KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • しん
  • 丞相
  • 令和
  • 遺物
  • 長沙国
  • たいこ
  • 漆器
  • 記者
  • 発掘調査
  • よみ

「利蒼」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」セミの羽のように軽い服、「素紗単衣」の謎に迫る湖南省
    00:38.96
    2021年06月01日
    「新華社」セミの羽のように軽い服、「素紗単衣」の謎に迫る湖南省

    中国湖南省長沙市の湖南省博物館には、国宝級の貴重な所蔵品「素紗単衣(すしゃひたんい)」が保管されている。最も良好な状態で現存する最古の衣服で、最も精巧でセミの羽のように軽く薄い貴重な逸品とされる。同省長沙市の東郊外にある馬王堆(ばおうたい)で1972年~74年に行われた発掘調査で、考古学者らが前漢時代の墓葬3基を発見した。墓からは精巧な作りの遺物数千点や保存状態のよい漢代の女性の遺体が出土。中国ひいては世界にとって20世紀最大の考古学的発見の一つとなった。素紗単衣は、馬王堆漢墓の1号墓から出土した。史料によると、墓の被葬者は前漢の長沙国で丞相を務めた利蒼(りそう)の妻、辛追(しんつい)。今から2200年以上も前の時代に生きた女性で、50歳くらいで亡くなったとされる。素紗単衣は比較的簡単な作りをしており、同墓からは直裾(ちょくきょ、裾が直線状のもの)と曲裾(きょくきょ、裾が曲折した形のもの)が1枚ずつ出土した。いずれも左の衽(おくみ)を右の上に重ねる着方(右衽、うじん)になっている。直裾は1枚の重さが49グラム、衣の長さが128センチ。曲裾の重さは48グラム、衣の長さは160センチ。素紗単衣は前漢時代の織物の最高峰で、現存する最も古くて薄く、軽い衣服とされる。同博物館は2019年、中国伝統の手織り工芸品「南京雲錦」を研究する南京雲錦研究所と共同で、2年の歳月をかけて49グラムの素紗単衣の模造品を完成させた。出土から40年余りを経て、政府の認可や博物館の専門家らによる鑑定を受けた、初の再現模造品となっている。素紗単衣は2002年に、国外持ち出し禁止の最初の文化財の一つに指定された。(記者/張玉潔) =配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060104874

  •  (14)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (14)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)の外椁(ひつぎを囲う外棺)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100703118

  •  (8)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (8)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の漆絵陶鼎(漆塗りの陶製のかなえ)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704903

  •  (24)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (24)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている「君幸食」耳杯(じはい、持ち手付きの杯)。1号墓(辛追墓)と3号墓(利豨墓)から100個余り出土した。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704790

  •  (20)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (20)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の七弦琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704779

  •  (18)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (18)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の竹笛。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704780

  •  (4)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (4)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の彩絵陶鐎(しょう)。鐎は煮沸具の1種。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704841

  •  (16)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (16)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている2号墓(利蒼墓)出土の玳瑁樽(たいまいそん、べっ甲製の盛酒器、右)と嵌玉銅樽(かんぎょくどうそん、玉を象眼した銅製盛酒器)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100703452

  •  (21)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (21)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の木製編鐘。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704778

  •  (12)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (12)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の陶製貨幣「郢称(えいしょう)」(左半分)と陶金餅(とうきんぺい、金貨の模造品)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100703103

  •  (11)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (11)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の陶製貨幣「半両銭」(手前)と竹籠。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704899

  •  (10)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (10)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の冠人俑。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704901

  •  (22)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (22)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の「軑侯家」雲竜文漆盆。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704904

  •  (23)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (23)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の帛書「天文気象雑占」。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704789

  •  (19)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (19)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の漆塗り化粧箱。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704777

  •  (6)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (6)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の漆匕(しつひ、漆塗りのさじ)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704843

  •  (2)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (2)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)の封土。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704839

  •  (1)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (1)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館の常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」の入り口。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704840

  •  (15)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (15)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている2号墓(利蒼墓)出土の偶人。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704896

  •  (7)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (7)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の漆鼎(しつてい、漆塗りのかなえ)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704879

  •  (13)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (13)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている着衣女侍俑。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704898

  •  (9)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (9)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)の出土の木製のサイの角。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100702976

  •  (17)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展
    2021年10月06日
    (17)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている2号墓(利蒼墓)出土の「利蒼」玉印。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100703479

  •  (6)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓
    2022年08月22日
    (6)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓

    湖南博物院で行われた「一念・辛追夢」の公演。(資料写真)中国湖南省長沙市で1972~74年に発掘された馬王堆(ばおうたい)漢墓には、前漢の諸侯国・長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)一家3人が埋葬されていた。複雑な技術を持つ精美な漆器700点余り、美しい刺しゅうの絹製衣類500点余りを含む貴重な遺物3千点余りが出土し、20世紀の世界考古学重要発見の一つとされる。1号墓から出土した利蒼の妻、辛追(しんつい)の遺体は、世界で初めて発見された湿屍(しっし、ミイラ)として知られる。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082212851

  •  (1)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓
    2022年08月22日
    (1)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓

    馬王堆1号漢墓から出土した黒地彩絵棺。(資料写真)中国湖南省長沙市で1972~74年に発掘された馬王堆(ばおうたい)漢墓には、前漢の諸侯国・長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)一家3人が埋葬されていた。複雑な技術を持つ精美な漆器700点余り、美しい刺しゅうの絹製衣類500点余りを含む貴重な遺物3千点余りが出土し、20世紀の世界考古学重要発見の一つとされる。1号墓から出土した利蒼の妻、辛追(しんつい)の遺体は、世界で保存期間が最も長い湿屍(しっし、ミイラ)として知られる。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082212626

  •  (2)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓
    2022年08月22日
    (2)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓

    湖南博物院で展示されている馬王堆漢墓の出土品。(4月17日撮影)中国湖南省長沙市で1972~74年に発掘された馬王堆(ばおうたい)漢墓には、前漢の諸侯国・長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)一家3人が埋葬されていた。複雑な技術を持つ精美な漆器700点余り、美しい刺しゅうの絹製衣類500点余りを含む貴重な遺物3千点余りが出土し、20世紀の世界考古学重要発見の一つとされる。1号墓から出土した利蒼の妻、辛追(しんつい)の遺体は、世界で保存期間が最も長い湿屍(しっし、ミイラ)として知られる。(長沙=新華社記者/洪凌)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082212627

  •  (4)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓
    2022年08月22日
    (4)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓

    馬王堆1号漢墓から出土したT型帛画(はくが)。(資料写真)中国湖南省長沙市で1972~74年に発掘された馬王堆(ばおうたい)漢墓には、前漢の諸侯国・長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)一家3人が埋葬されていた。複雑な技術を持つ精美な漆器700点余り、美しい刺しゅうの絹製衣類500点余りを含む貴重な遺物3千点余りが出土し、20世紀の世界考古学重要発見の一つとされる。1号墓から出土した利蒼の妻、辛追(しんつい)の遺体は、1号墓から出土した利蒼の妻、辛追(しんつい)の遺体は、世界で初めて発見された湿屍(しっし、ミイラ)として知られる。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082212854

  •  (5)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓
    2022年08月22日
    (5)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓

    長沙市地下鉄濚湾(えいわん)鎮駅に併設されたデジタル芸術館で行われた馬王堆漢墓の復元動態展示「一念・辛追夢」。(4月撮影)中国湖南省長沙市で1972~74年に発掘された馬王堆(ばおうたい)漢墓には、前漢の諸侯国・長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)一家3人が埋葬されていた。複雑な技術を持つ精美な漆器700点余り、美しい刺しゅうの絹製衣類500点余りを含む貴重な遺物3千点余りが出土し、20世紀の世界考古学重要発見の一つとされる。1号墓から出土した利蒼の妻、辛追(しんつい)の遺体は、世界で初めて発見された湿屍(しっし、ミイラ)として知られる。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082212901

  •  (3)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓
    2022年08月22日
    (3)発掘50年往時の歳月をとどめる馬王堆漢墓

    湖南博物院で展示されている馬王堆漢墓の出土品。(4月17日撮影)中国湖南省長沙市で1972~74年に発掘された馬王堆(ばおうたい)漢墓には、前漢の諸侯国・長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)一家3人が埋葬されていた。複雑な技術を持つ精美な漆器700点余り、美しい刺しゅうの絹製衣類500点余りを含む貴重な遺物3千点余りが出土し、20世紀の世界考古学重要発見の一つとされる。1号墓から出土した利蒼の妻、辛追(しんつい)の遺体は、世界で初めて発見された湿屍(しっし、ミイラ)として知られる。(長沙=新華社記者/洪凌)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082212845

  • 1