KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 民族文化
  • 伝統文化
  • 民族衣装
  • 貧困脱却
  • 中国貴州省
  • 伝統工芸
  • 少数民族
  • 中国雲南省
  • 中国湖南省
  • ろうけつ染め

「刺しゅう」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,983
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,983
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月08日
    Kanawha-Charleston vaccination effort in Charleston, US - 08 Apr 2021

    April 8, 2021, Charleston, West Virginia, United States: The University of Charleston School of Pharmacy logo embroidered on their lab coat during the vaccination in Riggleman Hall..The Kanawha-Charleston Health Department led a vaccination effort on the campus of the University of Charleston. 1,800 doses of the Johnson & Johnson Janssen Covid-19 vaccine were on hand to be given out to all persons aged 16 years and older. (Credit Image: © Stephen Zenner/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Stephen Zenner/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    Kanawha-Charleston vaccination effort in Charleston, US - 08 Apr 2021

    April 8, 2021, Charleston, West Virginia, United States: An embroidered seal for Kanawha county during the vaccination in Riggleman Hall..The Kanawha-Charleston Health Department led a vaccination effort on the campus of the University of Charleston. 1,800 doses of the Johnson & Johnson Janssen Covid-19 vaccine were on hand to be given out to all persons aged 16 years and older. (Credit Image: © Stephen Zenner/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Stephen Zenner/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    Pupils Learn History Education Pupils Learn History Education

    Primary school students embroider the Party flag with Gu Guangying, a veteran Party member before the founding of the People‘s Republic of China, in Hai ‘an, East China‘s Jiangsu province, March 25, 2021.=2021(令和3)年3月25日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月25日
    Pupils Learn History Education Pupils Learn History Education

    Primary school students embroider the Party flag with Gu Guangying, a veteran Party member before the founding of the People‘s Republic of China, in Hai ‘an, East China‘s Jiangsu province, March 25, 2021.=2021(令和3)年3月25日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月20日
    Vigil for the victims of the shooting in Atlanta in Columbus, US - 20 Mar 2021

    March 20, 2021, Columbus, Ohio, United States: SK Kim, 24, attends a vigil for the victims of the shooting in Atlanta, Georgia on March 16, 2021, leaving eight dead. Kimís jacket has embroidered patches in favor of various groups and cultural significances..The Filipino activist group Anakbayan organized ìVigil for the Atlanta 8, STOP ASIAN HATEî event in Goodale Park in Columbus, Ohio. The event was a safe space to talk about Asian experiences of racism, how to get involved in activism and culminated with a candlelight vigil for the victims of the shooting that happened this past Tuesday March 16, 2021 in Atlanta, Georgia. (Credit Image: © Stephen Zenner/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Stephen Zenner/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    Cathedral and cathedral treasure in lockdown

    19 March 2021, Saxony-Anhalt, Halberstadt: Textile restorers Andrea Knüpfer (l) and Andrea Knüpfer Christine Supianek-Chassay (r) push a processional flag from the 14th century into a display case. At its center is an embroidery of gold and purple cloth from Byzantium. The embroidery itself dates from the 12th century. The cathedral and cathedral treasury in Halberstadt are preparing for the planned reopening. Behind closed doors, repairs and cleaning work are being carried out for this purpose and the exhibition is being redesigned. If the pandemic situation permits, the cathedral treasury should reopen to visitors from 27 March 2021. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zenralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    Cathedral and cathedral treasure in lockdown

    19 March 2021, Saxony-Anhalt, Halberstadt: Textile conservators Christine Supianek-Chassay (l) and Andrea Knüpfer (r) take a protective paper from a 14th century processional flag. In its center is an embroidery of gold and purple fabric from Byzantium. The embroidery itself dates from the 12th century. In the background stands the museum director of the cathedral treasury, Uta-Christiane Bergemann. The cathedral and cathedral treasury in Halberstadt are preparing for the planned reopening. Behind closed doors, repairs and cleaning work are being carried out and the exhibition is being redesigned. If the pandemic situation permits, the cathedral treasury is scheduled to reopen to visitors on 27 March 2021. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zenralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月14日
    (5)働く喜びを体感天津市の学校で技能競技大会

    12日、刺しゅう大会に臨む天津中学の生徒ら。中国天津市の天津中学で12日、「労働技能大会」が行われ、生徒らが調理や刺しゅう、リサイクルアートなどの腕を競い合い、働く喜びを味わった。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月14日
    (2)働く喜びを体感天津市の学校で技能競技大会

    12日、教師から指導を受けながら、リサイクルアートに挑戦する天津中学の生徒ら。中国天津市の天津中学で12日、「労働技能大会」が行われ、生徒らが調理や刺しゅう、リサイクルアートなどの腕を競い合い、働く喜びを味わった。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月14日
    (4)働く喜びを体感天津市の学校で技能競技大会

    12日、刺しゅう大会に臨む天津中学の生徒ら。中国天津市の天津中学で12日、「労働技能大会」が行われ、生徒らが調理や刺しゅう、リサイクルアートなどの腕を競い合い、働く喜びを味わった。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月14日
    (3)働く喜びを体感天津市の学校で技能競技大会

    12日、労働技能大会の会場で、自分たちで作った「面食」(小麦粉で作った食品の総称)を見せる天津中学の生徒ら。中国天津市の天津中学で12日、「労働技能大会」が行われ、生徒らが調理や刺しゅう、リサイクルアートなどの腕を競い合い、働く喜びを味わった。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月14日
    (1)働く喜びを体感天津市の学校で技能競技大会

    12日、調理技術大会に臨む天津中学の生徒ら。中国天津市の天津中学で12日、「労働技能大会」が行われ、生徒らが調理や刺しゅう、リサイクルアートなどの腕を競い合い、働く喜びを味わった。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (2)杭州税関、国際郵便物から清代の「竜袍」などを押収

    杭州税関が押収した清代の竜袍。(2月26日撮影)中国浙江省の杭州税関はこのほど、同税関所属の杭州蕭山空港税関が国際郵便物から押収した物品は、専門機関の鑑定の結果、清代の竜袍(皇帝の衣装)と明代の仏像だったと明らかにした。物品は「刺しゅう入り女性用綿衣類」「銅製置物」として申告されていた。竜袍と仏像はそれぞれ15万元(1元=約17円)と3万元に相当するという。現在、関連部門により、さらなる調査が進められている。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (3)杭州税関、国際郵便物から清代の「竜袍」などを押収

    杭州税関が押収した銅製の仏像。(2月26日撮影)中国浙江省の杭州税関はこのほど、同税関所属の杭州蕭山空港税関が国際郵便物から押収した物品は、専門機関の鑑定の結果、清代の竜袍(皇帝の衣装)と明代の仏像だったと明らかにした。物品は「刺しゅう入り女性用綿衣類」「銅製置物」として申告されていた。竜袍と仏像はそれぞれ15万元(1元=約17円)と3万元に相当するという。現在、関連部門により、さらなる調査が進められている。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (1)杭州税関、国際郵便物から清代の「竜袍」などを押収

    杭州税関が押収した清代の竜袍。(2月26日撮影)中国浙江省の杭州税関はこのほど、同税関所属の杭州蕭山空港税関が国際郵便物から押収した物品は、専門機関の鑑定の結果、清代の竜袍(皇帝の衣装)と明代の仏像だったと明らかにした。物品は「刺しゅう入り女性用綿衣類」「銅製置物」として申請されていた。竜袍と仏像はそれぞれ15万元(1元=約17円)と3万元に相当するという。現在、関連部門により、さらなる調査が進められている。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (4)杭州税関、国際郵便物から清代の「竜袍」などを押収

    杭州税関が押収した銅製の仏像。(2月26日撮影)中国浙江省の杭州税関はこのほど、同税関所属の杭州蕭山空港税関が国際郵便物から押収した物品は、専門機関の鑑定の結果、清代の竜袍(皇帝の衣装)と明代の仏像だったと明らかにした。物品は「刺しゅう入り女性用綿衣類」「銅製置物」として申告されていた。竜袍と仏像はそれぞれ15万元(1元=約17円)と3万元に相当するという。現在、関連部門により、さらなる調査が進められている。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.25
    2021年03月13日
    「新華社」杭州税関、国際郵便物から清代の「竜袍」などを押収

    中国浙江省の杭州税関はこのほど、同税関所属の杭州蕭山空港税関が国際郵便物から押収した物品は、専門機関の鑑定の結果、清代の竜袍(皇帝の衣装)と明代の仏像だったと明らかにした。物品は「刺しゅう入り女性用綿衣類」「銅製置物」として申告されていた。竜袍と仏像はそれぞれ15万元(1元=約17円)と3万元に相当するという。現在、関連部門により、さらなる調査が進められている。(記者/魏董華) =配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (2)トゥ族の伝統刺しゅう「盤繍」で貧困から脱却青海省

    5日、マツバボタン柄の作品作りを進めるトゥ族の刺しゅう職人。中国でかつて特別貧困地区に指定されていた青海省海東市互助トゥ族自治県では、トゥ族伝統の刺しゅう技法「盤繍(しゅう)」が貧困からの脱却に重要な役割を果たした。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (4)トゥ族の伝統刺しゅう「盤繍」で貧困から脱却青海省

    5日、マツバボタン柄の作品作りを進めるトゥ族の刺しゅう職人。中国でかつて特別貧困地区に指定されていた青海省海東市互助トゥ族自治県では、トゥ族伝統の刺しゅう技法「盤繍(しゅう)」が貧困からの脱却に重要な役割を果たした。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:35.14
    2021年03月12日
    「新華社」トゥ族の伝統刺しゅう「盤繍」で貧困から脱却青海省

    中国でかつて特別貧困地区に指定されていた青海省海東市互助トゥ族自治県では、トゥ族伝統の刺しゅう技法「盤繍(しゅう)」が貧困からの脱却に重要な役割を果たした。民族文化の産業化を推進する地元企業、青海素隆姑文化旅游産業開発が2015年に県内の各郷・鎮・村に貧困支援のための作業場を設立。農村女性2千人を雇用して、伝統の刺しゅう技法を生かした作品作りを行っている。繁忙期のみの短期雇用を含め、これまでの雇用実績は1万5千人に上る。同社の蘇暁莉(そ・ぎょうり)董事長が中心となってデザインしたアクセサリーやバッグ、刺しゅう画、置物などは800種類を超える。ここ数年、オンラインストアや実店舗での販売に加え、韓国や日本、東南アジア市場にも輸出されるようになった。現在、省内で刺しゅう産業に従事する人は30万人に上る。各民族に伝わる刺しゅう技法は、農牧民や都市に暮らす人々にとって、職住接近で豊かな生活と収入増を実現する重要な道筋の一つとなっている。(記者/趙玉和、白瑪央措、央秀達珍) =配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (5)トゥ族の伝統刺しゅう「盤繍」で貧困から脱却青海省

    5日、「トゥ族盤繍園」に飾られたマツバボタンをモチーフにした刺しゅう画。中国でかつて特別貧困地区に指定されていた青海省海東市互助トゥ族自治県では、トゥ族伝統の刺しゅう技法「盤繍(しゅう)」が貧困からの脱却に重要な役割を果たした。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (7)トゥ族の伝統刺しゅう「盤繍」で貧困から脱却青海省

    5日、マツバボタンをモチーフにしたコースター。中国でかつて特別貧困地区に指定されていた青海省海東市互助トゥ族自治県では、トゥ族伝統の刺しゅう技法「盤繍(しゅう)」が貧困からの脱却に重要な役割を果たした。(西寧=新華社記者/白瑪央措)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (6)トゥ族の伝統刺しゅう「盤繍」で貧困から脱却青海省

    5日、伝統刺しゅう「盤繍」を施した作品作りを進めるトゥ族の刺しゅう職人。中国でかつて特別貧困地区に指定されていた青海省海東市互助トゥ族自治県では、トゥ族伝統の刺しゅう技法「盤繍(しゅう)」が貧困からの脱却に重要な役割を果たした。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    (3)トゥ族の伝統刺しゅう「盤繍」で貧困から脱却青海省

    5日、マツバボタン柄の作品作りを進めるトゥ族の刺しゅう職人。中国でかつて特別貧困地区に指定されていた青海省海東市互助トゥ族自治県では、トゥ族伝統の刺しゅう技法「盤繍(しゅう)」が貧困からの脱却に重要な役割を果たした。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.19
    2021年03月10日
    「新華社」ミャオ族のろうけつ染めで農村振興を後押し貴州省

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華スイ族郷にある擺貝村は、伝統的なミャオ族の集落。同村に住むミャオ族のろうけつ染め伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(59)は、地元の女性100人余りにろうけつ染めと刺しゅう工芸の手本を示し、同産業による増収をもたらした。姜さんの弟子で「染め娘」の潘老拉(はん・ろうら)さんは、ろうけつ染と刺しゅうで毎年、8万~10万元(1元=約17円)の収入を得られるようになった。今後も美しいろうけつ染めを描き続け、将来は民宿旅館を開業して観光客を迎えたいという。村の生活はますます向上し、居住条件も明らかに改善している。「染め娘」たちは今後もろうけつ染めと刺しゅうの産業を守り、民族の伝統文化を通して農村振興に力を尽くしていく。(記者/陳嫱) =配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (3)バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    自宅の古民家に飾り付けをする馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (2)バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県バオアン族民間服飾刺繡加工で、刺しゅう作品を制作中の馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (7)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    刺しゅう作品の展示コーナーに地元の工芸品「保安腰刀」を飾る馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (6)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    台所で食事の準備をする馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.38
    2021年03月09日
    「新華社」バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(記者/馬莎、張百慧) =配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (4)バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県バオアン族民間服飾刺繡加工で、完成した帽子を従業員に試着させる馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (11)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    孫と遊ぶ馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (12)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工で従業員の制作した刺しゅう作品を見せる馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。甘河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (8)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    自宅を片付ける馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (9)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工で、退勤する従業員を送る馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (1)バオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県バオアン族民間服飾刺繡加工で、従業員と一緒に刺しゅう作品を制作する馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月09日
    (10)パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    孫と記念撮影をする馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「パオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「パオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    International Women‘s Day march In Pamplona, Spain - 08 Mar 2021

    March 8, 2021, Pamplona, Spain: A protester holds an embroidered rag written on You whore, you violate during the International Women‘s Day march..Demonstration on the occasion of International Women‘s Day was held in Pamplona, Spain, due to the restrictions dictated by the Government of Spain, the safety regulations dictated by the Ministry of Health have been respected throughout the celebration . Slogans against gender violence and patriarchy have been heard. Slogans such as: ‘‘Walls and borders kill us‘‘, ‘‘Worthy agreements for women workers‘‘, ‘‘Prostitution Abolition‘ (Credit Image: © Elsa A Bravo/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Elsa A Bravo/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    トゥ族の伝統刺しゅう「盤繍」で貧困から脱却青海省

    5日、「トゥ族盤繍園」で働くトゥ族の刺しゅう職人たち。中国でかつて特別貧困地区に指定されていた青海省海東市互助トゥ族自治県では、トゥ族伝統の刺しゅう技法「盤繍(しゅう)」が貧困からの脱却に重要な役割を果たした。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (3)イ族伝統のファッションショー開催雲南省

    26日、イ族刺しゅうの技術を披露するイ族の女性。中国雲南省楚雄イ族自治州永仁県中和鎮直苴村で旧暦1月15日に当たる26日、村の中心広場に新しい衣装に着替えた老若男女の村民が集まり、民族衣装の盛大なファッションショー「賽装節」に参加した。同村で1300年以上にわたり受け継がれてきたイベントで「農村ファッションショー」とも呼ばれている。イ族の若い女性が手製のバッグや服飾品などを披露する場にもなっている。(昆明=新華社配信/鄧斌)= 配信日: 2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (7)イ族伝統のファッションショー開催雲南省

    26日、イ族刺しゅうの作品を見せるイ族の女性。中国雲南省楚雄イ族自治州永仁県中和鎮直苴村で旧暦1月15日に当たる26日、村の中心広場に新しい衣装に着替えた老若男女の村民が集まり、民族衣装の盛大なファッションショー「賽装節」に参加した。同村で1300年以上にわたり受け継がれてきたイベントで「農村ファッションショー」とも呼ばれている。イ族の若い女性が手製のバッグや服飾品などを披露する場にもなっている。(昆明=新華社配信/楊雷)= 配信日: 2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    妖怪アマビエマスク

    スタンプラリーの完走者へ配られる、妖怪アマビエを刺しゅうした伯州綿のマスク

  • 2021年02月26日
    井東ユキさんの布 「一針一針が姉の人生」

    17歳で被爆死した井東ユキさん(上の写真)が刺しゅうした布=26日、広島市の原爆資料館(井東茂夫さん寄贈)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    パオアン族の女性、故郷で起業甘粛省

    積石山県パオアン族族民間服飾刺繡加工で、完成した衣装を試着する馬秀琴さん。(2月25日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮甘河灘村は、隣接する大墩村、梅坡村と共に「バオアン三荘」と呼ばれている。パオアン族の人口は約2万人で、うち95%がこの「バオアン三荘」で暮らす。河灘村で生まれた馬秀琴(ば・しゅうきん)さん(56)は十代の頃に村を出て舞踊家となった。退職後村に戻り、民族衣装や刺しゅうなど手工芸品を扱う積石山県パオアン族民間服飾刺繡加工を設立。工場を立ち上げて、地元の女性たちに就労機会を提供している。(蘭州=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    Georgia T-Shirt Business Closes Over Salon Murders

    March 18, 2021: Will Rownd, Deadline apparel shop owner, was forced to suspend production of his companys orders and keep the shops doors locked, due to numerous death threats against him since the recent Georgia massage salon murders. Comments from a Cherokee county sheriff captain Wednesday caused a closer look at the officers personal social media page that featured the shops Chy-na virus shirts from 2020. The shirts made were poking fun at president trumps Pronunciation and blame to China for the covid virus, and not as a slur against Asians, Rownd said. FILE IMAGE SHOT ON: February 24, 2021, Canton, Georgia, USA: Davis Holcombe models humorous Covid-19 design in screen-printing shop where he works. When the Covid-19 pandemic began their custom T-shirt and embroidery business quickly slowed to nothing. Then the humorous designs around the Covid-19 virus shirts began to sell. They quickly sold out, and 2020 was the company‘s best year ever. (Credit Image: © Robin Rayne/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Rayne/Z...

  • 2021年02月22日
    Cofrade exhibition ‘In Nomine Dei. Artistic heritage of Holy Week in Seville‘.

    February 22, 2021, Seville (Andalusia, Madrid, Spain: Detail of one of the mantles of the Hermandad de la Estrella brotherhood, embroidered in gold on blue velvet in the brotherhood exhibition ‘In Nomine Dei. Artistic Heritage of Holy Week in Seville‘. At the headquarters of the Cajasol Foundation, (Seville, Andalusia, Spain), 22 February 2021...22 FEBRUARY 2021..María José López / Europa Press..02/22/2021 (Credit Image: © MaríA José LóPez/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©MaríA JoséLóPez/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年02月20日
    (7)「無形文化遺産小鎮」で伝統文化の魅力を満喫内モンゴル自治区

    19日、莫尼山無形文化遺産小鎮で、モンゴル族のフェルト刺しゅうを体験する観光客。中国内モンゴル自治区フフホト市にある観光地「莫尼山無形文化遺産小鎮」で19日、民俗文化をテーマにしたイベントが開かれ、同地を訪れた大勢の観光客が体験や見学を通じて、伝統文化の魅力を満喫した。(フフホト=新華社配信/王正)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    A view of various embroidered face masks made by public welfare workers in Qingdao, east China‘s Shandong Province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery lovers show their own embroidery masks in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery lovers show their own embroidery masks in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery enthusiasts work on mask cloth in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery lovers exchange experience in making embroidery mask cloth in Qingdao, east China‘s Shandong Province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery enthusiasts work on mask cloth in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery enthusiasts work on mask cloth in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery lovers exchange experience in making embroidery mask cloth in Qingdao, east China‘s Shandong Province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery enthusiasts work on mask cloth in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidered masks and filters are seen at a public service agency in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidery enthusiasts work on mask cloth in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidered masks and filters are seen at a public service agency in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidered face masks made of Xiangyunsha fabric are seen in Qingdao, Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    An embroidered face mask is loaded with filters at a public service agency in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021. .=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Embroidery Masks Embroidery Masks

    Embroidered masks and filters are seen at a public service agency in Qingdao, east China‘s Shandong province, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月31日
    (2)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で人形劇を鑑賞する来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (7)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で家族写真を撮る来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (1)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で伝統影絵劇を体験する女の子。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (5)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で旧正月に飾る縁起物の絵、「年画」を鑑賞する来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (6)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で伝統影絵劇の人形を操作する女の子。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (4)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で人形劇を鑑賞する来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (8)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館であめ細工を手にする子ども。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (3)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で春節にまつわる展示品を鑑賞する来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)ピザハット、「湘繍」がテーマのイベント開催湖南省

    26日、湖南省長沙市にあるピザハットの「湘繍レストラン」で、湘繍のアクセサリーを見つめるイベントの参加者。中国湖南省長沙市で26日、世界最大のピザチェーン、ピザハットが同省湘繍(しょうしゅう)研究所、湘繍博物館と共同で、同社初の「湘繍(湖南省の伝統的な刺しゅう)」をテーマにしたレストランを立ち上げた。店内では「洋食レストランで春節(旧正月)を過ごそう」と題する無形文化遺産「湘繍」を楽しめる一連のイベントを実施。参加者らは講義やDIY体験などを通して、湘繍芸術の美しさを味わった。(長沙=新華社記者/戚暁毅)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)ピザハット、「湘繍」がテーマのイベント開催湖南省

    26日、湖南省長沙市にあるピザハットの「湘繍レストラン」で、イベントの参加者に湘繍について講義する無形文化遺産の伝承者、彭娟(ほう・けん)さん(左端)。中国湖南省長沙市で26日、世界最大のピザチェーン、ピザハットが同省湘繍(しょうしゅう)研究所、湘繍博物館と共同で、同社初の「湘繍(湖南省の伝統的な刺しゅう)」をテーマにしたレストランを立ち上げた。店内では「洋食レストランで春節(旧正月)を過ごそう」と題する無形文化遺産「湘繍」を楽しめる一連のイベントを実施。参加者らは講義やDIY体験などを通して、湘繍芸術の美しさを味わった。(長沙=新華社記者/戚暁毅)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (7)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターに展示された中国の工芸品。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)ピザハット、「湘繍」がテーマのイベント開催湖南省

    26日、湖南省長沙市にあるピザハットの「湘繍レストラン」で、イベントの参加者に湘繍について講義する無形文化遺産の伝承者、李群英(り・ぐんえい)さん(右端)。中国湖南省長沙市で26日、世界最大のピザチェーン、ピザハットが同省湘繍(しょうしゅう)研究所、湘繍博物館と共同で、同社初の「湘繍(湖南省の伝統的な刺しゅう)」をテーマにしたレストランを立ち上げた。店内では「洋食レストランで春節(旧正月)を過ごそう」と題する無形文化遺産「湘繍」を楽しめる一連のイベントを実施。参加者らは講義やDIY体験などを通して、湘繍芸術の美しさを味わった。(長沙=新華社記者/戚暁毅)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)ピザハット、「湘繍」がテーマのイベント開催湖南省

    26日、湖南省長沙市にあるピザハットの「湘繍レストラン」で、イベントに参加した子どもに湘繍について説明する無形文化遺産の伝承者、李群英(り・ぐんえい)さん(右)。中国湖南省長沙市で26日、世界最大のピザチェーン、ピザハットが同省湘繍(しょうしゅう)研究所、湘繍博物館と共同で、同社初の「湘繍(湖南省の伝統的な刺しゅう)」をテーマにしたレストランを立ち上げた。店内では「洋食レストランで春節(旧正月)を過ごそう」と題する無形文化遺産「湘繍」を楽しめる一連のイベントを実施。参加者らは講義やDIY体験などを通して、湘繍芸術の美しさを味わった。(長沙=新華社記者/戚暁毅)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーで始まった中国無形文化展の開幕式で踊りを披露する出演者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)ピザハット、「湘繍」がテーマのイベント開催湖南省

    26日、湖南省長沙市にあるピザハットの「湘繍レストラン」で、店内に飾られた装飾品。中国湖南省長沙市で26日、世界最大のピザチェーン、ピザハットが同省湘繍(しょうしゅう)研究所、湘繍博物館と共同で、同社初の「湘繍(湖南省の伝統的な刺しゅう)」をテーマにしたレストランを立ち上げた。店内では「洋食レストランで春節(旧正月)を過ごそう」と題する無形文化遺産「湘繍」を楽しめる一連のイベントを実施。参加者らは講義やDIY体験などを通して、湘繍芸術の美しさを味わった。(長沙=新華社記者/戚暁毅)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (5)刺しゅうを学んで目指す収入増の道貴州省

    21日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州施秉県の工房で刺しゅう作品の仕上がりを確認する女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州施秉(しへい)県ではここ数年、移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地とその周辺地域に刺しゅう工房が設立され、女性たちが収入増と家庭との両立を目指し、訓練に励んでいる。(黔東南=新華社配信/雷光傑)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (3)刺しゅうを学んで目指す収入増の道貴州省

    21日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州施秉県の工房で制作されている刺しゅう作品。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州施秉(しへい)県ではここ数年、移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地とその周辺地域に刺しゅう工房が設立され、女性たちが収入増と家庭との両立を目指し、訓練に励んでいる。(黔東南=新華社配信/雷光傑)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (6)刺しゅうを学んで目指す収入増の道貴州省

    21日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州施秉県の工房で絹糸を整理する女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州施秉(しへい)県ではここ数年、移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地とその周辺地域に刺しゅう工房が設立され、女性たちが収入増と家庭との両立を目指し、訓練に励んでいる。(黔東南=新華社配信/蔡興文)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (2)刺しゅうを学んで目指す収入増の道貴州省

    21日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州施秉県の工房で刺しゅう作品を制作する女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州施秉(しへい)県ではここ数年、移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地とその周辺地域に刺しゅう工房が設立され、女性たちが収入増と家庭との両立を目指し、訓練に励んでいる。(黔東南=新華社配信/蔡興文)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)刺しゅうを学んで目指す収入増の道貴州省

    21日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州施秉県の工房で絹糸を選ぶ女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州施秉(しへい)県ではここ数年、移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地とその周辺地域に刺しゅう工房が設立され、女性たちが収入増と家庭との両立を目指し、訓練に励んでいる。(黔東南=新華社配信/蔡興文)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (7)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、顧客のオーダーで完成させたカザフ族刺しゅうを撮影する女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (8)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、カザフ族刺しゅう製品を作る女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (11)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、カザフ族刺しゅう製品を作る女性たち。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (10)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、カザフ族刺しゅう製品を作る女性たち。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (4)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、カザフ族の伝統刺しゅうを施した製品を作る女性たち。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (6)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、カザフ族刺しゅう製品を作る女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (1)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、刺しゅう製品展示エリアをしつらえる女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (2)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、完成したカザフ族刺しゅうをチェックする女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (5)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、完成した刺しゅう製品をチェックする女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (3)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、カザフ族刺しゅう製品を作る女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    (9)豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、完成したカザフ族刺しゅうをチェックする女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    豊かな暮らしをもたらすカザフ族の伝統刺しゅう新疆ウイグル自治区

    23日、ジムサル県白泉村の刺しゅう専業合作社で、刺しゅう製品展示エリアをしつらえる制作者の女性。中国の少数民族、カザフ族の伝統刺しゅうは、国家級無形文化遺産に指定されている。新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県白泉村は2013年、刺しゅう専業合作社(協同組合)を設立、地元の女性に農閑期を利用した刺しゅう製品の開発・制作を奨励するとともに、販売プラットフォームを構築して、地元での就労と増収を後押ししている。合作社には現在、住民43人が加入し、刺しゅう製品も20種類以上に増え、刺しゅう製品作りは地元女性にとって収入増の主要な手段となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=配信日:2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    Chinese Spring Festival Chinese Spring Festival

    Elderly people sew tiger head shoes to celebrate the upcoming Spring Festival of the Ox in Nantong, east China‘s Jiangsu Province, Jan 21, 2021. There are more than 10 processes in tiger shoes, from soles to patchwork, cross-stitch, embroidery, to whiskers, hemming and trimming, which require thousands of stitches to be completed by hand.=2021(令和3)年1月21日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...