KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昆虫分類学
  • 令和
  • 命名
  • 研究成果
  • 研究者
  • 科学者
  • 資料
  • 学術
  • 記者
  • 研究員

「分類学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
105
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
105
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus)
    -
    Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus)

    Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus. It is an odd-toed ungulate mammal belonging to the taxonomic family Equidae. The horse has evolved over the past 45 to 55 million years from a small multi-toed creature, Eohippus, into the large, single-toed animal of today. Humans began domesticating horses around 4000 BC, and their domestication is believed to have been widespread by 3000 BC. Horses in the subspecies caballus are domesticated, although some domesticated populations live in the wild as feral horses. These feral populations are not true wild horses, as this term is used to describe horses that have never been domesticated, such as the endangered Przewalski‘s horse, a separate subspecies, and the only remaining true wild horse. There is an extensive, specialized vocabulary used to describe equine-related concepts, cover、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009621

  •  Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs,
    -
    Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs,

    Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs, Indian langurs or Hanuman langurs are a group of Old World monkeys native to the Indian subcontinent constituting the entirety of the genus Semnopithecus. Most taxa have traditionally been placed in the single species Semnopithecus entellus. In 2001, it was recommended that several distinctive former subspecies should be given the status of species, so that seven species are recognized.A taxonomic classification with fewer species has also been proposed. Genetic evidence suggests that the Nilgiri langur and purple-faced langur, which usually are placed in the genus Trachypithecus, actually belong in Semnopithecus., 1788-1863.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091010196

  •  Cervus virginianus, Print, Cervus is a genus of deer that primarily are native to Eurasia,
    -
    Cervus virginianus, Print, Cervus is a genus of deer that primarily are native to Eurasia,

    Cervus virginianus, Print, Cervus is a genus of deer that primarily are native to Eurasia, although one species occurs in northern Africa and another in North America. In addition to the species presently placed in this genus, it has included a whole range of other species now commonly placed in other genera, but some of these should perhaps be returned to Cervus. Additionally, the species-level taxonomy is in a state of flux., 1818-1842.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009679

  •  Semnopithecus melalophus, Print, Gray langurs, sacred langurs,
    -
    Semnopithecus melalophus, Print, Gray langurs, sacred langurs,

    Semnopithecus melalophus, Print, Gray langurs, sacred langurs, Indian langurs or Hanuman langurs are a group of Old World monkeys native to the Indian subcontinent constituting the entirety of the genus Semnopithecus. Most taxa have traditionally been placed in the single species Semnopithecus entellus. In 2001, it was recommended that several distinctive former subspecies should be given the status of species, so that seven species are recognized.A taxonomic classification with fewer species has also been proposed. Genetic evidence suggests that the Nilgiri langur and purple-faced langur, which usually are placed in the genus Trachypithecus, actually belong in Semnopithecus., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009887

  •  Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus.
    -
    Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus.

    Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus. It is an odd-toed ungulate mammal belonging to the taxonomic family Equidae. The horse has evolved over the past 45 to 55 million years from a small multi-toed creature, Eohippus, into the large, single-toed animal of today. Humans began domesticating horses around 4000 BC, and their domestication is believed to have been widespread by 3000 BC. Horses in the subspecies caballus are domesticated, although some domesticated populations live in the wild as feral horses. These feral populations are not true wild horses, as this term is used to describe horses that have never been domesticated, such as the endangered Przewalski‘s horse, a separate subspecies, and the only remaining true wild horse. There is an extensive, specialized vocabulary used to describe equine-related concepts, cover、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091010046

  •  Cervus wallichii, Print,
    -
    Cervus wallichii, Print,

    Cervus wallichii, Print, Cervus is a genus of deer that primarily are native to Eurasia, although one species occurs in northern Africa and another in North America. In addition to the species presently placed in this genus, it has included a whole range of other species now commonly placed in other genera, but some of these should perhaps be returned to Cervus. Additionally, the species-level taxonomy is in a state of flux., 1818-1842.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022090412912

  •  Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus.
    -
    Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus.

    Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus. It is an odd-toed ungulate mammal belonging to the taxonomic family Equidae. The horse has evolved over the past 45 to 55 million years from a small multi-toed creature, Eohippus, into the large, single-toed animal of today. Humans began domesticating horses around 4000 BC, and their domestication is believed to have been widespread by 3000 BC. Horses in the subspecies caballus are domesticated, although some domesticated populations live in the wild as feral horses. These feral populations are not true wild horses, as this term is used to describe horses that have never been domesticated, such as the endangered Przewalski‘s horse, a separate subspecies, and the only remaining true wild horse. There is an extensive, specialized vocabulary used to describe equine-related concepts, cover、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022090413610

  •  Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs,
    -
    Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs,

    Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs, Indian langurs or Hanuman langurs are a group of Old World monkeys native to the Indian subcontinent constituting the entirety of the genus Semnopithecus. Most taxa have traditionally been placed in the single species Semnopithecus entellus. In 2001, it was recommended that several distinctive former subspecies should be given the status of species, so that seven species are recognized.A taxonomic classification with fewer species has also been proposed. Genetic evidence suggests that the Nilgiri langur and purple-faced langur, which usually are placed in the genus Trachypithecus, actually belong in Semnopithecus., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022090413559

  •  Rallina rubiginosa, Print, Rallina is a genus of bird in the rail family, Rallidae.
    -
    Rallina rubiginosa, Print, Rallina is a genus of bird in the rail family, Rallidae.

    Rallina rubiginosa, Print, Rallina is a genus of bird in the rail family, Rallidae. It contains four species found in forest and marshland in Asia and Australasia. They are 1834 cm long and mainly chestnut or brown, often with black and white markings.They are four species that are now placed in the genus Rallicula that were previously included in the genus Rallina. In fact, some taxonomic authorities continue to place them there. A fifth species, the Great Nicobar crake was proposed but not accepted as a separate species., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009492

  •  Placuna sella, Print, Placunidae, also known as windowpane oysters, windowpane shells, and kapis shells,
    -
    Placuna sella, Print, Placunidae, also known as windowpane oysters, windowpane shells, and kapis shells,

    Placuna sella, Print, Placunidae, also known as windowpane oysters, windowpane shells, and kapis shells, are a taxonomic family of saltwater clams, marine bivalve mollusks which are related to oysters and scallops.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091010276

  •  Nectarinia platura, Print, Nectarinia is a genus of birds in the sunbird family, Nectariniidae.
    -
    Nectarinia platura, Print, Nectarinia is a genus of birds in the sunbird family, Nectariniidae.

    Nectarinia platura, Print, Nectarinia is a genus of birds in the sunbird family, Nectariniidae. What species belong to it has been highly contentious for many decades. Towards the late 20th century, the dominant trend was to use it to group all “typical“ sunbirds. More recently taxonomists have divided the Nectarinia into eight genera which are now considered distinct from Nectarinia: Leptocoma, Anabathmis, Chalcomitra, Cinnyris, Cyanomitra, Dreptes, Anthobaphes, and Drepanorhynchus., 1820-1860.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091010278

  •  Semnopithecus latibarbatus, Print, Gray langurs, sacred langurs,
    -
    Semnopithecus latibarbatus, Print, Gray langurs, sacred langurs,

    Semnopithecus latibarbatus, Print, Gray langurs, sacred langurs, Indian langurs or Hanuman langurs are a group of Old World monkeys native to the Indian subcontinent constituting the entirety of the genus Semnopithecus. Most taxa have traditionally been placed in the single species Semnopithecus entellus. In 2001, it was recommended that several distinctive former subspecies should be given the status of species, so that seven species are recognized.A taxonomic classification with fewer species has also been proposed. Genetic evidence suggests that the Nilgiri langur and purple-faced langur, which usually are placed in the genus Trachypithecus, actually belong in Semnopithecus., 1749-1842.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091010137

  •  Semnopithecus comatus, Print, Gray langurs, sacred langurs,
    -
    Semnopithecus comatus, Print, Gray langurs, sacred langurs,

    Semnopithecus comatus, Print, Gray langurs, sacred langurs, Indian langurs or Hanuman langurs are a group of Old World monkeys native to the Indian subcontinent constituting the entirety of the genus Semnopithecus. Most taxa have traditionally been placed in the single species Semnopithecus entellus. In 2001, it was recommended that several distinctive former subspecies should be given the status of species, so that seven species are recognized.A taxonomic classification with fewer species has also been proposed. Genetic evidence suggests that the Nilgiri langur and purple-faced langur, which usually are placed in the genus Trachypithecus, actually belong in Semnopithecus., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009972

  •  Otaria jubata, Print, South American sea lion, The South American sea lion (Otaria flavescens, formerly Otaria byronia),
    -
    Otaria jubata, Print, South American sea lion, The South American sea lion (Otaria flavescens, formerly Otaria byronia),

    Otaria jubata, Print, South American sea lion, The South American sea lion (Otaria flavescens, formerly Otaria byronia), also called the Southern Sea Lion and the Patagonian sea lion, is a sea lion found on the Ecuadorian, Peruvian, Chilean, Falkland Islands, Argentinean, Uruguayan, and Southern Brazilian coasts. It is the only member of the genus Otaria. Its scientific name was subject to controversy, with some taxonomists referring to it as Otaria flavescens and others referring to it as Otaria byronia. The former eventually won out, although that may still be overturned. Locally, it is known by several names, most commonly lobo marino (es)/lobo marinho (pt) (sea wolf) and león marino (es)/leão marinho (pt) (sea lion) and the hair seal., skull.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022090413323

  •  Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus.
    -
    Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus.

    Equus caballus, Print, The horse (Equus ferus caballus) is one of two extant subspecies of Equus ferus. It is an odd-toed ungulate mammal belonging to the taxonomic family Equidae. The horse has evolved over the past 45 to 55 million years from a small multi-toed creature, Eohippus, into the large, single-toed animal of today. Humans began domesticating horses around 4000 BC, and their domestication is believed to have been widespread by 3000 BC. Horses in the subspecies caballus are domesticated, although some domesticated populations live in the wild as feral horses. These feral populations are not true wild horses, as this term is used to describe horses that have never been domesticated, such as the endangered Przewalski‘s horse, a separate subspecies, and the only remaining true wild horse. There is an extensive, specialized vocabulary used to describe equine-related concepts, cover、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009578

  •  Spalax typhlus, Print, The genus Spalax contains the blind, fossorial, or subterranean mole rats,
    -
    Spalax typhlus, Print, The genus Spalax contains the blind, fossorial, or subterranean mole rats,

    Spalax typhlus, Print, The genus Spalax contains the blind, fossorial, or subterranean mole rats, which are one of several types of rodents that are called “mole rats“. The hystricognath mole-rats of the family Bathyergidae are completely unrelated, but some other forms are also in the family Spalacidae. Zokors (subfamily Myospalacinae), root rats, and bamboo rats (subfamily Rhizomyinae) are spalacids sometimes referred to as mole rats. Blind mole rats are in the family Spalacidae, but are unique enough to be given a separate subfamily, Spalacinae. Alternate opinions on taxonomy consider the blind mole-rats to be the only members of the family Spalacidae and rank other spalacid subfamilies as full families. Other authors group all members of the superfamily Muroidea into a single family, Muridae. The Spalacinae contains two genera and eight species. Some authorities treat all species as 、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009467

  •  Nectarinia collaris, Print, Nectarinia is a genus of birds in the sunbird family, Nectariniidae.
    -
    Nectarinia collaris, Print, Nectarinia is a genus of birds in the sunbird family, Nectariniidae.

    Nectarinia collaris, Print, Nectarinia is a genus of birds in the sunbird family, Nectariniidae. What species belong to it has been highly contentious for many decades. Towards the late 20th century, the dominant trend was to use it to group all “typical“ sunbirds. More recently taxonomists have divided the Nectarinia into eight genera which are now considered distinct from Nectarinia: Leptocoma, Anabathmis, Chalcomitra, Cinnyris, Cyanomitra, Dreptes, Anthobaphes, and Drepanorhynchus., 1820-1860.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091010078

  •  Humans
    -
    Humans

    Humans, known taxonomically as Homo sapiens (Latin: ‘wise man‘ or ‘knowing man‘), are the only extant species in the Homo genus of bipedal primates in Hominidae, the great ape family. Mitochondrial DNA and fossil evidence indicates that modern humans originated in Africa about 200,000 years ago.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です

    商品コード: 2019022803676

  •  John Ray
    -
    John Ray

    John Ray, Ray also spelled (until 1670) Wray 1627-1705, leading 17th-century English naturalist and botanist who contributed significantly to progress in taxonomy.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※「顔写真」対象外の商品です。

    商品コード: 2019082400273

  •  Amia calva, Print, Bowfin (Amia calva) are bony fishes related to gars in the infraclass Holostei.
    -
    Amia calva, Print, Bowfin (Amia calva) are bony fishes related to gars in the infraclass Holostei.

    Amia calva, Print, Bowfin (Amia calva) are bony fishes related to gars in the infraclass Holostei. Common names include mudfish, mud pike, dogfish, griddle, grinnel, swamp trout and choupique. They are regarded as taxonomic relicts, being the sole surviving species of the order Amiiformes which dates from the Jurassic to the Eocene, persisting to the present. Although bowfin are highly evolved, they are often referred to as “primitive fishes“ because they have retained some morphological characteristics of their early ancestors., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022083006517

  •  Pollicipes cornucopia, Print, Pollicipes pollicipes, known as the goose neck barnacle,
    -
    Pollicipes cornucopia, Print, Pollicipes pollicipes, known as the goose neck barnacle,

    Pollicipes cornucopia, Print, Pollicipes pollicipes, known as the goose neck barnacle, goose barnacle or leaf barnacle is a species of goose barnacle, also well known under the taxonomic synonym Pollicipes cornucopia. It is closely related to Pollicipes polymerus, a species with the same common names, but found on the Pacific coast of North America, and to Pollicipes elegans a species from the coast of Chile. It is found on rocky shores in the north-east Atlantic Ocean and is prized as a delicacy, especially in the Iberian Peninsula.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022090412898

  •  Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs,
    -
    Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs,

    Semnopithecus maurus, Print, Gray langurs, sacred langurs, Indian langurs or Hanuman langurs are a group of Old World monkeys native to the Indian subcontinent constituting the entirety of the genus Semnopithecus. Most taxa have traditionally been placed in the single species Semnopithecus entellus. In 2001, it was recommended that several distinctive former subspecies should be given the status of species, so that seven species are recognized.A taxonomic classification with fewer species has also been proposed. Genetic evidence suggests that the Nilgiri langur and purple-faced langur, which usually are placed in the genus Trachypithecus, actually belong in Semnopithecus., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022090413276

  •  Otaria jubata, Print, South American sea lion, The South American sea lion (Otaria flavescens, formerly Otaria byronia),
    -
    Otaria jubata, Print, South American sea lion, The South American sea lion (Otaria flavescens, formerly Otaria byronia),

    Otaria jubata, Print, South American sea lion, The South American sea lion (Otaria flavescens, formerly Otaria byronia), also called the Southern Sea Lion and the Patagonian sea lion, is a sea lion found on the Ecuadorian, Peruvian, Chilean, Falkland Islands, Argentinean, Uruguayan, and Southern Brazilian coasts. It is the only member of the genus Otaria. Its scientific name was subject to controversy, with some taxonomists referring to it as Otaria flavescens and others referring to it as Otaria byronia. The former eventually won out, although that may still be overturned. Locally, it is known by several names, most commonly lobo marino (es)/lobo marinho (pt) (sea wolf) and león marino (es)/leão marinho (pt) (sea lion) and the hair seal., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009948

  •  Cervus mexicanus, Print, Cervus is a genus of deer that primarily are native to Eurasia,
    -
    Cervus mexicanus, Print, Cervus is a genus of deer that primarily are native to Eurasia,

    Cervus mexicanus, Print, Cervus is a genus of deer that primarily are native to Eurasia, although one species occurs in northern Africa and another in North America. In addition to the species presently placed in this genus, it has included a whole range of other species now commonly placed in other genera, but some of these should perhaps be returned to Cervus. Additionally, the species-level taxonomy is in a state of flux., antlers.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009346

  • 「動物系統分類学」 38年かけ動物の研究書完結
    1999年06月01日
    「動物系統分類学」 38年かけ動物の研究書完結

    第1回配本から38年ぶりに完結する「動物系統分類学」

    商品コード: 1999060100008

  • 「動物系統分類学」 38年かけ研究書完結
    1999年06月30日
    「動物系統分類学」 38年かけ研究書完結

    第1回配本から38年ぶりに完結する「動物系統分類学」=1999(平成11)年6月 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P184)

    商品コード: 2015070900357

  •  中国の科学者、クモの新種を発見
    2017年10月30日
    中国の科学者、クモの新種を発見

    カニグモ科の新種「Platythomisusxiandao」の雌。(資料写真)中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園はこのほど、中国のクモ分類学者がカニグモ科の新種「Platythomisusxiandao」を発見したことを明らかにした。研究成果は生物学誌「Zookeys」に掲載された。(昆明=新華社配信/林業傑氏提供)=2017(平成29)年10月30日、クレジット:林業傑氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625850

  •  中国の科学者、クモの新種を発見
    2018年08月27日
    中国の科学者、クモの新種を発見

    カニグモ科の新種「Platythomisusxiandao」の雄。(資料写真)中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園はこのほど、中国のクモ分類学者がカニグモ科の新種「Platythomisusxiandao」を発見したことを明らかにした。研究成果は生物学誌「Zookeys」に掲載された。(昆明=新華社配信/林業傑氏提供)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:林業傑氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625681

  •  中国の科学者、ランの新種を発見
    2019年05月14日
    中国の科学者、ランの新種を発見

    14日、発見されたランの新種「ヤルツァンポ川マメヅタラン」。中国の科学者がチベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県でラン科マメヅタラン属の新種を発見し、「ヤルツァンポ川マメヅタラン」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(ラサ=新華社配信/李剣武氏提供)=2019(令和元)年5月14日、クレジット:李剣武氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400613

  •  中国の科学者、ランの新種を発見
    2019年05月14日
    中国の科学者、ランの新種を発見

    14日、発見されたランの新種「ヤルツァンポ川マメヅタラン」。中国の科学者がチベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県でラン科マメヅタラン属の新種を発見し、「ヤルツァンポ川マメヅタラン」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(ラサ=新華社配信/李剣武氏提供)=2019(令和元)年5月14日、クレジット:李剣武氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400616

  •  中国の科学者、ランの新種を発見
    2019年05月14日
    中国の科学者、ランの新種を発見

    14日、発見されたランの新種「ヤルツァンポ川マメヅタラン」。中国の科学者がチベット自治区林芝(ニンティ)市波密(ポメ)県でラン科マメヅタラン属の新種を発見し、「ヤルツァンポ川マメヅタラン」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(ラサ=新華社配信/李剣武氏提供)=2019(令和元)年5月14日、クレジット:李剣武氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400620

  •  中国の科学者、雲南省でランの新種を発見
    2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/郁雲江)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807040

  •  中国の科学者、雲南省でランの新種を発見
    2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/侯雲鵬)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806909

  •  中国の科学者、雲南省でランの新種を発見
    2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/侯雲鵬)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806906

  •  中国の科学者、雲南省でランの新種を発見
    2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/郁雲江)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807042

  •  中国の科学者、雲南省でランの新種を発見
    2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/侯雲鵬)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807099

  •  中国の科学者、雲南省でランの新種を発見
    2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、「高黎貢サクララン」の花とつぼみ。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/郁雲江)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807105

  •  中国の科学者、雲南省でランの新種を発見
    2020年09月22日
    中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    22日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で研究者が発見した「高黎貢サクララン」。中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。(竜陵=新華社配信/郁雲江)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807095

  •  「新華社」中国の科学者、雲南省でランの新種を発見
    00:52.15
    2020年09月27日
    「新華社」中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。論文の筆頭著者で国家林業・草原局昆明勘察設計院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、今回発見した高黎貢サクラランは、森林の質や湿度、気温など生息環境条件に対する要求が非常に厳しく、現在は原生林でしか見られない。新種のランは現時点では、高黎貢山の北側と南側にのみ分布しており、分布場所は10カ所未満となっている。趙氏は、今回の発見で中国のサクララン属は48種と1変種に増えたと説明。研究チームが全体的に評価した結果、高黎貢サクラランは典型的な極小サイズの個体群の種であることが判明したと述べた。(記者/林碧鋒、張雯)<映像内容>雲南省で発見されたランの新種、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093008759

  •  雲南省で発見の新種「大囲山アオギリ」、現存は約50株
    2020年10月29日
    雲南省で発見の新種「大囲山アオギリ」、現存は約50株

    10月29日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県の「大囲山アオギリ」。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県林業・草原局がこのほど、西南林業大学および中国科学院昆明植物研究所の研究者と共同で、植物分類学の国際誌「Phytotaxa(ファイトタクサ)」に「アオイ科の新種-大囲山アオギリ(FirmianadaweishanensisGuiL.Zhang&J.Y.Xiang)」に関する論文を発表した。大囲山アオギリは同省大囲山地区で約50株が確認されている。(昆明=新華社配信/張貴良)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104564

  •  雲南省で発見の新種「大囲山アオギリ」、現存は約50株
    2020年10月29日
    雲南省で発見の新種「大囲山アオギリ」、現存は約50株

    10月29日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県の「大囲山アオギリ」。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県林業・草原局がこのほど、西南林業大学および中国科学院昆明植物研究所の研究者と共同で、植物分類学の国際誌「Phytotaxa(ファイトタクサ)」に「アオイ科の新種-大囲山アオギリ(FirmianadaweishanensisGuiL.Zhang&J.Y.Xiang)」に関する論文を発表した。大囲山アオギリは同省大囲山地区で約50株が確認されている。(昆明=新華社配信/張貴良)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104510

  •  雲南省で発見の新種「大囲山アオギリ」、現存は約50株
    2020年10月29日
    雲南省で発見の新種「大囲山アオギリ」、現存は約50株

    10月29日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県の「大囲山アオギリ」。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県林業・草原局がこのほど、西南林業大学および中国科学院昆明植物研究所の研究者と共同で、植物分類学の国際誌「Phytotaxa(ファイトタクサ)」に「アオイ科の新種-大囲山アオギリ(FirmianadaweishanensisGuiL.Zhang&J.Y.Xiang)」に関する論文を発表した。大囲山アオギリは同省大囲山地区で約50株が確認されている。(昆明=新華社配信/張貴良)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104731

  •  雲南省で発見の新種「大囲山アオギリ」、現存は約50株
    2020年10月29日
    雲南省で発見の新種「大囲山アオギリ」、現存は約50株

    10月29日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県の「大囲山アオギリ」。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県林業・草原局がこのほど、西南林業大学および中国科学院昆明植物研究所の研究者と共同で、植物分類学の国際誌「Phytotaxa(ファイトタクサ)」に「アオイ科の新種-大囲山アオギリ(FirmianadaweishanensisGuiL.Zhang&J.Y.Xiang)」に関する論文を発表した。大囲山アオギリは同省大囲山地区で約50株が確認されている。(昆明=新華社配信/張貴良)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104660

  •  (3)雲南省でイワタバコ科植物の新種発見
    2020年12月24日
    (3)雲南省でイワタバコ科植物の新種発見

    雲南省紅河ハニ族イ族自治州金平ミャオ族ヤオ族ダイ族自治県で発見された金平奇柱苣苔。(2019年4月27日撮影)中国雲南省で発見されたイワタバコ科植物の研究成果がこのほど、植物分類学の国際誌「PhytoKeys」に掲載された。植物は中国科学院昆明植物研究所の専門家による鑑定で新種と判明し、「金平奇柱苣苔」と命名された。(昆明=新華社配信/喩智勇)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122502629

  •  (2)雲南省でイワタバコ科植物の新種発見
    2020年12月24日
    (2)雲南省でイワタバコ科植物の新種発見

    雲南省紅河ハニ族イ族自治州金平ミャオ族ヤオ族ダイ族自治県で発見された金平奇柱苣苔。(2019年4月27日撮影)中国雲南省で発見されたイワタバコ科植物の研究成果がこのほど、植物分類学の国際誌「PhytoKeys」に掲載された。植物は中国科学院昆明植物研究所の専門家による鑑定で新種と判明し、「金平奇柱苣苔」と命名された。(昆明=新華社配信/喩智勇)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122502668

  •  (1)雲南省でイワタバコ科植物の新種発見
    2020年12月24日
    (1)雲南省でイワタバコ科植物の新種発見

    雲南省紅河ハニ族イ族自治州金平ミャオ族ヤオ族ダイ族自治県で発見された金平奇柱苣苔。(2019年4月27日撮影)中国雲南省で発見されたイワタバコ科植物の研究成果がこのほど、植物分類学の国際誌「PhytoKeys」に掲載された。植物は中国科学院昆明植物研究所の専門家による鑑定で新種と判明し、「金平奇柱苣苔」と命名された。(昆明=新華社配信/喩智勇)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122502665

  •  中英の古生物学者、ノミの進化の歴史を解明
    2021年01月05日
    中英の古生物学者、ノミの進化の歴史を解明

    現在のシリアゲムシ目の昆虫。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は4日、中国と英国の古生物学者がこのほど行った研究で、ノミの分類学上の「地位」が一般的な認識よりも低いことが分かったと発表した。ノミの祖先は血を吸わず、大きさも現在のノミの4倍ほどあった可能性がある。(南京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701017

  •  中英の古生物学者、ノミの進化の歴史を解明
    2021年01月05日
    中英の古生物学者、ノミの進化の歴史を解明

    1億6500万年前、恐竜と同時代に生息したノミの想像図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は4日、中国と英国の古生物学者がこのほど行った研究で、ノミの分類学上の「地位」が一般的な認識よりも低いことが分かったと発表した。ノミの祖先は血を吸わず、大きさも現在のノミの4倍ほどあった可能性がある。(南京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701018

  •  (1)中英の古生物学者、ノミの進化の歴史を解明
    2021年01月05日
    (1)中英の古生物学者、ノミの進化の歴史を解明

    現在のノミ。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は4日、中国と英国の古生物学者がこのほど行った研究で、ノミの分類学上の「地位」が一般的な認識よりも低いことが分かったと発表した。ノミの祖先は血を吸わず、大きさも現在のノミの4倍ほどあった可能性がある。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608720

  •  「新華社」浙江省麗水市で新種の両生類を発見
    00:26.44
    2021年01月21日
    「新華社」浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。麗水市生態環境局の雷金松(らい・きんしょう)局長は「百山祖角蟾は百山祖国家公園の標高1400〜1600メートルの狭い範囲にしか分布しておらず、その生息環境は常緑広葉樹林近くの渓流が中心となっている」と説明した。(記者/趙悦、殷暁聖) =配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012102029

  •  (2)浙江省麗水市で新種の両生類を発見
    2021年01月21日
    (2)浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    発見された百山祖角蟾。(資料写真)中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(麗水=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012102027

  •  (1)浙江省麗水市で新種の両生類を発見
    2021年01月21日
    (1)浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    発見された百山祖角蟾。(資料写真)中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(麗水=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012102028

  •  (3)中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見
    2021年03月05日
    (3)中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見

    玉門鞘蠊の化石標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は3日、中国やドイツ、英国の古生物学者がこのほど、甘粛省玉門市で1億1千万年前の原始昆虫「玉門鞘蠊(Umenocoleidae)」の化石を発見したと明らかにした。研究の結果、玉門鞘蠊は分類学的にゴキブリやカマキリ、シロアリと類縁関係にあり、これら昆虫の「太古の親戚」と呼べることが分かった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030512441

  •  (2)中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見
    2021年03月05日
    (2)中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見

    玉門鞘蠊の化石標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は3日、中国やドイツ、英国の古生物学者がこのほど、甘粛省玉門市で1億1千万年前の原始昆虫「玉門鞘蠊(Umenocoleidae)」の化石を発見したと明らかにした。研究の結果、玉門鞘蠊は分類学的にゴキブリやカマキリ、シロアリと類縁関係にあり、これら昆虫の「太古の親戚」と呼べることが分かった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030509682

  •  (1)中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見
    2021年03月05日
    (1)中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見

    玉門鞘蠊の想像図。(資料写真、中国科学院南京地質古生物研究所製図者黎家豪より)中国科学院南京地質古生物研究所は3日、中国やドイツ、英国の古生物学者がこのほど、甘粛省玉門市で1億1千万年前の原始昆虫「玉門鞘蠊(Umenocoleidae)」の化石を発見したと明らかにした。研究の結果、玉門鞘蠊は分類学的にゴキブリやカマキリ、シロアリと類縁関係にあり、これら昆虫の「太古の親戚」と呼べることが分かった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030509681

  •  中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見
    2021年03月05日
    中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見

    玉門鞘蠊の化石標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は3日、中国やドイツ、英国の古生物学者がこのほど、甘粛省玉門市で1億1千万年前の原始昆虫「玉門鞘蠊(Umenocoleidae)」の化石を発見したと明らかにした。研究の結果、玉門鞘蠊は分類学的にゴキブリやカマキリ、シロアリと類縁関係にあり、これら昆虫の「太古の親戚」と呼べることが分かった。(南京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030807624

  •  雲南省で新種の毒ヘビ発見「白蛇伝」から命名
    2021年03月27日
    雲南省で新種の毒ヘビ発見「白蛇伝」から命名

    毒ヘビ「素貞環蛇」の頭蓋骨のX線CT3次元再構成画像。(資料写真)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県で、アマガサヘビ属の新種の毒ヘビ「素貞環蛇(Bungarussuzhenae)」が研究者によって発見された。研究成果はこのほど、国際動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(盈江=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032912684

  •  (1)雲南省で新種の毒ヘビ発見「白蛇伝」から命名
    2021年03月27日
    (1)雲南省で新種の毒ヘビ発見「白蛇伝」から命名

    雲南省盈江県で発見された新種の毒ヘビ「素貞環蛇」。(2018年4月20日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県で、アマガサヘビ属の新種の毒ヘビ「素貞環蛇(Bungarussuzhenae)」が研究者によって発見された。研究成果はこのほど、国際動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(盈江=新華社配信/曾祥楽)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032703705

  •  (2)雲南省で新種の毒ヘビ発見「白蛇伝」から命名
    2021年03月27日
    (2)雲南省で新種の毒ヘビ発見「白蛇伝」から命名

    雲南省盈江県で発見された新種の毒ヘビ「素貞環蛇」。(2019年8月27日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県で、アマガサヘビ属の新種の毒ヘビ「素貞環蛇(Bungarussuzhenae)」が研究者によって発見された。研究成果はこのほど、国際動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(盈江=新華社配信/丁利)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032703706

  •  浙江省泰順県で昆虫の新種発見
    2021年06月03日
    浙江省泰順県で昆虫の新種発見

    新たに発見された「泰順帯グンバイウンカ」。(資料写真)中国浙江省温州市泰順県でこのほど、生物多様性調査プロジェクトが行われ、中国の扁臘蝉(グンバイウンカ)科に属する昆虫の新種「泰順帯グンバイウンカ」を発見した。研究成果は国際動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309507

  •  (4)四川省でオウセイの新種を発見
    2021年08月08日
    (4)四川省でオウセイの新種を発見

    翅茎オウセイの花。(2019年5月撮影)中国四川省林業・草原局はこのほど、同省達州市でオウセイ(黄精)(PolygonatumsibiricumDelar.exRedoute)の新種「翅茎オウセイ」(PolygonatumcaulialatumSRYi)が見つかったと明らかにした。国家林業局による「第2次全国重点保護野生植物資源調査」のうち、同省のラン植物を対象とした特別調査の実施中に調査員が発見した。研究成果は2日、植物分類学の国際誌「Phytotaxa」に掲載された。(成都=新華社配信/易思栄)= 配信日: 2021(令和3)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080904854

  •  (2)四川省でオウセイの新種を発見
    2021年08月08日
    (2)四川省でオウセイの新種を発見

    翅茎オウセイの花。(2019年5月撮影)中国四川省林業・草原局はこのほど、同省達州市でオウセイ(黄精)(PolygonatumsibiricumDelar.exRedoute)の新種「翅茎オウセイ」(PolygonatumcaulialatumSRYi)が見つかったと明らかにした。国家林業局による「第2次全国重点保護野生植物資源調査」のうち、同省のラン植物を対象とした特別調査の実施中に調査員が発見した。研究成果は2日、植物分類学の国際誌「Phytotaxa」に掲載された。(成都=新華社配信/易思栄)= 配信日: 2021(令和3)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080904873

  •  (1)四川省でオウセイの新種を発見
    2021年08月08日
    (1)四川省でオウセイの新種を発見

    翅茎オウセイの自生地。(2019年5月撮影)中国四川省林業・草原局はこのほど、同省達州市でオウセイ(黄精)(PolygonatumsibiricumDelar.exRedoute)の新種「翅茎オウセイ」(PolygonatumcaulialatumSRYi)が見つかったと明らかにした。国家林業局による「第2次全国重点保護野生植物資源調査」のうち、同省のラン植物を対象とした特別調査の実施中に調査員が発見した。研究成果は2日、植物分類学の国際誌「Phytotaxa」に掲載された。(成都=新華社配信/易思栄)= 配信日: 2021(令和3)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080904901

  •  (3)四川省でオウセイの新種を発見
    2021年08月08日
    (3)四川省でオウセイの新種を発見

    翅茎オウセイの葉と果実。(2020年7月撮影)中国四川省林業・草原局はこのほど、同省達州市でオウセイ(黄精)(PolygonatumsibiricumDelar.exRedoute)の新種「翅茎オウセイ」(PolygonatumcaulialatumSRYi)が見つかったと明らかにした。国家林業局による「第2次全国重点保護野生植物資源調査」のうち、同省のラン植物を対象とした特別調査の実施中に調査員が発見した。研究成果は2日、植物分類学の国際誌「Phytotaxa」に掲載された。(成都=新華社配信/易思栄)= 配信日: 2021(令和3)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080904853

  •  (1)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見
    2021年10月20日
    (1)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見

    「順寧小檗」の果実。(9月8日撮影)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州にある中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の研究チームがこのほど、同省保山市竜陵県で野生植物資源を調査した際、83年間「消失」していたメギ科メギ属の植物「順寧小檗」(順寧ショウビャク)を発見した。専門家は、今回新たに順寧小檗が採取されたことで、その分類学上の位置づけについて改めて研究することが可能になったと説明した。(保山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009778

  •  (2)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見
    2021年10月20日
    (2)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見

    竜陵県の小黒山省級自然保護区で撮影した「順寧小檗」。(9月8日撮影)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州にある中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の研究チームがこのほど、同省保山市竜陵県で野生植物資源を調査した際、83年間「消失」していたメギ科メギ属の植物「順寧小檗」(順寧ショウビャク)を発見した。専門家は、今回新たに順寧小檗が採取されたことで、その分類学上の位置づけについて改めて研究することが可能になったと説明した。(保山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009782

  •  (5)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見
    2021年10月20日
    (5)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見

    竜陵県の小黒山省級自然保護区で、標本にする植物を採取する研究員。(9月8日撮影)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州にある中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の研究チームがこのほど、同省保山市竜陵県で野生植物資源を調査した際、83年間「消失」していたメギ科メギ属の植物「順寧小檗」(順寧ショウビャク)を発見した。専門家は、今回新たに順寧小檗が採取されたことで、その分類学上の位置づけについて改めて研究することが可能になったと説明した。(保山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009783

  •  (4)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見
    2021年10月20日
    (4)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見

    竜陵県の小黒山省級自然保護区で撮影した「順寧小檗」。(9月8日撮影)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州にある中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の研究チームがこのほど、同省保山市竜陵県で野生植物資源を調査した際、83年間「消失」していたメギ科メギ属の植物「順寧小檗」(順寧ショウビャク)を発見した。専門家は、今回新たに順寧小檗が採取されたことで、その分類学上の位置づけについて改めて研究することが可能になったと説明した。(保山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009779

  •  (3)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見
    2021年10月20日
    (3)中国固有種の「順寧小檗」、雲南省で83年ぶりに発見

    竜陵県の小黒山省級自然保護区で撮影した「順寧小檗」。(9月8日撮影)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州にある中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園の研究チームがこのほど、同省保山市竜陵県で野生植物資源を調査した際、83年間「消失」していたメギ科メギ属の植物「順寧小檗」(順寧ショウビャク)を発見した。専門家は、今回新たに順寧小檗が採取されたことで、その分類学上の位置づけについて改めて研究することが可能になったと説明した。(保山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009781

  •  (10)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (10)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    学術誌「昆虫分類学報」に掲載された研究成果。(スクリーンショット)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107195

  •  (2)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (2)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、発見されたハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107186

  •  (11)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (11)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、ハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107203

  •  (1)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (1)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、発見されたハムシ科の新種の標本。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107184

  •  (6)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (6)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、採集したハムシ科の新種の標本を分析する楊星科氏(中央)と研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107191

  •  (8)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (8)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107193

  •  (13)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (13)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫標本を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107208

  •  (3)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (3)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107190

  •  (4)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (4)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で採集した昆虫を確認する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107187

  •  (5)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (5)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で昆虫採集の準備をする研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107189

  •  (12)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (12)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、広州海珠国家湿地公園で昆虫採集の準備をする研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107204

  •  (9)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (9)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(パノラマ写真、小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107194

  •  (7)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (7)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    25日、ハムシ科の新種の標本を顕微鏡で観察する研究スタッフ。中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107192

  •  (14)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見
    2021年10月31日
    (14)中国の研究チーム、広州市の湿地で昆虫の新種発見

    26日、ハムシ科の新種が見つかった広州海珠国家湿地公園。(小型無人機から)中国広東省科学院動物研究所の楊星科(よう・せいか)研究員のチームがこのほど、広州海珠国家湿地公園で、昆虫綱鞘翅目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科アオバノコヒゲハムシ属の新種を発見し、「Sphenoraia(Sphenoraioides)haizhuensis」と命名した。今回、新種が見つかったのは広州市中心部にある総面積1100ヘクタールの公園で、楊氏によると、新種が野外の自然環境に生息していることは多いが、今回のように都市の湿地環境で発見されるのは珍しく、広州市の生態環境の改善を示しているという。研究成果は学術誌「昆虫分類学報(Entomotaxonomia)」に掲載された。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103107211

  •  (2)安徽省黄山市で発見された馬蹄形のスッポン、新種と認定
    2021年11月23日
    (2)安徽省黄山市で発見された馬蹄形のスッポン、新種と認定

    林衍峰氏らが共同執筆した論文の一部。(資料写真)中国安徽省黄山市休寧県水産ステーションの林衍峰(りん・えんほう)高級工程師(シニアエンジニア)率いるチームが5年にわたる研究の末、同市で発見された馬蹄形のスッポンを新種と認定し、正式に「黄山馬蹄スッポン(Pelodiscushuangshanensis)」と命名した。論文は国際動物分類学誌「ズータクサ」に掲載された。(黄山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112312140

  •  (1)安徽省黄山市で発見された馬蹄形のスッポン、新種と認定
    2021年11月23日
    (1)安徽省黄山市で発見された馬蹄形のスッポン、新種と認定

    安徽省黄山市で発見された新種のスッポン。(資料写真)中国安徽省黄山市休寧県水産ステーションの林衍峰(りん・えんほう)高級工程師(シニアエンジニア)率いるチームが5年にわたる研究の末、同市で発見された馬蹄形のスッポンを新種と認定し、正式に「黄山馬蹄スッポン(Pelodiscushuangshanensis)」と命名した。論文は国際動物分類学誌「ズータクサ」に掲載された。(黄山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112312131

  •  (1)中国の複数地域でラン科植物の新種発見
    2021年12月03日
    (1)中国の複数地域でラン科植物の新種発見

    1日、ランの新種「Bulbophyllumhamatum」。中国科学院武漢植物園は1日、同植物園と武漢市伊美浄科技発展の研究者が共同で、ラン科マメヅタラン属の新種「Bulbophyllumhamatum」に関する研究を国際植物分類学誌「Phytotaxa」に発表したと明らかにした。タイプ標本は同植物園標本館に保管されている。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120314194

  •  (2)中国の複数地域でラン科植物の新種発見
    2021年12月03日
    (2)中国の複数地域でラン科植物の新種発見

    1日、「Bulbophyllumhamatum」の群落。中国科学院武漢植物園は1日、同植物園と武漢市伊美浄科技発展の研究者が共同で、ラン科マメヅタラン属の新種「Bulbophyllumhamatum」に関する研究を国際植物分類学誌「Phytotaxa」に発表したと明らかにした。タイプ標本は同植物園標本館に保管されている。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120314201

  •  Daily Life In Yucatan
    2021年12月05日
    Daily Life In Yucatan

    Termite-nest seen near Celestun.On Sunday, December 05, 2021, in Celestun, Yucatan, Mexico. (Photo by Artur Widak/NurPhoto)=クレジット:Artur Widak/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122300036

  •  (1)中国の研究者、薬用植物の新種を発見湖北省
    2022年04月20日
    (1)中国の研究者、薬用植物の新種を発見湖北省

    湖北省十堰市で発見された「反巻雪胆」。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園の研究者がこのほど、同省十堰(じゅうえん)市で発見した薬用植物の新種に関する研究成果を発表した。同園は19日、新種は同園研究者らが2010年に十堰市内で発見したウリ科ヘムスレイア属植物で、「反巻雪胆」と命名されたと明らかにした。研究者は数年の観察と研究を経て、これまでに記録のない新種と判断した。「反巻雪胆」の名は、花冠(かかん)裂片が反り返って花萼(かがく)と子房を包む形態的特徴から名付けた。研究成果はこのほど、国際植物分類学誌「AnnalesBotaniciFennici」に掲載された。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042013280

  •  (2)中国の研究者、薬用植物の新種を発見湖北省
    2022年04月20日
    (2)中国の研究者、薬用植物の新種を発見湖北省

    「反巻雪胆」の形態特徴図。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園の研究者がこのほど、同省十堰(じゅうえん)市で発見した薬用植物の新種に関する研究成果を発表した。同園は19日、新種は同園研究者らが2010年に十堰市内で発見したウリ科ヘムスレイア属植物で、「反巻雪胆」と命名されたと明らかにした。研究者は数年の観察と研究を経て、これまでに記録のない新種と判断した。「反巻雪胆」の名は、花冠(かかん)裂片が反り返って花萼(かがく)と子房を包む形態的特徴から名付けた。研究成果はこのほど、国際植物分類学誌「AnnalesBotaniciFennici」に掲載された。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042013283

  •  Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power
    2022年05月21日
    Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power

    May 21, 2022, Munich, Bavaria, Germany: On May 21st, 2022 more than 60 people joined a demonstration in Munich, Germany against the classification of nuclear power and fossil gas as sustainable. The protest was organized by Fridays for Munich and the Umweltinstitut Muenchen. (Credit Image: © Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022061502176

  •  Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power
    2022年05月21日
    Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power

    May 21, 2022, Munich, Bavaria, Germany: On May 21st, 2022 more than 60 people joined a demonstration in Munich, Germany against the classification of nuclear power and fossil gas as sustainable. The protest was organized by Fridays for Munich and the Umweltinstitut Muenchen. (Credit Image: © Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022061501844

  •  Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power
    2022年05月21日
    Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power

    May 21, 2022, Munich, Bavaria, Germany: On May 21st, 2022 more than 60 people joined a demonstration in Munich, Germany against the classification of nuclear power and fossil gas as sustainable. The protest was organized by Fridays for Munich and the Umweltinstitut Muenchen. (Credit Image: © Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022061501832

  •  Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power
    2022年05月21日
    Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power

    May 21, 2022, Munich, Bavaria, Germany: On May 21st, 2022 more than 60 people joined a demonstration in Munich, Germany against the classification of nuclear power and fossil gas as sustainable. The protest was organized by Fridays for Munich and the Umweltinstitut Muenchen. (Credit Image: © Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022061502157

  •  Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power
    2022年05月21日
    Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power

    May 21, 2022, Munich, Bavaria, Germany: On May 21st, 2022 more than 60 people joined a demonstration in Munich, Germany against the classification of nuclear power and fossil gas as sustainable. The protest was organized by Fridays for Munich and the Umweltinstitut Muenchen. (Credit Image: © Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022061501846

  •  Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power
    2022年05月21日
    Protest against the EU Taxonomy on Gas and nuclear power

    May 21, 2022, Munich, Bavaria, Germany: On May 21st, 2022 more than 60 people joined a demonstration in Munich, Germany against the classification of nuclear power and fossil gas as sustainable. The protest was organized by Fridays for Munich and the Umweltinstitut Muenchen. (Credit Image: © Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Lukas Schulz/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022061501843

  •  G7 SUMMIT: 6000 PROTEST AGAINST THE POLITICS OF THE G7 IN MUNICH
    2022年06月25日
    G7 SUMMIT: 6000 PROTEST AGAINST THE POLITICS OF THE G7 IN MUNICH

    June 25, 2022, Munich, Bavaria, Germany: Sign: ‘‘ Nuclear Power is not sustainable ‘‘. On June 25, 2022 6000 people joined the anti-G7 demo in Munich, Germany to protest against extinction of species, social inequality and the climate crisis. (Credit Image: © Alexander Pohl/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Alexander Pohl/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022072614118

  •  G7 SUMMIT: 6000 PROTEST AGAINST THE POLITICS OF THE G7 IN MUNICH
    2022年06月25日
    G7 SUMMIT: 6000 PROTEST AGAINST THE POLITICS OF THE G7 IN MUNICH

    June 25, 2022, Munich, Bavaria, Germany: Sign: ‘‘ Nuclear Power is not sustainable ‘‘. On June 25, 2022 6000 people joined the anti-G7 demo in Munich, Germany to protest against extinction of species, social inequality and the climate crisis. (Credit Image: © Alexander Pohl/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Alexander Pohl/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022072614171

  •  G7 SUMMIT: 6000 PROTEST AGAINST THE POLITICS OF THE G7 IN MUNICH
    2022年06月25日
    G7 SUMMIT: 6000 PROTEST AGAINST THE POLITICS OF THE G7 IN MUNICH

    June 25, 2022, Munich, Bavaria, Germany: Sign: ‘‘ Nuclear Power is not sustainable ‘‘. On June 25, 2022 6000 people joined the anti-G7 demo in Munich, Germany to protest against extinction of species, social inequality and the climate crisis. (Credit Image: © Alexander Pohl/Alto Press via ZUMA Press)、クレジット:©Alexander Pohl/Alto Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Germany Rights Out

    商品コード: 2022072614129

  •  Germany: Protest against labeling gas and nuclear investments as climate-friendly
    2022年07月08日
    Germany: Protest against labeling gas and nuclear investments as climate-friendly

    July 8, 2022, Berlin, Germany: Protesters gathered in Berlin on July 8, 2022, to protest against European Parliament‘s decision to label gas and nuclear investments, including gas and nuclear power plants, as climate-friendly. Protesters also claimed that this decision would delay the green transition and deepen the dependency on Russian fuels. (Credit Image: © Michael Kuenne/PRESSCOV via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Michael Kuenne/PRESSCOV via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071110278

  • 1
  • 2