のリアルタイムで正確な酸素分圧をワイヤレスで連続的に測定できる直径約300マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)の埋め込み式マイクロ光電プローブを開発した。脳組織内の酸素濃度の変化と神経活動や脳疾患の状態との関係を探るための有効な手段となる。研究成果は1月24日、国際学術誌「ネイチャー・フォトニクス」に掲載された。(北京=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020208109

  •  (1)中国の科学者、300マイクロメートルの脳内酸素検査装置を開発
    2024年02月02日
    (1)中国の科学者、300マイクロメートルの脳内酸素検査装置を開発

    埋め込み式マイクロ光電プローブの動作の図解。(資料写真)中国北京市の清華大学、首都医科大学宣武病院、北京理工大学などの研究者らがこのほど、長年にわたる研究を経て、自由に動く動物の脳深部組織のリアルタイムで正確な酸素分圧をワイヤレスで連続的に測定できる直径約300マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)の埋め込み式マイクロ光電プローブを開発した。脳組織内の酸素濃度の変化と神経活動や脳疾患の状態との関係を探るための有効な手段となる。研究成果は1月24日、国際学術誌「ネイチャー・フォトニクス」に掲載された。(北京=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020208108

  • 1