KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 抗がん剤
  • 治療薬
  • 膵がん
  • くぎ
  • しょう
  • ネイチャー
  • ハーセプチン
  • 世界
  • 令和
  • 医院

「分子標的薬」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  まれな膵がんに初の治療薬
    2012年02月17日
    まれな膵がんに初の治療薬

    従来の抗がん剤と分子標的薬の作用の違い

    商品コード: 2012021700142

  •  まれな膵がんに初の治療薬
    2012年02月17日
    まれな膵がんに初の治療薬

    従来の抗がん剤と分子標的薬の作用の違い

    商品コード: 2012021700143

  •  まれな膵がんに初の治療薬
    2012年02月17日
    まれな膵がんに初の治療薬

    従来の抗がん剤と分子標的薬の作用の違い

    商品コード: 2012021700144

  •  まれな膵がんに初の治療薬
    2012年02月17日
    まれな膵がんに初の治療薬

    従来の抗がん剤と分子標的薬の作用の違い

    商品コード: 2012021700145

  •  分子標的薬で皮膚障害
    2012年05月02日
    分子標的薬で皮膚障害

    分子標的薬による主な皮膚障害

    商品コード: 2012050200192

  •  分子標的薬で皮膚障害
    2012年05月02日
    分子標的薬で皮膚障害

    分子標的薬による主な皮膚障害

    商品コード: 2012050200193

  •  希少白血病に分子標的薬
    2013年07月18日
    希少白血病に分子標的薬

    白血病と主な分子標的薬

    商品コード: 2013071800130

  •  希少白血病に分子標的薬
    2013年07月18日
    希少白血病に分子標的薬

    白血病と主な分子標的薬

    商品コード: 2013071800131

  •  中国の科学者、茶葉抽出物TFBGの胃がん抑制作用を発見
    2021年05月20日
    中国の科学者、茶葉抽出物TFBGの胃がん抑制作用を発見

    茶葉抽出物TFBGの作用標的であるSHCBP1抗体の胃がんにおける免疫組織蛍光染色図。中国甘粛省の蘭州大学第二医院の焦作義(しょう・さくぎ)、孫輝(そん・き)両教授率いる研究チームがこのほど、茶葉抽出物の一つである「3,3’-二没食子酸テアフラビン(Theaflavine-3,3’—digallate、TFBG)」に有意な胃がん抑制作用があることを発見した。世界の同様の研究ではこれまで見つかったことがなく、今回が初めての発見となる。研究成果は国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」電子版に掲載された。研究では、TFBGに有意な胃がん抑制作用があり、胃がんの分子標的薬トラスツズマブ(商品名:ハーセプチン)との併用によりHER2陽性胃がんに高い治療効果を示すことから、TFBGがトラスツズマブの潜在的な増感剤であることを発見した。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052008451

  • 1