KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 食文化創造都市
  • 令和
  • 認定
  • 記者
  • 場所
  • 西洋
  • 観光客
  • ここに
  • オブ
  • ガストロノミー

「創造都市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
41
( 1 41 件を表示)
  • 1
41
( 1 41 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2007年07月20日
    会見する平田オリザさん 大阪文化語る市民会議設立

    「大阪創造都市市民会議」の設立について記者会見する劇作家の平田オリザさん=20日午前、大阪市役所

    商品コード: 2007072000080

  • 2011年10月20日
    (横浜文化創造都市スクール) 北仲BRICK

    横浜市有形文化財、神奈川県横浜市中区北仲通5-57-2=2011年10月7日撮影

    商品コード: 2011102000200

  • 2014年10月31日
    各自治体の首長ら 文化振興で自治体サミット

    「創造都市ネットワーク日本 自治体サミット」に参加した(左から)新潟県十日町市の関口芳史市長、京都市の門川大作市長、横浜市の林文子市長、(1人おいて)金沢市の山野之義市長=31日午後、横浜市中区

    商品コード: 2014103100978

  • 2015年01月18日
    横浜アイランドタワー

    キーワード:ビル、ローアングル、横浜、屋外、快晴、外観、空、建物、午前中、高層ビル、晴れ、青空、冬、塔、日本、白、風景、摩天楼、無人、横浜アイランドタワー、旧第一銀行横浜支店、横浜市認定歴史的建造物、都市風景、洋風建築、ヨコハマ創造都市センター、風景メイン写真=2015(平成27)年1月18日、神奈川県横浜市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700273

  • 2015年05月12日
    発表する金沢市長 金沢でユネスコ世界会議

    金沢市役所で「ユネスコ創造都市ネットワーク会議」について発表する山野之義市長=12日午後

    商品コード: 2015051200508

  • 2015年05月26日
    創造都市ネットワーク会議 文化による町づくり議論

    金沢市で始まったユネスコ創造都市ネットワーク会議=26日午前

    商品コード: 2015052600089

  • 2015年05月26日
    円卓会議 「創造都市」で地域振興

    国連教育科学文化機関(ユネスコ)の創造都市ネットワーク会議で開かれた、国内外17都市の代表者が参加した円卓会議=26日午後、金沢市

    商品コード: 2015052600767

  • 2015年08月15日
    映画の「聖地」認定なるか

    国内の「創造都市ネットワーク」加盟都市

    商品コード: 2015081500582

  • 2015年08月15日
    映画の「聖地」認定なるか

    国内の「創造都市ネットワーク」加盟都市

    商品コード: 2015081500583

  • 03:31.54
    2018年11月11日
    「新華社」マカオでフードフェスティバル開催有名飲食店100店以上が出店

    中国マカオ特別行政区で9日、第18回マカオフードフェスティバルが開幕した。有名飲食店100店以上が出店し、中国と西洋の料理を融合させたマカオの多彩な食文化を披露。さらなる創作性を発揮した料理の数々は、訪れた市民や観光客に新たな食体験をもたらした。フェスティバルはすでにマカオの年間イベントの一つとして定着しているが、これは中小零細企業が主体のマカオ飲食業が団結し、継続的に発展していくことが目的であり、マカオを世界の観光・レジャーの中心地としていく政策にも呼応していると語った。フェスティバルの会期は17日間。今回は「工夫を凝らした料理の数々、世界に誇る美食の都」をテーマに「美食の都」や粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)などの要素も取り込んだ。会場に設置された150以上のブースでは、本格的中国料理や欧州料理を体験できるほか、さわやかな香りが漂うスイーツ屋台や刺激的な味で立ち寄る人びとを虜にするアジア屋台、魅力的な各種小吃(軽食)などが楽しめる。今回のフェスティバルでは、シンガポールの人気店も出店し話題を集めた。会場には「シンガポール村」が設置され、マカオのグルメ以外にも、異国のグルメや文化、ライブステージが楽しめるようになっている。(記者/郭鑫)<映像内容>マカオフードフェスティバルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111209084

  • 2019年11月18日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    昔ながらの軽食店「潘栄記」で金銭餅(お金の形に似た軽食)を作る店員。(11月18日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900564

  • 2019年11月18日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    金銭餅を買いに集まる観光客。(11月18日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900588

  • 2019年11月18日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    昔ながらの軽食店「潘栄記」で金銭餅(お金の形に似た軽食)を作る店員。(11月18日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900560

  • 2019年11月18日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    昔ながらの軽食店「潘栄記」で金銭餅(お金の形に似た軽食)を作る店員。(11月18日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900607

  • 2019年11月19日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    「雄記生滾粥」の粥。(11月19日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900632

  • 2019年11月19日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    粥を作る「雄記生滾粥」の店員。(11月19日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900597

  • 2019年11月19日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    粥を作る「雄記生滾粥」の店員。(11月19日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900639

  • 2019年11月19日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    粥を作る「雄記生滾粥」の店員。(11月19日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900599

  • 2019年11月20日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    移動式屋台「興二」でマカオの伝統的な軽食「鶏蛋仔(エッグワッフル)」が作られる様子。(11月20日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900587

  • 2019年11月20日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    マカオの伝統的な軽食「鶏蛋仔(エッグワッフル)」を作る移動式屋台「興二」の店員。(11月20日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900596

  • 2019年11月20日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    客の「牛雑(牛もつ煮込み)」を仕上げる人気店「明記牛雑」の店員。(11月20日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900529

  • 2019年11月20日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    マカオ市民が愛するストリートフード「牛雑(牛もつ煮込み)」。(11月20日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900585

  • 2019年11月20日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    マカオの伝統的な軽食「鶏蛋仔(エッグワッフル)」を作る移動式屋台「興二」の店員。(11月20日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900606

  • 2019年11月20日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    客の注文に応じて「牛雑(牛もつ煮込み)」を仕上げる人気店「明記牛雑」の店員。牛雑はマカオのストリートフードで、路地裏で最も人気のある軽食の一つ。(11月20日撮影)中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900577

  • 2019年12月03日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    3日、マカオの冬季限定グルメ「強記羊腩煲(ラム肉鍋)」。中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900640

  • 2019年12月03日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    3日、羊腩煲(ラム肉鍋)を仕上げる「強記羊腩煲」の店員。中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900627

  • 2019年12月03日
    マカオ・新馬路のグルメマップ

    3日、客の元に羊腩煲(ラム肉鍋)を運ぶ店員。中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900641

  • 02:32.34
    2019年12月09日
    「新華社」マカオ・新馬路のグルメマップ

    中国マカオ特別行政区の特色を語る上で、グルメの存在は欠かせない。マカオは2017年10月末、四川省成都市、広東省順徳市に次いで3番目に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「食文化創造都市(シティ・オブ・ガストロノミー)」と認定された中国の都市だ。大勢の観光客がグルメを求めてこの地を訪れている。中でもマカオの最もにぎやかで歴史ある通り新馬路は、観光客が必ず訪れる場所となっている。ここには中国と西洋のグルメが集まり、観光客は心ゆくまでさまざまな美食を味わえる。(記者/張金加)<映像内容>マカオ・新馬路のグルメ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121113309

  • 01:22.64
    2020年07月01日
    「食のまち大阪」再始動へ 道頓堀で外食PRイベント

    大阪商工会議所と大阪観光局でつくる「食創造都市 大阪推進機構」は1日、新型コロナウイルスの影響で経営が落ち込んだ外食産業を盛り上げるため「食のまち・大阪再始動」と銘打ったPRイベントを大阪市中央区の繁華街・道頓堀で開いた。 イベントには吉村洋文知事や松井一郎市長も参加。「頑張ろう大阪」のかけ声を上げた後にたこ焼きや串カツに舌鼓を打った。大阪観光局の溝畑宏理事長は「これからはステイホームからゴーアウトへ人々の背中を押したい」と話した。  <映像内容>いずれもPRイベントで、大阪府の吉村知事のあいさつ、イベント雑観、「がんばろう大阪」とかけ声をあげる出席者ら、たこ焼きや串カツなど大阪の名物料理を前にフォトセッション、料理を食べる吉村知事や松井市長らと2人の感想、商店街の人も入って「やったるで、大阪」のかけ声をあげる出席者ら、道頓堀の雑観、撮影日:2020(令和2)年7月1日、撮影場所:大阪市中央区

    商品コード: 2020070300359

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、オール電化キッチンを導入した揚州市の飲食店で調理する料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702417

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、オール電化調理器具を使い点心を作る揚州市の料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702416

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、オール電化調理器具で作られた点心料理を写真に収める市民。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702525

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、揚州市の飲食店で電気調理器具を使い作られた料理。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(揚州=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702513

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、オール電化キッチンを導入した揚州市の飲食店で調理する料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702529

  • 2020年11月02日
    India: Potter Making Earthen Pots in Rajasthan

    November 2, 2020, Beawar, Rajasthan, India: A potter prepares earthen pots ahead of Hindu festival Karwa Chauth (Husband‘s Day) in Beawar. This traditional Hindu festival celebrated in India sees married women fasting one whole day and offering prayers to the moon for the welfare, prosperity and longevity of their husbands. Karva Chauth festival celebrated four days after Purnima (Full Moon Day) in the Hindu holy month of Kartika. Karwa Chauth 2020 will be celebrated across the country on 4 November. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110701760

  • 2020年11月02日
    India: Potter Making Earthen Pots in Rajasthan

    November 2, 2020, Beawar, Rajasthan, India: A potter prepares earthen pots ahead of Hindu festival Karwa Chauth (Husband‘s Day) in Beawar. This traditional Hindu festival celebrated in India sees married women fasting one whole day and offering prayers to the moon for the welfare, prosperity and longevity of their husbands. Karva Chauth festival celebrated four days after Purnima (Full Moon Day) in the Hindu holy month of Kartika. Karwa Chauth 2020 will be celebrated across the country on 4 November. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110701746

  • 2020年11月02日
    India: Potter Making Earthen Pots in Rajasthan

    November 2, 2020, Beawar, Rajasthan, India: A potter prepares earthen pots ahead of Hindu festival Karwa Chauth (Husband‘s Day) in Beawar. This traditional Hindu festival celebrated in India sees married women fasting one whole day and offering prayers to the moon for the welfare, prosperity and longevity of their husbands. Karva Chauth festival celebrated four days after Purnima (Full Moon Day) in the Hindu holy month of Kartika. Karwa Chauth 2020 will be celebrated across the country on 4 November. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110701889

  • 2021年05月24日
    「淮揚菜」の普及を目指すフォーラム、江蘇省淮安市で開催

    24日、江蘇省淮安市で開催された「2021中餐(淮揚菜)国際化ハイエンドフォーラム」の会場の様子。中国江蘇省淮安(わいあん)市は中国四大料理の一つに数えられる「淮揚菜」の発祥地であり、伝承地でもある。同市で24日、世界中餐業連合会(WFCCI、世界中国飲食産業連合会)と江蘇省帰国華僑連合会、淮安市人民政府が共催する「2021中餐(淮揚菜)国際化ハイエンドフォーラム」が開かれ、一部の在中機関や国内の大手飲食企業、海外の中華料理(中餐)企業、ユネスコ創造都市ネットワーク(UCCN)の代表ら80人余りが出席した。同市には1300種におよぶ地元の名物料理・点心の作り方が記録されており、そのうちの約300種が同省無形文化遺産リストに登録されている。(淮安=新華社配信/管偉法)=2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052806781

  • 2021年05月26日
    (2)「淮揚菜」の普及を目指すフォーラム、江蘇省淮安市で開催

    24日、江蘇省淮安市で開催された「2021中餐(淮揚菜)国際化ハイエンドフォーラム」の会場の一角。中国江蘇省淮安(わいあん)市は中国四大料理の一つに数えられる「淮揚菜」の発祥地であり、伝承地でもある。同市で24日、世界中餐業連合会(WFCCI、世界中国飲食産業連合会)と江蘇省帰国華僑連合会、淮安市人民政府が共催する「2021中餐(淮揚菜)国際化ハイエンドフォーラム」が開かれ、一部の在中機関や国内の大手飲食企業、海外の中華料理(中餐)企業、ユネスコ創造都市ネットワーク(UCCN)の代表ら80人余りが出席した。同市には1300種におよぶ地元の名物料理・点心の作り方が記録されており、そのうちの約300種が同省無形文化遺産リストに登録されている。(淮安=新華社配信/管偉法)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052611460

  • 2021年05月26日
    (3)「淮揚菜」の普及を目指すフォーラム、江蘇省淮安市で開催

    24日、江蘇省淮安市で開催された「2021中餐(淮揚菜)国際化ハイエンドフォーラム」の会場の様子。中国江蘇省淮安(わいあん)市は中国四大料理の一つに数えられる「淮揚菜」の発祥地であり、伝承地でもある。同市で24日、世界中餐業連合会(WFCCI、世界中国飲食産業連合会)と江蘇省帰国華僑連合会、淮安市人民政府が共催する「2021中餐(淮揚菜)国際化ハイエンドフォーラム」が開かれ、一部の在中機関や国内の大手飲食企業、海外の中華料理(中餐)企業、ユネスコ創造都市ネットワーク(UCCN)の代表ら80人余りが出席した。同市には1300種におよぶ地元の名物料理・点心の作り方が記録されており、そのうちの約300種が同省無形文化遺産リストに登録されている。(淮安=新華社配信/管偉法)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052611447

  • 2022年01月01日
    (4)中国で最も幸福度の高い都市、成都が13年連続首位

    世界各国の料理が楽しめる成都の美食横丁「香香巷」。成都はアジア初の国連教育科学文化機関(ユネスコ)食文化創造都市に認定された。(資料写真)2021年の「中国で最も幸福度の高い都市」ランキングがこのほど発表され、四川省の成都市が13年連続で1位となった。(成都=新華社配信/徐剣鋒)= 配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010105056

  • 1