KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • リース
  • 世紀
  • 令和
  • 位置
  • 努力
  • 占拠
  • 収用
  • 地球温暖化
  • 堤防
  • 所有権

「分水界」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.34
    2022年04月21日
    「新華社」カルスト湿地の豊かな生態系が回復広西チワン族自治区桂林市

    中国広西チワン族自治区桂林市の会仙湿地は、漓江と柳江の分水界に位置する典型的なカルスト湿地で、漓江の大水系の重要な一部を構成する。「漓江の腎臓」と呼ばれ、水源かん養や水質浄化、洪水調節・貯水、生物多様性の維持など、重要な環境調節機能と生態系保全効果を持つ。過去半世紀の間、地球温暖化や周辺村落の開墾、湖を堤防で区切った養殖場の造成、河道の占拠などの要因により、湿地面積は急減した。国家林業局は2012年、会仙湿地を「広西桂林会仙カルスト国家湿地公園」として、国家湿地公園のパイロット建設リストに入れた。建設期間中、湿地公園はリースや収用などを通じて養魚池と耕作地の所有権を取り戻し、約155ヘクタールの池(耕地)を湿地に戻した。長年の努力の結果、カルスト湿地の保全、湖沼と湿地の回復、湿地エコツーリズムと科学教育を統合した公園が形成され、水域面積が100ヘクタールを超えるカルスト湖、10キロ余りにわたる古桂柳運河、原生の湿地植物群落、自然環境によって育まれたカルスト植生帯を有するまでになった。(記者/黄凱瑩、梁舜、周華) =配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042106960

  • 1